直線上に配置
PNU日記
2002年7月、夏の暑さに負けまくり

7月31日「愛と哀しみのカッパフェイス」

 ここんとこの騒ぎで、疲労が激しいのでひさしぶりに顔に美容パックをする。プリンセスマチェラ・ボルゲーゼの泥パック。塗りつけたら深緑色の顔になったので、JIMMYに
「ほら、カッパの見納めだよ〜」
とマヌケ顔を見せてあげた。
「見納めじゃないよ。」
とJIMMYは言ってくれたが…この先、どうなるのだろう。私は親を尊敬&信頼したことがないから、今回の件でのJIMMYの気持ち、考えがいまひとつわからない。一緒にまた暮らせる確約はない。彼も未来はわからないから、いいかげんなことは言えないという。信じるってなんだろう、信じないってどういうことだろう。JIMMYをホントに洗脳できたらどんなに楽なことか。彼は私がどんなにお願いしたところで、自分がやりたい、やってもいいと思ったことしかしてくれないさ。そんなの私がよく知っている。

7月30日「LOVE LIFE」

 私はJIMMY君との暮らしが好きだった。もちろん、いいことや楽しいことばかりなわけはない。彼は正直な上、言葉を選ばないのでグサッとくるようなことを言ってくれて、私がギャーン泣きしたこともたびたびあった。でも、そんなことは一緒にいることの安心感には替えられぬことであった(少なくとも私には)。
 私は本当に、二人でいることが好きだった。色違いの歯ブラシやボディタオル、大きさの違う一組の茶碗や箸、並べて干されたトランクスとパンティ、並んだ二人の枕やクツがだいすきだった。いっしょにいることを無言のうちに主張しているかのような、何気ない日常の風景がとても気に入っていた。来月から、もうそれを見ることはない。抗いきれないかたちで、それらは力で奪われた。とてもさびしく、かなしい。

7月29日「押し寄せる不安」

 昨日はまたお灸を。お灸は不思議と安らぎますね。
 引越しの用意のため、通販カタログなど見る。畳部屋に敷くラグなどを見るが、いいと思うものは高いという罠。貯金くずして必需品から順に買っていき、なくてもやっていける嗜好品はあとまわしに。
 私は、今の暮らしをやめねばならないことがたいへん悲しい。むこうに言われたから言うことをきいて出ていくのではないが、「怒鳴れば言うことをきく」なんて思われたらやだなあ。JIMMYと同居しているとむこうの攻撃が激しくなるので、それを避けるには別居しかないというのは理屈ではわかるが、感情がついていかない。(JIMMYが今の職を辞さない限り、二人で新天地に行くのはできないらしい。)私としては、あくまで一時避難のつもりである。JIMMY君の予想では長期戦になるだろうとのこと、いつまで持ちこたえられるだろうか。 

7月28日
「寂しさに負けてはいけない」

 JIMMY君と静岡へ行く。二人とも昨日の後遺症で、モグサくさい…簡単なシャワーくらいじゃお灸のニオイは取れないみたい。
 私のお引越しのため、家電製品のお値段をチェック。パンフ表紙がモー娘。のメイドコスプレなナショナル「kirei」というエアコンに内心決定する。そろえるのってお金かかるなー、貯金がトンでしまうなあ。
 静岡市内のCDショップで、プリンツェンのCD「OLLI KAHN」を買っていただく。言わずと知れたドイツの守護神オリバー・カーンのテーマ曲である。日本語歌詞チョー楽しい!でも、輸入盤だから、歌詞カードないのね…。 

7月27日「OH!Q!」

 PNU文句・しゅらばのとおり心痛む事件があったので、ふたりである新しいことを試してみる。それは、お灸。JIMMY君が同僚のかたから、せんねん灸が疲労によいと教わってきたので、試すならクタクタのいま!!ということに。
 せんねん灸一箱買ったら、けっこういっぱい入っていてびっくりする。金色のボディに黒い導火線??のようなパーツが付いてて、黒色部に点火したのち、ツボの上に金色の輪部分を設置するという仕組み。せんねん灸には「にんにくきゅう」「みそきゅう」「お灸気分ピーチ(←松浦亜弥??)」など楽しげな商品が多々存在し、目をみはる。
 私は30年生きてきて初お灸体験(せんねん灸だけど)なので、まずJIMMYを実験台にしてみる。安眠のツボに4個のお灸をすえるJIMMY。「けっこう熱いよ〜」と楽しそう。あんまり面白そうだから、私もやっていただく。恥ずかしながら、ベンピのツボと頭痛のツボである。最初は何の痛みもなく、お灸、ホントに乗ってる?って感じなのだが、数分後アチャチャチャとなり、
「ぎゃあ熱い〜もう二度とやらないっ!!」
と叫んでしまう。でも、熱さ過ぎればなんとやらで、その後ホンワカリラックスできたのであった。
 お灸、けっこういいものだな。教えて下さったかたによると、モグサのホンモノはこんな生易しいものではなく、メッチャ熱いという。奥が深いぞ、お灸道!!

7月26日
「犬触り記念日」

 JIMMY君はまたもや夜に床を抜け出して、パソコンに向かってたらしい。私寝てたから、ゼンゼンわかんなかった!無念。
 犬が好きなぶん、犬レスライフの年月に比例して、狂信的イヌフェチになってしまったわたくし。そのために、犬と出会うと、もう可愛くって可愛くって、どうしていいのかわからなくなっちゃう。ところが。なんとなんと、昨日の晩、散歩中のハスキーちゃんにさわっちゃったのであります!!うれしい〜!「かわいいですね、さわっていいですかー?」と飼い主さんと会話してわんちゃんを安心させてから、背中をフタナデ。サックリ手が沈む、シルバーグレーのサラサラの毛皮!!ハアハア。理性を失って狼藉に及ばぬうちに、「ありがとうございました〜」と逃げ帰る。JIMMYにこの感動を語っていると、彼は冷淡な反応を返してくるんで、
「あのね〜私がハスキーにさわれたっていうのはねえ、JIMMYが矢口真里のスカートめくった!ってのと同じ位インパクトのある出来事なのよ!!」
と諭してあげた。わんちゃん、超カワイかったのです。飼い主さん幸せ者〜うらやましい。
p.s.書店にてDr.モローの新刊「Dr.モローのリッチな生活 しょにょいち」を買う。あいかわらず、すんげえすげえ(松浦亜弥)面白い。

7月25日
「ヤツがいねェ!」

 深夜(早朝?)午前4時に目がさめたら、たいへん!横に寝ていたはずのJIMMY君がいませんよ!!なんてことでしょう!眠いのに、ゾンビのごとくフラフラJIMMYを探すと、いました、彼。パソコンの前に。
「私が寝てるスキに、エロHP見てたのね!?」
と怒ったら、
「アホか。画像の整理してたんだ」
とうそぶく彼。モー、あやしいんだから。UFOにアブダクションされたのかと思ってあわてたじゃない!ヘンな時間に布団を抜け出すのはやめたまえよ。

7月24日「出来良過ぎ財布直撃」

 恐竜フィギュア付きキャンディ・チョコラザウルスpart3が出ましたネ。もうウチのフィギュア置き場がいっぱいだというのに、食玩の鬼・海洋堂&造形師・松村しのぶマジックにより、ついフラフラ買ってしまうのでした。
 ところが!昨日コンビニで1個(通算3個目)買ってみたら、な〜んとメッタに出ないとウワサのシークレットフィギュア出ちゃったよ!!旧復元ティラノ・(たぶん)グレーです。こんなに早くシークレット出たのは3年におよぶ食玩ライフで初めて!こないだもたてつづけにハムスターズランチのシークレット2個出たし、どうなってるの?すんげーうれしいけど、一生の運を使っちゃってないか心配。

7月23日
「丸焼きJIMMY」

 先日、地域の高校野球の応援に行ったJIMMY君。私は、暑いのヤなので薄情にもおウチで留守番。そして、5時間後帰ってきたJIMMY君は…あああああ、真っ赤っ赤だよー!!激焼きっていうか、これはもう火傷。あんたはアカオニか!?
 日焼けには、肌質によりいろんなタイプがあるものですが、私はスグ黒くなって、なかなか色がひかないタイプ。JIMMY君は赤くなって、のちにちょっぴり黒くなり、元に戻るというタイプ。少しイロジロ気味のJIMMY君は、焼けたい気持ちがあるようだ。しかし、オゾン層の破壊いちじるしい昨今、紫外線&赤外線をあんまりJIMMYに浴びてほしくない私。
「オイルだよ〜」とウソついて、目をつぶらせたJIMMYに日焼け止めを塗ってあげたりもしたけど、日焼け止めは独特のニオイがあるから、バレて叱られてしまうのであった。
 これから夏本番、焼きたいJIMMY君と(JIMMYの)イロジロ肌を守りたい私との攻防戦が激化するかも。私、肌白いの好きなのになー。言うこときけよ、JIMMY君! 

7月22日「隣人はSHIT DAD!?」

 すごくコワイことを考えてしまった。いま、我々が住んでるアパート、一つ空き部屋があるのですね。住所をつきとめて父親が押しかけしてきた時、アパートに「入居者募集」の立て看板見たと思うんだ。「おっ、娘を見張るのにうってつけじゃん!」なんて、そこに両親越してきちゃったら…いやあああ!!新しく引っ越すだけの金(敷金、礼金etc.)など親は持ってないと信じたい。
p.s.ハムスターズランチ、2箱目を開ける。またもや、シークレットが出る!!グレーハム&グリーン回し車で、前に出た(白ハム&クリアー回し車)のとバージョン違い。うれしくて騒ぎまくる。しかし、30個近く買ってるのに、ノーマルフィギュア全12種がそろわないのは、なぜ?それよりも、ある特定の種のハムフィギュアだけが、3個も4個もダブるなんて、ちょっと哀しい…。

7月21日
「ハナハム」

 最近ヤなことが多かったけど、いいことも。今年5月29日の日記「鼻からハムスター」で記したとおり、欲しくてたまらなかった回し車ハムスターが出たのであります!!
 これってシークレットフィギュアなので、プレミア中古おもちゃ店では¥3980もするのである。定価150円なのに…。姉妹商品「ペンギンズランチ」の時は、20個に1個の割合でシークレットが
入ってるというウワサだったので、きっとハムスターズランチもそうに違いない!と思い、10個箱入り×2一括購入。
 そして、1箱目にして、ついに出ましたシークレット!回し車もちゃんと回るよ!うれしすぎるので、JIMMYのケータイに回し車ハムちゃんお出ましをメールでお知らせ。グレーと白があるらしいのですが、今回出たのは白、超カワイイっ!心配はただ一つ、JIMMYがこのミニハムちゃんを、ふざけて鼻の穴に入れないかということだけだな。

7月20日「SHIT DAD#3」

 親からのモノ攻撃がさんざん。
 ワザと実家に選んで残してきた、親セレクトの悪趣味オバ服をイヤガラセのごとく送ってくる。着ないって、そんな通行人もふりかえるような服…。
 全く私が興味の無いブランドものバッグを送ってきたときは、いらんので質屋に売るか悩み、メンドくさいのでJIMMY母にもらってもらった。ていうか、あんたら8桁の借金かかえてんのに、そんなもの買うなよ…利子にまわせよ!! 
 食い物(チョコレート、ビーフジャーキー、スイカ、りんごチップなど)をダンボールいっぱいに送ってくる。常軌を逸した量である。たしかに、これらの食い物、好きか嫌いかっつーたら好きだよ。でも、食いたきゃ自分で、テメーで稼いだ金で買うよ!!キライな人から送ってもらったって、ちっとも
うれしくないんだって、ホントーに。あんたらの愛情表現ってモノしかないのね。テメーが会いたいから押しかけてくるのね。こっちがイヤだ会いたくないそっとしといて、つってんのに聞く気ゼンゼン無いのね!!!
 こうしてモノやアホな手紙をもらえばもらうほど、ブルウな気持ちになっていくのをどうしてわかってくれないんだろう。わかってくんないから、家出たんだけど。辛し。

7月19日
「SHIT DAD#2」

 ここがヘンだよ!!60過ぎストーカー父の手紙。
 『あんなにかわいがっていたのに、どうして家出されたのかわからない』
何故家出を決意したか、9pにおよぶレポート用紙にみっちり解説したやつを渡したのだが、全く読んでいないのだろうか。父によるセクハラの数々も記載したというのに、それでもわからないなどとぬかし、あまたの手紙・物品を送るとはどういうつもりなのか。厚顔無恥にもほどがある。
 『楽しかったあのころを思い出して』
言いたいことはわかるけんども、綴られた思ひ出が『幼稚園のころアスレチックに連れて行った』とか
『遊園地で遊んでやった』(これも幼稚園&小学校低学年)ばかりなのはどういうことよ。確かに27年でそのくらいしかマシな思い出無いんだけどさ。遊園地だって両親が些細なことでケンカしたり不機嫌になるから、わざとはしゃぐ演技で取り持たなきゃならなくてイヤだったぞ。
 『これで早く心を癒して』
で、同封されてんのが、あいだみつを。なぜに、みつを??別にファンじゃないのだが。あと、金子みすず詩集とか。JIMMYには、『娘はキチガイだから病院に入れろ!治れば親元に帰るはず!』とかムチャクチャ言ったくせに、よくもしらじらしい。
 『○ミちゃんのおかげでダイエットになった、パパより。』結びいつもこんななのよ!もう一度言いますが、このオッサンは60歳をとうに過ぎております。当然、その娘もイイトシで、もはや30であります。なのに何よ、この幼稚園児に向けて書いたよーな手紙は!!ナメやがってチキショーめ!!実際、同居してたときも
「子供の分際で生意気な!」「うるさいだまりなさい!」「屁理屈を言うな!」
ばっかりでマトモな会話になったためしが無いもんな。あああ、困るよークソ親!!
 
7月18日「SHIT DAD」

 昨日、押しかけがありました。17日の呑気な日記と内容の落差が激しいな。
 留守電になると切れる無言電話が連続2回あって、なんだろ??なんて思っていたら…。出勤のため扉を開けると、アパート玄関先にスイカ(特大)とりんごチップの置き土産。チャイムも鳴らさずに放置なんて、どこの宅配だよ!と郵便受け見たら、無い。伝票が存在しない。ということは、ストーカーによる、直接配達!!ストーカーのオヤジ、伊豆在住のくせに焼津くんだりまで来たんか!家がモロバレなことにショックを受けながらも、行かねばならぬ仕事に出る。おかげで電車のり遅れ、走る走る(腹痛い日なのに)。
 待ち伏せされてるとイヤなんで、JIMMY君の残業に付き合って一緒に帰宅したのは23時過ぎ。荷物あらためたら、やはり件のストーカーによるものと判明。同封の手紙に「ドッジボールはもうやめて、キャッチボールをしようよ!」って…60過ぎの男が書く手紙かよ、これが?なにこの比喩。もともと、ドッジボールすらしていたつもりないんだけど〜!?この手紙により、ゲームで言うところのHPおおいに削られました。本来ならこんなおぞましい男に手紙書きたくないが、喜んでると思われたらたまらんので仕方なく手紙を書く。「玄関置き去りは気持ち悪い/モノを送られると迷惑/憎んでいるし嫌い/絶対会いたくないから押しかけてこないで/これからモノを送ってきても、送り返すつもりだから送ってくるな/なごませるつもりと手紙にあるが、そんな手紙を送られたらなごむどころかすさむ/いま一番望むのは放っておいてくれること」なんて内容の文を同封し、ブツを男の住所に返送。家帰ったら、もう0時よ…。シヌって。手紙に書かなかったのは、「現ナマならもらってやらんこともない」と「家に来たら警察呼ぶ」。前者はプライドの問題だけど、後者は…実の父では民事不介入の原則で、ケーサツ来てくれねえよなあ。
 JIMMYが忙しい時期にわいて出てくるなんて超ピンチだよ、まったく…。

7月17日「寝テル」

 寝てるJIMMY君は天使の寝顔です。起きてるとき悪態ついてるのがうそみたいです。そんな彼は
うつぶせ寝がスキなので、しばしばチャイニーズ・シャーペイ(皮膚がダルダルの犬)のようにほおをたるませて寝ています。とってもラブリーです。思わずチューしたくなりますが、寝てるときかまうと天使から悪魔に豹変するので、じっと我慢するのです。マブタを指であけてみると、ベル現象(眼瞼を閉じているとき、角膜を保護するため眼球が上転すること)陽性で白目むいててコワイです。これは、やらない方が無難でしょう。せっかくのラブリーがだいなしになりますからね!
 はやくデジカメの操作覚えて、「寝JIMMY写真集」創りたいものです。

7月16日
「生活基盤、脆弱」

 勤め先が給料を払い渋るので困る。雇用契約では、20日しめ1日払いだったのが、系列会社を通す支払いに変わってから、手数料はウン万円も取られるし、支払いは2週間以上も遅れるしエラい迷惑である。
 12日過ぎても支払いがないとき、正社員のひとに本社に問い合わせしてもらうのだが、毎月なので
「まぁ〜たですかぁ〜」といわれてしまう。そうだよ、早く払ってくれたためしがないんだよ!
 不思議なのが、毎回遅れた言い訳が違う&文句を言うと翌日に入金されること。パートだからなめられているのかしら。今回15日午後現在で給料が払われてないという金欠ピンチにみまわれてしまった。さいふに112円しかないのに、と怒って問い合わせると、
「手違いがあったみたいで明日は振りこまれると思います」
との返事。先月は、
「1日に計算するのだが、1日休みだったから遅れた」
って13日に支払いだったんだよね。全くナニ考えてんだか。
 ひょっとして、資金繰りが悪くてパートの給料ギリギリまで払えないんじゃなかろーね??

7月15日「私は嫌われている」

 JIMMY君、日曜も朝から仕事、年中無休だよ!なんとかならないのかな。仕事&私生活でのストレスも多大なもよう…社会が迷走しているなか、混乱の影響を大きく受ける職種であるから、その辺もつらいらしい。私にできるのは、お歌の創作して彼の心を和ませることのみ…。
 昨日は(今月はじめの日記でふれた)目上の知人宅へJIMMY君呼ばれたのよ。まだ私と別れないことをたいそう嘆かれたみたい。同棲がふしだらとか社会的に異端な存在だとかいうのは表向きの口実で、「付き合ってるのが《あの女》(←私)だからイヤ」ってことみたい。そんな嫌われること何かしたかしら?確かに初対面の10年前なんかは挨拶きちんとできなかったり、常識なさをアピールしちゃったかもしれんけどさー。いっそのこと私と別れさえすれば、JIMMY君は向こうからお叱りを受けることはないワケだし幸せかも…なんて思ってしまう。が、私が彼といたいからいっしょにいるのである…イヤならJIMMYが自分でケリつけて別れるでしょ?彼は優柔不断なきらいはあるが、テメエのことを人様に代言してもらうほどお子様じゃないでしょ。貴方たちが私を嫌いなのはもう充分にわかったから、いいかげんJIMMYの人生はJIMMYにまかせて見守ってやりなさいよ。
 そういえば、私が仕事辞めてJIMMYんとこ夜逃げして来た当時(1999年)、あの方たちから
「(私が)自分の親から逃げたいために、JIMMYを利用してる」疑惑をかけられたっけなー。私って極悪な女?

7月14日
「健康のために死ねるか?」

 台風がまた来てるみたいだけど、いいこともちょこっと。車の上の鳥糞が気になってたのが、キレイに流れてくれました。JIMMY君忙しくて、車洗うヒマなかったからさ。
 ところで、中国やせ薬で死者!というニュースがありましたね…。言及されてた商品、思いっきり手元の某個人輸入カタログに載ってるがな!しかも、「産後太りにも使える安心漢方、1ヶ月使用で5〜10kg減量というデータも!」なんてアオリ文句が…安心じゃないじゃんかよー。漢方でヤセるならいなー、と思ったのだけど、約10日分7800円という値段で買わなかったのだよ。表記されている成分(これは自然成分で合法なのだが)以外に、違法なホルモン剤や食欲抑制剤が入っていたとか、うーん恐ろしい。アヤシイものに興味もっちゃいけませんねえ。通販会社も審査ちゃんとしてホシイよ。
 そういえば、以前その個人輸入会社で一度だけ買ったお茶、ありんこが入ってたことがあったのよ。文句言って返品したけど。そのカタログには「×山蟻」とかいうありんこ滋養強壮健康食品も載ってて、かの国ではありんこ入っててもたいしたことじゃないのかな?なんて思ってしまった。

7月13日
「前借り女」

 JIMMY君今日も明日もおしごと。週休2日って、ナニ?おいしいモノ?って感じであります。
 昨日は久しぶりにBOOK OFFと新刊本屋へハシゴしていただく。中古では、クライヴ・バーカー「血の本」の持ってない巻を3冊も発見してしまい、JIMMY君に前借りして購入。先月の給料まだ振り込みされてないんだよネ、だからいま極貧…月曜は勤め先に苦情言わんと。
 あとは「娘。物語(3)」神崎裕、「ちびとぼく(2)」私屋カヲルを新刊でJIMMY君が購入。

7月12日「言えない理由」

 JIMMY君はとっても仕事がしんどいらしい。土日も当然のように出勤とか。力になれない私を許したまえ。
 ところで、JIMMYが意味深発言を。
「オレがあんたといっしょにいる理由、一つあんたに言えないことがある。」
えー、なになに?言ってよ!
「言うとなくなっちゃうから言えない。」
ひょっとして、ぜい肉がスキとか?気にしてダイエットすると肉がなくなっちゃうということ?
「違う。」
なんでよ?気になるから言ってよ!!
 JIMMYは沈黙を守った。一言で私を不安に陥れるなんて…くやしい、私もJIMMYと一緒にいる理由で、言ってないことあったらそれをひけらかしてやる!と思ったのだが、たいてい言ってしまった後なのだった。おしゃべりな自分を恨む夕べであった。

7月11日「眠らせない女」

 JIMMY君は、このごろ寝るとすぐ朝になっており、寝た気がしない(眠った実感がない、疲れが取れない)そうである。仕事疲れや、ここんとこのゴタゴタでストレスが大きいからであろう。
 そして、昨夜のこと。私は怖い夢(見知らぬ男に骨が砕けるまで顔面殴られる夢、鼻血&痛みの感覚つき)を見てしまい、
「はわああああ!!」と叫んでJIMMYを起こしてしまったのであった。JIMMYは「どうしたっ!?」とうなされているわたくしを起こしてくれた。メルシー。
 その後しばらくして、悪夢part2(怨霊が部屋に来てしまい、私を黒い布で巻いて窒息させようとする夢)を見てしまい、再び
「わうわうわう〜!!」なんて叫んでJIMMYを起こしてしまったのであった。そん時のJIMMYの声「オイ、またかよ!?」…どちらか一方は午前3時だったような。
 翌朝、「あんたのおかげで今日は《寝たらすぐ朝》じゃなかったよ。」と感謝?されました。JIMMY、ごめんよー。

7月10日
「台風と同情」

 台風がやってきて、大雨である。仕事行きたくないなー。でも、生活のため行くのだ…と思ったら、電車止まってる!休むことにしよう。パートだから、休み即減収なんだけどね。
 またもや虚弱体質から夏風邪をひいてしまい、だるい&頭痛&微熱状態。JIMMYにうつすとカワイソーだから、距離を置いてあげています。JIMMYは私に感謝するように。オホン。カワイソーといえば、JIMMYはしょっちゅう私のことを「かわいそうに…」とか「あんたってホントにかわいそうだね」などとのたまいます。バカにしないでよ!と言い返したら「ごめんよ〜でも、心底かわいそうだと思ってるから、ついつい言っちゃうんだよね〜」だってさ…。

7月9日
「高温多湿日本」

 本格的な夏の到来か、暑くなってまいりました。
 JIMMY君が、先方に「この暮らしをいまのところはやめるつもりはない」と言ってきたとのこと。たいそう悲しまれたらしいけれど、これで一応の一段落かなあ…。5年後10年後なんて、ホントにわかんないわけで、「将来後悔するだろうから、今すぐ別れなさい」というのもなんだかなー、と思うわけです。しかし、「恋人or伴侶に私は安らぎを与えている!!」と宣言できる人が、どれだけいるっていうんでしょうか。よほどの自信家でもなきゃそうそうそんな台詞言えないぜ。

7月8日「どうしたつんく」

 出ましたねー、ハロープロジェクトの夏のシャッフルユニット!おどる11と、セクシー8と、う〜んと、《加護ちゃんミカちゃんwithファイヴモンキーズ》でしたっけ?

 『ヴィジュアル萌え度』
No.1
白と黒のレースのベビードールを着たセクシー8がイチオシ。
とくに、小悪魔(ホントに小せえ〜)ノワール矢口と、天使ブランカ吉澤がハマりすぎ、可愛すぎ!
No.2
バービーをイメージしたロングさらさらヘヤーのヅラをつけたおどる11がグゥ。
ののなんて、「誰、この美少女!!」状態。いや、舌ったらずなのはあいかわらずですが。
似合ってないのは保田かな。なっちも、いつものショートの方が快活でカワイイね。
かおりんはふだんがロングなので、コスプレの意味が無い…。
No.3(つーかビリ)
加護ちゃんミカちゃん&タカハシwith4モンキーズ。このユニットだけ普段着なのだよう。ティーンぽさは全開だから、子供らしさが出てるといえなくもないが、昨年度のスーパーユニット《3人祭》
を猛愛する自分には、物足りない感じ。ホンモノのヲタなら、「コスプレ普段着!!」でも萌えなきゃアカンですか。でも私、ホンモノじゃないし…。

 『歌ポップ&キャッチー度』
No.1
加護ちゃんとバックダンサーズ!!明るく楽しく若若しく、なゲンキいっぱいの歌。ものすげえ何かは無いけど、水準は越えている?まあまあよかです。
No.2
セクシー8。しっとりしたオトナっぽい歌で、なんか、まだ5人だったころのモー娘。の曲っぽい印象。ごっちゃんのモノローグ、色っぽい!
不満なのは、「セクシービィィ〜ム!!」みたいな爆発するお色気が無かったことかな…。期待してたのにー。
#評価不能#
おどる11。Dr.スランプのテーマかと思った!!見所はののたんのプリンプリンプリンのみ。

総評:今年は人数があまりに多く、ムリヤリ感ありありのユニット編成となった。去年よりもパワーダウンな気がするのは幻覚だろうか。全員なにがなんでも使う、という編成では萌えを創るのは困難なのではなかろうか。りかっち・あやや・あいぼんのウルトラスーパーアイドル3人で作られた3人祭のような、夢と妄想を与えてくれるユニットは、もう見られないのだろうか!?

7月7日
「看板に偽りあり」

 昨晩は、JIMMY君に時間を作ってもらい、久々にカラオケ行きました。イエー。JIMMY君の同僚で、お友達のラーメン大好きKさんもいっしょだよ!
 夕食にソバ屋へ行くと、なぜか休業しておった。そこで、急いで店を探すことに。トンカツ屋の看板が見えたので、そこに決定。店頭のサンプルを見て、ロースかつ定食にしよ〜と店に入った。1F満杯らしく、2Fに案内された。階段上ったところにも、トンカツ屋の看板。我々は、クツをクツ箱に預けて、座敷へ通されたのである。が、しかし!そこで我々を待っていたのは、衝撃の事実であった!!
(川口探検隊風味)メニューにトンカツがない。酒たくさん。エッ!?ここは、ドコ?メニューに店の名も書いてない!店員さんのユニフォームの背中にプリントされた文字により、ここは居酒屋であると判明。表のトンカツ屋とは全く違う名前。店内にもトンカツの看板あるのに、どういうこと?
 居酒屋ならそれでもいいんだけど、この店ってばチャーハンが注文からできるまで1時間もかかるというアバウトな店。その間も、「え?トンカツじゃないの?」と一旦入店したものの、すぐ出てく客の姿が見られた。
 あまりに不思議なので、表に出てもう一度確認したけれど、トンカツ屋のサンプルと看板はあれど、店がビルのどこにもなし。JIMMYの説では、
「昼間だけトンカツ屋で、夜は居酒屋にチェンジするんじゃないか」
って。夜、トンカツなんてメニューになかったしね。ナゾな店にいらだったものの、その後無事カラオケ屋で久しぶりに楽しい時間を過ごしたのでした。

7月6日
「気が弱くて言えなかった」

 5日の日記の、昔私をDB呼ばわりでいびってくれた女。なんで腹立ったかって、ヤツはね〜親戚で一番金持ちな人の娘には
「まあ〜○△ちゃんはグラマーねえー!!モテるでしょお〜ブラは何カップ?」
なんてコトをですね、私をいびった舌の根もかわかぬうちに言っておったのですよ。おのれ。私は○△ちゃんを持ち上げるためのダシか。その子は私のイトコで当時力士体型、見た目明らかに私よりも脂肪がたっぷり、該当100人アンケートしても同意されるに違いないくらいの差だったのだ。その上、イヤミ女はその場にいた誰よりもDBであったのよ。他人をどうこう言う前に、鏡を見やがれ。寝言は寝ていえ。起きて寝言を言うと承知せんぞ!

7月5日「常識とは」

 暑くなりつつあり、イヤな季節になってきました。あせもを呼ぶ汗、寄って来る虫でピンチです。
 JIMMY君に近しい人たちが3年前、ウチの両親と話し合いの場を設けたことがあった。親どもは
「(医者になるための)勉強が大事だから、娘(私のこと)が社会に出てから常識を教えようと思っていた」
と言ったという。社会に出てから常識を教える??という時点で、すでにオカシイのであるが、たしかに私は両親から常識を教わった覚えはない。非常識きわまりなく、そのくせ世間や親戚への見栄を最も重要視する薄っぺらな家族を反面教師にしてきたつもりである。親戚からも学ぶことは多々あった。たまに顔をあわせると、体型や服装について何十分もグチグチイヤミ(例)「○×ちゃんってホント脂肪のかたまりみたいね。象みたいな足ね。私よりウエスト太いんじゃないの。」などと言ってくる姻族のオバからは、彼女にはないつつしみを。両親の目の届かないところで(当時小学校低学年だった)私の手をねじりあげたり、体重をかけて上に乗ろうとしたりした姻族のオジには、彼にはない正常範囲の行動を。イチイチ書くときりないのだが「こういう行為や考えは耐えがたいほど醜悪だから、自分はそうあらないようにしよう」と思わされたものである。
 もう三十路、親から受けた精神の傷は深くいまだ癒えないが「親が育てたつもりの私」ではなく「自分で育ててきた私」になっている。JIMMY君の協力もあったけれど、自分を自分で教育してきたのだ。過去に傷持つ育ちの方が、常識の総量は足らないにしろ自分の身を省み、良くないところは正そうとする意欲は人一倍持っていると思う(例外もあるだろうが、自分はそのつもり)。少なくとも、良家の生まれとて「自分たちの考えこそ常識であり最良、自分たちに従うべきだ」と強硬な信念にかたまっている人よりか。

7月4日「そのつもりはないと言ってる…」
 
 カーン様、最高GKであるヤシン賞受賞および、MVPおめでとうございます!1ファンとしてとってもうれしいです。お怪我が早く完治されますことを、微力ながら祈っております。
 ここんとこのゴタゴタの件は、JIMMYが先方に
「いまオレ仕事がシャレにならないくらい忙しいんで、その話はあとにしてくれ」
と言いに行ったとのこと…。そしたら、
「困ってるときは、一人でかかえこまないで私たちに相談しなさい」
と言われたとのこと。な〜んかさ〜『女と別れたいのに、JIMMYは優しすぎて言い出せないから、代わりに我々が追い出してあげなきゃ!!』みたいな感じになってるんだけど〜。JIMMY君、別れたいんですか?そこんとこ、どうなの?まさかwinter manじゃないよね?たとえ別れたいにしても、本人すっとばして代理人が出てくるってイヤだなー。ちょっぴり絶望的な気分になったけど、4年後のワールドカップドイツ大会までは、この世に未練があるんで死ねまっしぇん。もう一度カーン様のご活躍を見るのよ。
 これをちょこっとJIMMYに言ったら
「でも、5年後10年後なんて知るか、ってあの人たちに言ったんでしょ、矛盾してない?」
…キレてしまい、
「ワールドカップは4年後だろ!!《5》年後なんて知るかヴォケェ!!」
と答えてしまいました。

7月3日「あなたの判断次第」

 私はJIMMY君の周囲のある人たちに交際を反対されているのであった。JIMMY君はたいへん彼らを尊敬し、かつ親しくしているので、付き合いを切るわけにはいかぬ。
「俺がアンタと付き合って彼らを断つか、アンタを捨てて仕事辞めて、彼らのもとにひきこもるかだなあ。このままボンヤリ生活やっていきたいのに、それが許されそうに無いよ」と、JIMMY。
 JIMMYが会談決裂後、向こうにフォローのTELを入れたら「あの女は優しくない。」とおかんむりだったとのこと。っていうかさー、30過ぎた人間をさ、「そろそろあの人親元に返さない?」なんてモノ扱いされてたってJIMMYから聞いてるからさー。そういうお人に優しくできるわけねえじゃんよ。TELの内容きいたら「早く別れろ」コールだったとのこと。
 会談では両親を心底(私が死ぬかあいつらかってくらい)憎んでいるだの、
「5年後10年後言いますけど、私は心臓の持病もあるし、その頃にはポックリ死ぬかもしれないし、今うるさく言わなくてもいいじゃないですか。」
なんて良識あるその人が仰天するようなセリフを多々吐いてしまったのでますます忌み嫌われましたね。私も向こうも両方とも自分の主張だけして、相手の言い分は一切聞く気がない(別れるか一緒にいるかなんで、実際平行線。妥協点なし)だから、決裂して当然の会談であった。
「あっちの言うことはみんなホントのことだしなあ。結局、あんたと向こうでオレを取り合ってるってことでしょ?」って、JIMMYよ…。
 今回のことで、思い出した若気のあやまち。大学生時代のクラスメート(JIMMYと面識なし)に、JIMMYとの恋の相談してた。その子はシングルだったから、ノロケるのは止めようと思って、つらい時だけ相談した。そうして半年もしたら、その子の想像ではJIMMY君は女泣かせの極悪人になっていたのであった。ケンカの時だけ話していたので。ラブラブなときって報告しないからさ。
 そういう機構(偏った情報伝聞の罠)&実際会った印象最悪のダブルパンチということで、今回は始末が悪いんだけどね。嫌い合う私と向こうの板ばさみになって苦しいのはJIMMY君だし。決定権も事態を打開する鍵も、すべてJIMMY次第ってことかな。さて、我々の前途やいかに? 

7月2日「別れのススメ」

 ワールドカップ終了の日、かなりの打撃が。JIMMY君にごく近しい目上の方から、「話がある」とのこと。愉快な話ではないことが予測されたので、互いの自宅ではなくファミレスに場所を設定させてもらった。
 一対一。そこで出た話が、予想通り、別れのススメ。
「JIMMYと同棲というだらしない形で暮らしているのが許せない。今は若いと思っても、5年後10年後後悔するわよ。」
→私も職を持ってますので、別姓夫婦のつもりなんですが。
「法で認められていないでしょ。あなたのせいで、JIMMYは周りから変人扱いされるのよ。」
→(私と付き合う前から変人ランキング第1位!!だったんですけど?)
「あなたはJIMMYに安らぎを与えていないでしょ?あなたとじゃねえ、JIMMYは理想の家庭
(ニコニコ仲良く、子供育てるというものらしい)を持つことができなくてかわいそうだわ。」
→それは本人にきいてみないとなんとも言えないですね。私もJIMMYも仕事してますし、べつに
社会に恥じるようなことしいてないと思いますけど。
「生活がしっかりしてないのに、仕事もなにもない。」
→JIMMYの仕事がこんなすごく忙しいとき(事実年中無休状態)にこんなこと言わなくてもいいじゃないですか。だいたい、JIMMYは言いたいことがあればきちんと言う人ですから、口出しするより彼を信じてあげればいいじゃないですか。
「信じてるわよ。あの人の欠点だけど、優しすぎて言えないのよ。本当は不満なのに、我慢しているのよ。その証拠に、呼べばあの人はうちに来るし、私の話をちゃーんと聞いているもの。」
→すすめられなくても、私は彼がイヤになれば別れるし、彼だって同じだと思いますけど。
…このあと、問題点(私が非常識である、自分の両親の問題をJIMMYにおしつけ逃げている、JIMMYにとてつもなく迷惑をかけて疲労させている)などオン・パレードで、私もキレてしまい、30すぎて目上の人の意見に従わなきゃならないなんて、戦前の封建主義の世界みたいですね、とかイヤミを言ってしまったあげく、両親はピーだから会う気はない、やつらが死ぬのを待っているなどとつい本音をかましてしまったので、異星人を見るような目で見られたのち、「これ以上あなたと話しても無駄ね。」と席を立ってしまわれたのであった。会談決裂。こっちもキライだからお互い様だが、ほんとうに蛇蝎のごとく嫌われたもんだな。
…という出来事のあと、ワールドカップ最終戦をTVで見た。燃え尽きた1日だった。健闘空しくドイツ破れる!カーン様、御手ご負傷!!など大ショック。しかし、敗退したときのメキシコの首相が言ってた言葉「スポーツとはそういうもの。また、サッカーもそういうものなのです。」を思い出した。至言だ。それでもドイツ、準優勝おめでとう〜!

7月1日「祭りのあと」

 ワールドカップコリアジャパンが終幕!私の応援するドイツは準優勝。次のドイツ大会が楽しみだ。
開会前はどうなるかドキドキしていた日本代表も決勝Tに進出、16強という快挙でうれしい!
 ワールドカップはほんとうに祭であった。日本代表のみんな。ジダン。ディウフ。フィーゴ。チラベル。デル・ピエーロ。トッティ。ラウル。ベッカム。ロナウドたち3R。そして、カーン。サッカーに興味ない人にはこの1ヶ月が苦痛だったかもしれないけれど、私はすっかりサッカー観戦の面白さ、世界の超選手たちに魅了されてしまった。そして、昨日大会は終わった。私にサッカー熱という病を残して…。この病、どうしてくれよう?もう、とうぶんアジアではワールドカップ開催されないだろうから、今大会前にサッカーに無関心だった自分が恨めしい。JIMMY君と都合あわせて、Jリーグを見に行きたいですな。
p.s.アワーズライトの懸賞で犬上さんのテレカ当選。人生いいこともある!
 次回予告。二人の暮らしにクライシスが!?

トップ アイコン
日記もくじ



直線上に配置