直線上に配置
PNU日記
2002年6月、あぢい〜じめ〜ぐで〜

6月30日「ついに、決勝」

 ブラジルは超強かった…強すぎだあ!なんかね、ドイツがシュートする時はブラジルの人壁ができて見事にディフェンスしているのに、ブラジルシュートの時は、ドイツ前ガラ空きでキーパーと1対1なんですよ!なんで?JIMMY君が言うには、ブラジルの動きが速すぎて間に合わないのでは?って。カーン様は悪くないよー。4年後のドイツ開催ワールドカップでカーン様のお姿を見ることを楽しみにしているよ!それまでに育て、ドイツ選手!!
 楽しませてくれたワールドカップ2002、ありがとう、さようなら。

6月29日
「ひとがアイドルにはまるまで」

6/1 ワールドカップに興味があまりなかったが、JIMMYの策略により、ドイツ×サウジアラビアを見せられる。試合は8対0というドイツの一方的勝利だった。ドイツチームの端正なパスまわしに感動し、ドイツに興味を持つ。
6/5 ドイツ×アイルランドを見せられる。残念ながら引き分けだったが、GKカーンのセーブに好感を持つ。彼はいまのところ、この1点しか失点していない!
6/11 カメルーン×ドイツを積極的に見る。イエロー&レッドカード乱れ飛ぶ戦闘的な試合で、ハラハラする。完全にカーン様にはまる。このころ、ドイツ特集サッカー誌を探すが、優勝候補でないせいか、見つからなかった。
6/15 ドイツ×パラグアイを見る。パラグアイのGKチラベルを応援するJIMMYとは、敵味方に別れての観戦。カーン様バースディ&勝利を祝う。
6/21 アメリカ×ドイツ。ピンチの連続できりもみ状態になりつつ観戦。ギリギリ勝利。
6/25 ドイツ×韓国。試合前のインタビュウ「審判は関係無い。俺が守ればいいだけの話だ」の漢らしいセリフに多くのカーンファンが生まれたと思われる。ファンな私もさらに、目がハートになる。好セーブ連続で満足の試合となった。
 決勝に残ったことで、開催前はほとんど無視されていたドイツがメディアに注目されてきて喜んでいる。相手ブラジルはサッカー王国だけはありすごい攻撃力を持つ選手が幾人もおり、困難な試合になるだろう。でも、粘り強いドイツサッカーを見せてくれることを楽しみにしている。

6月28日
「ゴリラ呼ばわりは許さん!」

『Die Prinzen』というバンドが、ドイツの守護神GKカーンの主題歌を作ったとか。お昼時のTVによれば、日本語バージョンが存在するという。
「芝生が冷たいと機嫌が悪い〜♪」とか、
「足首、ふともも、男の世界〜♪」なんて愉快な歌詞!このCDほしいなあ。ジャケットにカーン様お写真も載ってるみたいだし。買って〜JIMMY君♪
 ネットのサッカーページをいろいろ巡っていて気付いたこと。カーン様はけっこうどこでもカーン「様」と呼ばれているんですね。「様」と言わしめてしまう何かがあのお方にはあるのでしょう。
 でも、ゴリラゴリラ言うメディアの多いことには憤慨!私は、彼はゴリラに似てないと思う。あの鋭さは猛禽類か狼でしょ?ていうか、ゴリゴリ言ってるひとは、試合中の咆哮してるお姿しか見ていないんじゃないかな?ゴリラ呼ばわりしてるひと、鏡の前で思いっきり叫んでご覧。アラ不思議、あなたも…人類は類人猿と共通の進化系統樹をたどってきてるのだから、絶叫している顔が多少猿系に見えたってしょうがないじゃない。寡黙なカーン様はそこらのムーヴィースターも真っ青の男前だよ!!
p.s.JIMMY君、東京に出張。駅のホームでドブネズミさんに遭遇したとか。あー、私も東京行きたかったな。

6月27日
「好きなことは大切に」

 サッカー好きだけど、今回はいろいろ残念なことも多いなあ。審判疑惑も??だし、相手を貶める応援は見てて胸が痛むもの。ただスポーツを楽しむ、という態度ではいけないのかな?勝っても負けても、一部のひとたちが熱狂のあまり、暴れたり打ち壊ししたりするのも困ったニュースだ。サッカーファン、サッカー好きならサッカーの評判を落とすようなこと止めようよ、と切に願う。つまんないことで、サッカーが楽しめなくなっちゃったら悲しすぎる。
 JIMMY君は連日帰宅が夜11時。ホントに過労死が心配されるのです。仕事は彼の領分だから、私には何もできないし…それどころか、昨日はちょっとした気持ちのすれ違いから夜遅くにケンカしてしまうし。同棲というのもなかなか難しいものだ。

6月26日
「サッカー民族ブラジル人」

 JIMMYは、昨日ドイツが負けていたら、私が荒れるだろうからウチに帰れない、仕事場に泊まろうと思ったそうである。なんでよ?
 静岡の町は、イングランドが敗退した今もベッカム・カットの青少年がちらほら見られる。しかし、彼らが連れている女性はほとんどがトミー・フェブラリーか浜崎あゆ風。カノジョもスパイス・ガールズにカスタマイズしなきゃあ、和製ベッカムとは呼べないネ。頭頂部が伸びすぎちゃって、キューピーか「ちびまる子ちゃん」の永沢くんかって感じの子もいたよ。
 ブラジルのロナウド選手は、なんと前髪だけ三角州状に残して、オール刈り上げてしまったよ(おにぎりカット?っていうか、日本伝統這子人形みたいな髪型)何考えてんの〜?そんな彼のコメントは「楽しいと思って」だって、オオモノ!!この髪型は、たとえロナウド選手が最多得点王になろうとも、ブラジルが優勝したとしても、日本で流行はしないであろうことを確信したよ。ブラジル×トルコ戦、トルコは正確なパスと迅速な攻撃を誇るたいへんに優れたチームでしたが、さすがにブラジルのスピードとタレント性にはおよびませんでした…しかし、爽やかかつパワフルな試合でありました。
p.s.日本の雑誌は、そろそろカーン様特集を組むべし。インタビュウとグラビアをつけるのだぞ。

6月25日
「良い試合だったよ」

 サッカー、ドイツ×韓国戦!ドイツ、勝ったー!!良かった…。私のダイスキなカーン様が宙を舞うお姿が何度も!両チームとも、お疲れ様でありました。調子にのってうかれぽんちな私は、ネットでドイツ情報を見まくったのである。カーン様インタビュウはどれもすてきに男らしいお言葉が!!ア〜ン、素敵すぎ!!
 アサヒ・コムのドイツ特集コーナーで発見したのですが、ドイツには頭脳集団がいて、コンピュータで対戦相手の傾向を解析してるんだって!!車田正美のボクシング漫画「リングにかけろ!」でドイツのチームがやってたことに似てるねえ。今日はドイツの勝利に酔いたいと思います!アウフビーダーゼーエン!! 

6月24日
「コレ、いらねェ〜」

 パートしてる某店で、オリジナルの化粧品が販売され始めた。別にそれはかまわないが、これが恐ろしく売れないので、とうとう店の関係者にもセールスを始める始末。パートの私にもサンプルが手渡され、「どうですか!?とってもいいでしょ!」とセールス攻撃に。
「悪いけど、肌に合わなくって…」
と嘘でも言っておけばすんだのだけど、うっかり正直に
「うーん、まあまあですが、今使ってるコスメがまだ残ってるんで…」
などと答えてしまった。ブランド品(ランコムとか、イヴ・サンローランetc.)なみのいいお値段なんだよな、これが。マイナーなくせに高いから売れないんだろうな。最初に「わたくし、クリスチャン・ディオールしか使いませんの」とかふいておけば良かったかもしれんけど、普段からノーブランドや通販のモノを持ち歩く私だから、言ったとしても信用してもらえなかっただろうね。妥協してとうとう洗顔料のみ購入したら、正規社員と店長が、そろって頭下げてパートの私にお礼を言うの!ホンットーに売れていないのだね!?と驚嘆してしまったよ。これも人助けか。しかし、デザインが楽しくないのと、効果フツー&高価なんで、二度と買わんだろうな。今度こそ、「使ってるうちに肌に合わなくなったみた〜い」ってごまかすことにしよう。

6月23日
「サッカーも仕事も休み」

 今日はサッカーがないのです。なんだかさびしい感じです。禁断症状出そう。いかにサッカーに染まってしまったかがよくわかる。しかし今回のワールドカップは、審判が疑問ですなあ。よくわからんファウルでゴールが取り消されることの、なんと多いことか。ヨーロッパ系の、華麗なプレーをする国が
ほとんど消えてしまったのも無念。某国の試合を見ると、毎回ちょっとモヤモヤします…。JIMMY君の予想によれば、決勝戦は韓国×ブラジルだろうとのこと。なぜなら、ブラジルはスーパーサイヤ人のようなプレーヤーが幾人もいるし、韓国は強烈なサポーターに支えられ、上り調子だからとのこと。
私の応援するドイツ、守りはいいけど攻めの決め手に欠けるようです。カーン様が心配!結果はいかに?
p.s.JIMMY君、「今日も仕事行かなきゃ」と言うのを「休め!無休じゃ過労死する!!」とそそのかして休ませました。週休2日なんて、嘘っぱちじゃん!

6月22日
「サッカーガムは何味?」

 本来は土曜日休みのはずなのに、JIMMY君は出張。一人さびしくサッカーでも見るか。
 ところでサッカーって、なんだかみんなガム食べてませんか?監督は眠気覚まし?と思うけど、フィールドを駆ける選手でも食べてるひとがいる…ヘディングの衝撃で飲んじゃったりしないんでしょうか、ガム。JIMMY君の話によると、ガムはマウスピースの代わりで歯を保護するのだとか。ホントかなー。各国の選手が何味のガム食べているのかも気になる〜サッカー雑誌で取材してほしいよ!
 韓国×スペイン戦、スペインにイエロという名の選手がいるので、「イエロ出ました!!」というたびに、ん?イエローカード出たの?なんて思ってしまいました。
p.s.ベッカム特集(表紙&グラビア、インタビュウ)らしき婦人雑誌「マリ・クレール」が本日発売。本屋を3軒まわったのだが、どこにも無かった…棚が不自然に空いてたのがアヤシイ。ふだん、マリ・クレールなんてみんな読まないくせに〜(って、私もか…)。

6月21日
「ドイツどどいつ」

 本日、静岡エコパでイングランド×ブラジル戦!そのためか、昨日の晩の静岡駅周辺は、「生ベッカム、見る〜!」と叫ぶおねーさんや、「ベッカム、オーウェン」とつぶやくおっちゃん(ともに日本産)が多く見られました。あと、静岡でこんなに多くの異国の方に遭遇するのは「大道芸ワールドカップin静岡」以来で、地下道には『BECKHAM』とプリントされた、バッタモンTシャツを売りつけようとする白人男性の露天商の姿が。女子高生にキャアキャア囲まれて、満面の笑みを浮かべて商売していましたよ。しかし、ベッちゃん、負けちゃったね…。
 そして本命、ドイツ×アメリカ戦です。前半攻めまくるアメリカ!!私のダイスキなカーン様はドイツのキーパーなので、ドイツのピンチになるとどアップになるのです。アップになるとうれしい!でも、ドイツのピンチはイヤン!!でアンビバレンツな時を過ごしました。ヒヤヒヤしたけど、勝って良かった、ドイツ!おめでとー!

6月20日
「社会の窓、全開!」

 仕事先で、わたくしは未曾有の危機にさらされました。前前からちょっとひっかかるナ…と思っていたのだけど。ついに。その日はいてたスラックスのジッパーが、壊れてしまったのであります!キャー!朝家を出る時は、大丈夫だったのに!脇ファスナーではなく前ファスナーだから、もう、社会の窓、全開よ!?不幸中の幸いは、スラックスの色がブラウンで、下ばきは濃色だったからあからさまには目立たなかったことかな??ご不浄でスラックス脱いで、ジッパーがなおらないかガチャガチャやってみたけれど、パカーッと開いたまま。新しいボトムを買おうにも、定期買っちゃって財布の中身はさびしいし、始業までもう時間がない!
 結局、仕事中は白衣でごまかし、帰りは
「誰も私の股間なんぞ見ちゃいねえ!!」
と信じて前をハンドバッグで隠して帰りました。これ、前からなら防御できてるのだけど、斜め横だと見えちゃったかも。ああ、恥。これから、もしものときの替えスカートでもバッグに丸めて入れとこうかと悩む次第であります。

6月19日「カラダからなんか出てる」

 私にはなぜか虫がたかってくる。私は虫がダイキライであるので、たいへん迷惑している。先日も、洗顔中に小さい蛾に似た昆虫が寄ってきて、息を吹きかけて遠くへ吹き飛ばそうと試みるも果たせず、
そのまま泡だらけの顔へダイヴ・イン!!当然、虫は泡で窒息して絶命!あの〜、人の顔面で自殺しないでほしいんですけど(泣)うたかたと消えるよりか、鳥かコウモリに食われたまえよ。
 この話をJIMMYに話したところ、
「あんたってホント虫に好かれているね〜、カラダから何か出てんじゃないの?」
と言うので、エッ、フェロモンかしら!?なんて思ったら、JIMMYのやつは
「尿素とか。」
なんて答えやがった…尿素って…虫、寄るの??
p.s.その1、昨晩のJIMMY君の寝言。
「早く守りに入ると、追いつかれる…zzz」
これってなに?寝る前に見た、韓国×イタリア戦のこと?トラパットーニ監督があまりにも早く、デルピエロ選手を降板させちゃった影響かしらん。
p.s.その2、最近買った漫画、木多康昭『平成義民伝説 代表人』上の巻。あいかわらずのブッチギリギャグパワー。なにがなんだか本当にわからない。でも、面白い。宇宙力を感じる謎の漫画だ。

6月18日
「サッカー負け」

 日本×トルコ戦、負けちゃったネ…。私はパート中で試合観戦できなかったので、JIMMYからの携帯メールで顛末を知ったのである。負けは残念だが、ここまでサッカーの愉しみを教えてくれた日本代表に感謝!!4年後のワールドカップ、楽しみにしているよ!もちろんJリーグもね!
 わが殿JIMMY様は、カリアゲの頭頂部がツンツンのびて、プチ・ベッカムみたいな髪型になってきた。そこで、
「なんか頭、ベッカム・O×田って感じじゃない?意識してんの?」
と言ったら(O×田はJIMMYの苗字)、
「バカ。ベッカムは苗字だぞ。デビッド・ベッカムというのだぞ」
なんて言い返された。デビッド・O×田じゃヘンなミュージシャンみたいだしなー。

6月17日
「サッカー漬け」

 サッカーはスペイン×アイルランドを昨晩JIMMY君とTVで見ました。延長+PK戦で見終わったのち二人ともクタクタに!アイルランドも良かったけれど、スペインが勝ってくれて、ラウルイリュージョンをまだ見られるのはうれしいことである。
 サッカーのことしか書いてない日記になっておりますが、ホントにサッカー漬けな生活になってしまってるのです。JIMMYは残業であんまり家にいないし…。
 そんなわけで、たまには夢話でも。
 今日見た夢。私は学生で、全寮制の高校に入る。人里離れた山奥で、生徒は学校外との交流を持ってはならないという。この学校は息苦しくて生徒の私語もなるべく慎むこと、なんて校則があり、さらに明文化されていない掟があって、この謎の掟を破った生徒は毒殺されるというとんでもない決まりが(この辺、小学生の頃読んだ白土三平の忍者漫画『ワタリ』の影響かな?)。
「掟を守るもなにも、何が規則なのかわからなきゃ、守りようがないじゃん」
とひとりごちたら、同級生がききつけて、
「シーッ!学校に不満を言ったのがバレたら、『アワーズライト』の最も面白い漫画の主人公と、最もつまらない漫画の主人公の性格設定を足して二で割った人格に、入れ替えられてしまうのよ!!」
と忠告してくれたのだが、そこには、
「アワーズライトで一番面白いってやっぱり『妄想戦士ヤマモト』でしょ?ヤマモトの人格になるんだったらそんなにイヤじゃないなあ。ヤマモト、はたから見てるとイタい人だけど、本人は生きてて楽しそうだし。でも、もう一つはなんだろ…ヤダなあ」
なんて考えてる自分がいたのであった。
 と、こんな夢なんだけど、作ったんじゃなくてほんとに見たんですよ!アワーズライトという雑誌がここまで私の深層心理に影響をおよぼしていようとは。しかも、最もつまらない漫画って、どれだよ?
 この後、夢ではついに掟を破ってしまったらしい私が暗殺集団に追われて逃げまくったりするのだが、そこは割愛させていただきます。

6月16日
「髪型を変えるのじゃ!」

 JIMMYの職場は公称・週休2日のはずなのに、昨日も今日もJIMMYは朝から夕方まで仕事(残業)。日本はどうなっとるのか…?私は「サッカーを見ても一人。」という感じ。
 明日からは私もパートだから、火曜の日本×トルコ戦が観戦できません!仕事休もうにも、今月はもう風邪休しちゃったしな。これ以上休むわけにはいかんのです。残念。
 イングランドのエース、ベッカム選手の髪型が「ベッカムカット」として若者の間でハヤっていると聞く。そこで、今はカリアゲのJIMMY君に
「ベッカムカットにしてみたら?職場でモテモテかもよ?」
と言ってみたら
「アホか!!あんなアゴヒゲ生えててもいいのか!?」とのこと。
「そんじゃあ、私の尊敬するカーン様の髪型にする?」
「あんなモミアゲ無えよ!できねえよ!!」
だって。そんな文句言うなら君は、チラベル選手(または、裸の大将or『たま』のランニング)のハゲボーズ型にしたまえ。

6月15日
「男カーン様33歳!」

 今日はドイツのキーパー、カーン様のお誕生日ですよー!そんなわけで、ドイツ×パラグアイ戦での勝利は、なによりのバースデイプレゼントとなったことでしょう。
 私はカーン様の勇姿を手元に置くために、生まれて初めてサッカー雑誌を購入。JIMMY君の同僚のKさんには、
「カーンの写真って、魔よけになりそうだね」
とのお言葉をいただいた。咆哮してる写真ばっかりなのよね、カーン様。
購入したのは『ワールドカップ2002大会展望&ガイド』と『日本代表スピリッツvol.9』。
両方とも開会前に発行されたムックだから、予想ばっかりなのだ。JIMMY君は「情報が古い!」とか「○×選手は、代表には入ってないぞ!」などブーイング。だってカーン様のために買ったからさあ。開会後のいまには対応できてないのだよな、これらの本。前者なんて、優勝候補フランス特集におよそ40pをさいている!ドイツなんて、カーン様インタビュー入れても4pなのに…扱い10分の1かよ?残念なことにフランス、もういなくなっちゃった。今回はアルゼンチンも帰国しちゃったし、番狂わせが多いのかも。
p.s.イングランド×デンマーク、ベッカム選手大活躍でありました。こりゃあ、日本のワカモノに
ベッカムカットの頭が増えるわけだワ。

6月14日
「韓国サポーターの応援コワーイ」

 イタリア×メキシコ戦を見た。糸井重里HP「ほぼ日」のとあるコーナー「アズーリにべったり密着50日!」というイタリアの記者さんによるコラムがたいへんに面白いので、イタリアが気になっていたのである。結果引き分けて、仲良く決勝に出場とあいなったのだが、ビックリなのが後半のロスタイム、のろ〜のろ〜とパスして時間を稼ぎ、トボトボ歩いて終了したこと。引き分けだと両者決勝Tに出られる試合だったから「いっしょに行こうぜ〜」って感じ?のんびりした終わり方だなあ…。日本人気質だと、終了間際まで1点でも多く取るよう最善を尽くす!!とかってなると思うのに、その辺は国民性の違いかなー。本日のすさまじい韓国×ポルトガル戦を見てしまうと、こうした牧歌的な試合がかえって好ましく思えたりして。
 そして、話題の日本×チュニジア戦、勝ちました![バットマン]と呼ばれる宮本選手の守りがすごかったです。鼻の骨折は大丈夫かナ…私的にはバットマンというより、マスク・オブ・ゾロかシャア少佐ブラックヴァージョンに見えますな。次は決勝トーナメント、いいコンディションでのぞんでね!
p.s.昨日の訂正:チラベルトではなく、チラベルが正しいのだとか。フランス系なので、最後のtは発音しないようです。おとといの訂正:カーン様は1969年生まれ。おんとし32歳ですね。よっしゃ、まだまだ!!

6月13日
「世界最強GK決定戦!」

 スペイン×南アフリカ戦を見たよ!スペインの魔術師ラウル選手のプレイが華麗でありました。
 決勝トーナメントでは、ドイツ×パラグアイが決定したもようですが、実は、JIMMY君がパラグアイのキーパー・チラベルトのファンであることが発覚!!
「いいよお〜チラさん!!」
なんて呼ぶほどなのです。チラさんは、体格が良く見かけは裸の大将、顔が達磨大師!!という濃ゆ〜いお方なので、私は引き気味…。なによー、カーン様の方がカッコいいじゃない!カーン様って、ゴリラなんて言われてるけど、私は猛禽類系だと思うのね。というわけで、ドイツ×パラグアイ戦は私×JIMMY戦になりそうなのでした。

6月12日
「スキスキカーン様!」

 残業するJIMMY君の横にて、TVでドイツ×カメルーン戦を観戦。実はわたくし、ドイツの守護神・キーパーのカーン選手の大ファンなのである。だって渋いもん。今期ワールドカップのマイヒーローはベッカム、マイアイドルはカーンかな…。
 ところが。決勝進出がかかっていることもあり、試合はなんと、イエローカードが16枚も出される
大乱戦に。自身も1枚もらいながらも、カーンは守りぬきました。えらい!でも、選手の大半がイエロー持ちじゃ、次からの試合苦しいだろうな。
 「あ〜、エコパ(試合会場、静岡)でカーンのストレッチ生で見たかったなー。次(4年後)はドイツで開催だから、地元でカーン見放題だよね?お金ためてドイツ行こうかな?」
と言ったところ、JIMMY君が、
「カーンは34歳だから次回はもう出ないだろ」
って…!!Shocked!失意に沈む私を見かねて、JIMMY君が
「あーでも、監督としてなら出てくるかもネ??」
だって。監督でもいい、お姿を見たいよー!JIMMY君、カーンがグラビアで載ってる雑誌買ってよー!!ドイツチーム写真集は出ていないのか!?

6月11日
「押しかけ豚」

 JIMMY君がつれないことを、先日電話でN君に相談。そしたら、
「JIMMY君に一目置かれるような存在になるといい」
というステキなアドヴァイスをいただいた。忘れぬうちに、JIMMY君にも宣言しておいた。
 ところが…。このごろ、私がダイスキなお方のサイトのBBSに同人関連押しかけ事件サイトの紹介があり、その内容のものすごさについついハマって読んでしまったのであった。境界性人格障害と思われる加害者たちは「自分のしたいことは相手もしてほしいこと」というジャイアンも真っ青な理屈を操って被害社宅に押しかけ訪問し、困った行動をするのである。ネタにしても、よくできていてビックリなのである。あんまりそこのインパクトが強かったので、
「暑い。近寄るな。」
と嫌がるJIMMY君ににじりより、
「本当はうれしいくせに、照れちゃっているのね?」
とか、
「あなたには私がいないとだめなのよ!目覚めればわかるはず!」
などと某サイトの事件例のイタい言動を真似してふざけていたら、JIMMY君が一言。
「俺に一目置かれるような存在から、どんどん遠のいているね」
だって…。お子様ですいませんねー!!

6月10日
「心臓マヒになるかと思った」

 昨日はサッカー日本戦でドキドキいたしました。JIMMY君は、シュートの瞬間叫んでいましたよ。私はもっとおとなしいけど、ロシアがボールを奪うたびに「あっ、やめて〜」とか「お願い、守って〜」なんてつぶやいてしまいました。サッカーは楽しいです。野球だとタイクツしちゃうんだけど、めまぐるしくボールが動いて、一瞬たりとも目が離せぬ緊張感がいいのです。同じような理由でWRC(ラリーカーのレース)もスキ。車が宙を飛んだり、泥道や雪道、砂漠を疾走するのがオモシロ過ぎです。しかし、サッカーは去年くらいからのにわかファンのため、8日の日記ではベッカム選手のことを「ベッカー」と書いてしまい、JIMMY君に「これは誰のことだ?」ときかれてしまった…。

6月9日
「勝った勝った!」

 JIMMY君と、うちにあるダブリグッズを売りに行きましたよ。ガシャポンやチョコエッグなど、
こまごました物を処分したので、ちょっとはおうちがスッキリ?でも、すぐにたまるんだよな〜。
 その後、近所のペットショップ併設の某センターへ。
『ワールドカップ記念セール!!フィリップ・トルシエと同姓同名の方、店内全品50%OFF!!』
のはり紙に驚愕する!同姓同名って、焼津にゃいないと思うんですけど、フィリップ…。
『日本代表と同姓の方、10%OFF』
とも書いてあったが、こっちのほうが、まだ望みがありそうだ。
 サッカーは日本×ロシア戦。勝ち負けも大事かもしれないけれど、悔いない面白い試合になるといいな…。
p.s.ヒヤヒヤしたが、勝ちましたね!とにかく良かった。

6月8日「さっかーさっかー」

 あ〜もう、サッカー三昧の毎日。夕方は試合中継を見るのが日課になりつつある。
 イングランド×アルゼンチンは、アグレッシヴな試合で魅惑される。イングランドのエース、ベッカム選手はこの前骨折したばかりとは思えない動き!促成治療だからちょっと骨が心配…。
 スペイン×パラグアイは地上波では放映してなくて、ダイジェスト版を見る。スウェーデン×ナイジェリアでは、ナイジェリアの選手(名前失念)がシュートを決めて、嬉しさの余り連続宙返りしてて、映画「ブレードランナー」の女レプリカントを彷彿とさせました。
 そういえばね、開会前にどっかの民放が「少林サッカーで無敵になれるか?」というような特集を組んでて、元サッカーマンに映画のワザをやらせようとして失敗していました。ながらで見てたんで、詳しくご報告できないのが残念である。かなりバカバカしい内容だったので、JIMMY君にも見せたかったな…。

6月7日
「自由人、不自由人」

 JIMMY君は超忙しいもよう。私が病院の外来に勤務してたときと同じ位かな…。
 私が体調崩してることもあって、このごろお互いイライラしがち。なにしろ、話する時間も無いからな。今の彼には、家は寝に帰るだけの場所となっている始末だし。
 JIMMY君は常識ある家庭に待望の長男として生まれ、私は非常識両親のできちゃった失敗婚の結果であるから、すれ違いも多々あるのである。私は収容所のような家育ちのため、ひとの顔色をうかがったり、他人が機嫌を損ねることを異常におびえる性質である。最近は徐々に改善しようとしているものの、NOと言えない日本の典型みたいな私だから、自信たっぷりのJIMMY君になんか言われると、それを命令として受け取ってしまうのである。思ったことをすぐに言えないのですよね…。後から、これはどう考えてもおかしいとか、こうするのはイヤと思うのだけど、後の祭なのでストレスばかりがたまってゆくのです。クヨクヨしがちな性格ゆえに、天衣無縫な(悪く言えばアバウトな)彼の言動に腹がたつこともしばしばである。ひとがひとと暮らすというのは、なかなか難しいことなのだなあ。

6月6日「ヤツがウチにいません」

 JIMMYクンは私が寝てから帰宅(24時)、寝てるうち(6〜7時)に出勤なのでほとんど別居状態。起きて待ってろよ、私!と思うものの、風邪のため発熱してパートも休んでいたので、なんとも。熱は下がりつつあるようなので、なんとか生きて家事&パートをしなければ。

6月5日「マズイ血吸うべからず」

 暑いせいか精神不安定で、JIMMY君とケンカ?したりしてしまう。彼の睡眠時間を削ってしまって申し訳無い。
 夏の始まりとともに、虫がやってまいりました!虫イヤーン。なんだか虫がよくカラダにとまるという呪いを受けている模様で、昨日はおでこに2回(しかも日傘のフチをくぐってまで)、くちびるに2回虫がぶつかってきやがりました。顔ならミンク油クリーム塗ってるから好かれる理由がわかるとしても、昨日はリップすら塗ってなかったクチビルにへばりついてくるのは、なんでよ!?
 でも、こんな私でもJIMMYの役にたつことがあるみたい。それは、避虫人!私は朝起きると2,3箇所蚊に食われているのですが、JIMMY君は(私のおかげで)無事なようです。ボリボリ食われたところをかきむしる私の横で、彼はお肌ピカピカです。私が蚊だったら、絶対私よりJIMMYを吸血しまくるのになあー。虫クンたち、わかってないね? 

6月4日
「ウンコな本屋を呪え!」

 5月29日に発売されていた、超オモシロおたく漫画『妄想戦士ヤマモト・2』小野寺浩二をついに入手しました!焼津の書店をあれこれ巡っていたんだけど、どこにも無くって。
 というわけで、県庁所在地で書店巡礼ツアー。以前
「少年画報社の本って、ほとんど入荷しないですから!よそで探されたらどうですか?」
とか、在庫をTELできこうと思ったら
「ハア?ちょっと、BGM(書店のやつ)がうるさくって、何言ってるか聞こえないんですけど〜」
ということがあった、Y書店は閉店していた…。
 規模の大きいところ、ということでM善へ。ここ、以前ハナクソ店員(ヒマなとき、レジにて素手で豪快に鼻を掘っている男)がいたところ。店頭に見当たらなかったため、コミックス売り場の店員にきこうとしたら、コミックス方面から
「あ〜アレ手塚賞とったんでしょ〜!!アタシが応援してたからとったのかもー!!アハハハ!」
と大声が。どこの学生が我が物顔でしゃべってんだよ?と思ったら、コミックスの詰まった本棚に寄りかかって楽しそうに大声でしゃべりあう男(notハナクソ)と、女の店員の姿が。話が切れるとこで、話しかけようとそばに立ってたのだけど、待っててもずっとしゃべってるので切りこむことにした。尋ねたほうの男の店員は返事もせず無言。女の方がラックからファイルを取り出すと、
「ああ〜入荷少なかったんでえ、売り切れですね〜。すいませえーん」
で、プイっとむこうむいて自分らの雑談に戻っていったよ。別に無言で仕事しろたあ言わないけどさ。古き良き店は「何かご用ですか」くらいは言ってくれたものさ。んなこと言わなくてもいいが、客にケツを向け、ファイルしまいながら「すぅいまっせ〜ん」っつーのは無礼じゃないのか。その間つっ立ってたボクちゃんは、一言も発しないでまだ見習いなのか?あとで店長にチクってやる!とも思ったが、私の求める店員像が古いのであって、優良な店員さんは絶滅してしまったのだ…とあきらめることにした。調べてくれただけ、ありがたいと思わないとね。怒るのもエネルギー使うのでね、省エネ。
 その後、4件目の谷島屋でアッサリ、平積みにされている『ヤマモト』とめぐりあいました。他の本屋では一冊もなかったので、何冊も平積みされてるなんて幻覚かと思った!もう、漫画の内容のごとく血涙を流して探しちゃったじゃないか。というわけで、まんが買うなら、谷島屋書店(本店)!!

6月3日
「ワタクシワールドカムカムよ」

 JIMMY君は仕事が忙しくなったため、たまの休みには昼寝・夕寝・晩寝しないと体がもたないらしい…。おととい、昨日はワールドカップのサッカー試合をTVでウォッチ。スペインが華麗なプレーで面白かったです。しかし、スポーツに全く興味がなく、むしろ嫌って避けてさえいた私がTVでサッカーを楽しむようになるとは。JIMMY君の刷り込み洗脳おそるべし。同様に、モーニング娘に全く興味が無く、むしろ嫌ってさえいた私がモー娘。の同人誌を作るようになるとは、JIMMY君の(以下略)。
 影響を一方的に受けてばっかりだと悔しいので、私も「カメレオンの華奢な肢体の魅力」「シベリアンハスキーの怜悧な美貌」「ハムスターの可憐なしぐさ」etc.をしつこくJIMMYに説いていますが、ぜんぜん興味を持ってくれません。やり方が悪いのかな?

6月2日
「殺す気か貴様ァ!」

 今日は、お昼におともだちのSATE−ZOHくんとお茶しました。ほんのちょっとの時間だったけど、楽しかったです。いいひとだ。SATE−ZOHくん、ところで、吉澤ひとみに似てますねって、よく言われませんか!?
 帰宅後JIMMYクンと昼寝していたら、
「はああぅわああー!!」
とJIMMYが叫ぶので、
「どうしたの、コワイ夢でも見たの!?」
と優しいわたくしが起こしてあげたら、寝ぼけJIMMYの野郎が、
「アンタがっ、俺の酒に水を混ぜてっ!!注意しても、ヘラヘラしてて…!!」
だーめだこりゃー。被害妄想かよ?全く、下らない夢を見くさって!ていうか、水を混ぜられて怒り狂うって、どんな酒だよ。ウン十年もののワインかよ。こんな夢なら、わざわざ起こしてやるんじゃなかったよ。JIMMYが黄色い声をはりあげるから、私の病んだハートがバクバクしたじゃあないですか(心室中隔欠損症&どの弁か忘れた弁膜症)。ビックリさせて殺す気かよ…。皆さあーん、私が突然死したら、犯人はヤツですからね!!
 おわびに、JIMMYはモー娘。ソロ写真集シリーズ「飯田圭織」を購入するように。

6月1日
「のんびりしてェ〜」

 静岡も、ずいぶん暑くなってまいりました。タイサンボクの花が見頃であります。今でもじゅうぶん汗だくでとろけそうなのに、盛夏はもっと…だよね。想像もつかないよ。今年も、夏を越すことができるだろうか?夏のいいことって、怖い話文庫の新刊が続々発売されることくらいかしら。
 昨日も24時帰宅だったJIMMYクンが、今日は17時に帰ってきた!ワーイ!でも、本来は今日って休みなはずなんだよね…。いつになったら余裕ができるのでしょう。とりあえず、今日のところはサッカーワールドカップの試合でも(TVで)見て、のんびりしてね。 

トップ アイコン
日記もくじ



直線上に配置