本文へスキップ

防水、構造物補修、マンション・ビルの大規模修繕、止水、吹付、塗装工事

TEL. 055-923-4933

〒410-0871 静岡県沼津市西間門24-4

施 工 例施 工 例 ― CONSTRUCTION CASES―

下地補修

ひび割れ部の補修

ひび割れの補修は劣化を深刻化させないための重要な補修です。
補修工法としては、被覆工法・注入工法・充填工法に大きく分類されます。
ひび割れを塞ぐことにより、躯体内部に劣化因子が侵入するのを防ぎます。



浮き部の補修

外壁仕上げ材(タイルやモルタル等)は、経年により付着力が低下し、浮きが生じることがあります。
このような浮きが確認された場合には、落下事故を防ぐために早急に対策をする必要があります。

補修工法としては、エポキシ樹脂注入とステレンス製アンカーピン・注入口付開脚式アンカーピン
・特殊アンカーピン等を併用し、はく落を防止します。

また、タイルのみが浮いている場合は外壁タイル用接着剤を使用してタイルを張替えます。

 

 

 




欠損部の補修

コンクリート構造物に生じる欠損は劣化が深刻化しているサインです。
欠損は様々な要因で発生するため、その要因を見極め早急に適切な対応をすることが重要です。



≫ 塩害補修・鉄筋防錆工法

鉄筋コンクリート構造物の劣化防止、耐久性向上を目的として開発された工法です。

大切な社会資本である鉄筋コンクリート構造物を、美しく、安全に、 より永く供用いただくためにも、
資産価値向上、耐久性改善を目的としてもご活用頂けます。

 中性化した鉄筋コンクリート構造物の耐久性補修改修

【使用材料】

   アルカリ性付与・表面固化材

   防錆ペースト(防錆材入りポリマーセメント系防錆材・表面被覆材)

   防錆モルタル(防錆材入りポリマーセメント系断面修復材)


 塩害により損傷を受けた鉄筋コンクリート構造物の耐久性補修改修

【使用材料】

   アルカリ性付与・表面固化材

   塗布形防錆材

   防錆ペースト(防錆材入りポリマーセメント系防錆材・表面被覆材)

   防錆モルタル(防錆材入りポリマーセメント系断面修復材)


 

 






外壁複合改修

ボンドカーボピンネット工法

震災等による壁面落下事故を最小限に防止

コニシ株式会社


※ 弊社は、ボンドカーボピンネット工法の認定施工業者です。
(登録番号16TO175)






ウレタン防水

脱気絶縁防水工法(平場)・クロス入りウレタン密着工法(立上り)

国土交通省・文部科学省共通仕様

 

 






改質アスファルトシート防水

密着工法

国土交通省仕様(AS-2)

 

 

 







止水工事

建物の漏水している部分を補修して水漏れを止める工事

止水工事は、水漏れが起こってから行われるため
原因の調査や補修には高度な技術と経験が必要となります。

 

 






塗装工事


 

 


様々な塗装工事に対応致します。



塗料の種類や特徴

現在、市場で普及している主要な塗料の価格や耐久年数等の目安

塗料の種類 価格帯 耐久年数 特徴
 アクリル系
安い





高い

 4~7年 割安の塗料なので紫外線に弱く、耐久年数が短いものがほとんどです。最近の主流ではありませんが、数年先に建て替えの予定があったり、塗り替えサイクルを短くして気分を変えたい方に気軽に使っていただける塗料です。
 ウレタン系  5~10年 アクリル系塗料よりも汚れにくく、塗膜に弾力があるため耐久性・施工性に優れています。ひび割れが起こりにくいのがメリットです。アクリル系より長持ちするバランスの取れた塗料ですが、こちらも最近は通常の塗り替えには使用されなくなってきており、木部や防水工事などに部分的に用いられています。
 シリコン系  7~15年 紫外線に強く、防汚性が高く、ウレタン系塗料よりも耐久性に優れているのが特徴です。近年、住宅の外壁塗装の塗り替えには、このシリコン系塗料が主流となってきています。汚れの付着や色落ちが少なく、防カビ性・防藻性にも優れています。
 フッ素系  15~20年 ここで説明している5つの主要な塗料の中でも、特に耐久性があります。そのため価格は高めですが、塗り替える頻度が少なくなるため、長期的に見ればコストが掛からずオススメの塗料です。商業施設や大型ビルなどで多く使用され、光沢感や防汚性も高く、これからの住宅の外壁塗装の主流を担う塗料といえます。
 光触媒系  15~20年 紫外線が当たると光触媒反応が起き、塗膜の水なじみが良くなるので雨等によって汚れが洗い流される特徴があります。耐久性の面でも申し分ない塗料です。