作者の所有車


作者のサーパントベクター 作者のサーパント・ベクター
今年から、ボディーのデザインを変更
ほぼストック状態
最近のキットは、あまり改造を施さなくても十分なポテンシャルを発揮する。つまり、タイヤ、アライメント等セッティングをしっかりと施せば、ある程度の走りが期待できるのだ。
HPI プロシード 2000年の全日本選手権に出場した時のモデル
直前にHPIプロシードにチェンジ
コンパクトにまとまったシャーシ構成が他社との違いを見せる。
サーパント VETEQ サーパントのニューマシンVETEQ
モノコックフレーム、プログレッシブインボードサスペンション、低重心設計
ちょっと進化しすぎるすごい構成で登場したサーパントのモデル
MRX−3 無限精機のMRX−3
日本の選手が世界選手権で上位を独占したのがこのモデル
完成度も最高の仕上がり

ホームページへ戻ります