007  臨済宗  天瑞山  大聖寺(てんずいさん だいしょうじ)

  大聖寺 沼津市幸町23−2
        TEL.(055)962−5334
    http://www8.ocn.ne.jp/~chuou/temple.htm
  別 院 沼津市足高尾上290−3
    TEL.(055)923−1426
    http://www8.ocn.ne.jp/~chuou/tpre.html
  • 本山 京都市右京区花園 妙心寺
  • 本尊 釈迦牟尼佛坐像(沢庵禅師記名)
  • 創立 文亀年間(約500年前)
  • 開祖 鏡山禅師(鎌倉建長寺より)
  • 慶長年間(約400年前)中興開山始祖接心禅師(清見寺より)
 縁起 
 禅臨済宗天瑞山大聖寺と申す寺あり門前に天満宮の杜あり。 唐土の尊像にて霊験あらたなる事世の人の知るところなり。 この寺の開山接心禅師何卒一寺建立いたしたく、何れの所にか建てんと日頃念奉る。
 ある時唐渡天神に祈誓かけて祈るに、天満宮の夢の告げによって愈々此所に一寺建立し即ち「天神の瑞夢を蒙りし故」山号を「天瑞山」と申すなり。又「大聖寺」とは聖廟の心をとりて号したりと申す。

 白隠禅師と大聖寺 
 宝永年間当時、臨済宗中興の祖神機独妙正宗国師白隠慧鶴(しんきどくみょうしょうじゅうこくしはくいんえかく)禅師は大聖寺の徒弟として、当寺第5世息堂和尚のもと、禅の修行の第一歩を踏みだしている。

 大聖寺の観音様 
 大聖寺創建以前より、恵心僧都(平安時代)作と伝えられ、全国100体観音の一つとして、世に知られた東海道札所の香木の観音様として、人々信仰を集めておりました。
 
 しかし、昭和20年7月15日沼津大空襲により、本堂が焼失し共に灰燼に帰してしまいました。
 昭和52年、足高尾の上に「足高霊園」を開園、大聖寺別院を開山、平成2年7月涅槃堂(超宗派永久埋葬型納骨堂)を建立しました。その涅槃堂のご本尊に、大聖寺に因縁の深い観音様(大佛白衣観音菩薩、台座共10メートル)を安置致しました。。

 観音菩薩の大慈大悲が広く人々に届き、普く成佛の縁を結ばれることを、請い願い申し上げます。

 年間行事

  • 坐禅会月例会 大聖寺  毎月第4木曜日PM.7:00−  
  • 梅会 =涅槃会 川柳・俳句会 茶筅・筆・針供養=            
  • 早朝坐禅会       大聖寺別院  足高霊園禅堂  毎朝AM.6:00−
  • 大観音供養祭     足高霊園  秋季彼岸中日
  • 除夜鐘茶会       足高霊園  12月31日
  • 夏休み早朝座禅会  大聖寺  

                住職  上村 貞嘉(かみむら ていか)

戻る