サブメニューへジャンプ。 本文へジャンプ

Foreign language English Chinese Korean Spanish Portugues

ホーム

くらし

健康・福祉

教育・文化

産業・雇用

交流・まちづくり

県政情報

ホーム組織別情報環境局環境衛生科学研究所

ここから本文です。

 厚生労働省は、平成12年から平成14年にかけて『シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会』のなかで、『ヒトがその濃度の空気を一生涯にわたって摂取しても、健康への有害な影響は受けないであろうと判断される値』を算出し、これらの物質の指針値を定めました。
 指針値は、『今後集積される新たな知見や、それらに基づく国際的な評価作業の進捗に伴い、将来必要があれば変更され得る』とされ、また、『順次、個別の化学物質について指針値策定を進めていく』としており、現時点では流動的であるといえます。

 個別物質の室内濃度指針値等
揮発性有機化合物 毒性指標 室内濃度指針値 設定日
ホルムアルデヒド ヒト吸入暴露における鼻咽頭粘膜への刺激 100μg/m3(0.08ppm) 1997.6.13
トルエン ヒト吸入暴露における神経行動機能及び生殖発生への影響 260μg/m3(0.07ppm) 2000.6.26
キシレン 妊娠ラット吸入暴露における出生児の中枢神経系発達への影響) 870μg/m3(0.20ppm) 2000.6.26
パラジクロロベンゼン ビーグル犬経口暴露における肝臓及び腎臓等への影響 240μg/m3(0.04ppm) 2000.6.26
エチルベンゼン マウス及びラット吸入暴露における肝臓及び腎臓への影響) 3800μg/m3(0.88ppm) 2000.12.15
スチレン ラット吸入暴露における脳や肝臓への影響 220μg/m3(0.05ppm) 2000.12.15
クロルピリホス 母ラット経口暴露における新生児の神経発達への影響及び新生児脳への形態学的影響 1μg/m3(0. 07ppb)但し小児の場合は0.1μg/m3(0.007ppb) 2000.12.15
フタル酸ジ-n-ブチル 母ラット経口暴露における新生児の生殖器の構造異常等の影響 220μg/m3(0.02ppm) 2000.12.15
テトラデカン C8-C16混合物のラット経口暴露における肝臓への影響 330μg/m3(0.04ppm) 2001.7.5
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル ラット経口暴露における精巣への病理組織学的影響 120μg/m3(7.6ppb) 2001.7.5
ダイアジノン ラット吸入暴露における血漿及び赤血球コリンエステラーゼ活性への影響 0.29μg/m3(0.02ppb) 2001.7.5
アセトアルデヒド ラットの経気道暴露における鼻腔嗅覚上皮への影響 48μg/m3(0.03ppm) 2002.1.22
フェノブカルブ ラットの経口暴露におけるコリンエステラーゼ活性などへの影響 33μg/m3(3.8ppb) 2002.1.22
総揮発性有機化合物量(TVOC) 国内の室内VOC実態調査の結果から、合理的に達成可能な限り低い範囲で決定 暫定目標値400μg/m3 2000.12.15



環境科学部のトップページへ戻る


トップページへ戻る