住宅の築年数とホルムアルデヒドの室内濃度との関連性について


 一般住宅41家庭について、ホルムアルデヒド濃度と建物の築後経過年数との関係を調べました。この結果、  ホルムアルデヒドの室内濃度は経過年年数によらず、かなり年数の経過した建物でも数値が高い場合がある  ことが分かりしました。このことから、一概に住宅の高気密化や新建材の使用が汚染の原因であるとはいえず、汚染源となるものを室内に持ち込むケースなど、他にも原因となるケースが考えられました。 

一般住宅の築後経過年数とホルムアルデヒド濃度
(各家庭の室内濃度平均値)


戻る