シックハウストップページ



すまいの空気を汚染する化学物質からあなたの健康を守るために

環境衛生科学研究所 環境科学部 環境科学班

(2008.3.21〜)


 

どうしてシックハウス症候群になるのか

揮発性有機化合物濃度の現状
住宅築年数と室内濃度
汚染源になりそうなもの
健康被害を防ぐためには
汚染源を取り除く
換 気 を す る
放散を抑制する
放散された化学物質の除去
新築・改築する
新築・リフォームするときのポイント
自己診断をしてみよう
室内における濃度指針値
問合せ先・相談窓口




       目がしみる         喉が痛い          息苦しい             頭が痛い           

どうですか?もしも症状が治まったり緩和されたりしたら、あなたは シックハウス症候群 かもしれません。また、このような症状以外にも発疹やめまいなど、シックハウス症候群の症状は様々で、 風邪など他の病気と間違われることが多くあります。
●シックハウス症候群とは
 わたしたちが普段意識することなく体に取り込んでいる空気には実に多くの化学物質が含まれています。これらの中には人体に有害な物質も多く存在し、これが原因で体調をくずしたり、人によっては生活に支障を来たすケースまであります。この原因のひとつとして、ダニ・カビなどのアレルゲンや様々な素材から放散する化学物質等があります。このような物質が存在する室内環境が要因となって引き起こる様々な健康障害を一般に「 シックハウス症候群 」と呼びます。目・鼻・喉の刺激症状や皮膚のかゆみ、頭痛、疲労感、めまい、吐き気など、症状は多様で、症状の出方やその重さにも個人差があります。ちなみに、国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)が、シックハウス症候群の重症例である化学物質過敏症の調査を、国内の成人を対象に行ったところ、その 0.74%が化学物質過敏症の可能性が高いことが分かりました。


  <シックハウス症候群の特徴 >
  1.  特定の建物内部にいると症状が出て、この建物から離れると症状が治まります。

  2.  原因となる物質は1種類とは限らず、複数の物質が複合的に関与して引き起こされる場合も多いです。

  3.  症状の発現に個人差があります。

  4.  住まい方や生活習慣による影響があります。

生活空間における原因物質の例
壁・天井

食卓
ピアノ
フローリング
押入・クローゼット
トイレ
カーぺット
犬や猫などのペット
タバコ
風呂
カラーボックス
ネイルカラー
台所
石油・ガスファンヒーター
(接着剤・可塑剤)
(防虫剤、農薬)
(接着剤、塗料)
(接着剤)
(接着剤、塗料、可塑剤)
(防虫剤)
(消臭剤)
(ダニ・ノミ)
(ダニ・ノミ)
(煙)
(カビ取り剤)
(接着剤)
(溶剤)
(漂白剤)
(燃焼ガス)



環境科学部のトップページへ戻る


環境衛生科学研究所のトップページへ戻る