汚染源を取り除く


 室内の有害化学物質濃度を低くするための根本的な方法として、汚染源となるものを部屋から撤去 あるいは代替品と交換することが必要です。



< 持ち込んだものが汚染源となる可能性のある原因物質の例 >

木質ボード類・・・ホルムアルデヒド

ガスコンロ・・・ホルムアルデヒド・アセトアルデヒド

石油ファンヒーター・・・ホルムアルデヒド・テトラデカン

たばこ・・・アセトアルデヒド

除光液・・・・トルエン・アセトン

油性ペイント・・・キシレン

防虫剤・・・パラジクロロベンゼン

液体蚊取り・・・テトラデカン

☆この他、飲酒によりアルコールが分解されて、アセトアルデヒドが体外に 排出されることが知られています。


家具や建材の接着剤として、ホルムアルデヒドが使用されることがよくあります。このような家具・建材の一部にはホルムアルデヒドの放散量が高く、室内汚染の原因となるケースがあります。実際に収納棚を室内 から撤去することにより、 汚染状況を改善した事例を紹介します。
この家庭では、寝室、子供部屋、納戸でそれぞれ複数の収納棚を使用しており、いずれの部屋もホルムアルデヒドの室内濃度指針値である 100μg/m3を超過していましたが、部屋から収納棚を全て撤去することにより、大幅に濃度が低減されました。
< 汚染源除去による改善例 >

寝室

子供部屋

納戸

収納棚 撤去前
( μg/m3

108

113

143

収納棚 撤去後
( μg/m3

47

49

60

ホ ルムアルデヒド
  減少割合(%)

56

57

58