直線上に配置
PNU日記
2002年10月、感情台風 え?風速40メートル?

10月31日「地獄よりふたたび」

 わたくしの父厨からFAXが来ました。支離滅裂、被害妄想炸裂の内容で、JIMMY君を職業失格人呼ばわり。彼を社会的に合法・非合法問わぬ手段で葬る気らしいです。名誉毀損で訴える気か、弁護士に相談してるとか。許して欲しくば土下座しろ、だそうです。吉本のバラエティの罰ゲームじゃあるまいし、いまどきジャパニーズ ド・ゲ・ザですってよ奥さん!OH,MY BUDDHA!!あと私のことも、すくわれぬ愚か者&パラサイト&精神異常呼ばわりです。こっちこそ名誉毀損されてるんじゃ?また詳しくは「しゅらば」にUPする予定ですが…。
 コトがコトなので、JIMMY君の身が危ない!どうやって我々の身を守ったらいいのでしょう?スティーブン・キングのサイコものを地でいく感じです。願わくば、ディーン・R・クーンツのホラーのように、途中は辛くとも、必ず正義が勝ってハッピーエンドだと良いのですが。
p.s.JIMMY君はこのFAXを、私が気分良く仕事できるよう、朝ではなく帰宅後の夜に見せてくれました。一日、この酷いFAXの内容を彼は独りで胸にしまっていたのです!思いやりに、涙。

10月30日「すきま風ヒュルル」

 8月に越した別荘(わたくしのアパート)ですが、ドアに換気用の格子が付いてて、そこに網戸が
はってあるのね。ネコのいるおうちの、ドア下部に付けてるネコ出入りドアみたいなやつ。夏は涼しくてよかったけれど、近頃冬日が続いてメチャ寒いじゃないですか。なのに、ドア下部の格子からビュービュ−風が入ってくるんですよもう容赦なく。死ぬって!!
 ここで、10月16日の日記よろしく再びポジティブ・シンキングにおいでねがって、
「わあ、ここって24時間少量換気だ!!ヨシコンマンションみたーい!!」
(ヨシコンの高層高級分譲マンションは、どういう仕組みか知らないが24時間少量換気をうたい文句にしているのだ)
と思ってみたものの、寒いものはサムい。鼻もたれてくる。「びええ、サブイよーっ!!」とJIMMY君に相談したら、
「ココは、スリットしめればフタ出来るんだよ。知らなかったの?」
なんて言われてしまいました。JIMMY君がスリットとやらを閉じてくれて、隙間風問題は一瞬で解決。さびいさびい、と震えていた日々は、いったいなんだったんでしょうか。
 
10月29日
「出来の良いモノたちへ」

 先日、JIMMY君と本屋に行く。わたくしは、下着情報誌「THE BODY」vol.35を立ち読み。すっごい欲しいヤツがあるが、ビスチェ50000円ナリ、とかなんで、ランジェリー現物購入はせず、この雑誌840円ナリを購入し、記事の写真を愛でることにする。現物買っても、洗濯して傷んだり、体型が合わなくなってしまったりすると辛いからなあ。写真ですますとは、リーズナブルな愛である。
 あとはホビージャパンとフィギュア王を立ち読み(←買えよ!本屋の敵かよ?)。今度のタイムスリップグリコ、フィギュアがスゴいらしいよ。海洋堂、やりすぎ!!フィギュアの造型はどこまで進化するのか、マッタリ見守ろうと思う。 

10月28日
「クレバー寝言マン」

 JIMMY君カゼ。早く治ってね!
 昨晩のこと。JIMMY君はスヤスヤ眠っていたが、足が冷えてしまった私はなかなか寝つかないのであった。タイクツなので、眠るJIMMY君の顔をジッと見つめていたら、彼がパチと目を開けるではないか。「なあに、寝なよ。スキよー。」
と言ってあげたら、
「オレのどこが好きなのか述べよ。」
なんておっしゃる。なんだ?テスト?
「うんとねー、優しいし、カッコイイし、×××がついてるから」
と答えたところ、
「ホントは最後の理由だけなんでしょ。」
なんてスネるJIMMY君であった。でもこのやり取り、翌日たずねたら全く覚えてないんだって。そればかりか、
「オレは寝てても冴えている!」なんてうぬぼれる始末。まったくギャフンですよ。 

10月27日
「熱狂LIVE!!」

 イケガヤくんのバンド、鈴木魔導豆腐店の一周忌ライブを見に行きました!ライブスタート、突然変更されるライブ名、「社会復帰ライブ」!豆腐店の閣下がケレン味強くてすごかったです。どんなにシャウトして身体をシェィクしようとも、立てた髪の毛が倒れないのでJIMMY君も感心していましたよ!私は初見のためか、閣下の言動に目を奪われて、肝心のイケガヤ君のギターをあんまり見つめられなかったです。残念!たいへん楽しいライブで、ぜひまた拝見したく思うのでした。

10月26日
「31PNU」

 今日はわたくしの31回目の誕生日なのでした。31ということでサーティワンアイスクリームでアイスを食し(アイスケーキは寒いので却下)、夕方はいつもの店で飲んだくれて帰宅するのでした。
 今日うれしいサプライズが!おともだちのMちゃんから、プレゼントが届いたんです!ハッピー。私、Mちゃんがかわゆくってしょうがないです。ありがとうMちゃん!!
 JIMMYくんからは沖縄みやげにハイチュウパイナップル味、拾ってきたサンゴ、ハブぬい、ゴーヤー茶などいただきました。ハブぬいは超かわええです。ヘビがモチーフとは思えないくらいです。今日はこんな感じでボンヤリと穏やかに過ごしたのでした。

10月25日「帰ってきたよ」
 
 今日は、なにしろJIMMY君がヒコーキに乗るのでヒヤヒヤする。落ちませんように!と祈る。
JIMMY君帰還、わたくしのバースデイ(明日)にギリギリセーフである。彼抜きの3泊4日を過ごした私はヨレヨレ、半病人。なんかいつもより、体をアチコチにぶつけたりとかマイナートラブルも多し。JIMMY君は、私の精神安定剤か、それとも麻薬なのか!?

10月24日「虫の息だよ」

 JIMMY君は、旅行先のホテルで友人Kさんと同室だそうである。私が一人寝だというのに…いいなあ−。きっと二人で「男の語らい」などするんでしょうな。うらやましいな。
 JIMMY君からメールあり、おみやげにハブのぬい&ゴーヤ茶を買ってくださったという。JIMMY君ってなんていいヒトなのかしら!!ラヴだわ!
 さて、家のドア開けたらとまっていた白い蛾(5cmくらい)が慌てて飛び立ち、なんとなんと、私のムネでバウンドして、方向転換して去って行ったのであります。ひいいい。着たばかりだけど、Tシャツ、洗おう…。
 不在3日目の今日、午前2時半ころようやく眠たくなり、電気消したらまた、蚊ですよ!!プゥ〜ウンって。ソッコウで2箇所くわれているではないか!いつのまに?またもやベープ付けて寝る。ベープの神経毒で複眼野郎を毒殺することに決めたのであった。窓ほとんど開けないのに、蚊、どこから来てるんだろうか?JIMMY君がいない時なのに昆虫づいていて、悲しい…。

10月23日「寒い夜だよ」

 昨夜、JIMMY不在1日目。やっぱり、JIMMY君がいないとねむれないよ!!たまの不在で、いつもの精神依存と身体依存の激しさを痛感。まったく麻薬みたいなおひとだわあ。これから、
「オピアム○×田」と呼ぼうかしらん。
 JIMMY君からのメールでは、なんと宿舎に珍犬がいるのだそう。いいな〜ナデナデしたいな〜。
 きょう、彼は海に行くのだとか。O県は、このシーズンでも泳げるのですか…!?ビックリ。
 不在2日目も耐えねば。JIMMY君のいない部屋がこんなに寒いとは、まったく新発見ですよ。プルプル。午前2時ころ寝かかったと思うと、蚊の羽音で起きてしまう。JIMMY君といっしょの時は、久しく見なかった蚊が出るのはなぜなんだろう??臭いけど、ベープ付けて就寝。

10月22日
「ヤツがいないよ!」

 わあああ、JIMMY君が職場の団体旅行で遠出しちゃうよう。海をへだてたところだよ。おんな村とか、いんぶビーチとかいう所に行ったり、暗闇体験などしてくるのだそう。ついていきたいが、問題にもなるし金が足らんのでヤメ。携帯が通じるのかもわかんないなんて。一緒に暮らしはじめてから、こんなに離れるの初めてだよー!私、眠れるかしら。JIMMYpart2(今月8日&9日の日記で登場した抱き枕)で不眠対策しないと…。

10月21日「ショック!PNU分割?」

 JIMMY君から衝撃のお話をきく。今スグというわけじゃなく、まだまだ先の話であるが、ゆくゆくは私のコーナーを『PNU屋(仮)』として独立させるつもりだそう。それって、今ちょっとHP内で浮いてる「書評」と「漫画評」だけだよね?とたずねたところ、
「日記とか、PNUの文章も全部JUNK MOBILE ENGINEから移転する予定」
だって…!!う〜ん、日記はJIMMY君の「かんそう文集」や「こうしんと雑談」に呼応するようなつもりで書いてきたから、そりゃすげえサビシイなあ…と反対してみた。でも、このままじゃ私の文が異常増殖して、「JUNK MOBILE」というサークルのHPを侵食しちゃうのかなあ?はたして、PNUコーナーの運命やいかに

10月20日
「険しいまんが道」

JIMMY君、他サークルの漫画製作中。お仕事終わってから平日に描くのはかなりタイヘンらしい。ささやかながら彼のアシストしようと思い、ミニモニ。Tシャツのリスのマークなど描いてあげる。自分のやぐタン漫画も16p中7pのトコでで止まってるんで、何とかやらないとね…。
 次回の同人イベントに向けたモー娘。本第3弾は、JIMMY君の本命?矢口真里本です。フルカラー表紙の予定だけれど、全てはJIMMY君の時間次第でしょうな。しかし、彼は今月末研修旅行3泊4日が待っている…はたして、本は無事イベントに出せるのでしょうか?? 

10月19日
「穢れたオトナの話(その2)」

なんとなく、母の思い出エピソード。
 私が小学生のころ、推薦図書(ほらあの、モンドセレクション賞みたいな、箔押し印章がカバーについてる感想文指定図書ってやつ)買ったのね。ハードカバーのやつで、本棚に入れておいたのよ。すると、いつものように家捜しはじめた母がその本を見つけ、
「なによコレッ!!なんでこんな本持ってるのッ!!」
と怒りだしたのですよ。その本のタイトルは『穢れなき悪戯』。当時高学年だったから、母がなにをトチくるっておるのかうすうすわかっちゃってさ…。オトナって穢れてて醜いよな、と思ったものです。
(有害指定じゃあなく)学校指定図書なんだから当然、エロ本じゃなくてみなしごが天に召されるまでの魂の哀しい遍歴を描いた感動の1冊だったのに…母の無粋な早とちりで感動ブチ壊しですよ。ったく…。

10月18日「穢れたオトナの話(その1)」

 ちと風邪気味のせいか、思考がネガティブシンキングになる。親との過去の軋轢など思い出す。先日父から連絡が来た件だが、私は向こうがどんだけムチャな人間であるか知っていたため「まあたバカなこと言ってらあ」くらいの心持でいたのである。さらりと受け流したつもりだったのが、予想を越えて途方もないムチャクチャを述べてきたので、結構心にこたえていたらしい。なんかさあ、自分は偉いのだ、とかお前はつかまえてもいいのを自分の恩寵でおよがせてやっとるんだぞ、という圧力まるだしでなんとも辟易しちゃう手紙だったのだ。手紙2,3枚で精神攻撃してくるとは、サイコパス恐るべし。
 今回の件(PNU文句しゅらば参照あれ)で、驚きなのは、かつて家を支配していた女帝であったはずの母が介入してこないこと。あれほどうるさかった人なのにねえ。
 
10月17日「しょうがねえのはお前じゃ」

 先日JIMMY君がわたくしを評して言うには、
「アンタって、一人で生きていくオーラがまるで無いよね」
だそうである。別居してみてわかったそうだが、どういう意味であろうか。付き合っている人がいたら、その人と一緒の人生設計を思い描いて何が悪いんじゃ。別れることを想定して付き合うのは不実じゃねえのかよ?私ゃJIMMY君と知り合って16年になるけども、彼の目がオーラの写るキルリアン仕様だったなんて初めて知ったワ。
 また、最近の彼のよくある独り言
「しようがねえなあ〜」
を聞くたびに、自分への非難ときこえてイライラしたりするのであった。それって認知がゆがんでいるのかしら。
p.s.ジーコ・ジャパン引き分け残念!次回に向けてゴー!!

10月16日
「水は命の素なんだがなあ」

 引越しして2ヶ月がたとうとしていますが、わたくしようやく新住居の深夜の騒音にも慣れてまいりました。深夜に5,6度起きていたのが、1、2度起きる程度になったという感じ。JIMMY君の工夫のおかげかもしれない。
 けれども気になるところが多く、『トイレに換気扇が無い』『水道管がサビておる』等はいまだにピンチですわね〜。
 100円ショップで炭により浄水するヤツ買って付けてみたんだけど、1ヶ月ももたずに赤茶色になって詰まってしまうのよ。鉄サビで。本来はフィルター2ヶ月もつはずなのにさ。仕方ないから、千趣会でフロとシャワー用の浄水グッズを注文。また、飲み水(お茶を煎じる用の水)はもったいないがミネラルウォーターを沸かして利用することにした。ミネラルとんじまうって。キッチンの水道の蛇口は特殊型だから、浄水器が合わないの…トホホ〜!!
ここはポジティブシンキングにおいでねがって、
「水道の水が飲めないからミネラルウォーターを飲用に買うなんて、憧れのパリジェンヌみたい!!」
と思うことにしました。フランスは水道の水飲まないっていうし…別にパリジェンヌ憧れてないけども。モノはなんとでも考えようってことで。金をためつつ(たまるのか??)そのうち新しい賃貸物件を探すぜ!

10月15日「誰かヤツを止めろよ」

 昨日の朝TVを見てたら、つんく♂が出ていて、娘。また増やす発言を…それってどうなの?この前入った4人がまだなじんでないっつうのに…。私が保守的なだけかもしれんけど、せっかくまとまってたグループの魅力が少なくなってしまうような気がするのですよ。残念なことだ。
 もうどうせだから、娘。をJリーグみたいに2部に分けて、現娘。をM1とし、まず新人応募者で10人くらいのM2を作るですよ。そして、3ヶ月に一度くらいファンに公開逆オーディションアンケートしたら?上位10人までM1残留とかゆって。人気無い娘。はM2に降格ですよ。人気ある応募者2名はM1に入れるけど、アンケート悪きゃ2部に逆戻りってね。それならファンも参加できるし、人事の大幅な変更も納得いくでしょ?以前はハズレ無しにいい娘。がそろっていただけに、つかえない娘。を増やすのは、はんたいっ!ゴマキ級にスゴい歌って踊れてカワイイ娘。ならバンバン入れていいけどね!!

10月14日
「イラ〜ン」

 昨日はJIMMY君とTVでU−21代表のサッカーアジア大会決勝戦・イラン対日本を観戦いたしました。結果は残念ながら2−1で負けちゃったのだけど、体格や脚力ともに優れたイラン代表選手を相手に闘う日本の若者たちはなかなか良かったです。…しかし、2点先取されたのち、後半終了間近に1点返した日本のロスタイム終了までの活気づきぶりを見てて思ったこと。なんかジャンプ系の戦闘漫画の、
「親友がやられちゃった!→怒り&復讐パワーで真の力発揮だぜ!!=友達殺される前に、本当の力出せないのかよ!殺され損じゃん!」
というのを連想しちゃいましたよ。いい追い上げだったけど、いかんせん時間が遅すぎたんですよ!以上、悔しい夕べのたわごとでありました。

10月13日「ふたりのまんが道」

 JIMMY君が同人漫画の下描きしてくれてる。といってもJUNK MOBILEのための原稿ではなく、よその企画のためのなんだけど。JIMMY君はこのごろ多忙なので、たまに描いてくれてるとうれしい私なのだった。
 プロでもなく、アマチュアでありながら、漫画を描き続けるというのは意外と周囲の目が厳しいもの。どうも世間一般は漫画を「下らぬもの」「児戯に等しいもの」と見ているらしく、同人誌を作っていると「いい歳なのに…」と白い目で見たりしてくるのね。趣味で漫画を描き続けたい私は、彼もこの好きなんだけど茨の道をいっしょに歩いてくれることがたいへん心強い。ギャーンになってJIMMY君を疲労させたりすることがないようにして、JIMMY君に漫画を描いてもらい、同士として歩みつづけたいと思うのだった。

10月12日「燃えよめざカン」

 JIMMY君は、ミュージシャンロードを歩くか!?
テレビ局キャンペーンソングの公開生オーディションにJIMMY君とおともだちKさんのユニット「なぞの公務員バンド『めざカン』」が出演するため、応援に行きましたよ。途中で横浜から駆けつけてくれたイケガヤ君と合流。JIMMY君とKさんは二人そろってダークスーツで、カッコ良いのでした。
 そして始まったリハーサル。炎天下で、暑いことこの上なし!季節はずれの夏日の中に響くJIMMY君の歌声。局アナが二つ折りになってふき出していました。う〜ん、コミックバンド扱いなのだな…すごくマジメにやってるんだがなあ。
 いよいよ本番、なんと、めざカンの出番はマイクの音量が他の組よりも落とされている!!TVマジック!?どうやら、JIMMY君の声量は大きすぎたらしい。ほとんど肉声のまんまで歌うJIMMY君と、あまりの高温に不機嫌となったギターを、がんばって弾くKさんとのコンビは、この日歌った10組の中で最も会場をどよめかせ、また、さまぁーず(特に三村)と局アナの女性を笑殺したのでした。でも、審査員は思ったよりありきたりなコメントでがっくり。プロならもっと面白いこと言ってくれると思ってたのにー。
 残念ながら賞は逃したものの(CM曲ということで、実に家庭的で地方色ある人々が選ばれたのです)インパクト最強は『めざカン』でした。私とイケガヤ君はきょうの『めざカン』の勇姿をけして忘れないでしょう。
 イベント後、Aちゃんと合流して喫茶店で午後のティータイムを過ごし、後にKさん、イケガヤ君と4人で私たちの行きつけの店で打ち上げをしました。『めざカン』はこのままでは終わらないそうで、これからの活動に大きな期待がふくらむ夜なのでした。 

10月11日「ふたりぼっち」

 オヤからの手紙のおかげでだいぶメゲましたが、お友達と電話で話して、元気をわけてもらいました…。ひとはひとりでは生きていけぬもの、でも二人でもダメなのよね。けらえいこの漫画で、
『二人は二人ぼっちで寂しい』というのがあったけれど、至言だと思うよ。
 ところで、わたくし宅のトイレには、海洋堂製のエヴァのフィギュアがかざってあるのですが、そこに小さいシャンプーが付属で付いてて、『動物物語』って書いてあるのね。植物物語のパロディで。いやー、さすがにホントに動物物語は無いだろー、だと思っていたのですが、最近発見してしまいました。ディノスの通販の『仔馬物語』っていうブツです。馬油製。仔馬を絞っていると思うと、ちょっと可哀想だよね〜。

10月10日
「不合理と闘え」

 近頃、またストーカー(と化したチチオヤ)に悩まされている…実際には来襲してはいないものの、手紙がすごいのだ。1週間で2通。そのうち、気力がわいたらPNU文句『しゅらば』に書くでしょう…。ヤツはどーしても私をキチ×イにしたいらしいぜ。HP(ココ)を見ていないらしいことは唯一収穫だったけれども。
 すっかり抱き枕ブームの巻き起こっているウチですが、JIMMY君が
「PNUさんも、自分の抱き枕、買う?」って。
「えー。欲しいっちゃ欲しいけど、シングルロングのフトンに抱き枕2個置いたら、人間はドコのすきまに寝るのよ!!」
と答えたら、「でも、クジラのヤツ欲しくない?かなりイイ出来だったじゃん」
と誘惑してくる彼。
「カワイイのは、汚れると悲しいからダメ!テンピュール抱き枕がいいかなー。」
と答えたところ、「ブランド主義はやめなさい」
だって。テンピュールって、ブランドっつーよか機能主義だと思うのだが、どうか。

10月9日「2号を抱く女」

 私も、抱き枕のえじきに!?『PNU2号』と呼ばれている抱き枕(ここでは都合上、『JIMMYpart.2』としておく)があると、JIMMY君出勤後の朝でもネムネムの私は『part.2』をJIMMY君と錯覚し、いつもより多く眠ってしまうのだ!!ど〜しよう。抱き枕、ホントーに効くじゃん。
 生物学者による、ネズミを使った実験では、放置してかまってあげない子ネズミと、ネズミ肌に温めた筆でなでてあげた子ネズミでは、後者の方が発育が良いそうである。我々も同じ哺乳類、同種の生物に似たモノとのふれあいに弱いという弱点を有しているのかもしらんですな。抱き枕、恐るべし。

10月8日「2号を抱く男」

 『Dr.モローのリッチな生活 しょのさん』に「抱き枕を買ったら不眠が治った!」てな記述があったせいなのか、JIMMY君が「オレ、抱き枕ほしいな〜」なんて言い出しました。
「アナタには、超高級抱き枕がもうあるデショ!!」
と答えたら、
「う〜ん、この枕は重いしな〜」
なんて言いやがりました。失敬な男だな、キミは。
 そこで、スーパーで抱き枕を物色。安くてかわゆいブツを探すのだ。抱き枕にはパイル地のピンクのイルカやクジラなどぬいぐるみ型のやつがあって、つぶらな瞳がキュート!!しかし、あんまりかわゆいと汚れて捨てるとき悲しい。ゆえに「イルカ型だけど、オレンジ色で目玉が付いていない」ヘンテコなやつにしました。巨大なエビふりゃーぬいぐるみのようでもあり。
 MY住居に帰宅し、さっそく昼寝に使うJIMMY君。抱き枕は『PNU2号』と命名され、スヤスヤ天使の寝顔のJIMMY君にしかと抱きしめられている!!あれはモノなのに、なんとなくジェラしい気分の私なのでした。すると、気配を察したのかJIMMY君はパチと目を開け、
「1号もこっちに来なさい」
なんておっしゃるのでした。ニクニクシー!!

10月7日
「なめるなクモーン」

 JIMMYクン宅にネット見に行く。某通販のHPで、本来なら買わなきゃたまらないポイントが、ログインするだけで1日1回5ポイント得する、というのがあって、そいつをコツコツ集めているのだ。なんてケチ&主婦チックな私!同HPには愛用者のわんちゃんを日替わりで紹介するコーナーもあって、気に入っているのであった。
 ところが、訪問すると9月22日の日記に記した例のクモーンが、我が物顔で部屋の中を徘徊しているじゃありませんか!!いやああああ。JIMMY君に、
「人間がいるときは引っ込んでいてくれないとね!クモーンは、なんか思い上がって勘違いしてんじゃないのっ!?」
と言ったら、彼はこんなことを言ったのである!
「我々よりクモーンがウチにいる時間の方が圧倒的に長いんだから、もはや我々よりも住人、というか住クモにふさわしいことになっているよね。」
クワーッ、たかがクモごときにナメられるとは、なんたる侮辱。そこで人間としての権利と義務を思い出し、クモーンに
「いるのだったら家賃払いなさいよね、家賃!!道で万札拾ってきなさいね!」
なんて世知辛いことを呼びかけてしまったのであった。

10月6日
「31愛す」

 先月の29日JIMMY君バースディの思い出を今ごろ…。
 彼の「以前クリスマスの習慣にしてたように(腹が苦しくなるのでやめていたのである)、豪快にデコレーション・ケーキを二人で食いたい」
「アイス・ケーキなるものを一度食してみたい」
とのたっての希望により、31歳だからというわけではないが、「サーティワンアイスクリーム」でアイスケーキをまるごと購入。二人ではしっこからわしわし食う(ダイエットの野望はいずこに?)。
 アイスケーキはスポンジたっぷりの普通のケーキより胃にもたれないですネ。凍らせたナッツは歯ごたえがダメになって案外美味しくなかったけど。しかし、その日はあいにくの秋日で涼しくすごしやすい日。そのため、完食後は二人で季節はずれの寒さに震えるバースディとあいなったのでありました。

10月5日
「バッドノーズニュース」

 ただいまモー娘。やぐタン漫画製作中。これが終わったら本格創作をやる予定。つーか、やる。描かずに死ねるか。
 ところで、JIMMY君の、また悪いお知らせです。ある朝、彼のnose shitがお布団の上に一つも見当たらなかったのです。ああ、よかった!鼻クソ大放出シーズンは終わりを告げたのね!!と喜んでいたら…ありました。布団のわきの畳の上に、3カケラも…ブツが…。ええ、拭きましたとも、ウェットティッシュで。てゆうかJIMMY君は、寝てる間に掘って、そのまま落とすんじゃなくて遠方に放り投げるというワザを覚えたんざあますか?!前より始末が悪いざあます。まったく、このnose shitterはどうしたら治るんざあましょか。もう医者もサジを投げるザマスよ。

10月4日「ポエマー」

 〈まんがをかく〉ということに関してのポエムみたいなもの。

 何もしないで無駄に歳だけとってしまったが、今から漫画を描くぜ。
 絵柄が古い?デッサンが狂ってる?演出がダメ?需要がない?売れない?
 知 ら ね え
 読み手のことなんざあ知るか
 オレが描きたいから描くんだよ
 オレはただ物語を語りたいだけなんだ
 体は虚弱で頭は悪いし仕事で疲れて時間が無えってか
 でも や る ん だ よ
 誰にも望まれなくたって 描くことは少なくとも俺の自由のはず
 たとえ紙が供給なくなったって電子の世界で描くだろうよ
 ♪
 電話。セールス。オイ、ふざけんな。
 オバチャンよお、漫画描きてぇオレは今世界で一番忙しいヤツなんだ
 オレよりヒマでしかもオレより金持ってる人間なんて日本で一億人はゆうにいるだろうが
 そいつらにか・け・な
 またかけやがったら殺すぞ。止めるヤツは死ぬがいい。アデュー。
 ガチャ。

 描きたい物語ばかりが増えて、体力も時間も画力も足りず、気が狂いそうです。何かが足りない。何かが、とても重要な何かが。きっともう間に合わない。一生あっても足りない。それでも、負けるのがわかっていてもやるしかない。生きることが描くことなんだから。

10月3日
「OH!NOSE!」

 JIMMYクンを慕う女性の方々には、悲しい事実を記さねばなりません。実は彼は、nose shitがすごいのです。寝ている間に産出するらしく、朝になると枕もとから1cmにもなろうかという、巨大nose shitが発見されているのです。見つかり次第それらの産出物は、私が震える手で護美箱に葬っていますが、毎日のことゆえキリがないのです。この事実を重く見た彼は、
「昼間そうじしとけばオッケー」
とばかりに、日中しじゅう指を用いて鼻を掘るようになりました。エチケットとして必ず、その都度手を洗ってキレイにしているのでなんとか許せるものの、人としてちょっとイヤンな光景であることには変わりありません。よよ。
 それなのに嗚呼、なんたることでしょうか?!朝には再び以前と変わらぬ大きさの鼻クソが(あっ、書いちまった)布団の上に落ちているではないですか!!掘れば掘るほど、負けじと新たなブツが作られているようです。彼は
「う〜ん、鼻毛をこまめにカットしているせいなのかな〜」
と、自らの過剰な鼻分泌物の産生および排泄能力を苦悩している様子。恋する乙女としては、JIMMYや、汝をいかんせん、と打つ手もなくもだえるばかりなのでした。 

10月2日「ブンブン」

 くちなしや金木犀の香る、ステキな季節がやってきましたよ!!くちなしに顔を近づけて匂いをかごうとしたら、オオスカシバ(ハチドリのごとく、ぶんぶんうなって高速で飛ぶ蛾)とバッティングしちゃって諦めました。だってオオスカシバが頭にとまったらイヤだもんね。近日中、花が枯れないうちに再トライじゃ。

10月1日
「詫び状をよこせ」

 なんかねえ、JIMMYクンはストレスたまってるみたいっす。だって、ものいいが陰険になってるもんね。私がJIMMY君のシャツを洗濯しなかったんですよ。シャツ洗濯籠の中になくって、イスにかけてあったんで気付かなかったのね。JIMMY君に指摘されたので、
「あらあ〜忘れちゃってたよ。ゴメンね。」
と言ったら、
「忘れてたっていうのは、気付いたけど記憶から消えてしまったことをいうんだ。アンタは忘れるどころか、気付いてもいないじゃないか。」
と向田邦子’sファーザーみたいな言い方をするのですよ。
(向田邦子は、幼少のみぎり「筆箱が壊れました」と父親に報告したところ、父に「壊れたんじゃないだろう、お前が壊したんだろうが!!」と殴られたという。言葉に厳しいウチだなあ。)
 ちなみにJIMMY君は、「ゴメンなさい」というところを「ゴメンちゃい」と言うと怒り狂うよ。馬鹿にされてる気がするんだってさ〜。謝ってるのにヘンなお方だわあ。「ゴメンなせえ」とか「ゴメンなすって」「マンモスめんゴ」などではどうなのであろうか、今度彼の反応を研究してみようか。 


トップ アイコン
日記もくじ



直線上に配置