こうしんと雑談2002
7〜8月

疲れるのはあなたのせいってわけじゃないよ。

02/08/21
「こうしんと雑談」はひさしぶりだなあ。まあ大変だったねえ。とにかくPNUさんが大荒れでねえ。私との関係が失われるのを恐れるあまり、いっそのこと自分から離れたほうが…と思ってしまうらしいのだ。もちろん私と離れたらあの娘は生きていけない。つまり、
「私なんてもうどうなってもいいんだ〜ギャ〜」(暴れ)
私の意見(特に引越しについて)は全て自分を否定する言葉に聞こえるし、過去に自分の親に言われた言葉、そして私の親に言われた言葉が心の傷になっているので常に自己否定と自己嫌悪で苦しむ。この気持ちをぶつけるのは世界で私のみ、もう全部引き受けましたよ、人間サンドバック状態ですよ。とにかく気に入らないのは、私が両親に彼女のことを愚痴っていたこと。親子関係としては異常に近くて、マザコンだ、冬彦さんだとさんざ罵られましたよ。私も自分の親があんな大人気無いことをする人だとは思ってなかったのだが。まあしょうがないねえ、これで少しは気が晴れるなら、いいってことよ。
ただ、今回精神科に受診してみて、医療的ケア(通院や投薬など)が必要でないとわかったことは彼女を安心させたようだ。そして、物事を良いほうに考えるべきであるということがある程度実感できたようなので、これからに期待しましょ。何といっても、私はまだ別れるつもり、全く無いのだ。彼女の不安は完全に的外れなんだから。
02/08/03
少し前よりも大変な状況になっているのに、更新は頻繁に行われているというこの矛盾。というかこんな事態だからこそ、しっかり書きとどめておかねばならないと言うことか。
PNUさんは胃痛やら謎の出血やら、ストレスが原因であると思われる症状が頻出して、それがますます自分を苦しめると言う悪循環だ。彼女は「ゆっくり休む」ということが出来ない。両親や親戚に「この子はダメな子だ」といわれつづけ、「出来ないのは根性がないからだ、とにかくがんばりなさい」と身体能力以上の努力を自分に課してきてしまったのだ。(そしてKO医学部卒業、医師免許取得までしてしまった、普通なら途中で壊れてるよ。私が「貴方はよくやってるよ」と言うのはその哀しいガンバリに敬意を表してるのだ)
私の両親は
「医師免許を取って、それを使って今仕事している。それは親の援助あってのおかげ。だから親に感謝しなさい」
と言っている。コレには大きな問題が有る。 
  1. 私は高校の同級生であったから彼女の成績に付いては有る程度知ってるのだが、文系科目においてはトップクラスだった。しかし理系科目、特に数学についてはなかなか上手いこと行かず悩んでいた。(あくまでも医学部志望レベルの話、センターなんて楽勝のレベルだった。私は高校時代そんなに話はしなかったけど、PNUさんの学力の状況については知っていた。というかあの人有名だったからね)適性に合わない進路を押し付けられていたわけだ。
  2. それでも、本人の強い希望であれば仕方が無いところだが、自分が理系に向いていないと言うことは本人が良く承知していた。当時本人が私に直接話したのだから間違い無い。当時あの人はホントに親の言いなりで、人生に希望がない顔をして、自分の意思を表に出すことなんてほとんど無かった(高校時代の同級生に聞いてみればわかる。異様な雰囲気だったよ。本人に全く自覚が無いのがまた、哀しい)にもかかわらず、私に言ったのだ。どれだけ自覚していたかわかるだろう、しかし彼女の意志は、通ることは無かった。
  3. もちろん進路希望の際には学校側からのアドバイスがある。PNUさんによると、担任のS先生は、彼女の進路指導3者面談のとき、「文系ならどこの大学へも行けます。しかし、医学部は厳しいでしょう」と言ったそうだ。先生は私の担任でも有り、誠実な良い人だった。この指導は充分適確だと思う。しかし、母親は、医学部にこだわり、先生への反発を露にしたそうである。
  4. そしてここが最も重要なところなのであるが、親の援助がしっかりしたものであるなら良い。しかし、彼らはお金に困って学費ローンのお世話になっているのだ。借受け人の名義はPNUさん本人。そう、現在アルバイトの彼女は、その収入から何万円か返済しているのだ。自分の希望していない職につき、自分のしたわけでない借金を払わねばならない。ということだ。彼女の親は借金が有る状態のくせに、ゴルフに行き車や家を購入したり、愛情と称してPNUさんがいらないと言っても(自分が着せたい)高価な服や時計(ROLEX)を買い与えた。今でも機嫌を取るためか?スイカ(笑)や相田みつをの本(大笑)を送りつけたり、私らのアパートの玄関先に置いていったりしているのだ。気色悪いよ、やめろよ、そんな金があったら借金返済に当てろよ!
どうだろう?コレで親に感謝できるのかなあ。これがすべて
「親の愛情ゆえなのだ、貴方も親になったらわかるのだ」
ですまされるのかなあ、そんなもの、死ぬまでわかりたくないよ。
02/07/31
パソコンのある部屋には扇風機しかなく、朝でないと暑くて更新できない。早起きしなきゃなあ。

昨夜帰宅すると母からの留守電。折り返しTEL。
「引越しのとき何か力になれないか」
とのこと。別に私が引越しするわけでなし
「病的なところが有るからすぐに息子(私のこと)と別れなさい」
と言っている娘の引越しを手伝う必然性を全く感じない。疑問。そんなことを思いながら
「自分たちだけでやるつもりだ、誰かに手伝ってもらうにしても、そちらには頼まない」
と言う。不服そうだったので、30歳の社会人としてよく考え検討し(法律的、科学的、医療的に裏付けをとり、社会的に問題が無いように)行動するつもりであること、27日の両親、特に父の言動や態度に憤りを覚えており、力を借りる気持ちが無いことを告げる。
「あれはお父さんが貴方を思うあまりの失言である」
とのこと。彼らはそのとき、自分たちが私たちより
「経験が豊富で正しい考えを持っている」
ということを強く主張していた。先日の発言は経験が豊富な大人の考えとは思えない。もう1つ、
「貴方も親になれば私たちの気持ちがわかる」
ということも主張していた。親になれば息子を侮辱する人間の気持ちがわかるのか、そうなのか。電話口で母にもう一度自分が憤っていること、息子を思うのであれば他にもっと適切な態度があったのではないかと告げた。母は、
「貴方の気持ちはわかった。でもとても心配している、そしてとても寂しい」
と言った。健康には十分留意するし、仕事もしっかりやるし、金銭的にも問題無くやる。借金もしないし親に金をせびったりもしない。(実際私は社会人になってから今までそんなことをしたことは無い)親を寂しがらせていることは申し訳無いと思っているけれど、私が怒りを覚えるのは仕方ないことだと思うし、分別のある大人なら自分たちの言動・態度に責任をもってほしいと言った。
このことで実家と絶縁するのではないかとも言っていたが、それは今の段階では正直よくわからない。まずは自分の考えを整理しないといけない。
辛い電話であった。不幸な時間。

いろいろ大変だが、日常は続く。JIMMYの名盤100選も鋭意選考中である。主に車に乗っている時、候補に挙げたCDをPNUさんと聴きながら検討している。幸福な時間。
02/07/28
PNU文句しゅらばを新設。とにかくPNUさんと私との生活には大きな障害があり、これを乗り越えないとともに生きていくことは出来ない。これからどのような経過を辿っていくのか、このSITEにしっかり記録していきたいと考えた。なんの役に立つのかと聞かれると困るのだが、私たちが誰が見ても恥ずかしくないような行動をとるための自戒の効果はあるかな、と思っている。
それにしても悲しいのは、ここに登場する、脅迫まがいの言動を発した「私の知人」とは、私の実父であるということなのだ。全くお恥ずかしく情けないことである。しかも父は、私に向かって
「病的な心を持つ彼女(PNUさん)に洗脳されておかしくなってしまった」
「彼女が好きで一緒にいると言っているが、それは私に言わせれば欲望にとらわれていて、言ってみればセックスにおぼれているのだ
と言ったのである。息子に向かってこんなことを言う親だとは思わなかった。確かに私はPNUさんのことを両親に愚痴ったことはあった。しかしそれは両親を信頼し尊敬できる存在であると思うからしたことであって、こんなことを言う人物であれば絶対に相談しない。これからは両親との付き合いも改めざるをえない。今の両親を信頼することはできないし、「はいそうですか、あなたがたの言うとおりです」なんてできるはずもない。
私は今まで、自分が真剣に考えて理解し、納得することをしてきた。現在30歳、大人として自分の判断で生き方を決めてよいと思う。もちろんこれからもそうしていくつもりだ。もちろんPNUさんも同じように自分でいかに生きるべきか決めて良いし、私は彼女を尊重していきたいと思う。
いわゆる同棲という形は確かに批判も受けるだろうし、父がいつ押しかけてくるかわからない状態では、PNUさんも私も心やすく生活できない。住まいを別にすることは致し方ないと思う、しかし、PNUさんと別れる気は、今全くないのだ。二人の関係は、二人で決める。
とにかく悲しいのは、今私の生活の安らぎを奪うのは、PNUさんではなく、私の両親なのだ。そして、彼らにそのことを理解してもらえないことなのだ。
02/07/24
今日は朝4時に1回起きてしまい二度寝、そして9時から5時まで仕事。おかげで帰宅後バタンキュ〜で寝てしまった。23時頃起きて風呂に入ったらもう眠れない、今1時半。しまった、生活のリズムが狂い始めた。
02/07/14
TOPページ
を更新、使い勝手を良くしたつもり。

02/07/13
ナハトムジークにて、JIMMYの名盤100選を始めました、とりあえず15選ですが、徐々に増やしていく予定。他のSITEで名盤400選をやっていたのに影響されてしまいましたよ。
02/07/06
まだ仕事はキツキツです。でもちょっと疲れてペースダウン、とてもマズイです。しかもなんか家のことでゴタゴタしてるし…まあPNU日記のとおりです。自分としてはまだこの暮らしを続けていきたいと思っています。今の自分の生活形態は見る人が見れば異常な状態なんだということはわかっています、そう言う意味では、私はもしかしたら逃げているのかもしれません。しかし、この苦しくも愉快(ホント起伏が激しいのですよ。良いときは最高、悪いときは最低)な暮らしに、まだ未練があるのです。
とりあえず今日はここまで。更新はぼちぼちやっていきます。そんなに急かさないでね、PNUさん。

こうしんと雑談もくじ

TOPページへ