直線上に配置
PNU日記
2002年12月、暮れが押しオし迫りセマり

12月31日「ゆく年」

 風邪も7割がた回復したので、介抱疲れでコタツに伏したJIMMY君のために年越しそばを作りました。そば粉100%生そばを買ったせいか、出来たブツはコシなどなく、
「おまえ、本当にそばなのかよ…?だましたなァ〜」
といった感じで、おもちみたいに粘り気が出る!一足先にお雑煮気分を味わえたざます。
 今日はTVプログラム三昧で、テレ朝の衝撃映像で「たわしで全身をこするブリーフいっちょうのじいさん」を見て仰天(高齢者推奨の新しいプレイか?)したり、「レコ大」と「紅白」をザッピングしながら見て、モー娘。をウォッチしたりとマッタリ過ごす大晦日ざあました。「紅白」では、梨華・藤本・かおりんのキューティ・ハニーのコスプレを見たり、ミニモニ。のひょっこりひょうたん島を見たりして楽しかったなあ。

12月30日
「命を燃やすな!」

 カゼひいたのだが、ぐったり寝ていたおかげでだいぶ回復。
「この調子なら、命を燃やせば(無理すれば)コミケ行けたかもネ」
とJIMMY君に言ってみたら、
「オレがたいへんだろーが、誰がアンタを連れていくと思ってるんだ!!」
だってさ。モー娘。サークルなどまわってみたかったのだが、来年の夏までおあずけなのであった。 

12月29日
「風邪の前の塵に同じ」

 コミケに行ってみる予定だったのだが、昨日から37.8度の発熱に倒れ、断念。うーん、残念。たいした発熱じゃないみたいだけれど、私の平熱は35度なんで、1度足してもらうと普通のヒトの場合になる。そういうわけで、JIMMY君に看病してもらう。
 昨日はホント朝から晩まで寝てたんで、なんにもしない1日でした。足が抜けるかというくらい、ホネが痛い。人魚姫体験?発熱で手がホカホカになったので、JIMMYにくっつけては
「ねえ、(熱病で死んだ)平清盛みたいでしょ?」
とあっためてさしあげたのでした。

12月28日「書店漂流forサルガッ荘」

 TAGROさんの最新コミックスが書店に無い…。
 好きな漫画家さんが売れていることは「よ〜ろ〜こ〜び〜」
(水曜10時のステキなTVプログラム、「ワンナイR&R」ゴリエ風で)
 でも、売れて品切れて、自分の手に入らないのは「か〜な〜し〜み〜」
どうしても欲しい本は、やはり予約せんといかんですね。JIMMY君も私も、ヘンなこだわりで
「書店店頭で状態がいいやつを選んで買いたい!」
なんて余裕こいてるから手に入らないんだよ…。静岡、本屋捜索の旅が始まりそうな予感です。
p.s.今日は、カゼのため1日寝てました…。

12月27日
「ぴったりしたい!」

 冬の私は手足の末端が血行不良で冷え冷えになる。ゆえに、血行良好なJIMMY君の手足や首筋にくっつけては、
「ほ〜れ、アナタの冷×ピタ(某製薬会社の熱さまし用冷シップのこと)が来たわよ〜」
と言うのが私のひそかな楽しみになっている。たぶん昨年も、日記にて「JIMMY君は私のホッカイロ」とか「生きた湯たんぽ」呼ばわりしていた記憶があるのだけど、今年はJIMMY君から
「アンタは冬は冷×ピタだし、夏は発熱体だから、オレはたまらんよ」
呼ばわりをされちまったのでした。

12月26日「本屋で散財」

 JIMMYも私も今日で2002年仕事おさめなので、二人で本屋へ行きました。
 JIMMY君はCD誌とクルマ誌を立ち読み。
 私は怪奇漫画雑誌「ネムキ」1月号を立ち読み。なんと「なつかしのキャラオールキャストでしたね」のアオリ文句どおり、伊藤潤二の読みきりに、今は無き「ハロウィン」読者には懐かしのアノ人が。でも、アノ人があんなことになってるなんて〜。ユーモア度も低めだし、残念無念。もうちょっと子供時代のネタ描いて欲しかったのに〜。どうせオールキャストというならば、モデル淵と富江と双一の、地獄の三つ巴三角関係でも描いてくれ。
 JIMMYくん、いろいろ漫画を買ったモヨウ。私は、ハロプロメンバー関連で死ぬほど出版物出てるのに、周辺人物の本まで買えるかよ!と思いながらも、ナカミを見てインタビューにコロッと落とされ「変身革命/夏まゆみ」を購入。だって、各娘。との対談が載っているとあっては、買わずにいらんないじゃん?でも、そのおかげでJIMMY君から、
「どんどんモーヲタ街道をひた走っているね」
とのお言葉を頂戴してしまったのでした。

12月25日
「ホコリある暮らし」

 旧居JIMMY邸の片付けしてたら、ホコリがすごいこと。ダニアレルギーとハウスダストアレルギーがある身には、鼻汁(びじゅう、と読む)ズルズルでたまらん状態。そのままで、フト鏡を見たら…。私の鼻に真っ白なブツが詰まってる!!いやーん、なあに?それはなんと、私の吸気活動によって鼻孔にかき集められた、ホコリの束なのでしたっ!なんちゅうホコリの多さなんでしょう!
「これ見て!ほら!」とJIMMYに鼻を強調して見せたら、ヤツは同情もせずに
「そんな顔しなくても、エエよ。」とつめたく言い放つのでした。
p.s.JIMMY君に、「メリークリオネって、なあに?」ときいたら
「今ごろ冬の海では、クリオネが泳ぎまわっているんだよ。」
だって。???JIMMY君、つかれてる??

12月24日「メリークリオネ」

 今年はちょっとばかし特別なイヴなので、いつもの居酒屋さんで一杯。混み混みかと思いきや、座れて一安心。バス・ペールエールとエスカルゴ、生ハムのグリッシーニ、キノコと地鶏のソテーで幕をあけた宴は、ワタリガニのパスタ、マグロのカマ、マグロのトリッパナポリ風、を経てティラミスでおひらきとなったのでした。マグロのトリッパ(胃袋)は、焼津っ子のJIMMY君ですら食べたことのない珍品!牛筋みたいな歯ごたえとハーブの効いた味付けで、魚があまり好きじゃない私にも美味しい一品なのでした。落ち着ける、行きつけの店があるっていいな♪

12月23日
「魔窟新居」

JIMMY君は、一応冬休み期間なのに、明日もお仕事…。12月の我々は奇妙な状況になっていて、賃貸のお部屋を二人で3つも借りている。合計7部屋+LDK&DK×2。もちろん1箇所に集約せんと、人力引越しをしているわけだが、私が腰痛のため戦力外通知。自然とJIMMY君に労働のシワ寄せがいくのであった。アーメン。
 電話、FAX、パソコンや家電などは接続できたものの、ダンボールに囲まれておりHP更新や同人漫画に手がつかぬ状態なのであった。早く片付けて、せいせいと文化活動したいものだよ。

12月22日
「本棚未設置だがな」

 最近のお買い物など。
 「なかよしふゆやすみランド」を購入。山名沢湖さまの漫画が超かわゆし。せっかくのデートだというのに、彼氏が他のモノに夢中だなんて、女のコにはゆゆしき事態なのだ。
 JIMMY君が「エヴァ」8巻と「吼えろペン」6巻購入。おねだりして、岩明均「ヘウレーカ」も買っていただく。モーヲタ心も忘れず?ミニモニ。が表紙のお子様向け雑誌「ウォーカー★キッズ」も購入。ミニモニ。グラビアやポスターも付いている。しかし彼の快進撃もここまで、絵本仕立てのお子ちゃま仕様「ティンティンタウン」は現品を見て購入断念しちゃったよ。絵本仕様なんて、大きなおにいさんよけのため??
 私は探していた池田貴のガン闘病記2をGET。そこまでは良かったが、TVブロス買うのに特大号
240円ナリの表示を見ずに、いつものように(いつもは190円なのダ)百円2枚出しちゃってちょっと気まずかったのであった。
 あとは、ルーマニアの女子体操金メダリストたち3人が下着や半裸で舞うという、珍妙な写真集「L.C.C.写真集」なるものをJIMMY君が購入。外国の女性はガタイがいいなあ。日本で製作したために、センスがいまいち良くなくて残念であった。体操ポーズはびっくりでしたが。

12月21日
「イタリア電話」

 ああ、なんだか頭痛とか腹痛とか謎の鼻炎とか、聴力低下とか眼球痛とか指とかひざの関節痛とかでユーツだわのよ。(←byピノコ)そんな人間のところに、誰だか知らんがイタ電すんなよボケ。ユーツ度が増すじゃろうが。責任とってセントジョーンズウォート(イライラに利くハーブ)でも送れ。やっぱブツそのものはナニ入れられたかわからなくて怖いから、現金書留で購入費用送れ。
 イタ電の内容ときたら、
「ひさしぶり、ぶりぶりー、ウキョキョキョキョキョ」
とか言って、何が久しぶりだボケ。オマエなんぞ知らん。最初笑い声だけのが2回入ってたから、3回目にコトバが入るまでは、母厨がついにイカれて電話してきやがったのか?と思ったじゃないか。まあ、あのヒトもそんなにヒマじゃねーだろー、と言ってみるテスト。イタ電は犯罪、社会の迷惑だ。ホンモノのイタ電すなわちTEL from イターリア、だったらいいけどな。「オー、ボーノボーノ、トッティ、カンナヴァーロ、デルピエーロ」とか言ってな。

12月20日
「似て蝶」

 先日TVの報道特集を見てたら、濃〜いカオのゲストさんがいて、
「あっ、平井堅だあ!『大きな古時計』が売れたから、こんなとこにも出てるー!しっかし、どっから見ても外人にしか見えないよなあー」
なんて思ってJIMMY君に教えたら、
「ばか!アレはトルシエの通訳だったダバディだろ!!」
と怒られてしまいました…。そりゃ、外人顔に見えるわけですわね、トホホ。
p.s.JIMMY君は多忙(仕事&引越し、鼻血)で疲れているのか、最近この日記に付けてくれるタイトルがわかりにくい。13日の「エガちゃん」てナニ?ときいたらば「映画だから。」だって。わかんねーよ。声;ショーン・コネリーのドラゴンの役、日本語吹き替え版が江頭2:50だったのかと思ったよ!(そんなことあるわけないじゃん)

12月19日
「SPAM苦いか?」

 キャー、JIMMY君が『SPAM』を持ってきたあ〜!と言っても、ウイルスじゃなくて食べ物の『SPAM』でした。缶入りで、アメリカ合衆国から沖縄の会社により輸入されているのざます。正式な品名は「ポークランチョンミート」らしい。JIMMY君に、
「汝、何故、かような切断豚肉塊を購入したるや?」
と問うてみたところ、
「SPAMって一度食べてみたかったんだもん♪」
だそう。コンビーフとはまたちょっと違うし、一体どーやって食うのかねえ…と缶を裏返してみたところ、あたしゃ仰天したざますよ。なんとそこには、
『スパムみそ汁』
「みそ汁にスパムのうまみが出て、いっそうおいしく召し上がれます。すまし汁にもどうぞ。」
の文字がご丁寧にも写真入りで載っていたのである!ニホンジン、みそ汁に豚肉塊を入れますか?
豚汁とも異なる、ハムのごとき物体の浮いた味噌汁というのは何とも異様な外見である。日本といえば「ミソシール!」ということで、アメリカ本社の連中が考えたのであろうか。この調子で「スパムテンプーラ」「スパムスシ」「スパムテリヤキ」「スパムスキヤキ」などが載って…いるわけはなく、もう一つの調理例は『スパムポークたまご』であった。ウム、これならいけるかもしれん。無難でコンサバな後者を選ぶか、進取の気性駆り立てる誘惑のメニュー、エキセントリックでモード感あふれる前者にチャレンジするか、二つのメニューの間で揺れる心であった。だいじょうぶ、スパムは缶詰だもの、心決まるまで待っててくれるさ…。

12月18日
「通販はどラック」

「道楽ってレベルじゃないでしょ、もはや生きがいでしょ」
とJIMMY君に言われている、私の悪癖=通販。月に一度送られてくる通販フェリシモから、今月分の荷物が届いた。『コパンミニョン』という会の猫ちゃん柄のバスマット(セルリアンブルー)&『サニークラウズ』というアウターの会の、極厚フリースのトップス(ブラウン)と同素材のボトムス(グレー)である。これは「毛布をまとっているかのような」着心地で、謳い文句のとおりホワホワしていてたいそう暖かい。着てて夢心地、なのは結構なのだがシルエットがダボダボしており、たいそう太って見える。悩む。しかし、寒さには勝てぬ。オシャレ心を葬りつつ、ぬくさに耽溺する惰弱なわたくし…。JIMMY君に、
「コレすっごくあったかいんだけどさ〜、太って見えるのが玉にキズだよネ」
と言ったところ、彼は
「それは太って『見える』んじゃなくて、実際に…」
だって!モンギャーッ!!

12月17日「とんカエルまつり」

 ノーベル賞関連ニュースでにぎわうこのごろ、楽しい儀式をニュースで見ました。それは「カエル飛び」。一切が謎に包まれているという、秘密の儀式らしくカメラもシャットアウト!!何が起こっているのか知りたいけれど、それにゃあノーベル賞とらんとアカンのだね…ムリだって。
 カエル好きの血が騒ぐこの儀式、きっと『とんまつり』(byみうらじゅんサマ)みたいに、カエルの着ぐるみ着たオッチャンが老体ムチ打ち飛び跳ねるのではないかしら?かくなる上は、カエルフェチでもあるみうら氏に、ノーベル平和賞か文学賞でもとっていただいて、ルポを期待するしかないかも。 この儀式、参加者はカエル(フィギュア?付き)勲章をもらえるらしいね。ノーベル賞授賞式も、ある意味、国家をあげてのとん×つりだよなあ…。
p.s.鬼才・みうらじゅん氏の著書「とんまつりJAPAN」は名作です。ご存知ない方は、ぜひお読みくだされ。

12月16日
「引越しING」

 JIMMYとおともだちKさんの尽力でだいぶ引越しが片付き、人間の住処らしくなってきました。男手のいとありがたきことよ。Kさん、お忙しい中手伝っていただき、ありがとうございます!このお礼は、わたくしの下僕・JIMMYがKさんのおのぞみのままに…。
 ところで、JIMMY君は職場で
「カノジョ(わたくしのこと)をウチでは何て呼んでいるの?」
ときかれるそうである。すると彼は、
「『PNUPNU。』とか『オモシロ動物』。」
と正直に答えるそうだが、「ウソでしょ〜?」と誰も信じてくれないそうである。私が親厨からつけられた名を嫌っているため配慮してくれているのか、それとも単にからかってヘンな名前で呼んでおるだけなのか、JIMMY君の真意はいずこに??
 しかし最近、上記の名よりもよく彼から呼ばれるのは、
「バカかぁ〜!?」とか、「このお馬鹿っちょが!!」って言葉の方が多いような気が。 

12月15日「ワンマン」

 引越し先には犬がいる…賃貸集合住宅の階段を、トットットッと軽やかにわんちゃんが降りてきたときは驚きー!「ここ、ペットO.K.マンション!?」と思ったらぬか喜び、大家さんが家主の特権でベランダにわんちゃんを飼っているのでした。私好みのカワイイ犬(こ)だから、階段にペタペタ付いた足跡すらいとおしいっ!!わんこと仲良くなれるかナ…と目論んでいるこのごろ。

12月14日「同い年哀し」

 先日TVの音楽番組「F×N」を見ていたら、司会のセクシー系の女性タレントがずいぶんくたびれていた。ナイスバディと美貌を誇り、男女ともに「憧れの女性といえばF.N.!!」と言われた彼女も、おんとし31歳。そりゃあトウもたつというか、たるみが出てくるよなあ…と思ってJIMMY君と話していたら、JIMMYのやつは、
「だってF.N.オレらと同い年だろ。くたびれ具合がアンタとおんなじくらいだよね」
なんてオッソロシいことをのたまう!!
 この場合、「国民的セクシーアイドルと比せられたことを喜ぶ」べきか、それとも「最愛の人から
〈くたびれてる〉などと罵倒されたのだから、悲憤慷慨する」べきなのか、悩ましい夕べなのであった。悩むとハゲちゃうから、JIMMY君はわたくしを悩まさんでほしいものである。

12月13日「エガちゃん」

 今日って「13日の金曜日」〜♪フレディ〜じゃなくって、「ジェイソン」か。懐かしのホッケー・マスク。「13金」のパロディ映画「14日の土曜日」なんかもあって、バカバカしくて見なかったのだけど、今思うと話のネタにどんなんか見ておけば良かったな。てなわけで、映画話。
 私的にトホホ〜だった映画といえば、次の二つが双璧でしょうか。
「ホワイトハンター・ブラックハート」クリント・イーストウッド主演なので家族に見せられたが、眠気をこらえるのがたいへんなくらい退屈な映画であった。主人公がイイトシしてガキンチョみたいなんだもんなあ。
「未来惑星ザルドス」これもショーン・コネリーが出るとか言って家族に見せられたが、なんだかなあ…という展開。女性の股間で窒息死させられる貴族?の人が印象的でしたが。
 そういえば、洋画でドラゴンの声;ショーン・コネリーとかいうのは、日本語吹き替えだとウリが無くなっちゃうんじゃないかと心配したこともあったなあ。

12月12日「たぼーん」

 JIMMY君は多忙、私は体調不良ということで日記ネタがないので、ユメ。
 私はパンチパーマの高校生大番長で、町一帯をシメているコワモテ。私のためなら命も投げ出さんばかりの忠誠を誓う腹心の部下は十名を下らず、想いをよせてくる乙女も。しかし、問題は…私が女だということである。ヤクザの父が、世継ぎに男が欲しかったために、男として育てられてしまったのだ
(なんだか「とりかへばや物語」のパクリみたいな夢だのう)。花も恥らう高校生、スネ毛はつけ毛で誤魔化せても、第二次性徴も起こる時期でもあり、ムネが出てきたのを
「最近、番長太ってません?」なんていぶかしむ子分も出る始末。これ以上性別を偽るのは不可能、さて、どうする?
 …結局、宿敵の隣町の大番長(人体寄生植物型宇宙人)と闘い、死んだフリをしてコッソリ忠臣に助けられ、女性として誰も知らない町でひっそり生きる…という、演歌調だかなんだかわからん夢なのであった。わたしの脳みそ、疲れてんのかな?

12月11日「菩薩男」

 JIMMY君は、朝起きるのに、「タメ」が必要らしい。「タメ」とは何か。それは、朝目覚ましが鳴って、スグにピシッと起床するのではなしに、しばらくボヤーッとフトンの上で正座しているのだ。
拈華微笑じゃあるまいし、そんな時の彼は、み仏の如く半眼になってユラユラ揺れていて、見るだに恐ろしい。カモン、観音ってか?まったく。朝からそんなモンを見ちまった時の、私の気持ちも考えてほしいものである。二度寝入りのときに悪夢を見るじゃありませんかっ!!
 私が朝起きがけボーッとして座っていたら、JIMMY君がわが意を得たり、とばかりに
「アンタも菩薩になっとるやないけ。菩薩、菩薩ー」
などと言ってきたよ。彼はようやく、わたくしがひとかどの存在であることを認めたらしいよ。仏の位は天部、明王、菩薩、如来の順にランクが上がっていくもの(資料;うわさの神仏/加門七海・著)。だから、二番目に偉い「菩薩」呼ばわりされるなんて、光栄につきるってもんよ、ホホホホ。

12月10日「ズタハギフリ」

 住××ットーから、newカタログが来たのだけど、その商品名ときたら!
『スエードズタズタロングスカート』(スソがビリビリになっている)
『ハギハギフォックスファーコート』(毛皮のパッチワーク)
『デニムハギハギロングスカート』(切り替えがいっぱいのスカート)
『フリフリロングスカート』(フリルが段になっている)
『フリフリジャージーセット』(襟、袖口、足元がフリルのおねま)
 …TELで注文するとき、言うのがハズカしい品名って、どうなんだろうか?
p.s.給料日前なのに、散財…
「青春ビンタ!3/私屋カヲル」エロ度アップで残念。エロ>>>ギャグなんだもんなあ。バレンタインネタみたいに、笑える話でないとね。
「ミニモニ。カフェへおいでよ!」ムック。フラフラと購入…キラキラシールやトレカもついててよいが、写真の画質がいまいち…でも、カワイイから許す!!

12月9日「シークレット出現法則」

 私生活でちょっとイヤなことがあり、「もうどこかへ消えてしまいたい…」と落ち込んでいたが、コンビニでふと出会った海産生物フィギュア付きお菓子『黒潮コメッコ』を一箱購入。そしたら、いきなりオークションでは高値で取引されている、シークレットフィギュア「ダイバーとマンタ」が出る!!以前、JIMMYと同居解消のおりも、泣きながら買った「チョコラザウルス」がシークレット「旧復元ティラノサウルス」だったりして。「禍福はあざなえる縄のごとし」、を体感する日々なのでした。

12月8日「PNUハム」

 仕事でぼろぼろに疲れたJIMMY君がかわいそうなのである。いっしょにいても、特に何か彼に出来るというわけでもないんで、ちっと心苦しいのであった。
 パスタ屋さんで、モー娘。をフィーチャリングしたとっとこハム太郎の一種『モーハムず』グッズ
を見た。後藤真希はもう脱退しちゃってるから、『モーハムず&ゴハム』だって。ゴハム。
 同じくハロー!プロジェクトの松浦亜弥キャラの「マハム」、藤本美貴の「フハム」、平家みちよの
「ヘハム」なども存在するのであろうか?
p.s.この文章を見たJIMMY君が、
「松浦亜弥なら「あやハム」、藤本美貴は「ミキハム」だろ」
だって。ヲタは言うことが違うわネ。ミキハムといえば、某TVの報道特集で林真須美容疑者が出ていて、トレーナーのロゴにむっちゃモザイクかかってました。遅いって。もうアレがどこのブランドなのかは周知の事実のはず…。

12月7日
「あやや〜」

 先日ウラルマウンテンブルーな事実が発覚したりもしましたが、過去は過去。変えられる可能性があるのは現在と未来と自分。なので、強く生きていくのだ。深夜にTELしちゃったkurokoくん、いつもほんとうにありがとう。含蓄深い重みある言葉で、心救われる思いがします。
 ミニモニ。のミニハムズCDを聞いたんですけど、ジャケットはアニメだし、曲は前回よりインパクトが薄いですなあ。つんKさん、枯渇か!?早く、新たなアレンジネタ見つけてくださいね、楽しみにしてるんだから。
p.s.松浦亜弥シングルプロモDVDをJIMMY君に買ってもらう。撮影秘話つきでお徳〜!!
「桃色の片想い」と「めっちゃホリデー」が物語仕立てでいい感じでしたよ。あややがお気に入りなこのごろ、構想中のマンガに綾松 温羅(あやまつ・うら)という鬼娘でも出そうかな、なんて妄想中。

12月6日
「マリ子って誰だよ?」
 
 日米関係が緊張していた時代、緊張が高まると「マリコは病気だ」と暗号の電報を打ったとか。なぞらえるなら、今の気持ちは「マリ子ってだれだ」って感じ?
 閑話休題。
 ちょっと思うところがあって、あてくしの本籍地の役所から書類を取り寄せてみたざあますよ。そうしたら(詳しくここで書けないのが残念だが)ちいとばかしショックなことがわかったんだなこれが。
 …もうね、親に関してはみさげはててるから、これ以上の衝撃は無いと思っていたのですが、さすがというか、もう…まだ隠し球があったとは、ブンダーバー(独語)ッて感じ。こんなサプライズいらねー。どうせ驚きの新事実なら、「実は養子でした」とかなら、
「やったー、あいつらと血がつながってねえー!!」と喜べるのにな。私がなんでツキがないのかわかったよ、発生からして呪われているからだったのだよ…。今まで騙されていたなんて、私もトンだアマちゃんだったぜ。ハッ。

12月5日
「カコ」

 どうも体調がすぐれないので、イライラしてしまうのであった。JIMMY君の非道な所業が思い出されて、「あれはひどかった!!」なんてぶつけてしまったり。過去の思い出し攻撃というのは、雑誌なんかじゃ女性の得意技みたいに書かれているけど、真相はどうなんだろう。過ぎたことで相手を責めたってスッキリするわけでもないし、JIMMY君が可哀想だし、私あまりやらないようにしたいものだなあ。知り合って16年にもなるわけで、楽しいことも悲しいことも、腹立たしいことも積もりに積もっているのだよね…。

12月4日
「gap」

 JIMMY君と私は、性格が正反対らしい。(あまり信じてないけど)占いでも相性が悪いし、性格のギャップの激しさは精神科医のお墨付きである。よって、私が甘えたいとき彼はプリプリしていて、彼が甘えたいときは、私は彼の狼藉ぶりに腹を立てているといった次第。どうしたらこの水と油のような二人は仲良くできるのでしょう?これからその方策を模索していかないとね。
p.s.2日発売のヤングマガジンのグラビアが「ミニモニ。と高橋愛」だったうえ、しかも写真が激可愛かったので購入〜。先週のヤング×ンデー(これもミニモニ。グラビアであったが、未購入)よりかアップが多くてツボですぜ、ヲタさん。

12月3日「クタクタ」

 二人ともクタクタの日。JIMMY君は仕事が佳境だし、私は時期的なものか、体調がすぐれないのであった。
 Kさんとお話していてわかったんだけど、かつてここでも紹介した
「ボクさかな、きのう海、きょうはかまぼこ」
が宝島VOWに載ったんですってね。くやし〜。ぬるいなごみネタだと思ったから投稿しなかったのにー。同じく、通販ネタでニッセ×の「蝶々(無論ニセモノだけど)が封入されているクリアーデザイン便座」も載ってるし。私、あれスクラップしていたのに、先を越されるとは…。JIMMY君も、日頃ヘンだと思っていたらしい「久能街道」の立て看板が載ってたのを知って、
「あれでも載るんだ〜」
とのたまわっていましたよ。なんで送らないんだか、このヒトは。
 こうなったら、珍の字3つでさん○んラーメンの看板を撮って送るしかないかしら。店の場所、ドコだったかもう忘れちゃったんだけど。

12月2日
「着メロのトラウマ」

 昨日の演奏会でのこと、「インディ・ジョーンズのテーマ」聞いて反射的にビクッとしてしまう私なのであった。もう、あれから5年もたっているのに。
 そう、かつて病院勤務時代、私のポケベルの呼び出し音をコレに設定してあったのである。勿論、映画「レイダース 失われたアーク」が好きだったので、このテーマ曲を設定したわけなんだけど…病院での呼び出しって、たいてい愉快な用件ではないのよね。食事中に「患者さんの採血して!」と病棟に呼ばれたり、当直医にお供して宿直、夢から起こされたり、とにかくポケベルが鳴れば厄介な事態が起こっているのであった。パブロフの犬の実験どおり、私はポケベルの音が鳴るたびに
「ああ、今度は何がっ!?」
と、おびえるようになってしまったのである。呼び出し音変えりゃいーじゃん、と今なら思うが、当時
ポケベルを初めて持ちたてであって、マニュアルと首っ引きで音を設定したために、もう変える気力が無かったのである…。
 もうポケベルの時代ではないけれど、これから社会人になる方は、ケータイの呼び出し音を大好きな曲などにしない方がいいよ、と人生の先輩としてアドバイスしておきたいのであった。

12月1日「マーチング観る」

 JIMMYくんに誘われて、地元の高校の定期演奏会に行く。「マーチング」といって、複雑なフォーメーションで行進しつつ楽器も演奏するという、たいへんなワザ。JIMMYくんの同僚の方でお友達のKさんといっしょに観る。
 年齢制限など無いため、近くの席の就学前のお子様が、飲食禁止にもかかわらずアメ玉を振り回したり、奇声を出したり、飽きたのか手すりを鉄棒代わりにバタバタしたりと気が気じゃなかった。演奏に集中できずやや残念だったが、そろった歩調と舞い踊る旗がとっても美しくて面白かったのであった。しかし、あのレベルまでに至るには練習量すごいんだろうなあ。
p.s.ジュビロ磐田優勝パレードが磐田市で行われました!ワーオ!行きたかったな〜。あいにくの雨模様でしたが、選手たちとサポーターのウェアは晴れやかな青空でした。 


トップ アイコン
日記もくじ



直線上に配置