PNU日記もくじ

TOPページへ

直線上に配置
PNU日記
2004年2月、冬に見た夢は春に芽吹くのか。

2月29日「JIMMY株小豆相場並乱高下」

 私が負傷しちゃったせいで、家事はほとんどJIMMY君がしてくれています。ほんとはやさしかったのね!って感じです。治ったら私も家事をするわ〜。
 今日はニューライフに大航海をはじめたI君と三人でランチを共にしました。近年まれなほど、気だてのよい若者だ。彼に幸多かれと祈るのでした。

2月28日「遺伝子レベルで犬好き」

 JIMMY君はわかってないなー。犬好きは「やめる」「やめない」じゃないのよー。噛まれて嫌いになるくらいなら、最初から犬好きなんて標榜しておりませんよ。
 今日はYさま宅にお邪魔してきました。忙しくも楽しく、素敵でした。やはりJIMMY君は黄薔薇ですよねえ、って黄薔薇さまファンの人に叱られてしまいそう?

2月27日「勝手キャスティング」

 最近「マリア様がみてる」に染まったウチでは、ファンをも恐れぬ大胆な考察をして遊んでいる。とは言っても、「私は心臓が悪い&ミステリ好きつながりで由乃さんにシンパシーだわ」とか、
「JIMMYは面白いもの好きでマイペースぼんやり人間だから黄薔薇さまね!あれま黄薔薇ファミリーつながりになったわ!(由乃さんは黄薔薇のつぼみの妹ということで)」
とか言って遊んでいるだけですが。
 そうそう、本屋さんでも週刊・花みたいな園芸本でロサ・なんとかを調べたりしましたよ。どれも原種だから、案外地味というかおとなしめの花なんですね。薔薇と知らずに見せられたら、「なあに?ハナミズキ?」と思っちゃいそうでもある。八重に花びらが巻いたような花屋のお花を想像していたのでビックリでした。しかも紅薔薇って花束によく使われる深紅のじゃなく、どちらかというとピンクっぽい色だったんだなあーとか発見がたくさんあったのでした。

2月26日「OH!BITE!!」

 なんと、今日生まれてはじめて犬にかまれてしまいました。よそさまの犬を勝手になでようとしてガッと…私がうかつなせいなんですが。いや〜ホントに、手に穴ってあくもんですね。病院いって消毒&穴をテーピングし、肩に破傷風の予防薬を筋肉注射。ふだんは痛いはずの筋注ですが、手首の穴の方が痛いのであまり気になりませんでした。抗生物質を飲み、毎日消毒に通院だそうです。腱や神経は一応だいじょうぶらしいですが(太ってて良かったのか??)、なんか黄色い脂肪が血とともに傷から盛り上がって来てビビりました。不幸中の幸いでケガは左手なので、この文右手で打ってます。はああ。病院連れてってくれたJIMMY君には、もう生涯頭が上がらないでしょう…。

2月25日「ロサ・PNUンシス」

 本のご感想をいただき、うれしいのでした。ありがとうございます。なんか原稿描いてると全然思ったように描けず悲しくなってしまうのですが、懲りずに描いていきたいと思います〜。
p.s.JIMMY君が、「マリみて」の影響で私を「ブタバラさま」とか呼ぶのでどうにかしてほしい。

2月24日「来たるのか未来」

 2月ももう終わろうとしている…早い…。
 やはり外出後の疲労の蓄積度にて我が身に忍び寄る老いを感じますね。まだ三十路なのにこれじゃあ、この先どうなっちゃうんだろうか。でも私は心臓が悪いので(先天奇形+後天性の弁膜症で、階段を一階ぶん上がっただけでゼイゼイ言うくらいにはマジに悪いので)明日のことをも知れぬ身、あまり先のことは考えていない。一期一会で日々を生きて、それでも老後なんてものを得ることが出来たらめっけものである。

2月23日「考察よりワイワイ」

 サッカー番組「やべっちFC」にてカーン様出演!DVDに撮りつつ見る。スキャンダルとかなんのかんの色々あったけれども、やはりファンとしては2002年ワールドカップの勇姿が忘れられないのだ!好きなんだーっ!
 科学的に視線をカメラアイで追ったりとか、キーパーとしての動きを考察していましたが…木梨の番組みたいに楽しくワイワイとシュートゲームとかしてほしい、と思ってしまった。考察もいいんですけど…やはりTVにはエンターテインメントを求めてしまうのですヨ。
p.s.なんだか腰痛。もうトシなのか…?

2月22日「COMITIA今回なかなか良い」

 今日は同人誌即売会、東京コミティア行って来ましたー。JIMMY君と二人っきりだもんで、一方がお出かけしたらもう一方がお留守番というバラ売り方式。私がのどから手が出るほどほしがっていた森莉さまやモローさまの御本をGET出来、私の留守番時間の方がJIMMY君よりもやや多しって感じ。今回は珍しいことに新刊が2冊あったので、まあまあそれなりに納得出来る売り上げ結果となりました。満足まではもう少し…うちの本はどうしても地味らしい(苦笑)。そして快く委託してくださったN氏のところに置いた本の方が売れ行きが良かったという!同じ本なのに、置く場所によって売れ行きが違うのってなぜなんでしょうね〜。
 お友達や尊敬するクリエイターの方々ともお話出来て充実した時間だったのでした。みなさま、ありがとうございます!
 私信:Kさんスバラシイ料理&お酒と面白いお話ありがとうございました〜!!御殿すごいです。トリコになりました♪

2月21日「いってきまーす」

 今日から東京へ旅立ちますわ。帰宅は明日。
 なんかJIMMY君が録画した「×リア様がみてる」アニメ見てて、そしたら祐×さんに由×さんが
「私たち、男同士だったの。」
などと告白しているので〜こりゃーてぇへんだッ。アニメでは女の子を実は男だった、とオリジナルストーリーやってんのか、全然原作と違うじゃないか…と興奮してJIMMY君に話したら
「従姉妹同士」の聞き違いであることが判明した。ああ、間違い人生…。

2月20日
「表紙フルカラーで乗り込むCOMITIA」

 日曜のイベントに向けた本が出来ました。印刷が今回超・アタリだ〜。82%縮小でもきれいで、ほぼ原画どおりの出来。くりえい社さん、ありがとうございます!今回はJIMMY君の人生2回目の表紙カラーオフセット印刷ということで、4色+蛍光ピンク差し替えの結果がどうなるかドキドキしたけれど、華やかでいい感じです。後悔したのは私もあやみきネタ漫画を描きたかったなあ…ということ。ネタが出て来なかったので、私のあやみき原稿はイラスト(しかも似ていない)だけなんですよね。うむぅ。

2月19日「しょっぱトーク」

 県庁所在地の交差点にて信号待ちをしていたら、マトリックスレボリューションかっつーくらい超ロングのブラックのコート着た茶髪ロン毛の若者が二人向かい合って話していた。寒空の中語り合う彼らは、外見から偏見独断で推理するに客引きホストと思われた。信号が変わっても歩き出さず話をしている二人。聞く気はなかったのだが、青信号でそばを通り過ぎた私の耳に会話のワンフレーズが聞こえてしまった。
「なあおまえ、三十過ぎたらどうする?」
なんかどこの世界も厳しいんだなあ。すごくしょっぱい気持ちになった…。

2月18日「ちぢれショック!」

 月曜日に職場へ行った。出勤簿開くと、なぜかイ×モーがくっついていたので、「まあ、イヤねえ」とさわらないよーに息でフーッと吹き飛ばした。
 次に派遣先へ行った。そこにも、机の上にイン×ーが貼り付いているではないか!今度のブツは強敵で、毛根でしっかり机に吸着しているらしく、フーフーやってもはがれない。なんてこった。そこで、直接さわらないよーに心がけながらそうっとテッシュでくるんで捨てた。なんで私がこんな目にあわねばならんのでしょうか??日曜日のローテーションの人が犯人とみた…!

2月17日
「魅惑のタイヤ犬」

 シベリアンハスキーが丸くなって寝ている背中は、限りなくタイヤに似ている…。車窓から犬を眺めるのが趣味の私。静岡はほどよく田舎で持ち家の人が多いので、犬がいる家が多くてうれしい。行く先々で私よりJIMMYの方がなつかれるのにはムカツキですが。
 近所のウサギをなでようとしたら、ヤツはJIMMYの方に向かってどんどん逃げていきました。動物たちよ。私の何がイヤなの?怖いの?シカとかカモとかウサギとかのお肉食べたのバレてる?私って悪人?

2月16日「チョコはもらってこなかった」

 なんか昨日カレー作ったら失敗。水っぽくなってしまったのでJIMMY君に
「カレースープみたいだね。」
と言われました。私がたいへん落ち込みやすいので、
「だからそれが悪いっていうのじゃないけど。」
と付け足すJIMMY君はたぶん優しい。
 今日の夕飯も残りのカレーなので、ひとばんおいてちょうどよくなっているといいのだけど。今日といえば、JIMMY君は職場でチョコもらってくるのかなあ。ゴディバかモロゾフとかブランドチョコだったら私におくれ。安いギリチョコだったらいらないから、JIMMY君お食べ。
p.s.カレーはちょうどよくなってました。最初から翌日の味を計算して作ったのよホホホ…!!とかかませるだけのふてぶてしさが欲しい。自分に。

2月15日
「未知の生物ブタムリン」

 JIMMY君がいきなり、
「バレンタインなのに、もらった(←私があげたのじゃ)チョコが減っている!」
などと言うのでこっそり食ってる私がもうギックリですよ。だから
「ヘンねえ〜グレムリンが食べたんじゃないの?」
と答えておいたら
「ブタムリンがオレのチョコを…」
と憎まれ口をきくJIMMY君なのだった。違うから!私はギズモ(グレムリンになる前のカワイイ?ペット)であってグレムリンじゃないから!まして「ブタ」ムリンなんてケッタイなものじゃあないから!!

2月14日
「バッタリクッタリンデー」

 さて、バレンタインである。今年は静岡初上陸のジャン・ポール・エヴァンというパティシェによるチョコを買ってみた。だが、早めに買ってあったためもう封を開けて食っている。しかもJIMMY君より私の方が明らかに多く食っているようだ。バレンタインの意味無ぇ〜。まあ、チョコが美味しければいいんだよねそんなもの。
 なんだか謎の体調不良で、外出中二回もフリーズしてしまいましたよ。今年に入ってからずっと体調こんな感じなんですねえ。女の大厄ってダテじゃーありませんね。身体にガタが来る歳なのかもしれません。それでもなんとか、映画「さよなら、クロ」観て来ました。このクロが、なまらめんこいんですよ。子犬と若犬と年寄り犬ヴァージョンがあって、老犬がイチバン好みだったかな。あの味わい深い白髪具合がたまらんキュートですわい。
 けっこう生徒たちの人間模様が中心で、クロは傍観者というか思ったほど出番無かったのでそれが少し残念でしたね。個人的にはまあ、子宮蓄膿症って出産未経験の犬がなりやすいんじゃないっけとか〜どんな事情があろうとも、野中の一軒家でもないのにもらい手も探さず、犬を置いていくのってどうよ、とか(きっちりしつけたって棄てる免罪符にはならないと思う)〜クロが可愛がられる一方、どうしようもないのだけれど保健所で処分という名の死刑を待つ運命の犬たちもいたりしてなんだかせつない、とか色々ありましたけれどおおむね爽やかで可愛くて、ちょっぴりユーモラスで感動的な映画でありましたよ。 

2月13日「夢でミキティ撮影会!?」

 起きているときはふてぶてしいJIMMY君だが、ねているときの彼はカワイイ。
 有名な(というか、面白いので私がいいふらした)寝言
「やっぱりピクニックにはおにぎりだよネ」
をはじめ、
「色仕掛けとは卑怯だぞ!!」
などとユーモラスな寝言を連発してくれるのだ。最近のヒットは
「撮影には、もう飽きたのですか?」
というもの。寝ながら質問してくるJIMMYも不可解だが、夢の中でいったい何の撮影をしているのか…そして何故、敬語??娘。のプロモでも撮ってんのか。

2月12日
「消えた焼き肉屋」

 原稿が一件落着…。昨日、祝おうと二人で行きつけの焼き肉屋さん行ったら、
「2月11日10時ころ当店は閉店いたします」
とのビラが!「10時ころ」ってなんじゃいな?狂牛病のあおりとか、メニューの複雑さとか店員のボケっぷりからやっていけなくなってしまったらしいよ。美味しかったんだけどなー。
 気を取り直して牛角へ。お肉たらふく食う。美味い。昼ってこともありお酒は飲まなかったので、夜一人で飲む。だってJIMMY君が酒いらんって言うから。その結果ヨレヨレになる。心はすでに次の作品何を描くかに向かっているのだが、酔いどれのため先送り…。
p.s.今度の本、「あやミキねるドリップ。」なの!?タイトル難しいよ!

2月11日
「入稿完了!」

 祝日です。今日、同人原稿を印刷所に入稿するのですが、朝までJIMMY君は自分のゲンコーやってました。なんてギリギリボーイなんでしょーか。最終的に出来ればいいんですが、どうなることか途中ヒヤヒヤしました…。

2月10日「毛抜きガス」

 ガス屋2日目です。家中に新聞紙しきつめて待機。初日はあっさり済んだけれど、今日はやはり恐れていた質問が。朝いきなりピンポン来て
「おトイレ貸してもらえます?」
ですよ。ダメ。ケチでごめんね。だって神経質なんだもん。コンビニか駅で借りてくだされ!!そしたら工事にはあとで来るという。ナンダ純粋にトイレ借りに来たのかよ!!

 昨日「車停めるところがなくて…」というガス屋(仮にA君とする)に仏心を出して、JIMMY君が留守の間、ウチの駐車場を提供したのが墓穴だったか…。

 A君,B君はまあマジメに工事の仕事してたのだけど、問題はC。ピンポ〜ンと鳴らして
「ガス屋です。うちのもの来てます?」
って言うわけですよ。来てるから
「ああ、二人いらしてますよ」
って返事したらC、うちに上がってきたのよ。何か用事があるのかと思いきや、
「オレ午後からにしたわ〜」
なんて雑談かましてんですよC。我が家の台所に友だちでもない見知らぬ男三人いてごらんなさいよ。女一人だからすごい威圧感ですわよ。おいCよ、それはウチに上がり込んでまで連絡せねばならんことなのか。ケータイか何かで済まんのかよ。
 そして冷蔵庫の上の小物置き場を勝手にまさぐるC!オイ!言っときますがCはタダのガス工事人で、私とは初対面な上、ここは私ンちですよ。なんたる不作法、不調法でしょう。私がにらんだら
「あ、毛抜き借りていいですかー」
ってもう握ってるし毛抜き。言う前に毛抜き握ってるし。
「オレトゲささっちゃってー」
とか言って、許可とる前に私の毛抜きで指のトゲほじくってるし。なんだオマエは。
私はアンタに何一つ貸したくないんだよ。なんで許可なく人んちのモノさぐるかなー。ふ・つ・う・は一言断るっしょフツーは。
 ここは、野中の一軒家ではない。全8戸のアパートで、隠居ばーさんとか平日昼間壮年とか昼間在宅の人材には事欠かないはずである。なのに、どうして車。トイレ。毛抜き。何でもかんでもウチにたかりに来るのか。よそへ行けよそに。ああ、ムカツク! 
 よそへ来たガス屋はみんな路駐していたよ。駐車場まで差し出したカモは私ぐらいだろうよ。ケッ!!!
p.s.毛抜きは棄てた。

2月9日
「ギリギリボーイ」

 同人修羅場じゃよー。好きでやってることなんですけど。JIMMY君も使いすぎで(?)頭が痛くなるほど創作に精魂かたむけているらしい。心配性極まり、〆切に間に合うかどうか胃が痛みつつ生きるわたくしであった。

2月8日
「先行チョコ」

 ヴァレンタインというお菓子業界の陰謀の日があるのだが、いいことといえば特設会場に新宿本店でしか買えなかった珍しいチョコなんかが並ぶのですね。そこでチョコ好きな私がめざとく買う、と。
 14日ギリギリだと人気のチョコが売り切れちゃうと思い、フライングで買いました。お気に入りのフーシェ。美味しそう、と思ってパッと見で衝動買いしたチョコが、JIMMY君の好きな生チョコだった〜結果オーライ。で、当然のように封を開けてもう二人で食っているのだった…ハッピーチョコライフ!そして同人原稿をコツコツと…。

2月7日
「紙愛好家PNU」

 フラッと同人用のスクリーントーン買いに入った画材屋で、「廃盤」とシール貼られたデッドストックの特殊紙「フリッカーズ」見つけたよ!かわいい、かわいい。オレンジは無かったけど、グリーンとブルーがあったので興奮して2枚ずつ買う。JIMMY君に報告したら、
「で、どーすんの?それ」
などとのたまうので
「なによ可愛いじゃない!とっとくに決まってるでしょ!見つめたりなでたりたわめたりして楽しむんだよっ」
と反論しておく。丸善で鬼太郎フェア…というか、水木しげる妖怪東海道五十三次展をしていたので、買い物ついでに立ち寄る。絵ハガキ買おうとしたら、コンプリートで1万幾らとか言うので、諦めて好きな絵柄のヤツだけ厳選して買う。いいよね、妖怪♪

2月6日
「特殊すぎて在庫切れ」

ダメダメである。タイムリミットぎりぎりなのに、娘。原稿が進まない…。いやダイジョーブだ、ガス屋が来るため平日にとった休みでなんとかするのだ!
 先に入稿した同人漫画だが、印刷所からFAXが来て「フリッカーズ(表紙用の紙)120kgは使えません」と言われる…。いや、廃盤なったの知ってたんだけど、去年の12月に問い合わせたらまだ在庫あるっていうから…。フリッカーズを使いたいがためだけに、20pの超薄漫画を突貫工事で描いたのだけど…2ヶ月で在庫尽きたのかっ!?JIMMY君はゴネてみれ、って言うけど大人しいわたくしにはそのような行為は不可能ですわ。あー表紙どうしよう。明日は印刷所に電話だなー。
p.s.けっきょくフリッカーズに代わり、きらびきにしちゃいました。全然イメージ違うけど。フリッカーズを使いたかったのであって、そうでなきゃ意味が無かったんで…。せっかく印刷所の人が「パラダイスが感じが似ていますよ」って言ってくれたけど、パラダイスは模様がうるさいんだよね〜。 

2月5日「詐称メールに注意!」

 パスワード漏れなのか流行りのウイルスのせいか、メールアドレスを盗まれ、エロ会社の宣伝に使われてしまいました!!
 急いでパスワード全く違うものに替えましたよ…。英単語一個では危機意識が足りなかった…。ウイルスだったらパスワード関係ないけれど、この際いちおうね。
 昨晩22時ころ「ねぇ〜!」という件名での、pnuton@yahoo.co.jpからのメールは私の送信したものではありません!無関係な他人によるものです。私が発狂したのではありません。エッチなおにいさんはキライだし。もしもそのようなメールが届いていたら、削除をお願いいたします。
 もしもにそなえて急いであらゆるオンラインショップの登録パスワードも変更しまくりました。ヴァリエーション考えるのがたいへんでしたが、前のものとは違うのにすることで安心出来るのなら仕方ない。今、パソコン周辺から漏れる電磁波からでもパスワード拾えたりするんですってね。パソコンは便利な道具のはずなのに、悪意の介在によって危険なモノになっちゃうのがやるせないなあと思います。
 
2月4日「ローカル節分お菓子動物ヨーチ」

 ハッ、豆まきをやり忘れた!でもJIMMY君が「PNUはうち〜♪」って言ってくれましたー。
「外」って言われなくて良かった〜。

2月3日「手紙消失ギャーン」

 仕事帰り、郵便受けから届いた葉書を取り出した私。JIMMY君に2通きてるなー、とおうちに持って行ったはいいが、気付いたら1枚しかない…落としたと思ってあちこち見たのだが、無い。2枚というのは幻覚だったのか、バミューダトライアングルのような何か四次元現象で消えてしまったのか、と真剣に悩んでいたらば、JIMMY君が
「子供っぽいこと言ってんじゃないよ」
とお怒りモード。ゴハンの最中も常世の般若みたく眉間に深いシワを寄せるJIMMY君に、私ビクビク。結局JIMMY君がダンボールの裏に入り込んだ葉書を見つけ出したのだが、彼がコワイ顔をしているから、私の弱い胃はますます弱って痛み、食べた気がしなかったっつうの…。そのお詫びに、明日は肉食わせてね!!
p.s.ラーメンでした。いちおうチャーシューのってるからいいか。

2月2日「犬トーク」

 昨日は久々に、JIMMY君がIくんとセッション。音楽に仕事に趣味にと忙しく生きるJIMMY君なのだった。
 お墓参りのついでに、お寺のハスキーちゃんに逢いに行ったら、大黒さんがおそばにいらした。ゆえにおさわりは見送り…。ハスちゃんは「ウォウオウオウオウ」とか何か、しゃべってるみたいな吠え方してたので、
「ご主人様、この人たちがぼくをいつもなでてくれるお友達ですよ」
か、もしくは
「ご主人様、こいつらが無抵抗のオレをいつも撫でまわすんだぜい!どうにかしてくれよベイベー!」
のいずれかを大黒さんに告げているのであろうと推理した。バウリンガルがあったら試してみたいものだ。

2月1日
「悪夢の登場人物は」

 2月だねえ。早いねえ。このまま何も為さずに馬齢を重ねていくとしたら、それはとても焦ってしまう。
 そうそう、このごろダウナー日記になり果てているのは、身体の具合が悪いせいなんである。夜になると謎の左胸痛が起こり、これは世に言う狭心症ではあるまいか…などとビクビクしつつ生活する。
 眠れば痛みは無いが悪夢を見る。昨晩は、口の中から割れたホタテの貝殻がザクザク生えてくる夢。荒唐無稽なシチュエーションながら、夢の中の私はなんとか歯医者でこれ(ホタテのカラ)を処理してもらおうと歯医者へ向かうのだが、電車の乗り合わせやら診察券がみつからないやらで診てもらえない。仕方ないので自分でカラをむしるのだが、あとからあとから次々に生えてきて、非常にイライラするのだった。
 このように、なぜか私は口にまつわる悪夢を見ることが多い。
 ホタテの貝殻の前は、鳥の皮とかホルモン(牛モツ)が無数にプルプルと口の中に生えてきて、気味悪さのあまりむしり取るのだが取っても取っても無限に生えてきて往生する夢だとか、ゴキブリ入りスープを誤って飲んでしまい、急いで吐き出そうとするのだが喉で何故かGのヤツが増殖し、触覚が喉に引っかかりながら何十匹も引っ張り出す夢とか、口の頬の内部から、大きなヒルが頬肉の中にもぐりこんでいて、寄生虫のごとく細長いそれをひたすらずるずると果てしなく引きずり出す夢だとか。
 共通するモチーフは、何か不快で厭なものが身体に入り、それをかき出そうとえんえん苦労するということ。心理的に分析するとこの夢は何を意味しているのか、ユングに訊いてみたいところである。


トップ アイコン
日記もくじ



直線上に配置