クレンちゃんの姿を見て下さい。
とてもキレイでかわいい色でしょ。
清水港は富士山を背にした世界的にも珍しいキレイな港で日本3大美港のひとつになってます。
 普通クレーンは赤と白に塗りわけられたちょっと難ありな色をしています、でも清水ではアクアブルー(10B7/8)と白(N9.5)をシンボルカラーとした塗装になっています。
 これはみんなに親しまれるように個性的な港にしたいと願って、清水港管理局と港にに関係する団体が協力して、港の会社などに呼びかけて10年くらい前から進めています。
 その結果クレンちゃんのようなキレイでかわいいクレーンが誕生しました。
みんなの努力でとてもきれいな港になりつつあるとボクは思います。
 将来がとても楽しみです・・・

ボクも将来は機会があればこの計画に参加してクレーンの新しいデザインを考えたいと思ってます。


読み方=10びー7の8

読み方=えぬ9.5

これ以外にも、アクセントカラーとして青2.5PB3/10などもクレーンには使用されています。
 「みなと色彩計画」についてもっと詳しく知りたい方は清水港管理局のHPをごらん下さい。
クレーンに使用されているペンキ
下塗り=エポキシ系の錆色、または灰色の塗料。中塗り=それぞれの色に近いものが多いようです。上塗り=2液型ポリウレタン塗料で、塩害などにも強い特殊なもので、ツヤもありとてもきれいなものです。
 ちなみにボクも模型に同じものを使用してます。本物の質感と感触が表現できます。