過去作のご紹介です。さて、今年はどんなお正月飾りができるのでしょうか

2017年中に制作のお正月飾りの一部です
 
 
A-01
 
A-02
 
A-03
 
A-04
 
A-05
 
A-06
 
A-07
 
A-08
 
A-09
 
A-10
 
A-11
 
A12
 
A-13
 
A-14
 
A-15
 
A-16
 
A-17
 
A-18
 
A-19
 
A-20

A-21
 
A-22
 
A-23
 
A-24
 
A-25
 
A-26
 
A-27
 
A-28
 
A-29
 
A-30
 
A-31
 
A-32
 
A-33
 
A-34
 
A-35
 
A-36
       
 
A-37
 
A-38
 
A-39
 
A-40
 
A-41
 
A-42
 
A-43
 
A-44
 
A-45
 
A-46
 
A-47
 
A-48
2016年中に制作したお正月飾りの一部です 
 
B-01
 
B-02
 
B-03
 
B-04
 
B-05
 
B-06
 
B-07
 
B-08
 
B-09
 
B-10
 
B-11
 
B-12
 
B-13
 
B-14
   
2015年以前のお正月飾りの主なところです
↓ 
 
C-01
 
C-02
 
C-03
 
C-04
 
C-05
 
C-06

C-07 
 
C-08
 
C-09
 
C-10
 
C-11
 
C-12

C-13 

C-14
 
C-15
 
C-16
 
C-17
 
C-18
 
C-19

C-20 
 
C-21
 
C-22
 
C-23
 
C-24
 
C-25
 
C-26
 
C-27

 C-28
 
C-29
 
C-30
 
C-31
 
C-32
 
C-33
 
C-34
 
C-35
 
C-36

C-37 
 
C-38
 
C-39

C-40 
 
C-41
 
C-42
 C-43  
C-44
 
C-45
 
C-46

C-47 
 
C-48

マーガレットハウスが「新時代のお正月飾り」をテーマに “お正月飾り改革” に取組み、
33年を越えました。
スタートは1985年、静岡西武時代にブレークした “クリスマスリース” の延長線上にあり、
洋風の住居やマンションにマッチした “洋風なお正月飾り” を制作してみました。

これが見事に当たり、売り場に行列ができるほどでした。
デザインは何が何でも「松竹梅」を基調に追羽根や凧・独楽を取り付けたものばかりでした。
やがてシンプルなものに移行し始め、「赤い実と松だけ」をふんだんに使用したもの、
色も2色くらいとか、実際に無い創作の花やシックな色のもの、金銀の派手なものなど。

ベースも縄だけでなく、松、流木や枝のようなものや金属など、こちらもいろいろ移り変わってきました。
「水引」の飾り方に力を注いだ時代もありました。ここまでは殆どのデザインが縄を丸く輪にしたもの
をベースにしたものが中心でした。
10年前、一向に世の景気が上向いてこないことに業を煮やし、
そうだ、「龍勢花火のように天に上るようなデザインを作ってみよう。」ということで、
縦一直線のものを考えました。“隆盛”とも掛け、マーガレットハウス特製 “龍勢(隆盛)飾り” 
と命名しました。 と言っても一人勝手に思っているだけですが・・・・(^_^;)

その頃、名古屋駅のハンズさんでもお取り扱いいただき、大変ご好評いただきました。


お正月飾りは何時飾り、何時片付けるの? ←クリック

なお、ご購入は実売期(HPやブログでお知らせいたします)に入りましたら、
松坂屋静岡店・北館2Fマーガレットハウス
とメールフォームでお願いいたします。


         

早い情報は   とブログ
お問い合わせメールフォーム