直線上に配置
PNU日記
2003年1月、さあ、新しい旅をはじめよう!

1月31日「だ〜いしっぱ〜い」

 人生初の大失敗について。あのね〜遅刻しそうで急いでいたの。そして、玄関は暗くて、クツが散らばっていたんだよね。だからって、あ〜あ。
 私、仕事に出かけたのね。11時ころ家を出てさ、16時、ふと足元見たら、なんかおかしいのよ。
ああああああ右足に茶色のローファー、左足に黒のスリッポン履いてんじゃん!!そして、そのままで仕事先と、行きつけの店とかいろいろと行っちゃったじゃん!!そして、デスクに座ってマジマジと見なきゃあ、クツが左右違ってることに気付かねえ自分がいるじゃん!!
 公道で気付いたのなら、その辺の店で安いクツ買ってごまかせるのに、仕事場のデスクじゃもう、勤務終了まで打つ手無しだよ…。昼に行った職場・K店の人々は何も言わなかったなあ、気付いていたはずなんだが。
「×××ー、とうとうイカレたみたいよ。前からおかしいカンジだったけど。堂々と左右違いのクツ履いてたのよ!」
なんて噂になっていたりして。あああ、こんな失敗したの人生初ザマスー。去年、スラックスの社会の窓全開なったのは、ジッパーの物理的破損によるのであって、私のアタマのせいじゃないし。自分ははたして大丈夫なのか、大きな不安をおぼえるわたくしなのでした。

1月30日
「自分勝手王子」

 JIMMYが自分勝手王子である、ということについて。
 JIMMY君は最近、のどはなを守るためにマスクをしている。そう言えば、彼は寝ている間に鼻を
ほじくる奇病ゆえ鼻血が出て困るって言ってたな…と思い出し、
「鼻の調子、どう?」
ってきいたんですよ。そしたら、
「のどの調子は、ライブ後にしてはまあまあなんじゃないのかな。」
なんて言うじゃありませんか!会話になってないじゃありませんか!若年ボケですか?
「ちょっと??私は『のど』じゃなくて『鼻』の調子をきいたんだけど、それどういうこと!?」 
と問うたら、なんとまあ。
「オレにとってはのどが問題なの。鼻なんてもうどうでもいいよ。」
とのお返事!まあ、まあ。なんてことでしょう!
「アナタにとっての重要度じゃなくて、わ・た・し・が、鼻の調子をきいてるんだから、質問に答えるべきでしょっ!!なによ『どうでもいい』って!!」
と憤慨したら
「アンタってすぐ怒るよねー。瞬間湯沸し器みたい。」
なんてのたまう彼!!だ・れ・が、お湯を沸かしているのかなー?火をつけているのはだあれ!?

1月29日「キラーアプリ」

 ケータイを変え、●ーPHONEは二人とも完全解約した。驚きあきれたのは、
「●ーPHONEって、ホントにキラーアプリが×ッカムオンリーなのだなあ」
ということ。ショールームはベタベタベタベタベッちゃんのポスターが所狭しと貼られ、カタログの表紙もベッちゃんだわ、入り口には等身大のベッちゃんポップが鎮座ましましているわ、ベッ×ム大明神さまさま、といった具合。私は確かにベッちゃんのことが、どちらかといえば好きな部類に入る人間だが、CMだけで●ーPHONEにしようとは思わない。しかも、ベッちゃんが使ってるのって、●−PHONEじゃなくって外資のV−PHONEだしね。他に売りがない、というのは悲しいことだと思った。
p.s.機種によるのかもしれないが、DOCOMOにしたらメールの絵文字が少なくってガッカリである。●ーPHONE時代毎日のように多用していた、カラーのブタ(トレードマークにしていた)と、JIMMYにわたくしの健康状態を告知するためのフルカラーウ×コマークが無いのは痛い。つうか、寂しい。クスン。

1月28日
「LIVE基地」

 先日、とあるライブハウスでのこと。7割がた人でうまった会場の中、私はひとり演奏を見ていた。目当てのバンドの出演まで、あと3つ。曲の途中で、帽子を目深にかぶった、小柄な若い男が入って来た。何かを探すように、キョロキョロあたりを見まわす男。誰か、待ち合わせの人でも探しているのか…と思っていたら、男は私の隣にスッとやって来た。会場にはも少し余裕あるのに、なぜか肩先が触れんばかりの距離。なんなんだ、この男は…
おもむろに、演奏中の曲とは全く関係なく、彼は叫びはじめた。
「だあからぁ、鉄は熱いうちに打てッて言ってんじゃねえかよぉオゥ!!」
バンド関係者…じゃないよな。さらに、ぶつぶつと何事かをつぶやきながら、地団駄を踏み始める男。…そうか、そのスジのひとでしたか。
「オレの言うこと、聞けっつってんだろォー!どいつもこいつもォオ!!」
私は露骨に避けて刺激してはいかん、という思いでその場に固まっていた。
 この男は製鉄業者なのであろうか(たぶんちがう)。
 出演バンドが羨ましいので、ひとりで自曲を会場で歌っているのか(それもちがう)。
 どいつもこいつも、の中に私は含まれているのか(?)。
 彼はなおも足をめちゃくちゃなリズムで踏み鳴らしながら、何かをつぶやきつづけている。先ほどの叫びとは違い、おそらく彼の内面のみに向けられたそれは、傍からは単調なお経のようにも、この世への呪詛のようにも聞こえる。私はひとり思う。
 君の言うことは聞こえたが私では理解できないと思う。
 今日は良いクツを履いているので頼むから足を踏まないでほしい。
 主張は少なくとも私の真横以外のよそでやってくれまいか。
そう念じていると、男はやって来た時と同様に、唐突に去って行った。ステージ上の演奏は、彼の存在によって、私の中でしばし空白となった。小規模ではあるが、思いがけぬライブジャックであった。

1月27日
「余韻よいん」

 ライブ写真がCONTENTSにUPされていますが、これはわたくしがデジカメで撮ったのであります。望遠機能を知らなかったため、全ての写真が遠目。しかもデジカメ慣れしてないのでドキドキ、手もプルプル震えました。それゆえ人物に自然とソフトフォーカスがかかり、モザイクいらずの写真となったのでした。ハッハッハッ。
 おとといの飲み会にて。JIMMY君はライブでハジけた直後だったので挙動&表情が不審、相対的にわたくしの落ち着きぶりが目立ったようでございます。そのせいか、彼は悔しまぎれに
「いつもはアンタの方が変人扱いなのに、今回はオレの方がアレで、アンタがマトモなんておかしいねえ。」
なんておっしゃる…私はフツーよ!!JIMMY君は、私のことをそんな目で見ていたのかっ。
 そして、ホテルでは、また私は睡眠中の呼吸がヘンになっていたらしい。無呼吸発作の間は酸欠状態なので、身体と脳に極めて良くないのだ。
「私が苦しんでるっつーのに、なんで起こしてくれないのよ!!」
と怒ったら
「だって起こすといつも怒るじゃん。それにオレも疲労で動けなかったし。」
なんてシレッとのたまうJIMMY君。なんてオニなんでしょう。愛はいずこ。あの、素晴らしい、愛をもういちど。
p.s.凄いチャンスと、素敵な人々との出会いをプロデュ−スしてくれたイケガヤくん、本当にありがとう!!

1月26日
「楽しい余韻」

 昨日は『鈴木魔導豆腐店』の打ち上げにJIMMYともども混ぜていただきました!みなさん面白くて楽しくて、普段12時前には就寝するわたくしが午前3時半まで飲み食べ話してしまったのでした。
あまりに楽しいがゆえに、精神が肉体の限界を凌駕して動かせしめたのでありましょう。ああ、こんなに楽しい飲み会、久しぶりだなァ。快く受け入れてくださったみなさま、ありがとうございます。ぜひとも今度、焼津に遊びにいらしてくださいね!海の幸と地酒が待ってま〜す♪
 その後ホテルでバタンキューな我々。急なことでもあり、ツインの部屋しか取れなかったのだけど、寂しがる間もなくスヤスヤ寝入ってしまいました。いつもは
「寂しいからダブルじゃないとイヤだ!」
なんて言ってたんだけど。楽しさの新たな効用を知った思い。
 翌朝(っていうか今日)、東急ハンズでお買い物して帰る我々。JIMMY君が買ったのは、なんと、ウン×型の帽子…彼はまた何か企んでいるようです。楽しみじゃわい。 

1月25日「狂熱LIVE!」

 さあさあ、待ちに待ったJIMMY君飛び入り『鈴木魔導豆腐店』ライブの日がやってまいりましたよ〜!JIMMY君はリハーサルのため先に出発、私は夕方から出発。JIMMY君作成の懇切丁寧路線図(時刻メモ付き)を持って行ったので、なんとか鶴見に到着。彼は、かわいそうにホンバン前の緊張よりも私が迷って着かないのでは?という不安の方が強かったという。私のおかげでアガらずに済んだ、ってことかしら、ウフ♪『鈴木魔導豆腐店』はトリのため、それまで会場で他バンドさんたちの演奏を聞いて待つ。そして、ついに…。
(ここで説明をしておくと、『鈴木魔導豆腐店』の真のヴォーカルは、通称「豆腐さん」という、ナイーブな一方閣下でもあるという得がたいキャラクターのお人なのである。その味わい深い彼が不慮の事態により休場となってしまい、代役としてJIMMYに白羽の矢が立った、というワケなのだ。JIMMYとイケガヤ君以外のメンバーさんとは本日初対面&初リハーサルという強行日程なのであった。)
 はじめ、豆腐殿下の遺影を抱いて登場するみなさま。イケガヤくんの「今日は、うちはヴォーカル無しです!」の台詞に一瞬「JIMMYが足でも挫いたのでは??」なんて不安になっちゃったけれど、いやいや、これが演出ってモンですよ。
 「ラストダイナソー」(ピロウズ)「まぼろし」(シスタープリンセスRe PureのOP)2曲演奏のあと、トボトボ登場し、体育座りするJIMMY君。そして彼は立ち上がる!あれれ〜髪の毛ツンツンは予想してたが、ぶっとく眉毛描いてる!「2億4千万の瞳」を絶唱する彼!「ハイロウズ」の甲本ヒロトのごとく、始終落ち着きなくクネクネ跳ねまわるJIMMY君の勇姿に、場内失笑の嵐!「哀戦士」は彼の十八番、ガンダム世代の心を熱くキャッチ!
 その後、ときメモの歌(「もっと!モット!ときめき」)やら、豆腐店オリジナルの名曲「気合」、そしてギャラクシーエンジェルとかいうアニメソング(「エンジェルわっしょい!」)をラストに、ライブは22時半頃終了。私も疲れを忘れる楽しいライブなのでした。しかし、「次もよぉろぉしぃくぅ〜」とケレン味たっぷりでMCしたJIMMY君、目は大きく見開かれ、ずいぶんと白目がちでボブ・サップ成分含有率が高かったような…。このお人は、12年も付き合っているのに、日々新しい顔を見せてくれます。まったく飽きのこない男です。
 (映画「ブルース・ブラザース」みたいに)熱狂的ファンの方から「引っ込め!豆腐さまを出せ!」なんて言われたらどーしよーなんて思っていましたが、バンドメンバーのみなさまも、お客の方々もあたたかく優しく、JIMMY君の飛び入りを受け入れてくれたのでした。大感謝です!! 

1月24日
「無呼吸女・起こし男」

 私、また発熱。36.8℃。たいしたコトなさそうだが、平熱が35℃なんで、フツーの人の場合に当てはめるのであれば、上の数字に1を足してくれ。
 あと、このごろナゾの倦怠感が私を襲う。JIMMY君が
「おい、呼吸がおかしいよ!!」
と夜中に数回私を起こしてくださる。なんだか、イビキとも異なり「グッ、グハッ」とか言ってるようである。そんなホラーな女が横に寝ていてごめん、JIMMY君。
 大学生時代、某科の医師に扁桃がデカいのに驚かれ、
「きみ、麻酔科の助教授に紹介してあげるから、1日検査入院しなさい。睡眠時無呼吸症の疑いがあるよ。睡眠中の血中酸素濃度をモニターしてみた方がいいよ!」
と言われたのを、多忙を理由に放置してきたツケがまわったのか。こんなことで、明日のJIMMY君ゲストボーカルの「鈴木魔導豆腐店」ライブを見にいけるのだろうか!?

1月23日
「願い下げ女・忍耐男」

 大ニュース!超・怖い話が、新装開店!1月30日竹書房より、『「超」怖い話A』として発売予定ですってよ、奥さん!!詳しくは私の本のHP「PNU屋」内コーナー、「ワッニュ&ダイアリ」で
ご覧くだされ。
 昨日は、友人とのちょっとした言葉の行き違いで、グスグス泣いてしまった。友人のせいというより、私のひねこびた、他人を信用しないくせに自分がひどく傷つきやすい、身勝手な性格から、自ら招いたトラブル未満の出来事であった。フトンにうずくまって泣く私を慰めようと、言葉を選んで説得を続けるJIMMY君が痛々しい。彼も早く眠りたいだろうに。私がもしも男だったら、私のような性格の
ねじれた女は願い下げである。なのに、JIMMY君はとりあえず、今はそばにいてくれる。彼の忍耐力に頭が下がる思いである。ヤバいなあ、このまま頭が下がり続けると、一生JIMMY君に頭が上がらないということにならないか。

1月22日
「新携帯」

 ケータイを変えた。JIMMYくんと私は、3年来●−PHONEを使ってきたのであるが、●−PHONE営業所某所のオッチャンの態度が極めて悪かったのでやめたのである。とくに大きな不満のなかったケータイを2台解約させるとは、オッチャンの不愉快パワーが知れようというもの。ヤツは明らかに虚偽の内容を客にふきこむ迷惑男である。それは●−PHONE本社相談センターに確認したから判明したのである。信用を築くのは長年かかるが、壊れるのは一瞬である。
 というわけで、DOCOMO(おそろい)のケータイを持つことになりました。カメラ付きにしたんで、これからカワユイわんちゃんや町のぬいぬいを撮りまくるぞー。シャッター押すごとに「ブギュルッ」とか怪音がするのが困りものだが、シャッター音は消せないんですってさ。なんでなんで?盗撮防止? 

1月21日
「倒れ企画2」

 ボツその2。
 [エキセントリックA子×2]
 双子なのに性格が正反対な美少女もの。コケティッシュな「天使子」(あつこ)とオクテで純情可憐な「亜麻子」(あまこ:ホントは悪魔子にしたかったけど、さすがにアレなので)が1人の朴念仁の青年を取り合う三角関係物語。なんか小谷某の漫画「スキャンドール」とか、外国の名作児童文学「二人のロッテ」に激似なのでやめました。

1月20日
「倒れ企画」

 漫画のボツ設定なんぞ。
 [バナナ園探偵社。]
 ちょっと腹が出てきたのを苦にしている、冴えない三十路の男「蟻鯨太」(アリ・ゲイタ)と、
クールでダンディな2枚目女たらし「黒湖大流」(クロコ・ダイル)、そして
紅一点、ミステリアスでキュートな眼鏡っ娘高校生探偵「蛾眉阿亜瑠」(ガビ・アール)のトリオが華やかに事件を解決…の予定だったのだが。私のアタマが鈍いせいでさっぱり事件やトリックを思いつかんので、お蔵入りに。
p.s.あまりに急激な変化を続けるモー娘。つんくや周辺の人々の思惑がどこにあるのか、さっぱりわからない。JIMMY君が言うには、「初期のおニャン子に近くなってきたね」とのこと…。
 私が愛し、虜となった9人制の面影はもう、無い。私はモー娘。のファンはやめようと思う。あいぼんは愛しつづけるし、ののもカワイイ。やぐタンも気になる。私は彼女ら個々のファンではあるけれども、グループとしてのモー娘。には見切りを付けたい気持ちである。頻回改変で、ついていけない&ショックでかいし、身が持たないからね…。これは「いつまでもアイドルにうつつをぬかしてちゃいけません」というヲタに向けての、社会復帰プロジェクトなんだ、きっと…。

1月19日
「日本はもう終わりだ!」

 いま、TV「モー娘。6期メン・オーディション」を見ている…いるのだが、私的に好みのコがいない。ツラい…。人数が増えると、私の加護ちゃんが映る機会が減ってしまうのでピンチだ。増やす意味がドオにあるのか。うまくいってるときの布陣は変えないってのは、サッカーの基本じゃないですか。トルシエ監督がいきなりメンバーチェンジしちゃって、ワールドカップも日本はそれで負けたんだぞう(トルコは強かったが)。
 JIMMY君が「最●のシナリオは、3人全員合格!ってことだよな」
って、同感…可能性を買うにしたって、あんまりにもヘタッピなのはよした方が…。
 「地獄の合宿」と銘打って、候補者3人がボイストレーニングやダンスレッスンをするわけですが、
欠点を指摘されてグシグシ泣くのよね。すぐ泣く女、好きじゃねいのよ…甘えんなボケッ泣いてる間にやること山ほどあんだろーがッ、て思っちゃうんで。でもJIMMYったら、新メンの1人、道重(コイツが一番ダメ子ちゃん)を見て、
「これは男受けするな」
ってそーなの??やーだーなああああああ。
 しかしこれは、年端もいかぬ娘に歌や踊りを教え込み、泣かしたりいびったりと、サディズムあふれる番組である。こんなの小学生が見ちゃっていいんだろーか。コレにより、
「ああやっぱり芸能界ってタイヘンなのね私市井の平凡な一小学生で良かったわあ」
と、夢見がちな小学生に気付かせるための番組なのだろーか?

1月18日「ラム男」

 某日JIMMY君が革ジャン着てた。腕をとったら、持ち加減が本皮バッグのようだった(そりゃ、牛皮だから)ので、「アナタってバッグみたいネ」と言うと
「バカなこと言ってないで。」で会話が終わってしまうのだった。
 また或る日、JIMMY君に触れようとしたらば、季節柄バチッと静電気に打たれた。カナリ痛かった。さわるたんびに電撃を食らうので、おちおち近寄れない。そこで彼に「ラム男」というあだ名をつけてあげることにした。「ラム」はもちろん高橋留美子の「うる星やつら」のラムちゃんである。ラムちゃんは浮気したり、怒った時だけ電撃を恋人に浴びせるのだが、ウチのラム男はおかまいなしに電撃をくれるんで困っちゃうよ。 

1月17日
「誤変換御勘弁」

 日常の小さな、しかし思いがけぬ笑いを提供してくれるもの、それは誤変換だ。パソコンで文章打っていると、誰でも経験のあろう誤変換。その一例を下記に。
 「ぶしょうなわたし」→『武将なわたし』
 ズボラな意の「不精」のつもりだったのが、ヤケに強そうになってしまった。
 「かみのけ」→『神野家』
 「髪の毛」のつもりだった。神だのみでも、なんでもいいから生えてほしい。
 「うらじじょう」→『浦路嬢』
 それはないでしょ。「裏事情」だっつうに。パソコンよ、おまえのIQいくつよ?
とまあ、くっだらない例であるが、もっと面白いのがあったのに忘れてしまったのだよなあ。

1月16日
「ガ〜ン!」
 
 新年早々から謎の臓器出血!医者からガンの疑いありと宣告!不安に泣き狂う私!八つ当たりで疲弊するJIMMY!と、プロジェクトXのような幕開けのわが家。
 今日、病院行って来ました。細胞診の検査結果出ました。ガンではないです。感染症でもないみたいです。原因不明の出血ということで、経過観察です。Keep obs.ってやつです。再度出血したら、対症療法で病巣?に直接止血剤打つらしいです。ということで、とりあえず一段落したのでした。専門医にも原因わからないってのが、少々不安ではあるけれど、まあ手術や投薬しなくてもよいらしいので安心。はたして原因なんなんだろー、過労かストレスなのかなあ…医学でわかることなんて、ほんのちょっとさ。 

1月15日
「パソトラブってギャーン」

 昨日はパソコンがおかしくなり、フォントが一部表示されなくなったりして、JIMMY君は復旧に奮戦しておりました。使わないようなフォントが消えるならかまわないのに、ポップ体とか多用するものが消えちゃうんだもんな。パソコンってブラックボックス。
 えーと、ついに明日、検査結果が出ます。××でないと良いのだが…。
p.s.フォント復旧!JIMMYくん、サンクス!彼にもなんだかよくわからない機序で治ったそう。

1月14日「ハンブルグ素敵」

 昨年のワールドカップの余波で、ドイツとイタリアのサッカーが好きになったわたくし。今はどうしているかというと、ささやかながら?ドイツ製の入浴剤を愛用したり、通販でメイド・イン・イタリーのブラを購入したりしている。別にカーン様がハチマキ&ニッカボッカで岩塩を採掘しているわけではないし、デル・ピエロ選手やトッティ選手がランジェリー工場でブラの縫製しているわけはないのだけれど、気分、気分。まあいいじゃない、ひいきだよ。
 今年はドイツサッカーが民放でも放映されるといいなー。ジュビロの高原選手(このひとの豪快なサッカーがイイ!)がドイツ入りしたことだし。

1月13日
「サムタイムキイキイ」

 引越しの後片付けで、おうちで連休が過ぎてゆく…。しかし、なんともまったりゆっくりとした、和やかな休日となったのでした。時々、病気(ただいま検査結果待ち)が不安になってキイキイ騒いじゃったんで、JIMMY君はあんまりのんびり出来なかったかもしれないな。ゴメン。
 ゴメンといえば、JIMMYって私が「ごめんね」と言うと、必ず「何がッ!?」て聞き返すんですよね。せっかくわたくしが反省して歩み寄ろうとしているのに、カンジ悪いざあます!!謝るたびにいちいちブッキラボウに問いただされると、「ひとが謝ってんのにその態度は何じゃウラー!!」という
怒りがフツフツと沸いてしまい、再び戦闘モードに突入することもしばしば。相性の良くない二人。性格が合わぬことを嘆いていると、彼は
「考え方が違う二人が、敢えて一緒にいることが、素晴らしい」
だって。なんてポジティブシンキング、とても真似できませ〜ん。

1月12日「魅力的ソニン日記」

 JIMMY君が12年のお付き合いの私に飽きてきたのか、他の女の名前をしじゅう口にするようになってきた。彼女の出てるドラマも、私がフロ入っている間にこっそり見ていたらしい。なんだろう、本当にワタシタチ倦怠期かしら?
 その女の名はソニン。幸薄い女性である。でも、私だって幸の薄さでは人後に落ちないのである。生まれ育ちはアレだし、いまや××疑いで検査結果待ちなんだから。
 モー娘。の花、矢口真里の場合はJIMMYはファンであることを公言している。だが、どうもヤグチは私のジェラシーをそらすための当て馬、レッドヘリングであるようだ。彼の本命の娘は他にいるらしい。それはモー娘。の構成員の誰かでは?と疑っていたのだが、EEJUMPとは盲点であった。乙女の胸を悩みで焦がすとは、まったくJIMMYは罪深い男である。

1月11日「魅力的あやや日記」
 
 もう月の3分の1もたってしまったというのに、何にもしていない。もうダメだ。
 昨夜はJIMMYと二人でいただき物の赤ワインをあけたので、へべれけでありました。美酒は人生の憂さを一時忘れさせてくれますね。頼りすぎてはいけないけれど。
 昨日モー娘。カレンダー2003の手抜き具合に立腹したのですが、JIMMY君が50%OFFで購入した「松浦亜弥カレンダー2003」はすんげえすげえ良い出来!!コスプレ度&季節感ありありのやる気あるカレンダーでありました。始めからコッチを買っとけばよかったかナ?

1月10日
「魅力的モーヲタ日記」

 「アンタにとくに魅力はない」(1月9日付け発言)
などをはじめとする、JIMMYの問題発言で揺れる我が家ですが、なんとか生きています。JIMMYの野郎、基本的に病人に対する心構えがなってないんじゃねーか。
 ところで私、昨年度はアナログ(紙)で「ミニモニ。カレンダー2002」を、デジタル(CD-ROM)で「モーニング娘。カレンダー2002」を満喫したのでした。ミニモニ。は4人の人文字&メルヘンチックな構成が楽しく、モー娘。はそれぞれシェフやウェイトレスにコスプレしてるという、なかなか粋なカレンダーだったのです。
 ところが。CD-ROMカレンダー、2002年12月を最後にパソコンの画面から消去されてしまい、寂しくなった私はJの字の野郎に質問したのです。
「ねえ、CD-ROMのカレンダーって、2002年が終わっちゃっても見れるんでしょー?」
「見らんないよ。知らなかったの?」(←J)
「エッ!!じゃあ、プリントアウトして保存しとくのは…!?」
「出来ないよ。ふた月ずっと見てたんだから、いいでしょ。」(←J)
 あなや!!もうCD-ROMのカレンダーなんて金輪際買いませんよ!紙よりコンパクトでいいねーなんて喜んでいた自分が浅はかだったわ。あのかわいいシェフ姿のあいぼんが、ウェイター姿のソムリエ風やぐタンが、お客の食いしん坊ののが、もう二度と見られぬなんて!よよ。
 この教訓を生かして、もう2003ミニモニ。カレンダー(紙)がウチにあるのにもかかわらず、私
モー娘。2003カレンダー購入しました。ところが!!今回は12人っつーことなのか、1枚に二人ずつ拡大顔面が載ってるという超・手抜きヴァージョン。何ですか、実物大(よりもデカイが)だから、好みの娘にキスしろってことですか?しかもみんな表紙と同じ衣装の、一年中着たきり雀ときたもんだ。季節感皆無!嗚呼、去年のコスプレ魂はいずこに!?よよよ。せっかく12人なのだから、十二支のコスプレ(もち、あいぼんはウ・サ・ギ&やぐはネズミ、辻はひつじ♪)とか12星座のコスプレなんて企画は出なかったのですかっ!?ハロプロの上層部の方々、手抜きでも売れるからいいやなんて思ってないですか?
p.s.上記モ―娘。カレンダー2003、書店で10%引きになっていたのを買ったのが、唯一の救い…と思っていたのに、今日近所のスーパーで50%オフになっていたよ。とことんついてねえ。

1月9日「今日はやつあたり休み」

 JIMMY君、たいへんおつかれ。家に帰るとすぐ風呂入って寝ちまうので、会話がありません。まるで倦怠期の夫婦のようです。メランコリー。あんまり私を寂しがらせると、通販で山ほどなんか買うぞ。
 実は、前々からやりたかったことでもあるし、病気からの逃避の意味もあって、最近ジオシティーズの無料HPに登録してみた。今までなにも知らなかったんだけど、ジオシティーズって内容ごとコミュニティに分かれていたのね。読書HPにしようと思ってたんで『Bookend』というところに登録しようとしたら、空きが無いという。本のHPにする予定なのに…と無念しきり、仕方なく他をあたることに。
 「女性の趣味」の『PowderRoom』ではなんとなくイヤだし、「自己紹介」の『HeartLand』なんて語呂がいいかな、と思ったら、ココがエラーになってどうしても入れない。結局、
「なにひとつ思うようにいかないんだああ」
と、JIMMY君に泣きつきながら当初想定していなかった場所に登録。JIMMY君に迷惑かけつつ、作っていく予定なので、完成の暁にはどうぞよろしく…。

1月8日
「やつあたり週間3日目」

 JIMMY君もお仕事平常モードになり、たいへんそう。私はどうも具合わるいい。さすが、××の疑いだけはある。きっと××という診断がついたら、JIMMY君が「きみは××なのだ〜♪」って歌ってくれるだろう。10日後なんでもなくて、「あんた騒ぎすぎなんだよ!」ってJIMMY君に怒られたらしゃくだが、今回ばかりはそうなってほしいな。
 すんげえすげえ(by松浦亜弥)寒いこのごろですが、××でないもうひとつの方の病気だった場合
は、体をあっためてはいけないらしい。暖めると炎症がひどくなっちまうのだとか。あああ寒い寒い。

1月7日「やつあたり週間2日目」

 寒いですなあ。あ〜なんだかビョウキのことしか考えらんない。治る病気だといいなあ。まだこのトシで死にたくありません。
 JIMMY君に当り散らしつつ(だってこのヒトおおらかのんきすぎて頭にくるんだもん)、書店に連れてってもらって「CREA2月号」犬特集を購入。CREAって、毎年新春に犬特集を組んでるみたいな。ダイナミックな犬グラビアで、しばし不安な心を慰めるのでありました。

1月6日「やつあたり週間1日目」

 某所の新年会に潜入。うんと楽しかったのである。ああ、いいなあ。
 …ええと、新年早々体調不良、謎の出血などのため病院に行ってきましたよ。細胞診の結果は10日後に出るそう。仕事も行ったよ。行かないと借金(学費ローン)払えないしな。JIMMY君は、ヤサシーから「オレが払ってやるから休め」なんて言ってくれるけど、行けるうちは行こうと思ってな。だって、やっぱり通販でムダ使いもしたいし…。
 病院行く前は、不安でJIMMY君に八つ当たりしてしまったりもしたが、検査結果待ちの今は病院受診前よりもラクな気持ち。何の投薬があるじゃなし、状態が好転したわけでもないが「とりあえず病院行ったから、あとは結果が出るまでやることないもんね」という、病院に下駄を預けた一種のモラトリアム状態が居心地よいのかもしれぬ。10日後までは、病気のことはいったんカヤの外に置いておこう。そして好きなことして生きるのさ…。
p.s.山名沢湖さんの初コミックス「いちご実験室」購入。イイ本です。みなさま、買い!ですぜ。

1月5日
「つかのまのHOT」

 セシールから届いた、韓国産の試供品を試してみた。ニンニクとトウガラシをブレンドしたあずき色のカプセルで、12時間効力が続くというもの。飲んだらたしかに、体がホカホカしてきて、部屋の中ならシャツ1枚でいいほど暖かい!いつも冷え冷えの手足の先端もぬくぬく。すんげー、こりゃ効く!…と思ったが、3,4時間で温感はもとどおりに。すっごく暖かかったのに、残念だなあー。
 いよいよ明日から仕事。JIMMY君を(可能なら)助けつつ、自分の体調を維持しつつ、なんとか暮らしていきたいものである。2日間カゼで寝込んでしまったために、冬休みが短い気がする。ソンしちゃった気分である。

1月4日「ヒスってキョ〜」

 2日も風邪で寝つぶしてしまったため、なんか今年の冬休みは短く感じる…。
 JIMMY君と、1日、2日の両方ケンカしてしまいました。彼はきっと
「けんかではなく、アンタがヒスっただけ」
って言うだろーなー。
 JIMMY君はストレスのせいか歯軋りなさるので、夜中起こすかどうか迷ってしまう。起こすのは可哀想だけど、歯軋りやめさせないと顎がいたんじゃうだろうし、睡眠の質も良くないはずだし…と悶々とするのでした。そんな私は扁桃肥大のせいでいびきをかくらしい。JIMMY君、すまねえ。

p.s.ミニモニ。が出るというので、『志村けんのバカ殿新春SP』を見た。ところが、出演者のテロップが「ミニモニ。」ではなく「ミニモニ」になっとるではないか〜!?
「きっと、ホントのミニモニ。じゃなくてそっくりさんが出るんだあ!」
と騒いでJIMMYを困らせる私。その後ミニモニ。はちゃんと出たんだけど、何をするでもなく、数分で引っ込んでしまった…出演、あれだけなんですかあ(涙)、あれだけのために、4人はわざわざ着物を!?
 しかし、久々に「バカ殿」見たら、こんなエロティックな番組になっているとは夢にも思いませんでしたよ。女性と泡風呂だの、小人になって女体に潜入だの、パンティはいて踊ったりだの、PTAから苦情がきそうである。JIMMY君は、
「志村けんほど大物になれば、好きなことをやってもいいということをコドモに教えるための番組なんだよ。」
なんて言ってますけど、そうなの?
 鈴木光司「リング」のパロディもやっていたので、
「リングの呪いのビデオを見ると7日後に死ぬ、というのならば、臨終間近な人にビデオ見せれば、6日分寿命が延びるのではないか」
などと考察しつつ、今日も夜がふけゆくのでした。

1月3日
「イケてるバンド大作戦」

 イケガヤくんと3人でカラオケに行きましたよ。それは、イケガヤくんとJIMMYが作ろうとしてるバンド『サイクロンうなぎトロピカル』(命名イケガヤくん)のための、習作としてのカラオケなんである。勿論、歌ってるより論議してる方が長いという、異色のカラオケだったのは言うまでもない。
衣装から持ち歌までが決定し、あとは練習&公開を待つだけの夢のプロジェクトに立ち会えて、幸福至極の1日だったのでした。by楽器も歌もペケな女。

1月2日
「SPAMしょっぱい」

 12月19日の日記に記した、『SPAM缶詰』を食べてみました。カゼひきの私のために、JIMMY君が「ピーマンとSPAM炒め」を作ってくだすったのです。
 この日のために?買いかえてあったIHジャー炊飯器で炊いたご飯、外食のご飯の味がするよ!先代の13年モノのマイコン炊飯ジャーで炊いたのと、味が違いますヨ。買いかえてヨカッタなあ。少年ジャンプで、荒木飛呂彦が「炊飯器買い替えたら味がぜんぜん違う」と言ってたのは本当だった!!
 肝心のSPAMのお味の方は、一言で言うと「しょっぱい」。コレで「減塩25%SPAM」なら、
フツーのSPAMって、どんななのよ!?

1月1日「くる年」

 新居で迎える新しい年、みなさま今年も当HPをよろしくお願いいたします。新居はいまだ未開封のダンボール(たくさん)ハウスですが、朝晩お犬サマの遠吠え(from上の階のベランダ)が聞こえてきて、犬好きにはステキな環境です。
 実は…年賀状は住所録を膨大なダンボールから捜索中なため、出すどころかまだ書いておりません(ガーン!!)JIMMY君、たすけて!!つうか、モー娘。漫画はいつになったら描けるのかナ?


トップ アイコン
日記もくじ



直線上に配置