直線上に配置
PNU日記
2003年4月、スプリングビョンビョ〜ン!

4月30日「Gが来る!」

 はああ、4月ももう終わりだ!早いよなあ。今度のCOMITIAは新刊なしのため、のんびりやります。次回の9月には、今回間に合わなかったモー娘。の本か、ホラー個人誌か、医学4コマ本のいずれかが出ている予定。ていうか、今回二兎も三兎も追いすぎ…。
 以下、ちょっとイヤな話。昨日デパートの書店で「死ぬかと思った4」を買ったわたくし。ここんとこずっと腹の具合が極悪で、お手洗いに急いだのですよ。個室に入って闘いの火ぶたが切られた後、扉の隙間から、何かが入って来ようとしてる?それは一匹のチャバネGだっ!!いやあああ!!来ないように息フーフー吹いて押し戻そうとしたのだが、かえって逆効果だったらしく、わたくしの吐息にまっしぐらに寄って来るG。腹痛いし、最中で動けないし、Gが万一背中にでも乗ったらどうしよう…と死ぬかと思いました。

4月29日「ソニン見るぜぇ!」

 今日は、国民の休日のはずなのに、JIMMY君は仕事に出るという…。どぅーなってるの!?ニッポン!!そうそう、焼津で行われるソニンのコンサートチケットが取れました。ハロプロ系の人をナマで見るのはこれが初になります(JIMMYのやつは市井握手会に行ってるけど)。娘。が絶対やってこない、地方の市民文化会館に来るなんて、いかにもドサまわりっぽいというか、ソニンに課せられたお仕着せの薄幸なイメージ「らしい」なあと思うのでした。

4月28日「早起きはマンガにお得」

 イベント前はいつも不調、だがイベント後もなんだかままならぬ私。でも今日は朝早く起きたのだ。このまま朝起き癖をつけていくのだ。そしてマンガを描くのだ。もう1年の3分の一が過ぎ去ろうとしていることに、恐怖をおぼえる。こんなに月日がたつのって早かったっけ。松本人志が「人間、30過ぎると早いでぇ〜、とおかんが言ってたワ」っつうのは本当だね!!無為に過ごすのではなく、いい歳のとりかたをしたいものですね。
 そんなわけで、3冊で打ち止めにするはずだった娘。本を新たに作りたくなってしまいました。マンガネタは残り少ないので、イラスト&ショートストーリーといった本にしようと思う。5月5日にはもう間に合わないので、9月かな…。JIMMYは「ソニン本。」なんてつぶやいていますが。タイトルは「I LOVE 亜依」か「あいぼんのアイは亜依の愛」にしようかなーと画策中。

4月27日「初めてのモー娘。オンリーイベント」

 今日はガールズアリーナに行ってきましたよ。B5&カラー表紙が人気の昨今、うちの既刊はA5、一色刷なのだ!1冊も売れなかったらどうしよう…と思っていたけれど、フタを開けてみればそこそこ売れました。さすが娘。オンリーイベント、いつものCOMITIAよりも売れ行きが良かったくらいでした。これは昨日午前様で手書きカンバンを作ってくれたJIMMY君のおかげもあることでしょう。ありがとうJIMMY君!!
 そして今日は、なんとなんと、加護ちゃんを愛する同士・原宿さんにお会いできたのでした。ハッピィ!!とっても爽やかでナイスガイな原宿さんと、加護ちゃんとの心温まる暮らし(妄想)を綴った同人誌「ももかご」は、5月5日コミティアで委託販売いたします。サークル名「JET MEGANE」、限定5部です。欲しい人はチェックお忘れなく!
 今日の何が嬉しかったかって、サークルの本全種類買ってくださる方々がいらしたこと。本当にありがたいことです。これからも、「絵はシロウトくさいけど、読んだら面白いよねっ」というサークルを目指して行こうと思いました! 

4月26日「イベント前はいつも不調」

 昨日は久しぶりにお友達のOさんとペット話などをして、楽しかったのでした。
 しかし、夜半から体調が崩れてしまい(いや、2,3日前から崩れ気味ではあったのだが大崩れになり)、雪隠の住人にならざるをえないのでした。う〜ん、こんなことで、明日のガールズアリーナは大丈夫なのか!?

4月25日
「お菓子部分の美味しい食玩」

 近頃の食玩。黒潮コメッコは、順調に集まりつつある。良いことである。菓子がかつお風味のコメッコ(せんべい)なのも良い。チョコラザウルス(あめ)、チョコQ(チョコ)、タイムスリップグリコ(キャラメル)といい、もう甘いものはウンザリである。
 だいたい私、甘いものが好きじゃないんである。生まれてこのかたアズキが食べられないし(甘ったるいのでダメ)、二十歳過ぎるまで生クリームも苦手でケーキ食えなかったし(今ではJIMMY君の影響でケーキ好きです)ね…。
 カレーはバーモント甘口でないとダメというくらい辛いものも嫌いだし、酸っぱいモノも気が進まないし、苦いのもちょっと…私何が好きなんだろ?と考えたら…しょっぱいもの、かなあ。適度に塩味。たとえばビフテキとかビーフジャーキーとか。でもそれって、味そのものじゃなく、単に肉好きってことか?

4月24日
「好きな人と、気楽に暮らす」

 体調不良続行中。
 おとといはちょっとアンラッキーなことがあったために、二人で家でチューハイ飲んで酔っぱらって寝ました。JIMMY君はオレンジ味、私がグレープフルーツ味。ナチュラルチーズをつまみに、飲み終わったらバタンQ。たまにはこういうのもいい。
 
4月23日「やりたくないことは、もうやらない」
 
 う〜んどうも、体調がよくないのだよ…。昨日はナカシマくんちへTELしちゃって、グチを聞いて
いただく。全くはた迷惑な女である。そういえば、K大から書類が来て「研修医中断期間が最大4年になりますが、延長しますか辞めますか」という。もうとっくに辞めた気になっていたのでなあ。4年前辞表も出してきたのに、何で受理されていないのか、謎。もう1回書かなきゃならないのかよ。もうこの歳にもなって、「ブラックジャックによろしく」を実践する気はございません…。

4月22日
「カビョ〜ン!」

 JIMMYと仲直りして、朝は早起きして「今日のわんこ」も見たし(しかも好みの犬だったし)ルンル〜ン、あったかいから冬物しまって、春物出そうかしら〜なんて押し入れ開けて、衣装ケース出したら…ぐわっ!!カビ!黒カビ、青カビ、白カビオン・パレード!しかも押し入れの後面くまなくビッシリ!腰が抜けるかと思いました。何でこんなに生えるんだよ…お墓やトンネルじゃないんだから…心霊スポットのごとき様相を呈する押し入れ!!カビってカラダに良くないのにィ!!
 こんな状態じゃとても暮らせない…と急遽バイトをお休みし、歩きで(地球に優しい女!)片道1kmくらい離れたDIYショップまで行き、桐のすのこやら湿気取りやら買って来ました。帰宅し、後はひたすらカビを取る!取る!!映画「ベスト・キッド」のカンフーの訓練かっつーくらいガッシガッシと取りまくる!!アルコールティッシュじゃ取れないので、ぞうきんに漂白剤含ませて拭きまくり。それでも色素が残って取れない…なんという生命力であろうか。桐の衣装箱がカビて悲しいので、買って来たサンドペーパーで磨きまくり。やや薄くなったところで体力アウト。で、気づいたら17時半過ぎていて、JIMMYが帰ってきました。ウヘーしんどかった…。
 結局、マンションの構造上居間と寝室の温熱が押し入れでぶつかり合い、湿気がこもったらしい。そして、押し入れの壁面がどういうわけか段ボールのような「紙」で出来ているのである。カビが生えるわ、拭いたら破けるわで…モー、知らん。JIMMY君、なんとかして〜!いつもエバッてるから賢いんでしょーキミは!!

4月21日
「正義感ぶりよって」

 この土日は泣いたり熱出したり、冷えたり腰痛に薬塗ってもらったり、とJIMMY君に多大な迷惑をかけつつ生きる私…。JIMMY君があろうことか
「図書館本の又貸しはできない。アンタ外で本なくすかもしんないし」
なんて言うので(それにしても、家族で又貸しって言うか)、
「結局あなたは私を信用してないのよね!いいよ私もあなたのこと信用してないから!出張したらヘンな店行ったり現地妻作ってないか心配だし、私が寝てる間にエロサイト見てると思ってるくらいには信用してないんだから!!」
などとケンカを売ってしまったのであった(買われなかったけど、ケンカ…)。

4月20日
「結局名前は何なんだ」

 そういえば、清水エスパルスのマスコットは「パルちゃん」という耳が羽根になったオレンジ色の犬…みたいな想像上の生き物なのだが、ホームゲームだとパルちゃんの着ぐるみが出て来るのである。着ぐるみなのに、ヘソ出しチアガールと一緒にチアダンスも踊るし、バク転かましたりもするパルちゃんである(ポンキッキのガチャピンの中身と同じ人かしら?)。
 見ていたら、背番号の異なるパルちゃんが三体出てきたので、
「なんで3人もパルちゃんがいるの?」とJIMMYに尋ねた。すると
「あれはパルオ、パルミ、パルヨというのだ」
などと言うので「ふ〜ん、よく知ってるね〜」と言ったら
「冗談だよ。」だってさ〜この人はっ。信じちゃったじゃないか!!プンプンですよもう。

4月19日
「目の前でゴール見たかった」

 今日はJIMMY君と、清水エスパルス対ジュビロ磐田戦をエコパに見に行きました〜。エコパ、でかい!きれいなスタジアムで観戦ですよ。しかし、私は前半終了間際におなかが痛くなり、ご不浄に…チケットはトイレ行く時も忘れちゃーいけません。私ゃもう少しで、JIMMY君に場内呼び出しかけるところでした。これからは気をつけよう…。
 後半はジュビロの猛攻が続き、ジュビロ側ゴール付近にいた我々からは、遠いエスパルス側ゴールで2回もゴールが!!エスパルス、負けちゃいました…。静岡のチームだから、ジュビロもエスパルスも同じくらい愛しているのだけど、いまだに勝ち星のないエスパルスは今日の負けでビリになっちゃったよ〜!負け癖が付いたのではない、と思いたい…。サッカーはめまぐるしくも楽しくて、また見に行きたいと思うのでした。
p.s.暑いからいいも〜ん、と半袖で出かけた私は、夕方ブルブル。そしたら、「ほれっ」と膝掛けとウインドブレーカーをかばんから取り出すJIMMY君。どうしてそんなに用意がいいのだ。君はどらエモンか。

4月18日「オレにも図書館カードよこせ」

 今日は私の仕事が休みなのに、JIMMY君が職場の飲み会で遅くまで帰ってきません…。つまんないなあ。なんだかJIMMY君に依存してるような気がしてきたので、ひとりで図書館行こうかな。県庁所在地の図書室入り浸って、めぼしい本を読んで来ようっと!(アイディアをくれたkurokoくん、ありがとうね!)

4月17日「月40冊読書の苦悩」

 JIMMY君には迷惑をかけたけど、まあ、なんとか平常営業しております。地元の図書館の困るところは、本が少ないのもあるけれど、その少ない本の状態が悪い(手垢以外の物質の付着が多すぎ)ことと、家なき爺さんがいっぱいいるところですかね。サロンになってんだよね。館内いたるところで、つんざく臭いが…(以下略)。あとは、家で居場所が無いらしきおっさんが、ものすごいタバコ臭を発散させながら、本棚によりかかっていたりとか…。館内禁煙なのに、あんなにタバコ臭がするってことは、そうとう喫ってんだろうなあ。勢い本までタバコ臭くなっているから、借りてきた本に家で香水かけたりする私であった。ゴメン、だってそうでもしないと気分悪くなって読めないんだもん…。
p.s.ジーコジャパン初勝利、めでたいよね!韓国チームの連携プレーはかなり上手かったけど、勝ててうれしかったー。

4月16日「今朝も思い返して泣きわめきました」

 図書室が!市内に住んでる人でないとダメなんですって!!市外から通勤してる場合は、勤務を証明できる書類が無いとダメとか。私の身分は日雇い扱いのバイトだから、証明なんて出してもらえない…。ああ、Y市の3倍の蔵書がああ〜っ!!!帰宅途中、読みたいやら悔しいやらでおんおんと泣いてしまったのでした。でも、私が無言で涙を一粒こぼすと、サッとテッシュを差し出すJIMMY君、なんでそんなに手回しがいいのよ、イヤミだわ!!よけいなお世話なのよ!!だいたいテメーは権利があるから借りホーダイのくせに、「又貸しになっちゃうからダメ〜」なんて憎々しいことをほざきおってからに…。地元のチビい図書館で耐えるしかないのかっ。ああ、大金持ちになって、新刊ハードカヴァーを全部発売日当日に買いたい。買い占めたい。そして、つまんない本はソッコー中古に売りたいのだ!!願望が叶う日は果たして来るのか??

4月15日
「地図のない旅トンチキ編」

 昨日のわたし。無謀にも、地図も持たずに静岡市役所に向かいました。目的は、庁舎3階にあるという図書室。なんかお堀とか森とかある方かな、と思ったので理由もなく木立目指して歩いてみた。摩天楼のそばにあった立て札は…県庁。ん?県庁と市役所って同じ建物なんかな?名前が違うくらいだから、違うのだろうと推理して、来た道を戻る。無駄足になって悔しいのでお堀でイチャイチャしていたカモのカップルを、カメラ付きケータイで激写!アオクビガモかしら、かーわゆい。イイモノを見た、と横断歩道を渡ると、そこに警察署が!そーだ、道とは交番で訊けばいーのだ!と交番へ向かって歩き出した。すると、交番への道のり(10mくらい)の途中に、なんと有事の際の避難所案内板があるではないかっ!ビンゴ!市役所って書いてあるよ、市役所…って、エッ!?避難所案内板がかかってる建物が、そうジャン!探し回って県庁まで行って、バカを見たよおー。意気揚々と図書室へ向かうと、電気消えてる…そう、第二月曜は休館日だったのでした。TELで確認すりゃー良かった!ああ、ツイてないっ。
 運のなさを嘆いてJIMMY君に話したら「運とは別なところに問題があるのでは」だってさ〜。

4月14日
「寡黙美容師希望」

 JIMMY君が髪切ったので、私も髪ネタで。なんか3月に切ってショートにした髪が伸びてきちゃって、ビョンビョンはねとります。朝の頭は紅い牙・狼少女ランでございます(古っ…今はメイド漫画家になってしまった、柴田昌弘のいい仕事。といっても、超人ロックのパクリみたいな髪型である。ESP持ちのエスパーの人は、みんなあんな怒髪天を突く、みたいな髪型にせなアカンのか!?)。
 また切りたいけど、美容院行くと客のこと根ほり葉ほり訊くじゃーないですか。年齢から家族構成から職業から住まいまで。まるで尋問ですよ。内閣情報部が各地の美容院にエージェント送り込んで、国民の身元調査させてるんじゃなかろうな。寡黙な美容師さんがいる店あったら行きたい〜。美容師とコミュニケートしたい人も中にはいるんだろうから、店頭で饒舌/寡黙が選べると良いね、ウン。実現をノゾム。

4月13日
「ハムにぎり」

 JIMMY君が床屋に行きました。私が「ゴブガリアンは、いや!!」と声高に主張したゆえ、今回は五分刈りじゃあなくちょい長めです。よかったよかった…だって刈り上げると、JIMMY君幼く見えちゃうからさあ。そんでもって、静岡で待ち合わせてデート。
 なぜか公園で「バス祭り」なるものが行われており、動物園からかわゆいドウブツたちが来ているではないですか!!ミニ馬、ヒツジ、ハムスター、ヒヨコ、モルモット、ウサギという充実の草食動物ラインナップじゃよー。さわろうかとも思ったけれど、すでに多くの子供たちによってオニギリ状態になっている(両手でギュウギュウつかまれている)姿が哀れをさそうので、見るだけにいたしました。オトナです、私たち。その後、駅ビルでハードカヴァー本運搬用のバッグ(カーキ色でヘビ柄合皮というハデなヤツ)買ったり、布屋でイベント用の敷物(ライトグリーンに真っ赤なりんごが飛び交うめでたい柄)買ったりして家路につきました。

4月12日
「ブタに乗って脱出を試みるアニメ」

 今日は二人とも仕事が休みなので、JIMMY君がどこからか入手してきた『あしたのジョー』のDVDを見てます。私、今までジョーって見たこと無かったんだよ。びっくりしたのが、ジョーって悪いヤツなんだな〜ということ。暴力少年で、いきなり少年院入っちゃうし。でも強いんだよね〜。強さに対する執念が、他のチンピラとは違うんだよね。
 そして、ジョーの秘めた資質を見抜いてにじり寄る、丹下のおっちゃんのヘンタイ的なこと。「ウヘヘヘ…」とヨダレをたらしながら、肩をつかんでくるおっちゃんの姿は、ほとんど妖怪です。水木しげるの妖怪図鑑に載ってましたよね、みたいな。
 ドちんぴらのジョーに比べ、ライバル力石が実に紳士的。少年院に入所した理由からして違うもんね。ジョーに寄せる友情もあつくて、力石って善人なんだなと思ったです。
 しかし、昔のアニメとは思えぬくらいのド迫力!これは演出の勝利ですなあ。特殊効果なんて所詮は目眩ましでしかなく、演出さえよければ技術なんて本来そこそこでいいんだろう。吹き飛ぶ血しぶきといい、荒れ狂うブタの群れといい、打たれたジョーの、まるでジャンキーのごとく恍惚とした表情といい、実にホラーな物語なのであった。

4月11日
「余命幾ばくもなし?」

 最近ドラマ化される漫画について一言。
「動物のお医者さん」これは高校生だった十ウン年前から大好きな漫画なのだ。ヘタに原作のファンだとイメージがちがう!とかで楽しめないから、ハスキー番組と思って見ることにします。主人公ハムテル役の子が、やっぱ似てないもんなあ。髪型からして漫画とちがうし。どちらかといえば、ハムテル=まじめ、二階堂=アバウトなのに要領の悪いフツーの人、なのでキャスト逆だとちょうどいいのだが。しかしドラマとしては、主役に花が無いとダメなんでしょうな。
p.s.昨日はいきなり胸が痛くなってまいりました。胸つーか、心臓ですね。10分以上痛み続けるので、狭心症か心筋梗塞かと思いました。吐き気と頭痛もして、ホント困りました。その場で治らなかったら救急車呼ぼうかと思ったよ…。まだ見たいTVも小説もたんまりあるし、お友達とも遊びたいし、サッカーも見たいよう。JIMMY君には「きみといて私は幸せだった」と早めに遺言しときました。病院嫌いだけど、これが繰り返されるようだと行かないとマズそうだなあ。

4月10日
「TVガイダー」

 TV−Brosを年間定期購読契約したばかりなのに、好きな加護亜依ちゃんの出るドラマ「こちら本池上署」と好きなシベリアンハスキーの出る「動物のお医者さん」のためにTVガイドを購入しなければならないことになった!何が違うかって、「TVガイド」は写真が大きく、しかもカラーなのだ(雑誌だから紙質よくないけど)!Brosが中部版しかなく名古屋のTVが主なのに対し、ガイドはちゃんと静岡版があるしね。そんじゃーガイドだけにすれば?と思うけど、Brosはエッセイ誌として見所があるので切れないのである。町山智弘のキッツーイコラム、松尾スズキの隣の絵描いてる人(いっつも名前覚えねえなあ)、海洋堂専務の奮戦記などがあり、これらが載っているうちは買いつづけねばならんのです。100円くらい高くなってもいいから、合本になってくれないかしら。手間がはぶけるのに(あと、BrosはAV紹介コーナーをなんとかしなさいね。弁当食いながら見てるときに、モロ写真が載ってるとダイエットになっちゃうでしょ。どうしても人気があって辞められないのなら、せめて写真を選べ!フユカイじゃ。)。
p.s.昨日「これで最後だあ!」とまたまた色占いをやってみた。色は黄色だったが、
「やったー、やさしさ30%になったよ!」とJIMMY君に報告すると、
「バカが何回もやってんじゃないよ。」とお叱りを受けるのであった。だって、なんかJIMMYばっか優しいとか言われてシャクだったんだもんね。

4月9日「春のアレ〜」

 あっという間に桜は散ってしまいましたね。以前通ってた大学は桜並木があって、桜吹雪の中、花びらの絨毯の上を散策するのが好きでした。しかし、同じ場所に並んで植わってるのに、もう葉桜になりきってるヤツと、これから満開なヤツの差が出来るのはどうして?
 春は冬の間ひきこもっていたアレな人たちが外へ出る季節(昨日も電車内で、独り言をつぶやきつつ乗ってきたにいさんが、座る私の真ん前でユラユラ揺れながら詩を朗読!席たくさん空いてるし、他にもたくさん人おるやんけ!何で私の前に来るんじゃ!なにゆってんのかわからんし…)でもあるので厳しいが、れんげや沈丁花など、花が次々咲くのは良いですな。

4月8日「心の余裕と占い」

 Yさまのサイトで話題の「色占い」。前回、野心度90%、やさしさ10%になってしまったのだった。JIMMY君はなんとやさしさ80%。悔しいのでもう一度やってみた。今度は「どちらでもない」を極力少なくしてはい・いいえでクッキリ答えてみた。すると…野心度100%、やさしさ0%に!!キャー。より悪くなってどうするよ。やっぱりいけすかないので、今日思いっきり「どちらでもない」を増やしてやってみた。色は毎回黄色なのだが、今度は野心度80%、やさしさ20%であった。
 どうもこの占いでは 野心+やさしさ=100 という等式が成り立っているらしい。
つまり 100−野心=やさしさ ということだ。野心があってもやさしいという人もいると思うのだが。いや、私のことではなく。また「どちらでもない」を増やすとやさしさがUPしているので、やさしい=優柔不断ということも言えそうだ。
 まあ、そんなには気にしていないのだが「アンタやさしくないよ」と言われているようで、少々シャクなのだった。私は占いが以前嫌いだったが、今は余裕が出てきたので精神的スパイスのようなものだと思っている。人生における占いとは、ラーメンにかけるコショウ、ペペロンチーノにかける粉チーズのようなものである。各人のお好みで。あってもなくても良し。大勢に影響はしない。
 私の母厨という人が、占い信じまくり・ジンクスかつぎまくり・宗教カブレまくりという三拍子そろった厨だったので、幼い頃は非科学的なモノに非常に嫌悪感を抱いていた。今ではJIMMY君のおかげで、ファンシーなものを無心に楽しめるようになった。ゆとりが出て良いことである。 

4月7日
「土日共外出はちとキツいか?」

 なんだか今日筋肉痛ですよ。サッカーも見に行っちゃったしね。ふだんは土日っつうとごろごろしてるからねえ。でも、活動していた方が楽しいので、無理ない範囲でいろんなことをしたいものです。
 今日は晴れなのでひたすら洗濯!洗濯!洗濯!洗濯機はとてもベンリだ。これだけの分量の洗濯物を、昔ながらに洗濯板で洗ったら血を見ることであろう。文明バンザイ。しかし、乾燥機は無いので干すのは人力…。
今では赤とか青とか黄色とか、スタイリッシュで何する箱なのかパッと見ではわからんような洗濯機も出ている。そして、最新型は洗浄から乾燥までを1台でこなすそうだ。梅雨どきには乾燥機に憧れるけれど、ふだんはお日様の下で洗濯物をひるがえしたいコンサバな私なのだった。人間には太陽の紫外線が老化やガンのもとなので、紫外線防止クリームと手袋着用で干すのが面倒くさいけど、パリッと乾く仕上がりには変えられませんね。

4月6日
「まんが道話べんきょになりました」
 
 Yさん宅に遊びに行きました。おいしいお茶をいただきながら、優雅な午後をすごさせていただきました。あまりに居心地が良すぎて、夕方まで居座ってしまい、どうもすみませんでした…。見せていただいたオシャレ雑誌や、沖縄の楽しすぎるデジカメスライドショウ、趣味を極めたレストア車ビデオなどが面白すぎてすごかったのでした。我々はJIMMY君のライブビデオをお披露目、笑いを提供したのでありました。ああ楽しかった、Yさん、Kさん、ホントにありがとうございます。

4月5日
「サッカーは雨天決行」
 
 Jリーグの試合を見に行ってきました。エスパルスvsセレッソです。結果、負けちまいました。悔しいなあ。次回はぜひ、勝つところを見たい!見たすぎる!こうやってハマッていくのかもしれませんね。4−5という、ふつうのサッカーとは思えぬゴールシーン連発でなかなかエキサイトする試合ではありました。が、パスミスやキーパーのミスが直に相手得点につながるのは見ていて辛いね。セレッソはたいへん攻撃的でいいチームだったのでした。
 そして、場内はゴールと交代以外のアナウンスが無いので、テレビの過剰なくらい懇切丁寧なアナウンスに慣れきっている身には、目前で何が起こっているのか把握しきれないのでした。JIMMY君が解説してくれたけれど…自分の見る目を養うことが次回への課題となったのでした。
 こぼれ話その1.草薙の運動場までの道すがら、ギリシアの競技ネタのレリーフが飾られていて楽しかったです。サッカーボールの焼印が押された御菓子たちも売られていて愉快。
 こぼれ話その2.雨の中の観戦は超寒かった!上下ビニールの合羽を着てるから大丈夫、と思ったが甘かった!降りしきる雨によって、ぐんぐん体温が奪われていくのだ。次回、雨だったらカイロも必携だな。

4月4日「コスメ難民」

 どうも体調が優れないわたくし。身体の故障はほんとうに困るよ。JIMMY君にも迷惑かけちゃうし…。
 ところで、いつも香港から個人輸入(これを打ち間違えて→故事ニュウニュウ、にしてしまった。ヘンテコなので記録しておく)で30%引きのコスメ買ってたんだけど、いまナゾの呼吸器感染症が流行っているので買えない。衛生対策をしていないこともないのだろうし、おそらく買っても感染することはまずないだろう。買い控えなんて、O‐157の時のヒステリックな衆愚にも通じる態度であまりよろしくないな…と自分でも思うのだが、もともとコスメなんて大半イメージで使うものだから、気分が良くなきゃ使う気がしないのである。
 幸い、ココのアレでないとダメッ、のようなリジッドな枷は無い肌なので(自分の汗にはテキメンにやられるが)、市販のコスメをぶらぶらと探してみた。こういうときに、対人恐怖が祟る。恐怖症、というほどではないがメンドくさがりというか、店員のセールストークを聞くのがイヤなのだ。普段デパートのコスメカウンターには全然行かないものだから、どこのデパートに何の会社が入ってるのかわからない。ウロウロして、とりあえずイヴ・サンローランとビオテルムは西部にも伊勢丹にも無い、と確認して収穫なく終わったりする。
 そして驚きは、ナチュラル系コスメの高いこと。宣伝もロクに打ってないのに、CMガンガン流してる外資系ブランドコスメと代わらぬお値段である。高いのは中身が良いからなのか、ただボッタくッているからなのか、それすらもわからぬ。コスメ道も奥が深いよ、と春の突風の中、トボトボと歩く三十路の女なのであった。

4月3日
「コンビニへの長い道」

 ぎゃー、家から最も近いコンビニがやっちまいました。不況の波に耐えきれなかったようです。たびたび利用していたのに…。これで次に近いコンビニまで、数百メートルも歩かなければなりません。ついてないなあ。
 最近は、海洋堂の策略にはまって「タイムスリップグリコ」や「チョコQ」買いまくってます。ああ、また太るじゃん!どうも生まれた時代のせいか、勿体無い病で菓子捨てられないのよね。JIMMY君の職場で配っていただこうかしら。

4月2日
「死なないように生きるべし」

 なんか胃が痛いよ。すげー痛い。なんでかなあ。潰瘍かなあ。×んじゃないといいなあ。
 もしも死に至る病だったらどうしよう?と思ったところ、気分が盛り上がり、
「もしも、もし私がが×で死んじゃったら、1年は再婚しないで喪にふくしてね。」
とJIMMY君に言ったら、なんと彼が
「やだよそんなの。」
なんて言うじゃないですか!
「ひどいっ!色魔!人非人!けだもの!!」
と涙を浮かべてののしったら、
「先に死ぬかもなんて考える人はイヤですよ」
だってさ。フントにモー、このお方は言葉が足りなくて誤解を招くよ…。

4月1日
「ホントのコトを言うのは苦手」

 エイプリル・フールは日本には根付かない習慣のような気がするこのごろ。JIMMY君はウソが大嫌いなので、うかうかフカシをこくわけにもまいりません。彼の基準では、「騙そうとして事実と異なることを吹聴、偽る」ことだけがウソじゃないんです。私がホントは辛くてガマンしてて、「顔で笑って心で泣いて」でもウソなんですって。
「アンタは意外とウソつくよな〜」と彼が言う「ウソ」は後者の意味なのだが…。なにもかも本音をぶっつけたら疲れちゃうし、かといって自分を偽り続けるのも忍耐の限界が来るモンだし、0と1の間の微妙な駆け引きに、今日も心悩まさねばならないようです。


トップ アイコン
日記もくじ



直線上に配置