ボクの模型ペット!? アクアちゃんはとってもお出かけ好き。今日は電車でヨコハマに行って来ました、
アクアちゃんのお散歩コーナーです

元町にて
くぁーオシャレ・・・ぼくってここじゃ浮いちゃうな・・・クアクア・・・

ぼくの模型アクアです。本物のアクアちゃんの分身といううわさも本物のアクアちゃんのぶんまで外の世界を見に行ってきまーす?

「くァ−」「久しぶりのヨコハマ・・海は気持ちいいな・・」
ヨコハマはアクアの第2の好きな場所

「晴れてていい日だなぁ・・・こんな日は海が一番いいなぁ」

山下公園にて・・・

横浜観光の定番!! 平日でも観光客をはじめ、いろんな人がうろうろ散歩してます。

「WEEKDAYなのに、ここにいる人達は何して生活してるのかな?」・・人のことは言えないボクとアクアです

ここから見る、景色は最高!! ちびアクアの後ろにはみなとみらい21地区が遠くに見えます。 やや右に大桟橋、大黒ふ頭、ベイブリッチジが見えます、天気のよい日は絵を描いている人もいます、休日には、大道芸、露天もでます・・・
人が多いので、海を見て「うっとり」したい方にはお薦めできません、視線が気になる・・・


臨港パークにて・・・
「くあー・・・寒い」・・・」午後から曇っちゃった
「ボク冬は苦手だじょ」・・寒がりな子です

みなとみらい21地区のはしっこにあるのが「臨港パーク」です。広大な敷地で気分爽快・・・軽食、喫茶もできる施設もあり横浜市民の憩いの場所になってます。観光客にはあまり知られていないようで、それらしき人はあまりいません、犬の散歩、釣りなどをする人が多いです。
1人になりたい時はここがお薦め!!、「ばかやろー」と叫べますよ。
 

電車も大好きなアクアです
夕暮れの景色はいつでも好きなアクアです・・・・ちなみに窓の景色は「新杉田駅」(根岸線)付近です、造船所があります
'右の写真)
キレイな「ルーツ」のポスターが写ってます、ついこの間手に入りました・・ヤッタネ!!

お花見の季節
ぼくの家の近くの船越公園です。桜の花がきれいに咲くと見ごたえは最高
・・・しかしまだ咲いていません、
 屋台も出ていてお祭り気分、桜が咲かないのでリンゴ飴屋さんが桜の木につけちゃいました
 「くあー・・・おいしそう・・・たこやき焼いてるじょ・・・」
ここのたこ焼きすごくおいしいことで知る人ぞ知る名物屋台です。
とにかくタコがでかい・・・国産のタコを使用しているそうです
 毎日、お散歩しながら匂いに誘われて・・・・寄っちゃいます。
アクアも大好きなタコ焼きです

静岡まつりに行きました。
今年も、ど派手にやりました、大御所様は「金子貴俊」さん、「加藤 茶」さんの2人です。
こちらの桜は木によっては少し咲いてます・・・がまだ 冬の景色みたいです・・・
 アクアもちょっと興奮してました・・・人が多すぎて電車もめちゃ混みでした・・・

通行止めで 道のど真ん中に
居座ってます。静岡駅からすぐの大通り
「御幸通り」で撮りました。

11月の「お茶まつり」にも行きました。

この日ボクとアクアは「静岡お茶まつり」へ
製茶機械にアクアは興奮・・・
 写真は「中揉機」(ちゅうじゅうき)です
お茶の製造工程その4で登場します。
 そういえばボクは幼い頃、近所のお茶工場に遊びにいっていましたね・・・記憶がブッ飛んでいるのであまり憶えていませんが・・なんか懐かしい記憶がうっすらと・・・そんな一日でした

「くぁー・・・君は誰・・・何かとてもいい匂いだじょ・・ぼく・・・癒されそう・・・」

「ねぇ・・・名前教えて・・・君はなんていうの?・・」

アクアはこの中揉機とお友達になってしまいました
「困った子だ」・・・ボクは人見知りしないアクアにびっくり

全く接点のないおかしな2人・・いっしょに記念撮影・・・
「はい ピース」
以下・・・2人の怪しい機械同士の会話です

ア・「ぼくはアクアだよ・・・君の名前は?」
中・「中揉機だよ・・・よろしく」
  「アクアはどこから来たの?・・」
ア・「海・・大きな埠頭、コンテナっていうものを大きな船に載せているんだ」
中・「ぼくも海を見てみたいな・・・広いんだろうな・・・・」
  「ぼくは一生部屋の中だろうな・・外の世界を見てみたい・・」
ア・「埠頭も海もとてもいいけど、でもぼくも同じだよ・・・海もとても寂しいよ・・・誰も遊びに来てくれない・・・あの日からぼく達は
檻の中に監禁されちゃった」
中・「え・・・じゃ アクアも自由はないの?」
  「お互い同じ悩みをかかえてるのかな・・・」
ア・「でも 落ち込まなくていいよ・・うまくやろうよ、ぼくみたいにこっそり出て来ちゃえば」
中・「そうだね・・・アクアまた会おうね・・約束」  

ボクは2人の気持ちをこっそり聞いちゃいました・・・機械も心を持っています。本物のアクアちゃんの気持ちがボクノちびアクアを通して伝わって来たのかな・・・そう思いました。この中揉機君は三重県のお茶工場にいくとか・・アクアとまた再会させてあげたいな・・・帰る時2人とも寂しそうでした。
「友達っていいな・・・・」
アクアはいい子です、クレンちゃんも・・・
アクアにとっては・・ほろ苦い思い出かな・・・ボクはとても敏感かな・・この時「中揉機」の詩を書いていました。
 中揉機作った人にあげたらとても喜んでいました・・・この詩を「ポエムコーナー」に載せてあります。

ホーム