まねき屋本舗   
山形県の方言ページ

  追加登録はこちらからお願いします

”お願い” こちらの方言ページは投稿者の善意で成り立ってます。
上のバナーのクリックと合わせ、追加登録に是非ご協力をお願いいたします。m(- -)m


音声の登録も出来ますので、Waveファイルを してください。
  音声の録音、送信のしかたは、こちらです。
えぇ〜っ !! パラレルターンってこんなに簡単だったんだぁ

日本列島縦断 ジグソーパズル はいかがですか。

ホームへ、、、ご意見ご質問、指摘などはメール又は掲示板
発音方言
方言の意味
説明
使用例投稿者&
mailアドレス 
ホームページ 
アイコ山菜の一つ。イラクサ科ミヤマイラクサの新芽。葉も茎も細かい棘に覆われ、触るとチクチク痛い。葉を取り除き、お浸しや和え物、みそ汁などにする。吉田達夫
あおむぐ仰向けになるakioHP
あおのぎ仰向け。古語に「あふのく」(動詞)「あふのき」(名詞)がある。 頸をかかんと甲(カブト)を押しあふのけて見れば(平家物語・敦盛最期)。吉田達夫
あがたげる調子に乗るakioHP
あぎあぎかみかみ(噛み噛み:幼児語)もがみぐん
あぐ移動するakioHP
あぐ灰。(最上地方)共通語で「あく」といえば「灰汁」のこと。あるいは「あくの強い人」という場合の「どぎつさ・しぶとさ」のこと。吉田達夫
あぐどかかと(踵)。(最上地方)福島・新潟で「あくと」。熊本・大分・宮崎では「あど」。吉田達夫
あげだ [連体詞]あんな、あのような。「あげな」とも。類語に「こげだ」「そげだ」「ほげだ」「どげだ」がある。新庄周人
あざホクロ。秋田県でもホクロをアザという。九州や沖縄でもアザという。つまり、アザはホクロを指す古い語で、京都に始まったホクロがだんだん広まっていったのである。新庄周人
あざく勝手にいじるakioHP
あさま朝、朝の時間帯。「ま」は昼間の「間」と同じものか? 「あさンま」とも。新庄周人
あしいれ試験的婚姻不合格の場合は実家に帰される、むちゃくちゃな風習。もがみぐん
あて(あで)なんちゃって なんてねあて あで あでが の三段活用いたましいごど! 酒、まがした・・・ あて(笑)きたちょう
姉こ@妙齢の婦人。A新婦、嫁。「こ」は、小さなもの、愛着のあるものを表す接尾語。(最上地方)吉田達夫
あぶらっこ仲間はずれもがみぐん
あぶらぼっちひとりぼっち なかまはずれ勝手に想像するに、あぶら(あぶれ?)+ぼっち(ひとりぼっち?)もがみぐん
あべ行きましょうもがみぐん
甘ごい甘いakioHP
荒びる暴れる、乱暴するakioHP
あらい元気だ「あらい」は、つづまって「あれ」とも。隣のばさま、あらいごど。もがみぐん
洗いかだ洗い物akioHP
あんつぁ兄、若い男性akioHP
あんずぎ小豆。新庄周人
いいふりいいこ振ること。いい人振ること。カッコつけること。「ふり」は「振り」。 (最上地方)この野郎、あんますいい振りすんな。新庄周人
いがべ許応の意を表す。「いいだろう」の意。「べ」は終助詞「べえ」の短縮形。 「いがっぺ」とも。「いがべ?」と疑問文にも遣う。 (最上地方)「ほんで良いべが?」「いがべ。」新庄周人
いぎゃう行き会う、バッタリと会うakioHP
いげす(それで)結構です。良い+げす+は〜(詠嘆の助動詞?)   もっと、あがらっしぇ。(もっと、お食べになって。) いげすは〜。(もう、いいです、結構です〜)もがみぐん
いたましいもったいない  惜しいことをした 残念かわいそう、ふびんの意ではつかわない。これらは「むずさい」と表現いたましいごど! 酒、まがした(涙)もがみぐん
いだますいもったいないakioHP
イチマル @ マルイチのことをイチマルと読む先生が学校で多用する またAはニマルと読む問題イチマルきたちょう
いっきつかす調子に乗る、いい気になるakioHP
いっくれほどほどに。ある程度。切りのいい程度。「いい位い」の転か? (最上地方)いっくれ飲んだらハァ、帰って来いな。新庄周人
いってぇ [形容詞]痛い。(最上地方 いってがったやあ。新庄周人
いってがる痛がる。「がる」は共通語の「嬉しがる」「嫌がる」「悲しがる」の「がる」に同じ。 (最上地方)涙流すていってがってだっけ。新庄周人
いーやんばいだちょうどいいこれはおじいちゃんやおばあちゃんしか使わないかも・・!おふろいいやんばいだ〜!まなりん
うがい多いakioHP
うっちゃ   米沢の方言です うっちゃこいピチ
うかい多いうがい、うげ とももがみぐん
うさうさわさわさ そわそわにぎやか。 落ち着かないようすもがみぐん
馬スカンコイタドリ。タデ科の多年草。スカンコ(すかんぽ)も食べられるが、馬スカンコも皮をむけば、茎は生で食べられる。ほんのり酸っぱい味がする。旨いものではない。新庄周人
うるかす水に浸して、ふやかすもがみぐん
えごリンパ節の腫れもがみぐん
えも○○○さらに もう  あとえも少しけろ(ちょうだい)もがみぐん
えんつこ藁で、お椀型に拵えた幼児用のベッド。「いづめこ」「えづめこ」ともいう。同じ作りで小型のものを釜の保温用に用いる。「嬰児籠(エイジコ)」からだという。(最上地方)吉田達夫
おうとうサクランボ中国語「桜桃[あうたう]」(ユスラウメ)から。吉田達夫
おがる成長する。  大きくなるおめえ(家)の大根、ずいぶんおがったごど〜もがみぐん
おしょうしな  ありがとう(ございます)、どうもね 買い物をすると、店の人に「おしょうしな」といわれます。 じょ
おすこみ押入れ。おすこみ[oskomi](「す」は無声音)。(最上地方)吉田達夫
おだつ威勢がよくなる  いきおいこむもがみぐん
おつけみそ汁おづげ、とももがみぐん
おどげおとがい。(最上地方)新庄周人
おどけでね冗談ではなく  もがみぐん
おどでんなおととい 一昨日もがみぐん
おべったふりしったかぶり なんでも憶えているようなそぶりもがみぐん
おぼこ(んぼこ)子供これはおじいちゃんたち昔の人しか使わないカナおらいのんぼごです!まなりん
おもしぇ面白い。興味深い。愉快だ。(最上地方)おもしぇがったが? おもしぇぐねがったが?新庄周人
おやく親戚 もがみぐん
がおる@困惑・失望などのため気落ちする。A人や動物が病気で衰弱する。(最上地方)「我を折る」が語源だという。日葡辞書に Gauovoru がある。吉田達夫
かがぁ@母。A家内、妻。語源は「かか」(母親を意味する幼児語)。「かか」の語源については、「御方[おかた]」とする説が有力。日葡辞書に Caca が載っている。(最上地方)おら家[ye]のかがぁ(うちの母、うちの家内)吉田達夫
かける指名する国語のとき、先生からかけられた。もがみぐん
かしき(屋根の雪下ろし用の)鋤カエスキ,カイスキ,コシキとも。もんじゃ焼きのヘラを大きくしたようなもの。櫓や櫂に似る。屋根の雪にこれで切れ目を入れて滑り降ろす。もがみぐん
かぜる加える 参加するなわとび、おらもかぜでけろ!もがみぐん
かだがる傾く。垂直になっていない。水平になっていない。(最上地方)この椅子、かだがってねぇべが?新庄周人
かたがる立ち寄る  もがみぐん
かだげる傾ける。垂直になっている物を斜めにする。(最上地方)新庄周人
かつける他人の所為にする  責任を転嫁するかっつける、とももがみぐん
かった借りるの過去形のこぎりをかってきてくれ。(のこぎりを借りてきてください)ちびっこ
かっちゃ裏返し(シャツなどが)シャツかっちゃになってだずーひろみっちゃん
かっちゃく引っ掻く猫にかっちゃかれたもがみぐん
かっちゃ反対白鷹ひろみっちゃん
かっちゃばぐ[他動詞]引っ掻く「かっちゃ(裏返し)に剥ぐ」が語源か?(新庄地方)痒[け]ぇくて、かっちゃばいですまった。吉田達夫
かっつく追いつくもがみぐん
かっぱだれ川に落ちて、ずぶぬれになることかぶだれ、とももがみぐん
かどにしん(鰊)。カズノコは「カドの子」からとも言われている。kado-no-ko → kadu-no-ko.「数の子」は当て字だろう。「数」は kadu ではなく kazu だから。(最上地方)新庄周人
かなしー寒い友人が使ってた。夜は、かなしーゆず。
かなちょろかなへびもがみぐん
かぷける(自動詞)(食物)がカビの生えた状態になる。この餅[もづ]、かぷけで、食[か]んねぐなったでハ。吉田達夫
かまがすひっくりがえすもがみぐん
かますかきまぜる風呂、よっくかましてはいってな〜もがみぐん
かみおろし巫女もがみぐん
からかみふすまもがみぐん
からくちおかずだけを食べることもがみぐん
からこっぺこましゃくれた こなまいきなもがみぐん
がんご空洞  中空もがみぐん
きかなし言いつけを聞かない子   腕白な子もがみぐん
きかねいうこと聞かないこれもおじいちゃんたちが使うきかねんぼごだまなりん
きしゃわり迷惑  もがみぐん
ぎっぎどおもいっきり芋煮の後の鍋の底はぎっぎどこすりましょうもっとぎっぎど擦んねどおぢねべーきたちょう
きときとピチピチ (釣られて陸に上がった)魚が活発に跳ねるさまもがみぐん
きびす急須もがみぐん
ぎゃぴーはげのおじさん あ、ぎゃぴーだ!!?
ぎり境界線 もがみぐん
ぐっぐどぐいぐいと  さっさともがみぐん
くづべらくちびる(唇)。(最上地方)「くづべろ」とも云います。新庄周人
くびとくび(首・頸)。(最上地方)「くびと」より「くび」の方が多く遣われている。新庄周人
くろこぶすくるぶし(踝)。(最上地方)「こぶす」は「拳(こぶし)」のことか?新庄周人
けっつけつ、おしり。「けつ」の語源は中国語「穴(けつ)」から。「しりっぺた」は「けっつぺた」という。(最上地方)吉田達夫
げっぱびり  最後もがみぐん
けなりいいうらやましいもがみぐん
けろ動詞「ける」(与える、あげる、〜してあげる)の命令形(最上地方)ほれ、持[タガ]ってけろ。ちょっと待ってけろ。新庄周人
こ [接尾語]名詞について、小さいもの、可愛らしいもの、愛着ののあるものを表す。あがこ(赤子)、姉こ、唄[ウダ]こ、仔っこ、皿こ、乳[ツヅ]こ、鳥こ、蒜[ヒロ]こ、穴こ、銭こ、やろっこ、へなっこ、棒っこ、嫁こ、しょでこ、粉こ、etc.新庄周人
こい [造語成分]「形容詞の語幹+こい」の形の形容詞をつくる。甘こい、暖[アタ]こい、愛[メゴ]こい、丸こい、軽こい、狭こい、ちゃっこい、粘こい、ぺったらこい、細[ホソ]こい、細[コマ]こい、ゆるこい、めちゃこい、やっこい、etc.新庄周人
こうた買ったジュースこうてきてくれ。(ジュースを買ってきて下さい。)ちびっこ
ごが駄々ごがする=だだをこねるもがみぐん
コゴメ山菜の「こごみ」。クサソテツの新芽。「メ」の発音は、メとミの中間音である。「こごむ」「こごる」と同源と思われる。(最上地方)新庄周人
ごしゃぐ怒る。叱る。自動詞形は「ごしゃげる」。ごしゃがんねがったが?吉田達夫
ごしゃげる腹がたつ。他動詞形は「ごしゃぐ」。(最上地方)ごしゃげで、ごしゃげで、どうぬもなんねがった。吉田達夫
こちけるこじれるこつける、とももがみぐん
こちょばったいくすぐったいおまえ、こちょばってえ花笠少女
ごどゴミもがみぐん
このげ眉毛。「こ+の+毛」だろうが、コの意味は不明。(最上地方)吉田達夫
こべったない汚いこの靴こべったねーせろはん
こへるこしらえる  作るこしぇる,こせる、とももがみぐん
こわい疲れた 雨上がり
こんにゃ今夜もがみぐん
ごんぼ牛蒡。キク科の二年草、またその根。根は食用。「かたこと」(安原貞室・慶安3年)に京ことばとすて「ごんぼ」がある。新庄周人
ごんぼ炒りきんぴらごぼう(最上地方)新庄周人
さすけねさしつかえないもがみぐん
さだげねみっともない  恥ずべき???
ざっこ 川さいって[ざっこ]つかまえできたひゅう
さなぶり田植え終了後のお祝いもがみぐん
さわす柿の実の渋を抜くもがみぐん
さんにぃ出来ないそったらごと、さんにぃ???
しぇづねぇ@切ない。つらい。ひどく悲しい。A息が苦しい。「切ない」から。最上方言ではセはシェとなる。室町末期の中央語のサ行音は、サ・シ・ス・シェ・ソと発音されていた。九州でもセをシェと言う。しぇんしぇい(先生)。新庄周人
しぇる冷える今夜はしぇるずね〜にらりっち
しが氷  つらら池さ、シガはった!もがみぐん
したっぺしたぎ、とももがみぐん
しっとのまあっと言う間  すぐしっとのこま,しっとのこんま,しっとえ とももがみぐん
しない弾力のあるしね、しんね ともこの肉、シナくて噛み切らんね。もがみぐん
しびる失禁すること小便しびったちびっこ
しめしおしめ おむつしんめし、とももがみぐん
しめるつかまえるざっこ、しめだ!もがみぐん
しゃがまるしゃがむ。「しゃごまる」とも。(最上地方)新庄周人
しゃで(こ)おとうとおまえのしゃでなにしった?ひろみっちゃん
しゃーますあんまり雪降って、しゃーまししたもがみぐん
しゃーます手に負えない   困る  もがみぐん
しゃね知らない。「っしゃね」とも、また「ひっしゃね」とも。(最上地方)ほんた事[ゴド]しゃねじゅ。新庄周人
しゃぶろスコップもがみぐん
じゅ(終助詞)じゅ(終助詞)話し手の主張を強める働きをする助詞。最上地方の方言。村山地方では「ず」というようです。んだじゅ。んねじゅ。早ぐ来いじゅ。吉田達夫
しょでこ山菜のひとつ。塩手(しおで)。塩手は、山野に自生するユリ科のつる性多年草。新芽を食用にし、その形状から山のアスパラガスとも言われる。しおで→しおでこ→しょでこ。(最上地方)新庄周人
じょさねぇ容易だ。簡単だ。面倒じゃない。「造作ない」から。(最上地方)新庄周人
しょす恥ずかしい主に庄内方言だと思います。ほったげ褒めらいっどしょすでば。ゆってぃ
しょでん以前もがみぐん
じょんだ上手だもがみぐん
〜しろで!〜しろよ!連絡ぐらいしろで!キタショー
しんけたかりヒステリー  激しく泣いたり起こったりする人すんけたがり、とももがみぐん
しんめ食事のしたく もがみぐん
すが氷。つらら。(最上地方)新庄周人
スカンコスカンポ(酸模)、スイバ(酸葉)。タデ科の多年草。新芽の頃の茎は軟らかく、子どもはこれを囓って食べたりする。大人の嗜好に耐え得る食物ではない。とても酸っぱい。新庄周人
ずぐなし根性なし いくじなしもがみぐん
すげね寂しい  侘しいすげない(つれない,愛想がない)より、悲しみが深い。空虚。もがみぐん
すこだまとてもすこだま楽しい芋煮会 とても楽しい芋煮会とても楽しい芋煮会藤野茜HP
すこもこもぞもぞもがみぐん
すず清水が湧くところもがみぐん
すっけぇ@酸っぱい。A腐りかかって饐えている味。(最上地方)新庄周人
すったげ唾液、つば。「すったぎ」とも。「舌き」が語源か?吉田達夫
ずっつぁ爺。男の老人。祖父。(最上地方)新庄周人
すっぱね雨の道やぬかるみを歩いたとき、跳ねあげられて、ふくらはぎや衣服についた泥水。(最上地方)新庄周人
スドキ山菜の一つ。キク科のモミジガサ。お浸しや和え物、味噌汁、天ぷらなどにして食べる。 岩手県では栽培している。 「キ」は、「け」と「き」の中間音。シドケとも。 アゲビ(あけび)の「ゲ」も「げ」と「ぎ」の中間音である。新庄周人
ずほ[名詞]「嘘つき」を「ずほこぎ」という。(新庄地方)ずほこぐ(嘘をつく)。吉田達夫
すまっこ隅っこもがみぐん
そがぎ雪囲い家の周りに丸太などをめぐらし、そこに束にした茅などをくくり付ける。出入り口以外はすべて囲われる。 もがみぐん
そこさそこへそこえすわれ???
そじる果物などがいたむこと。服や物などがボロボロになること。その服そじっだなぁ。内陸娘
そだすつかいふるす  ???
そべる甘えるもがみぐん
そんますぐ  じきにもがみぐん
たがぐ持つ。持ち上げる。「たがぐ」の「が」は半濁音。(最上地方)こんた物、重[おも]でくて、たががんね。吉田達夫
たかじょ地下たびもがみぐん
たごづくつかむ  すがるもがみぐん
たごめるたぐって、縮める。もがみぐん
だべさそうだ ???
たてる閉める  戸をたてるもがみぐん
たねるたずねるもがみぐん
だみだし葬式白鷹 ひろみっちゃん
〜だや?〜だい? 〜ですか?お前いつ帰って来ただや?キタショー
だら糞尿 かつては、そのすべてを畑の肥料として消費もがみぐん
ちびる磨耗すること鉛筆の芯がちびたちびっこ
ちゃっちゃとさっさともがみぐん
ちゅうき脳出血ちゅうぶ,ちゅうぶぅ,ちゅうふぅ とももがみぐん
ちょすいじる。いじくる。この機械、危ねさげ、ちょすな、な。吉田達夫
ちょっき左利き。ぎっちょ。アクセントは「ちょ」にある。(最上地方)新庄周人
ちょぺっとちょっぴりもがみぐん
つけっと[副詞]知らん顔や愛想の無いさまを表す。つけっとすて、っしゃねふりすった。吉田達夫
つだす差し出すばさまが孫に「ほれ、け」と、まんじゅうをつだした。もがみぐん
つづこ@乳房。A母乳。B動物の乳、乳房。(最上地方)「こ」は愛着のあるもの、可愛いいもの、小さなものを表す接尾語。こげ大っきぐなって、まだ乳こ飲んでんなが!新庄周人
つで冷たいもがみぐん
つとつっと、とも。納豆を入れるワラの筒。ドジョウなどを捕らえる筒状の仕掛けをいうことも。もがみぐん
つっぱり心張り棒  つっかい棒戸に、ツッパリかっておげもがみぐん
つんけうなじ。(最上地方)つんけさ雨だれ落づて、やばついごど!吉田達夫
てしょ小皿 ちえ
てっかり斜視もがみぐん
でっちりたくさん  いっぱいまま、でっちりけ(食え)もがみぐん
でっつら(副詞)たくさん。数の多いことでなく量の多いことをいう。でっつら、ごっつぉうなってすまった。吉田達夫
でろ泥。「泥だらけ」は「でろだらけ」。青森・秋田・岩手では「どろ」、宮城・福島では「でろ」。吉田達夫
てんこらふく上を向く  天を仰いでいる  もがみぐん
でんび@ひたい(額)。A普通より広く高く張り出た額。(最上地方)「でびたい(出額)」の転か? 新庄周人
とけちゃま逆、反対庄内地方の言葉だと思います。おばあちゃんが使っていました。サンダルがとけちゃまだぁKeiko
どでするびっくりするどでんする、とももがみぐん
どだなだずどんだけだよ 関西弁でいうところのなんでやねんつっこみ的に使用すること どだなも使用することもあり ほだいもぎっぎどこすって使わんねぐなったどれはぁ おまえどだなだずきたちょう
どんづき柱の土台石を打つ作業  地固めの作業もがみぐん
どんぶく厚く綿を入れた丹前(どてらとも)の丈の短いものもがみぐん
なおす(もとのところに)片付けるもがみぐん
なげる捨てる  棄てる「投げる」も、なげる。たまなげ(キャッチボール)ゴミをなげるもがみぐん
なす弁済する 補償する 元に戻すもがみぐん
なす(人間・動物が)こどもを産む。(最上地方)おら家の猫(ネゴ)仔っこ6匹なすた。新庄周人
なだなみだもがみぐん
ななじ七時(しちじ)もがみぐん
なにしったの?何してんの?例の意味(そこでなにしてんの?そごでなにしったの?まなりん
さなぶり田植えを終えた後のお祝いもがみぐん
なめかん唇がカサカサして赤くなること。いたかゆい状態のこと。内陸でも一部分しか使わないとおもいますが・・・なめかんなったハァ〜内陸娘
にがっぺアブラハヤ(コイ科)もがみぐん
にしゃてめえひろみっちゃん
にっきばるいきむ  息をつめてりきむねっきばる、とももがみぐん
にどいもじゃがいも以前は、ジャガイモより普及していた…もがみぐん
にゃぁ〜(終助詞)標準語の「ね」と同じ意。同意する、同意を求める。腹減ったにゃぁ〜。(おなか空いたね。)んだにゃぁ〜。(そうだね。)ue様
ねついねばりづよい 熱心 丁寧 しつこいもがみぐん
ねまる座る。横になる、寝そべる。くつろぐ。(最上地方)古語に同義の「ねまる」がある。涼しさをわが宿にしてねまるなり(奥のほそ道/曾良)疲れだべぇ、ねまってけらっしぇ。吉田達夫
ねまれ座りなさい山形県最上地方の方言です立ってねで「ねまれ」佐藤正敏
のだばる(自動詞)行儀悪く、腹這いするなどして、寝っころがる。「のだ」は「ぬた打つ」「ぬたくる」の「ぬた(泥土)」と同源か?「ぬた打つ」の原義は「猪が転げ廻って体に泥を塗りつける」ことである(上代語)。のだばって飯[まま]食ってぁなんね。吉田達夫
はえっと〜ごめんください。  「はいりますよ〜」の意か。こんにちははいわず、いきなり「はえっと〜」というもがみぐん
はく(てぶくろを)するもがみぐん
はけご竹、つる、わらなどで編んだ腰につけるかごもがみぐん
はさいねかけ刈った稲を干すために丸太で組まれた格子状の柵もがみぐん
ばちかぶりばちあたりここいらでは、バチはかぶるものもがみぐん
はっけおぎ占い師もがみぐん
ばっけふきのとうもがみぐん
ばっけビリ。競争順位の最下位。(最上地方)吉田達夫
ぱっち円形のメンコもがみぐん
はっつぉい響く お前の声「はっつぉい」なー!斉藤です!
ばっこげた、スキーなどのうらにつく雪もがみぐん
はっこい冷たい庄内ですこの雪はっこいなぁ〜☆HP 
ばっち末の  最後のばっちこ(すえっこ)もがみぐん
はっつぉい勢いが強い。元気盛んで精力的である。水などの、ほとばしり出る勢いが強いことも意味します。また、反駁を許さないほど意見が迫力的で勢いが強いことにも遣います。(新庄地方)お前(め)、はっ強いなあ。吉田達夫
ばっぺ汚い、ばっちい幼児に対しての言葉か?そんなもん触ったらばっぺ!???
はでやら雪が一面に降り積もって歩いて通れない雪原通り抜けるのが困難な藪を「藪やら」といいます。「はでやら」も「やぶやら」も、そこを通り抜けるには「扱いて」行かなくてはなりません。(新庄地方)吉田達夫
はばがる跨ぐもがみぐん
はばける食べ物などでむせるさま。吐きそうなさま。内陸娘
はばげる広げる  開くもがみぐん
はやす切る ???
ばり [副助詞]「ばかり(許り)」の転。〜だけ。〜のみ。〜ほど。(最上地方)一万円ばり、貸すてけんねが?吉田達夫
ばんげゆうがたもがみぐん
ばんで[副詞]〜するだけで。〜しただけで。「ばりで(ばかりで)」の撥音便。今来たばんで、もう帰[け]んながわ?吉田達夫
バンドズボンのベルト「ベルト」などという人はいなかったと思う…もがみぐん
はんばげるむせる?のどちんこさゆびつっこむどはんばげっつぉひろみっちゃん
ひじゃかぶ(膝株)膝頭。(最上地方)吉田達夫
ぴたびびる チキンぴた ぴたる ぴたかす の三段活用おまえほだいもぴたってねえで ぎっぎどこすんねど帰らんねじゃーきたちょう
びっきかえる県南地方に限定的かも知れない。緑のビッキみつけた松川
びっきんくさおおばこ(大葉子)(オオバコ科の多年草)葉の形が、びっき(蛙)の背中の形に似ていることからの命名。なお、青森、岩手、秋田では、赤ん坊の背中がビッキの 背中に似ているので、赤ん坊をビッキという。吉田達夫
びっこたっこ@履き物やズボンなど左右片ちんばであるさま。A左右対称であるべきものが対称でないさま。(最上地方)新庄周人
びっじゃらかい水溜りほさ、びっじゃかいあっからなちびまる子
ひっちゃばぐ[他動詞]紙・布などを引き裂く。引っ張って破く。類語に「ぶっちゃばぐ」がある。「ぶっちゃばぐ」は、「ぶち破く」が語源だと思われる。まづがって(過って)ひっちゃばいですまった。吉田達夫
ひとがたけ一食分もがみぐん
ひとかだけ一回分の食事食事をご馳走になって「ごっそうさま、ひとがたけ助かった〜。」 あるいは、ご飯を食べ残した私に「これもひとがたけだぞ、もったいネごどすんな!」とごしゃがれました。???
ひゃっとねえもしかするとねえ ひゃっとすたらば,それがはねえかもねえ彦右衛門
ひょこっとひょっこり。共通語の「○っ△り」が新庄方言の「○△っと」に対応する形の語は  げっそり→げそっと、こっそり→こそっと、ちゃっかり→ちゃかっと  のっそり→のそっと、むっくり→むくっと、もっこり→もこっと など、たくさんある。新庄周人
ひろこ野びるもがみぐん
ふき吹雪   ゆんべなだば、ものすごいふきふいだなや〜もがみぐん
ふぎのど蕗の薹。蕗の花芽。(最上地方)新庄周人
ふござる(笊)。(最上地方)最近は、ほとんど遣われなくなったようです。死語か?新庄周人
ぶじゅぐす壊すファミコンなんか壊してやる!ファミコンなぶじゅぐしてける!リョーマ
ぶじょほ礼を欠くこと。「不調法」から。(最上地方)ぶじょじょすたやあ(失礼してしまい、すみませんでした)。新庄周人
ぶっちゃく破くだれだ!障子、ブッチャいだな(破いたのは)もがみぐん
ふとった満腹になることあぁ〜腹ふとった。ちびっこ
べぇ [終助詞]だろう、だよね、だろうね。〜しよう。古語の推量の助動詞「べし」の変化したものと云われる。べし→べい→べぇ→べ。んだべ。んねべぇ? 疲れだべぇ? 食うべ。新庄周人
へくさんぼカメムシもがみぐん
ぺけ×印のこと、転じて駄目なことあの問題はぺけじゃのぅ。ちびっこ
べご牛。東北一帯の方言のようです。金田一京助によれば、牛は「べー」と啼くから「べご」、猫は「ねー」と啼くから「ねこ」。吉田達夫
べご(牛)スカンコギシギシ(羊蹄)。タデ科の多年草。スカンコは食べられるが、これは食べられない。(最上地方)新庄周人
べっか分家  別家ぶんけ、べっけは稀もがみぐん
べったらこいひらたいもがみぐん
へづねせつない つらいもがみぐん
へなこ娘っこ白鷹ひろみっちゃん
へなっこ女の子、少女。「やろっこ」に対する語。 「へな」+「こ」(コは 小さな物・愛着のあるものに付ける接尾語。)吉田達夫
へやみなまけものせやみ、とももがみぐん
へる入る母「えさへれ」  子「やんだ、まだへらね」 もがみぐん
べろもがみぐん
ほいど乞食。日葡辞書(慶長8年の成立)に「陪堂[ほいたう]」(巡礼者に対する喜捨)がある。吉田達夫
ぼう追う。追い払う。(最上地方)野良犬ついで来たはげ、ぼってやった。吉田達夫
ぼかける追いかけるぼっかげる、とももがみぐん
ほげるほっくりかえす玄関の、雪ほげしてけろもがみぐん
ほしたらそれでは もがみぐん
ぼす燃す  燃やすもがみぐん
ほだいもそんなにも芋煮の後の鍋の底はほだいもこすっても落ちませんほだいもこすっだっておぢねもんはおぢねべーきたちょう
ぼだす追い出すもがみぐん
ぼっこす[他動詞](物を)壊す。(腹を)壊す。「ぶっこす」とも云います。 打ち壊す→ぶち壊す→ぶっこわす→ぶっこす→ぼっこす。腹ぼっこすて、寝ったっけどう。吉田達夫
ぼっこなった尖ったものの先がまるくなる小学校などで授業中えんぴつで文字を書いている時などに使用するえんぴづぼっこなったおかん
ほったぶほほ(頬)。「たぶ」の付く語は、このほか「耳たぶ」(耳朶)「腿たぶ」(太股の後ろの部分)がある。(最上地方)吉田達夫
ほろくはたきおとす  振りおとすもがみぐん
ほんずぎ酸漿(ホオズキ)。(最上地方)新庄周人
ほんて本当もがみぐん
ほんでねまともでない  もがみぐん
ぼんてん力ブトムシ(めす)ぼんてん採集に行く松阪の虫キチ
まがすこぼす  アチャー、お茶、まがした!もがみぐん
まき血統まぎ、とももがみぐん
まぎみ頭頂にある旋毛(つむじ)。秋田・宮城で「まぎめ」、岩手で「まぎめっこ」というから、「巻き目」の転と思われる。(最上地方)吉田達夫
まくれるめくれる  はがれるもがみぐん
まっかふたまたに分かれた状態まっか大根もがみぐん
まつぽいまぶしいもがみぐん
まなぐまなこ、目。(最上地方)吉田達夫
まや馬を飼っておく場所別棟にする家もあったが、住居と同じ棟にあるのも多かった。      もがみぐん
まゆぐ弁償する 元どおりにするまゆく,まゆうとも。たとえば、借り物を傷つけて返すと、「そじだな(傷ついたのを)、まゆってけろ」とごしゃがれます。もがみぐん
まるぐ束ねるもがみぐん
みじゃ台所  流しもがみぐん
みつけぇ短い。「つ」は無声音である。(最上地方)新庄周人
みみくそ(耳糞)耳垢(最上地方)新庄周人
耳たぶ耳朶。(最上地方)「たぶ」の付く語は、このほか「ほったぶ」(ほっぺた)」「腿たぶ」(太股の後ろの部分)がある。吉田達夫
むがさり結婚式。花嫁が嫁ぎ先に向かう行列など結婚の行事。仙台には、動詞「むがさる」がある。「むがさり行ぐ」とは、「嫁に行く」こと。新庄周人
むぐす(便を)洩らす。失禁する。(最上地方)「むぐす」に自動詞形は「むぐれる」。新庄周人
むぐれる小便や大便が漏れる。「むぐす」の自動詞形。類語の「むる」は、水などの液体が器から漏る意。(最上地方)新庄周人
むずせぇ可愛そうだ。不憫だ。秋田で「むぞせ」、山形で「むつこえ」、熊本で「むぞなげ」。会津若松では「むぞうさい」で「むごい」を意味する。ほんて!むずせぇやあ。新庄周人
むずてまがって右さむずて???
むつける拗ねるもがみぐん
むる漏る。「も」が「む」に転じる例は、他に「むぐる(潜る)」「むらす(洩らす)」がある。 (最上地方)新庄周人
めくせぇ醜い。「く」は無声音。(最上地方)新庄周人
めちゃこい小さいめっちゃい、とももがみぐん
めっこめしかたい芯が残っている炊きそんじのご飯もがみぐん
めめちいさな虫もがみぐん
めんこいかわいい あの子めんこいなぁ・・・♪♪
もすけくすぐったいもがみぐん
もっけだありがたい庄内地方の言葉。最上や内陸では使わない。「物怪、勿怪(もっ・け)」、思いもかけぬこと、意外。転じて、有り難いことか。何かお世話になったり、頂き物をした時など「もっけだの〜、ありがとの〜」もがみぐん
もっけるたおれる 倒れて横になるもがみぐん
ももたぶ太股の後ろの部分。「たぶ」付く語は、このほか「耳たぶ」(耳朶)「ほったぶ」(ほっぺた)」がある。(最上地方)吉田達夫
もんじゃね容易ではない。たいへんだ。なんぎだ。もがみぐん
やえぐらい遠い 言う本人が「とても遠くていけない場所」を相手に分からせるときに使います。 ほだら、やえぐらいところ、いがね小野川
やしめる小ばかにする 低くみる 安くみるもがみぐん
やっちゃね乱雑  乱れているもがみぐん
やばつい水等がかかった気分 山形県上山地方 思わず、びじゃかいに入って「やばついごだ!」 石井 晃
やらしぐねかわいくない   にくたらしい???
やろこ こども(男の子) きっかねやろこだな!ねいてぃう゛
やろだ野郎達。あいつら。「やろら」とも。(最上地方)新庄周人
やんだ [形容動詞]いやだ。形容動詞である(自信なし)が、活用は形容詞的である。 否定形は「やんだぐねぇ」。生ぎでんな、やんだぐなったなあど、わあ。新庄周人
やんだがる [動詞]嫌がる。(最上地方)やんだがってっさげ、ほんた事[ゴド]すんなじゅ。新庄周人
やんですいやですこれコピーして! いやですこれコピーしてけろ! やんですリョーマ
やんべ [副詞]いいあんばいに。ほどよく。具合よく。順調に。(最上地方)やんべすったが?(順調に過ごしてますか?)新庄周人
やんべだ [形容動詞]いい具合だ、良い出来だ、良い仕上がりだ。(最上地方)このスイガ、やんべだごど!新庄周人
ゆきほげ除雪 当地では「雪を放り投げる」の意もがみぐん
ゆつける結い付ける。縛る。類語に「ゆつなぐ」(結い繋ぐ)がある。(最上地方)もっけんねぇよう、ゆつけでおげ。新庄周人
ゆんべなゆうべ、昨晩。語尾に「な」が付く例に「きんな(昨日)」「おどでな(一昨日)」がある。 万葉集東歌に「宵な」がある。(巻十四・3461)(最上地方)新庄周人
よあがり終業もがみぐん
よう???
よくござったなし  よく来ましたね山形県全般ではないと思います まんず、そんなとおくから「よくござったなし」じょ
よだ要る。必要だ。「必要ない」は、「よでね」あるいは「よんね」。「んね」は「んだ」の反対語。否定を表す。もがみぐん
よっか [格助詞]比較の基準を表す。「よりか」の促音便。 (最上地方)思ったよっか、じょさねがった。新庄周人
よっくど念入りに。よくよく。(最上地方)よっくど、めんごげ、磨いでおげな。新庄周人
よんだれよだれ(涎)。東北では、ガ行音・ザ行音・ダ行音・バ行音の前に鼻音[ん]が挿入されることが多い。この現象は室町時代の標準語の特徴であった。とんび。ぶんど。あんずぎ。とんがる。ごんぼ。新庄周人
らんきわきめもふらず、集中してうぢのとさんだば、らんきなて走ってだけ鳥海人
我。私。自分もがみぐん
わかぜ若い衆  見習い  もがみぐん
わにる人見知りをするさま。内陸娘
わらし子供もがみぐん
わらわらさっさと いそいでわらわらまま(おまんま)けはもがみぐん
われおまえ、あんた、てめぇ。同等、もしくは目下の者への呼びかけに用いる。 相手に敬意を表して呼びかけるときは「お前[め]」を遣う。われぁ、貸すた金、返さねかんじゅが!吉田達夫
んだ そうだ んだべしたゆき゛
んだっすかそうですか???
んなお前。きさま。汝もがみぐん
んね [間投詞]相手の言った事柄に否定の意を表明する語。違う。「んだ」に対する語。 肯定の「ん」+ 打消の助動詞「ねぇ」とも考えられる。んねじゅ。んねべ。んねごです。んねなが?吉田達夫
んぶう負ぶう。おんぶする。吉田達夫
んぶさる負ぶさる。「んばさる」ともいう。 「負ぶさりたい」は「んばっでぇ」ということもある。吉田達夫
んぼご子供。幼児。赤ん坊。これから生まれてくる赤ん坊を指すこともある。 「んぼごなす」は出産のこと。吉田達夫
んま馬。吉田達夫
んまる埋まる。吉田達夫
んまれる生まれる。過去形の「生まれた」は「んまっだ」。も少すで、孫、んまれんなあで。吉田達夫
んめうめ(梅)。吉田達夫
んめぇ旨い。おいしい。あの料理、んめがったやあ。吉田達夫
んめぼす梅干し。吉田達夫
んめる埋める。吉田達夫

代行運転管理システム
弁当&給食受注管理システム
バスツアー管理システム
まねき屋本舗携帯メール配信システム
モバイルデータナビ



運転代行ソフト、代行マスター