直線上に配置
PNU日記
8月だよもうだめもうだめぇ〜、もうろうとして何も出来なくてイララ〜

8月31日「明日は午後から東京行くじゃよ」

 JIMMY君がアイロンプリントの機材を買ってきて、オリジナル「ひでき犬」プリントTシャツを作ったよ。マニュアル通りにしてもアイロンこげたり、なんだか大変だったみたい?うまくいけばJIMMYが9月2日のイベントで着る予定。私は、某通販のベルクロTシャツ(フツーのTシャツにベルクロテープが付いてて、アルファベットをそこにはっつけるとロゴTになるという妙なシャツ)で出る予定。ペアルックというのもベタなんで、違うモノを着るのである。
 JIMMYのヤロウがつけたわたくしの最新ネームは「メガトン豚(トン)」。マリンワールドのマスコット、「メガトット」とかけているらしい。毎日よくもヘンなネームを考えつくものである。全くJIMMYにゃあシャッポをぬぐよ。
p.s.JIMMY〜、三人祭のCD、買ってよ〜!!

8月30日
「9月2日のCOMITIAの新刊ヨロシク」

 とうとう、カゴ熱が昂じて「ミニモニ。photobook」を入手!映画「102」の宣伝で、犬の着ぐるみを着てる写真がとってもキュート。アイボンは全く隙がないねえ、こんだけ写真があるのにみんなイイ顔しているもん。
 JIMMYに録画してもらったLIVEヴィデオでは、三人祭に扮したアイボンが、なんと、画面に向かってちゅ、ちゅ、「chu」をー!!ブラウン管の向こうで100人は悩殺したであろうことを確信した瞬間であった。あー、それにしても、最近までなんとも思ってないヤツが急にカワイク見え出すとは、ひとのこころのふしぎを感じたね。
 p.s.「くぴっと一杯(2)/なにわ小吉」購入。完結だそうで残念。
あと、コミティアで出す同人誌が出来上がってウチに到着。JIMMY君言うところの日本一速くて安い印刷所ということでミラクルスピード仕上がりである。しかし、あの趣味の悪いフ×スケの広告(これを入れると料金5%OFF)はどうにかならんのかなあ。

8月29日
「『ミニモニ。Photo Book』も買ってもらったよ!」

 暑くて体調が悪く、過去の嫌なことを思い出してはJIMMYくんにあたって迷惑をかけてしまう。いかんなあ〜、と理性でわかってはいても、感情が止まらないんである。JIMMYくんは本当によく耐えてくれているなあ。
 ささくれだつ心をなぐさめようと、カゴの写真を見て「アイボン、妹になってよ〜」とつぶやいたら、JIMMYくんが「そんなこと言っちゃいけません」だってさあー。何でよ?チェッ。そういや、「チェッ」て本当に言うひと、あまり聞きませんね。「チッ!」とかいう舌打ちとも違うし。文章ではよく見かけるんだけどねー。同族の「文章中では見かけるが、あまり現実には聞かない」擬音に、「ゲラゲラ」笑いや「クスクス」笑いがあるね。大笑いするとき「ワッハッハー」とか「ウヒャヒャヒャ」とか、せいぜい「ゲヒャヒャ」くらいは口走るかもだけど、「ゲラゲラ」は言わんなあ。「クスクス」も、どうやって笑うんだあ?言いにくいぞー。これらはその場の雰囲気をあらわす言葉なんかなあ。あ、そうだ、「ふんいき」も小学生の頃「ふいんき」かと思ってたし、「マニキュア」と「マニュキア」は今でもどっちが正しいのか不安になる…言葉って、ホントーに難しいですねッ。 

8月28日
「イカすネーミングセンスが欲しい〜」

 JIMMY君が、PNU読書をUPしてくれて、ありがたい。平均15冊/週くらい増殖してく予定なんで、これからの更新がたいへんそうであるが…。しかし、「こうしんと雑談」の私の紹介のトコで「神薫(ポコヅナ)」っちゅうのは、なんじゃああ〜?!すっかりポコヅナ呼ばわりが定着してしまったようなので、将来JIMMYの抜け毛が激しくなったおりにでも、「パゲ」とか「パゲコウ」なぞ呼んでやろうと、今から楽しみにしている。でもJIMMY父はフサフサだよなあ、JIMMY祖父はどうだっけ…あれ?まあ、いいか。そのうちなんかいいあだ名を思いつくだろ。「腕時計取っても(日焼けのため)まだはめてる男」とかさ。長!!インディアンの名前みたいだ。ひきつづき、JIMMYの悪名ボシュー中。
 JIMMY君が「吼えろペン(2)/島本和彦」を買って来てくれたよ。パワフルでおもろい。こないだ1巻が出たと思ったら、時の流れは早いものよ。

8月27日
「実は高貴なのよ、ブヒブヒ」

ウワサの豚日記ですが…。自分の子供のことをさ、へりくだって「豚児/とんじ」って言うっしょ?それにならってMY日記を謙遜して「豚日記/とんにっき」って言ってたんよ。そしたら、JIMMYが「みんなブタにっきって読んでるぞ〜」なんて言うじゃありませんか!!不安になった私は、周りのお友達にアンケートをとってみたのであった。なんてことでしょう!Kurokoくんが、「ごめん、ブタ日記って読んでた…」って言うじゃない?ちょっぴりショックである。日記のことは、ホントはなんて言うのかネェ?拙日記とか?
 しかし、個人的にはブタという生きものはキライではない、むしろ好きである。あのキュートな生きものは、魔夜峰央によれば「イノシシの親戚の高貴な生きもの」ですからねー。みんな安心して、「豚」呼ばわりしてチョーダイ!

8月26日
「ポコヅナはアイボンがお好き」

 最近買った漫画。
「栞と紙魚子と夜の魚/諸星大二郎・朝日ソノラマ」
ダイスキな不思議ホラー、連載は休止してるのだが、コミックスのどこにも完結の文字がなくてホッとする。…ないよね?私が見逃してるんじゃないことを祈る。
「ひっち&GO!!(2)/永野のりこ・メディアワークス」
これは、最近の永野漫画にしてはわかりやすくって良かったんだがねえ、これで完結。ちょっと残念。
 そしてそして、ああー、ついに買っちまいました…
タンポポ写真集「タンポポPhoto Book」
中古だけど。これというのも、アイボンがかわゆらしいからいかんのです。アイボンつっても目の洗浄薬ではなく、モチロン加護のことである!最初はどうとも思ってなかったのに、彼女の無垢っぽい笑顔にいつのまにか加護ファンになってしまった私。いままで女タレントをカワイーなんて思ったことなかったのに、どうして?写真集見てて謎は解けた!加護はオザケン(小沢健二)系のスッキリ日本人顔なのですね。オザケン好きの私が気に入るわけだよう。あんまり加護がフォトジェニックなんで、写真撮るとタマシイがぬける私はあやかりたくなってしまったよ。

8月25日
「可愛い呼び名じゃないか、と彼は言った」

JIMMYはついに、私のことを「へっぽこ」+「横綱」で「ポコヅナ」など呼ぶようになった。なんとかしなくては。お返しに、JIMMYの嫌がる呼び名を考えてみるが、どうも頭に浮かばない…このまま、やられっぱなしなのか?JIMMYの呼び名(悪口バージョン)でも一般公募してみるかあ?
 昨日のkurokoくんとの電話でも私のことをそう呼びおって、この呼び名がハヤってしまったらどうするのか!PNU→豚→横綱→ポコヅナ…うわああ、やっぱアホ度が悪化しているよ!これがエスカレートってやつか。JIMMYはどうしたら止まるのか。今じゃ、「豚(とん)」とか呼ばれて「失礼しちゃう〜」なんて憤慨してた頃がなつかしいよ。
 
8月24日
「悪い女というより、へっぽこ女」

 コミティア向けの本を急いで編集。間に合うと良いが。私ゃともかく、オザワさんの絵がスバラシーので、乞うご期待!!
 JIMMYくんが最近文章を書いてくれてうれしいので、彼に相談なく勝手にここで連動してみる。
 「カーライフ」で撮った先代インプレッサと私の写真、やっぱりタマシイが抜けていましたとも!目が細ーくなって、モナリザみたくなってしまったよ…
トホホ。写真とタマシイの関係については、8月22日の日記をどうぞ。
 「ラブピース」はJIMMYから「この内容でUPするが、よいね?」と事前に打診があった。その結果、無修正でUP。まあ、ほんとのことなんで。しかし、読む人はなんて悪い女だろうと思うでしょ?ホーッホッホっ。「湖の貴婦人ダーム・デュラック」より「炎の妖女モルガン・ル・フェイ」であれというのが座右の銘ですからなっ(アーサー王)。心配無用、JIMMY君は私を横綱呼ばわりしたり、MYぬいぐるみをたわめたりしてストレス解消してるから、ダイジョウブよ(たぶん)。(JIMMY注:それはどうかなあ〜?)

8月23日
「PNU日記→豚日記→横綱日記」

 先週末の東京行の際、ホテルに宿泊した。汗っかきのため即シャワー後、備え付けの白いバスタオルを腰に巻いて歩いていたら、JIMMYのヤロウが「うわ、横綱!横綱みてえ!」と騒ぎ出した。「なによおー」と言っても「横綱、横綱」と騒ぐのをやめないので、「しまいにゃ、がぶりよるぞ!!」と叱ってやった。全く、レディに対してどういうつもりざあますか!はたしてそれ以来JIMMYは私のコトを「横綱」呼ばわりするようになった。わたくしの呼称の変遷を振り返ったら、PNU→豚→横綱に!!うおー、なんだか悪化してないか?調子にのったJIMMYは、私が転んだりすると「横綱、しっかりしてください」なんて言うし。JIMMYがモー娘。などを見つめてたんで、「アナタには横綱がいるでしょっ」と冗談で言ってみたら「横綱はもうすぐ引退だしナァ…」ですってよ!!だれかアホJIMMYを止めてー!!

8月22日「見果てぬ夢、フォトジェニック」

 いやー、暑さにめげず今年の夏は旅行しまくったねえ。九州&東京。旅行といえば、写真。だが、旅のスナップは意外と少ない。なぜかといえば、私が写真嫌いだからなのだ。どうして嫌いかって、そりゃ写真を撮るとタマシイが抜けるからね。ホラその証拠に、ウチにも目が白目&半開きでタマシイの抜けている途中の写真がたくさんあるゾォーーー!!イヤアアアアーー!!目を閉じて写ったほうが、まだマシだっつうの。
九州でも1回だけ水族館でプリクラを撮ったものの、「これでいいですか?」の確認で出てきた写真は、ダンディなJIMMY君の横でムッチャ逆・三白眼になっているわたくしが。アアアアアアー!!これは撮り直せたからよいものの、フツーの写真なんて恐怖キョウフ。昔のひとが「写真はタマシイが…」といったのは、このことを戒めていたに違いない。とってもはずかティー(byながいけん)。フォトジェニックになれるのはいつの日のことか。

8月21日「街の怖い話、2態」

 コンビニにて。夜中、作業服のオッチャン2人が店に入るなり、雑誌コーナーでアダルト雑誌をひとにらみ、「ムラムラするようなお宝はないか〜」だって。コワイでしょ、モウ…。
 交差点にて。交通量が多いのに、歩道で自転車をわきにしたがえたバアさんが2人立ち話。
「この夏は淋しくなりましたねェ」
「××さんも、○○さんも死んじゃったしねェ」
バアちゃんたち、あんたらも、交通妨害しながら炎天下でおしゃべりしてると、××さんたちの二の舞になっちゃうぞ?!

8月20日
「トンカツ食うとき『共食い』って言うなよな!」

 「足の踏み場がないから、床に置いてる本を片付けろ」とJIMMYが言うので、しょーがねぇーナとしゃがんで隅に寄せていた。そうしたら、JIMMYが「なんかでっぱってるよ」と指差すので「ホネだよ、腰骨だよ!」と返事した。すると「なんだかシッポでも生えてきそうだね」だと!「しっぽ?」「うん、クルっと巻いたようなのが」「巻いてるって、柴犬みたいな?」「いいや、もっと細くて、ピンク色の巻いてるやつ…」
クワーッ、JIMMYはどうしても私を豚にしたいのね!トンットのブンザイで、覚えてらっしゃい!…ブタ+夫でブタットのほうが良いかしら。

8月19日
「トンットって言いにくいなあ、全部おのれのせいじゃ」

 JIMMY暴言集ー。以前、ピンク色のねまきを着ていたら…というのは2001年6月1日の日記に書いたのであるが、彼はあいもかわらず暴言王道をバクシンしておる。
 ある時PEACH JOHNという下着通販の、ダルメシアン柄のインナーを着ていたら「それ、黒死病みたいだね」って…!おりしも101ぴきワンちゃん流行りの頃、それはないでしょー!!
 先日は、黒いねまきを着ていたら「黒ブタ色のねまきを着ているね」って!!シャギャーッ!!どうしても、私を豚にしたいのね?!私が豚なら、JIMMYは豚の夫でトンットじゃ。

8月18日
「行きはギャーンで帰りはウフーンよ」

 大先生と東京ツアー♪withマオちゃん&ナカシマくん。
 根津美術館に、青銅器や陶器を見にゆく。青銅器は英語の説明に「wine jar」とか「wine cup」等書いてあって、たいへんにミスマッチである。景徳鎮のビリジアングリーンのドラゴンどんぶりがあり、あまりにステキなので「欲しい!これでラーメン食べたい!!」とJIMMYを困らせる。
 サメ目当てのしながわ水族館は、駐車場待ちに80分もかかって大変であった。着いたら人!人!人!ヘタすると水族館の全おサカナ数より、人のほうが多いんじゃねえか〜?こどもが「キシャーッ!!ウギャーッ!!」と効果音をはりあげ、目をつぶるだけでそこはアマゾン。しかし、目を開ければそこには水槽のフチに腰掛け荷物をまさぐるオバやんや(サカナ見えねえよ)、抱き合ったまま水槽の正面位置を独占しつづけるバカップル、上野のパンダ前かっつーくらい館内が込んでるっちゅうに、立ち止まって水槽をデジカメで撮りつづけるヲタクオヤジなどがいて、あんまりよく見えなかったのじゃ!展示は悪くなかったので(スネーク柄のサカタザメとか)、もっと空いてたら良かったなーと思ったのであった。

8月17日「遠出する時には必ずギャーンする、と彼は言った」

 大先生と食べのみ会♪東京にクルマで向かう。が、JIMMYのちょっとしたヒトコトがカンにさわってギャーン、グスグス泣いてしまう。ダテに両目の下に泣きボクロを持っていないぜ、というわけで私は泣き虫なのである。泣くとマブタが腫れてチョー純日本人一重マブタになってしまい、情けないので
「こんな目じゃみんなにあわす顔がない!ホテルで寝てる!!」
と言うと、
「みんなはあんたと会うの久しぶりだから、ちょっとくらい目が腫れてたってわかんないよ」
とJIMMYに励まし?を受けた。
 その後、キゲンも直って東京に着き、美味しいイタリア料理を食べたのであった。大先生はカッコ良すぎるので、お姿を目の前にするとテレてロクにお話できなかったぜ。

8月16日「スーパープリン恐るべし」

 ヤマナさん&コーノさんと遊んで頂く!!焼津で評判のうまいパスタ屋に行こうと思ったのだ!が!!!なーんと、店の前には「16日昼の営業休み、夜から営業」のはり紙が。「おいこら、JIMMYの野郎、昨日やってるかどうか確認したってゆってたじゃあないかよ!」「16日はやってると確認したのだが…夜のみだったとは」というわけで、地元で評判の変わった喫茶店に行く。4人でたのんだブツは、マヨネーズスパ、牛肉スパ、アイス付きホットケーキ、巨大プリン。牛肉スパは、牛丼の具がのっており(なぜかシラタキも。スキヤキ?)、甘味が強くてえもいわれぬ味わい。マヨネ−ズスパは牛肉スパから肉をぬいたのと同じベースのスパに、にょろにょろマヨネーズをかけたのみという斬新な料理。男やもめが苦し紛れに編み出したようなメニューだあ。味は、多くは語るまい。
 気を取り直して本日メインの、「ひびのこづえテロメラーゼ展」(グランシップ静岡)を見に行った。通販フェリシモで名前だけは知っていたデザイナーさん。海洋生物っぽいファンタジックなお洋服がステキでありました。鱗のついたドレスとか、ウニみたいなトゲトゲ帽子とか、スソをJIMMYに持ってもらわなきゃ歩けないような王様系のローブなんかがちょっと欲しかったナ。 その後、中古書店をハシゴして、いろいろ本をGETし、お別れしたのであった。今度はおいしいもの食べに行きましょうね〜。

8月15日
「すっかり水族館ブラボー」

 続・福岡思い出話。(いまごろ…)
 水族館にデッカイかにがいた。下手すると私の背丈(166cm)くらいあったのだが、足が一本欠けていた。JIMMYと「これは、飼育係が一本味見したのでは…」と極悪な妄想をしていた。カニ係さん、ごめんなさい!
 2年前来たときは、水族館名物の「メガトット」ちゃんと写真を撮りたかったのだが、メガトットのキャラクターが付いてるのはゴミ箱だけだったので、泣く泣くゴミ箱の前でJUNK MOBILE全員集合記念写真を撮った。しかし、今回はなんと「記念撮影用等身大?メガトットぬいぐるみ」が用意されていたのである!!ジャジャジャジャーン。カワイー、ウレシー!早速抱きついて写真を撮ったのは言うまでもない。「海の中道 マリンワールド」には何度でも行きたい私なのであった。

8月14日
「『そんなに眠いなんてかわいそう』だなんて思わないんざますよッ」

 「JIMMYがつれなくなった気がする」と言うと、方々で「気のせいだよ」と言われてきた(とくに本人から)。が、先日、ついに冷たくなったという証拠を入手したのである!
 夜寝つきが悪い私は、「なんかお話して」とJIMMYにたのんでみた。すると、「メンドくせー」と言い捨てて、彼は寝てしまったのである!!以前は
「はぁーガンダムガンダム」とか「水平対向エンジンが…」とか自分の趣味のお話してくれたり、「鼻から宇宙船〜♪」なんて即興で自作の歌を披露してくれたのにッ!!ひょっとして、飽きられたの、私?ひどいひどい、ギュッギュッ!JIMMYってば、鬼ね?そんなひどいなら、「JIMMY小野田」じゃなく、「JIMMY鬼田」に改名するが良いわ。

8月13日
「果たして女の友情は育まれるのか?」

 オザワさんと、次回9月のコミティアで出る本のために静岡にて対談する。私はこの歳にして、初めての対談で結構緊張してしまいガチガチ。なので、コーディネータにJIMMYを連れて行く。つうか、私が車でJIMMYに連れてってもらってるのだが。
 なんと、オザワさんからD先生とオザワさんツーショットのプリクラを頂く!ウーム、何時の間に…D先生ファンクラブ会長としてはジェラシィー。ちなみに会員1号はオザワさん!しかしD先生カッコよすぎ!クールクール。あんまりカッコいいためニヤけて私は目じりが下がってしまう。いかんいかん、これ以上のタレ目化は阻止せねば。
 ジェネレーションギャップを感じたのは彼女からのFAXに「LV」って書いてあって、「level」ってわからずに「left ventricle」(心臓の)左心室かと思ったこと。そんなんは私だけか。JIMMYと一緒なので、うまいこと緊張せずに筆が進んで、ヨカッタヨカッタ。対談も無事終わり、またオザワさんと遊びたいナーと思ったのだった。


8月12日
「待遇改善を要求するッ!ギョッギョッ!(鳴き声)」

 私、悩んでいるんです。近頃、彼と会話がはずまないんです。付き合い始めた頃は、7時間ぶっとおしで私の妖怪&動物話を聞いてくれたのに…。これが倦怠期ってやつなんでしょうか。
【例】
私「ねえ、『魁!クロマティ高校』の2巻出てたよ」
彼「知ってるよ」(会話終了)
私「漫画描きたいんだけど、絵がヘボだから困ってるのよね…」
彼「描ける絵で描くしかないよ。」(会話終了)
私「JIMMYってひどいよね!」
彼「俺はひどくない」
(会話終了/これのバージョン違いで「俺は間違ってない」や「だってホントのことでしょ」等がある)
私「JIMMYのバカーーーッ!!」
彼「俺はバカじゃない。」(会話終了)
 気分はとってもメランコリアです。どうしたら、優しい彼に戻ってくれるのでしょうか…。

8月11日
「アイツがオレなら即死を選ぶ?!」

 なーんかクシャミ・鼻汁が出ると思ったら、また扁桃をやっちまったらしい。ノドいたあーい。もう、一年中調子が悪いんだから、私…。JIMMY君に「朝起きて、体が入れ替わって私になってたらどーする?」と尋ねたら「死を選ぶ」って、それはないでしょーJIMMY君!しかし、私がJIMMY君になってたら、「ヤングマン」など口ずさみながら、半裸になって太陽の下で遊びほうけたいですな。
 こんな時は、オヤバナだ!!
 母はお風呂出たあと、家の中を3−4時間ハダカのままウロウロするのが常であった。頭にだけタオルを巻いていたが、その下は…。小学生だった私は、その習慣が嫌で嫌で(だって見苦しいじゃん)、ついに或る日やめてもらえないかたのんでみた。その時の母の台詞。
「ママの楽しみを奪う気ッ!!」
…そうか、楽しみだったのですか。そりゃ存じませんで。当時母は家の専制君主。泣く泣く引き下がったのでありましたが…。この悪癖、家族の前だけではなかったのだ。叔父(母の二番目の弟)の妻がいる前でも、上下丸出しでフラーフラー。「ギャッ!!○ミちゃん(私のこと)、おねえさんに何か着せてチョーダイ!!」と驚愕する彼女に、「言ってもムダだから…」とたそがれる私であった。

8月10日「いまごろ、福岡こぼれ話ー」

 福岡はなにごともスケールがでかくて良かった。お店も広くて大きいし。4日に行ったカラオケ屋のトイレは、今まで行ったどこのトイレよりも個室が広かった!驚きの狭さで、立ち上がろうとすると壁にお尻がぶつかり
「ここはリリパット仕様なのか?!そうなのか?」
と困惑する某市立図書館のトイレとはえらい違いである。あそこの8倍はあるのじゃないか?
 また、町並みも洒落ているのであった。メガネ屋は建物自体がドでかい眼鏡をかけてるし。福岡では、チェーン店で珍しくもないそうだが、田舎モンはびっくりしたのであった。
JIMMY君が「ナースがいるよ」というので、道を椎名林檎のコスプレした人でも歩いてるんかあ〜と思ったら、なんと、カラオケ店に数匹の金色の竜がまきついているではないか!キングギドラ?写真に撮りたかったが、車だったので×。残念。VOWを狙えそうな(もう載ってるかも?)「やだ小児科医院」矢田さんかと思われるが、なぜ平仮名に?の看板もあって、楽しい福岡ロードだった。

8月9日
「ラストシーンを言いふらしてはいかんよ」

朝TVを見てたら、『白い犬とワルツを/テリー・ケイ』(新潮社)が一書店から火がつきベストセラー…と紹介されておった。あれはしみじみする良い本なので、ベストセラーになることもあろう。が、ラストシーンをTVアナが朗読しちゃうのはどうなんだろう?せめて、紹介するのはカバーに載ってる途中までの「あらすじ」くらいにしときなさいよ。私はもう読んじゃったからいいけどさ。
 同様に、漫画なんかでも、クライマックスのいいシーンのコマを抜き出して紹介するのはいただけない。読んじゃったひとが見所を紹介したくなるのは痛いほどわかる。私もよくそういう野暮をしたくなる。しかし、その自己満足が、初めてその作品を読む人から新鮮な感動を奪ってしまうのではないか…と常に恐れてもいる。まあ、ゴシップTVに気遣いを望んでも無理ってことか。

8月8日「加賀美ふみを単行本『おんなのこ』平和出版より発売中!」

 JIMMYがかがみくんのコミックスを買って来た。めでたい!JIMMY君の方から、また宣伝&告知等するだろう。
 前回、彼のコミックスが出た時は別々に住んでおったから、JIMMYと私で1冊ずつ計2冊買ったんだけど、今は2人で1冊…すまぬすまぬ。買う時のエピソードもいろいろあったけど、故あって封印中。
 しかし、この「JIMMY」というP.N.はキーボードで打ちにくいね。いつも「JIMY」とか「JIMMMY」になっちゃうよ。
 p.s.わたくしが最近買った雑誌「あなたは知らない」ミステリーDX9月増刊、角川書店。『九死に一笑/二ノ宮知子』が面白すぎてフラフラと購入。雑誌はアパートでかさばるから買わない主義なのに…。大好きな松田洋子も載ってたから、いいかあ。

8月7日「夏のドジッ子祭りじゃーい」

 おうちに帰ったはよいが、早速ボケまくりの日々。昨日はボディシャンプーと間違えて、リンスインシャンプーで体洗ってたし。皮膚をシリコンコーティングして、どーする。面倒&勿体無いので気付いてもそのまま洗ってしまったが…。
 それから、旅行中の洗濯もんを洗濯機に放り込んでいて「あれ!?あのTシャツがない、あのブラもない、もしや忘れ物した?」とハラハラしたけど、よく考えてみたら荷物が多いんで洗濯物は一部ダンボールに詰めて、宅急便で送ったのでした。考えろ私、考えるんだ!!
 JIMMYの職場への旅行のおみやげは「明太パイ」。静岡名物のご存知「うなぎパイ」や、駅の中でひっそりと売られている「あゆパイ」、さかなセンターの生臭い「まぐろパイ」にも匹敵する魚パイシリーズ?である。仕事場で余ったら味見用に持ち帰ってくれるようJIMMYにお願いしたので、楽しみである。

8月6日
「役に立てないので八つ当たりじゃーい」

 朝JIMMY君が家を出る頃はネムネムしているので、お役に立てない。なので、夜お勤めから帰って来たJIMMY君の、脱ぎ捨ててあるネクタイとベルトをしまうのが私の役目。
 とある朝、いつもは寝ているわたくしが、JIMMY君のご出勤前に目を覚ました。珍しく目が覚めたので、なんか役に立とうと思った。居間へはいずっていくと(あんまりネムい時は四足歩行で移動するのだ。フツーに歩くと転ぶからネ)ソファに置いてあるネクタイとベルトが目に入ったので、それを2つともいつも通りにしまった。ネクタイはネクタイ吊るしに引っ掛けて、ベルトはベルト掛けにセット。うーん、私って有能、と悦に入っていると、
「それは今から着るヤツだ!!」
とJIMMY君のお叱りが…あ、そっか。つい習慣の通りしまっちゃったよ!どうやら目は覚めてなかったようである。せっかく役に立とうと思ったのにィー。和食中心の朝食を用意してネクタイ締めてあげて「いってらっしゃい、アナタ」と微笑んで見送るのが理想なのに。現実はネクタイ締めらんないし、私。うまくいかないものだなあ。

8月5日
「やっぱ自宅はいいね、気兼ねなくオナラができるよ」

 久しぶりに、焼津に帰ってきたよ。のぞみ+こだま。もうクタクタ。オヤスミナサイ。バタンQ。

8月4日「JUNK MOBILE夢の全員集合!」

 加賀美くんが合流したんで、JUNK MOBILEのメンバー5人全員で飲み&歌い。たにまきくんと加賀美くんとは、私は初めてカラオケ。たにまきくんは渋い選曲でステキ!日本情緒を堪能。なんと加賀美くんは、JIMMYと同系統のカラオケ魔人でいらした。この2人のタッグはかなりスゴいよ!気軽に会えない九州―静岡の距離が恨めしい。JIMMYが東のカラオケ魔王なら、加賀美くんは西の魔王でありましょう。この人たち、もうスゴすぎ。凡人のハートはノックアウトでありました。

8月3日「イカした男、その名はスティーブ」

 ケーブルTVのアニマルチャンネルに夢中になる。
 ある番組では、クモに覚せい剤やマリファナを与え、巣のはり方がめちゃくちゃになる様子を放映していた。ドラッグ追放キャンペーンにこのフィルム使ったら効果が上がりそう…。
 『ギリギリコンタクト extreme contact』は筋肉マン2人とうら若き美女が、肌もあらわなビキニ姿でサメやワニにおさわり。ナルシス入ってる筋肉マンの一人はクリスチャン・ラッセン似。まさか本人?なワケないよな。
 『クロコダイルハンター』は一番のお気に入り。猿の惑星にノーメイクで出演できそうな風貌のスティーブ・アーウィンが、おともに筋肉美女のケリーを従えて、マゾ道を極めます。スティーブってば、サメをムリヤリしつこく追いまわして触り、かまれて「はっはっはー、かまれてしまいました!とても痛いです!」だと。なんてハイテンションなんだ、スティーブ!ヤツはその後クラゲの海に飛び込んで(わざと)クラゲにさされまくったり、さされて腫れた腕を見せびらかしたりのご乱行。また、海に魚の死骸をまいてサメを集めておきながら、「サメに囲まれてしまいました!人の足はサメに肉塊と間違えられることがあるのです!!」といいつつ波にプカプカ浮いてるし、助手の女はボートの上から「サメに噛まれてもし動脈に傷がついたら、スティーブは大変なことになります」なんて言ってて「ハハハ、ケリー、冷静に解説してないで助けてくれよ」というオトボケ・スティーブといいコンビ。しかしスティーブ、こんな暮らしをしていると、いつか死ぬぞ!!
 どちらの番組にしろ、いつの間にか出演者が二代目になっている…なんてことがなく、つつがなく続いて欲しいと無力な私は祈るのであった。

8月2日「私のサメを水族館に預けているのざます」

 JIMMYとたにまきくん、ナカシマくんとで「海の中道・マリンワールド」へ。ここのマスコットは「メガマウス」という大型のサメをモデルにした、『メガトット』!グッズを欲するも、出来がいまいちなぬいぬいしかなかったために、「あーあ、メガトットの携帯ストラップあれば買うのになーあ」など水族館員に聞こえるように言ってみる。水族館の方、ご一考あれ。
 2年前にもここに来ているのだが、何度見ても飽きないのが大水槽のサメ!サメ!サメ!日本有数のサメ水族館なのである!エイもすてきよん。時間を忘れて魅せられること間違いなし!また行きたあーい。
 前回見るのを忘れた「メガマウス」のホルマリン漬けを見る。なんと、このサメ体長4.7m、体重740kgもある!なのに、プランクトンを食っているのだとか。ジンベエといい、ナガスクジラといいプランクトン喰いの生物のいとでかきことよ。
 またこの地を踏むことを心に誓いつつ、シュモクザメ(ハンマーシャーク)ぬいぬいをGETしたのであった。

8月1日「福岡名物はケーブルTV?」

 JIMMY出張兼JUNK MOBILE集会のため、九州は福岡へ!福岡在住の
たにまきくんのお宅に集合。なんと、たにまきくんちはTV天国だったのである!ケーブルTVの番組の魅力的なこと。薦められて気に入ったのは、カートゥーンチャンネルのアニメ『アンジェラ・アナコンダ』。ちょっとヒネてて妄想癖のある女の子、アンジェラが主人公。この子もいいんだけど、カタキ役の
フランスかぶれの少女・ナネットが日本人のツボをついている。なんせ髪型はタテロールだし、口癖は「おフランスでは…」だし、イヤミなやつで、おまけに取り巻きまで連れてるんざあますのよー。嫌われモンの要素満点のお嬢様なのである!カナダのアニメのはずなんだが、ナネットは「おそ松くん」のイヤミみたいな味のある困ったちゃんである。この番組が面白くてトリコになってしまった我々なのであった。
 とっても美味しい焼肉屋さんに連れてってもらったら、、窓の外にカベチョロ(ヤモリちゃん)もいて、たいへんご機嫌な一日なのだった。

トップ アイコン
日記もくじ


直線上に配置