化 学物質と室内における濃度指針値について


   室内の空気中に含まれる人体に有害な化学物質を、できるだけ体に取り込まないための目安として、現在13の化学物質について厚生労働省による室内濃度指針 値が設定されています。
  指針値とは、科学的知見から人がその濃度の空気を一生涯にわたって摂取しても、健康への有害な影響を受けないであろうと判断される値 とされています。



化学物質と室内濃度指針値

化学物質名 室内濃度
指針値*
主な用途 健康影響
 ホルムアルデヒド
100μg/m3
( 0.08ppm )
建材・家具等、木質ボードに使用される接着剤、消毒薬や防腐剤 目・鼻・喉・呼吸器等への刺激、発がん性のおそれ
 トルエン 260μg/m3
( 0.07ppm )
油性塗料、油性インキ、接着剤などの溶剤、ガソリン、たばこの煙 目、皮膚、気道等への刺激、中枢神経系の機能障害、脳の萎縮、腎障害
 キシレン 870μg/m3
( 0.20ppm )
油性塗料、油性インキ、接着剤、殺虫剤などの溶剤、灯油、ガソリン 目・喉呼吸器等への刺激、中枢神経の機能障害
 パラジクロロベンゼン 240μg/m3
( 0.04ppm )
衣類の防虫剤、防臭剤、その他、合成樹脂の原料、農薬 目・鼻・喉等への刺激、発がん性おそれ
 エチルベンゼン 3800μg/m3
( 0.88ppm )
油性塗料、接着剤、インキなどの溶剤、ガソリン、灯油 目・皮膚等への刺激、めまい、中枢神経の機能障害、発がん性のおそれ、 生殖能又は胎児への悪影響のおそれ
 スチレン 220μg/m3
( 0.05ppm )
断熱材、梱包材、食品トレー、合成ゴム 目・皮膚等への刺激、眠気、吐き気、頭痛、疲労、めまい
 クロルピリホス 1μg/m3**
( 0.07ppb**)
シロアリ駆除剤 目への刺激、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気、腹痛、下痢、縮瞳、けいれん
 フタル酸ジ-2-ブチル 220μg/m3
( 0.02ppm )
ラッカー、接着剤、レザー、インキ、セロハン、染料、殺虫剤 目・皮膚・気道等への刺激、中枢神経の機能障害、内分泌撹乱作用
 テトラデカン 330μg/m3
( 0.04ppm )
灯油、塗料 高濃度で麻酔作用、皮膚の乾燥、角化、亀裂
 フタル酸ジ-2-
 エチルヘキシル
120μg/m3
( 7.6ppb )
塩ビ壁紙・床材、各種フィルム、電線被覆等、塗料・接着剤 目・皮膚・気道への刺激、内分泌撹乱作用
 ダイアジノン 0.29μg/m3
( 0.002ppb )
殺虫剤 吐き気、嘔吐、めまい、けいれん、縮瞳

 アセトアルデヒド

48μg/m3
( 0.03ppm )
塗料、インキ、香料、車の排気ガス、たばこの煙 目・鼻・喉への刺激、発がん性のおそれ

 フェノカルブ

33μg/m3
( 3.8ppb )
シロアリ駆除剤 倦怠感、頭痛、めまい、悪心、嘔吐、腹痛等、縮瞳、意識混濁

* 単位ppm,ppbは 25℃の状態として換算
** クロルピリホス 小児は0.1μg/m3または0.007ppb

さらに揮発性有機化合物総量(トータルVOC) について、暫定目標値を400μg/m3と設定されています。


戻る