TOPページへ

PNU日記もくじ

直線上に配置
PNU日記
2004年10月、あなたはナニをする人ぞ。

10月31日「その時J君はバンドのミーティングをしていた」

 書評サイト系のオフでディズニーシーへ。33歳にして初ディズニーシーということもあり、右も左もわからぬ始末だったのですが、HさんやMさん、H2号さんに優しくしていただき無事に帰ってまいりました。いやぁ、夢の国だネ!!
 すごく歩くらしいので体力のない私はおびえ、履きやすいスニーカーだとか歩きやすいジーパンだとかストレッチする動きやすいTシャツだとか装備に気をくばってみたのだけど、終わってみれば、なあ〜んだ。確かに広いし歩くけれど、コミケほどの運動量ではないですよ。オタクで良かった?!ワハハ、ワハハハハ!!
 アトラクションはきちんとストーリーが練られていて、「センター・オブ・ジ・アース」という地底トロッコ冒険ものに乗ったのだけど、奇妙な地底世界を魅せつつトロッコ暴走でハラハラさせるというのが傑作。ラストの加速&衝撃はまさに昇天するかと思うほどの迫力。「荷物がよく落ちる」という注意書きの意味が乗って初めてわかたっという感じ。個人的には地底にいた怪獣が、諸星大二郎「暗黒神話」のタケミナカタみたいでナイスだった。 写真撮りたかったけれど、すごい一瞬なのでムリ…。

10月30日
「ホビットじいさん」

 風邪ひきな二人は、ハナをたらしながらマツザカヤで開催されていたテディベア展2004に行って来ましたとさ。いや〜すごい!クマだけでなくて、人形から犬、ウサギ、カメ、ネコ、虫にいたるまでの様々なぬいぐるみがあるんですよ!ほとんどが売り物なため、写真はナシです。実物大リアルベアには、クマ並の牙や爪がプラスティック素材で植え込んであって、剥製かよ!?ってなど迫力。値段もっ数十万と剥製に迫る勢いだったのでした。そしてベアといえばコレ!なシュタイフ社のベアもたくさん来ていて、すごい値段。古い方が高くなるらしい。2004ヴァージョンは5ケタなのに、古いやつは値段が6ケタだという…買えませんよっ!!
 そしてお気に入りだったのは、「永野玩具製作所」のあったかほっこり気持ちナゴムぬいぐるみたち。カブトムシとか一見キッチュなのに、見ればみるほど愛着がわいてくるんですねー。なんと、御年86歳になるという永野さんご夫婦が手作りなさってるんだとか。会場に永野さんのご主人がいらしていて、英国紳士のたたずまいと妖精のような笑顔のおじいさまでした。急なことでロクにお話もできませんでしたが、ああこのあたたかな雰囲気の人がこのようなかわいいぬいたちを生み出してらっしゃるのかー、と納得の思いでした。ぬい道は深いね!!!

10月29日「テッシュガンダム」

 昨日はJIMMY君が風邪のため早退してきて…平日昼間にJIMMY君といっしょなんていう、普段ありえないシチュエーションにうきうきしたら
「人の不幸を喜びやがって!!」
と叱られた。なんで叱られるんだよー納得がいかないぞ、とテッシュ箱を投げつけたら、JIMMY君コブが出来ちゃったんだって。なんだよテッシュ箱でかよ?うそでしょアナタの石頭が…と思ったらカドが思い切りぶち当たったみたい。ごめんねっ!
 そういえば「BSマンガ夜話」で深夜ファーストガンダム話やってたんですよ。そしたらJIMMY君、風邪でもうだめだ〜とか言ってたくせに、毛布持参でTVに釘付け。「風邪でしょ?早めに寝ないの?」って言ったら「なんだとぉ!ガンダムだぞ?見なくてどーする!!!」と目をむいて答えるので放置して私は寝床へ。TVを設置してある居間は暖房器具は皆無。さぞや冷え切っただろうと思ったらJIMMY君は頭から湯気を出して寝室に来て、
「いや〜面白かった!でもランバラルもマクベも言及なかったなぁ〜。黒い三連星の話も出なかったし。時間が短すぎんだよなー。マンガ夜話、1時間じゃ短い短い!ガンダム一話につき1時間でいいくらいだ!!毎日ガンダムやってほしいわ!」
と大興奮。とってもホットなんでした。いや〜ヲタだわ〜。

10月28日「カゼデイ」

 JIMMY君が風邪をひき…私も同じ風邪をひいているのであった(どっちがインポートしたかは不明)。 彼は人との交流の多い職業だし…私も電車乗ったりすると、ゲホゲホ咳する人と隣り合わせに
なったりするし。
 そこで風邪を治す→カラダをあたためる→鍋!!
と短絡的思考でいつものスーパーに野菜を買いにいったらば。キャベツ1/2個が、いままで98円で買えたものが198円じゃーないですかっ。高い!キャベツが高いなら白菜にしよう、と白菜の値札を
見たら298円!さらに高い!今まで100円くらいでしたのに台風恐るべし!
 結局キャベツにしました。もつ鍋のカホリ漂う居間にて記す。

10月27日
「グルメバースデイ」

 昨日はケーキはなかったけれど、おいしいかぼちゃプリンを食しました♪JIMMY君は行きつけの居酒屋さんにわたくしを連れてってくれました。しかもわざわざ予約してくれて、初めてのシェフおまかせコース!メニュー見てなんにしよう、って悩むのもいいけれど、シェフにおまかせっつうのも粋でいいですね。ワインは飲み慣れない赤だったけれどコレがすこぶるつきで美味い。もちろん料理も絶品。つい苦しくなるほど食べ過ぎてしまったのでしたー。
 そして私にゾウさんとワンちゃんのぬいぬいをプレゼントしてくださる、ぬいぐるみ一級鑑定士資格を持つJIMMY君。あーりがとー!!とてもうれしいバースデイだったのでした。これから一生かけてJIMMY君にはちびちび恩返ししていきたいな。

10月26日「原子力バースデイ」

 原子力の日らしいけれど、わたくしの誕生日でもあります。ねえJIMMY君、ケーキケーキー。

10月25日
「カタイタ」

 急に首から肩にかけて激痛が走り、肩から上に手が上がりません。これが四十肩ってやつでしょうか。違うか。どっちにしろキビシー。 
 そういえばTVで「ジャミーラ」という敬称を持つ日本人女性が薬事法違反で逮捕されたと言ってましたが、ジャミーラというのはアラビア語で「美しい」という意味らしい。すると有名なウルトラ怪獣「ジャミラ」の名前も美しいという意味からとったんだろうか?違うか。
 体調不良だと思考が堂々巡りですなぁ…。

10月24日「欠席TON」

 今日は娘。同人誌イベントがあったのです…が!風邪に肩痛に胃腸虚弱で行けませんでしたっ。代わりに(ていうかサークル主催者の)JIMMY君がひとり出場。寂しかったでしょう、ごめんね。
シップして寝ます…。と思ったらひさびさに開けたシップの紙箱の中にクモさまが住んでいるよー。
シップ取れないじゃんよー。虫きらいなんだよー。でも、クモって厳密に言うと虫ではないのだっけ。まあいいや。虐殺虐殺。気を取り直して、シップして寝ます…。

10月23日「お面の力で人間国宝!」

 芹沢美術館で世界の仮面を展示しているので見に行って来ました〜。すっかり苔むして、うらぶれてしまった登呂遺跡もついでに見学。しかし遺跡よりも、犬の散歩やドングリ拾いしてる人が多い。そんなにドングリを拾って、どうするのか。飢えて人里に降りて来ないよう、クマにでもあげるのか?
 ついでのついでで「登呂遺跡博物館・古代建物のまつり特別展」も見に行く。アカデミックなJIMMY君が見たいと言ったもんで。ところがこちらも、案外面白いモノが多くて楽しむ。
 肝心の仮面展だが、能面とかマスカレードの面とかではなく、ずいぶんディープに呪術世界してるので驚く。東北各地の獅子舞の獅子の首とか、神社の奉納面の天狗であるとか珍しいものがたくさん。全部で100枚強はあったのかな?
 写真はポスターのもの。現物はいたむので撮れず。でも、ポスターよりおみやげコーナーの絵はがきより、写真になっていない展示物の方がすごかったね。人毛が植わってたり、アルマジロやカメの甲羅を彫り抜いて仮面にしてあったり。
 朝鮮の演劇面などは、水木しげるの妖怪図鑑で見たような奇怪な面だった。東海道線でもないのに、顔がオレンジ・緑と紅白の塗り分けっていうのがアヴァンギャルド。おんぶおばけか。
 そしてアフリカ。仮面呪術の本場だけあってもんのすごい。筆舌につくしがたい、置いてあるだけで視線を感じるような、存在に圧倒される仮面ばかりだー。佐々木倫子「動物のお医者さん」で漆原教授が好んでいたお面はまだ大人しい方なのね、とおののいてしまった。とくにブルキナファソは奇妙かつ禍々しくも神々しいお面の一大産地のようで、すげぇすげぇお面がたくさんあった。すごいや世界のお面! 

10月22日「デジタル・オーディオ・プレーヤー」

 サントリーのウーロンでiPodがはずれまくったまま終了(だって応募シール1本に16枚×9回だよ〜)し、当たっていたはずの雑誌はプレゼント発送せぬまま廃刊され、gooブログのiPod4名様も見事はずれとあいなった。まあ、3万近くするらしいブツがそうそう当たるはずもないわよね。あとはガムかなんかでもiPod当たるキャンペーンしているらしいんだけど、ガム噛む習慣ないしな…。
 そこでJIMMY君、なんかキカイを買って来ました。iPodほど高機能ではないが、似たような用事を済ませてくれるらしい。なんだ〜そんなもんがあるなら早く言ってよね!あのウーロン漬けの日々はなんだったのよ!そろそろウーロン飽きて、プーアールとか緑茶飲みたくなってきたよっ!

10月21日
「早起きは三度転ぶ」

 最近、早く起きられないんですヨ。ダメ人間化いちじるしい。まあ、風邪気味だからダルいの、ということにしておこう。JIMMY君が早朝出勤する時は起きて見送るのだが、扉が閉まると多くの場合またフトンにもぐってしまう…。でも朝寝していても、JIMMY君がフスマを開けて
「オレが起こしてやったのに、まだ寝てるのか。」
「雨だからって洗濯しないと洗濯物すぐたまるぞ!」
などと説教してくるという悪夢を見ているので〜身体を休めるとは、いいがたい…。やはりムリにでもエイヤッと起きて、早起き週間をつけるしかないのかねえ。でも、それやると慣れるまでは道で転んだりするのだよなー。悩む。

10月20日「洗濯ギャンギャン」

 風邪だ!!!週末どうしよう。うーんうーん。たぶん行くのだろうけどね。
 JIMMY君が疲れのせいかシニカルになっていて困る。
「今日は雨だから、ナナさん外に出ないかもね」
と言うと(ナナさん:大家の賢い犬。ふだんは家の中にしまわれている。)
「ひどいな。雨でぬれているところにでたら犬にとってよくないだろ!犬のことを考えず、自分の欲望ばかり優先しやがって!」
などと答える。雨でも外に出ろなんて言ってないのに!!!どうしてそんなに私を低く見積もりたがるのか?
「雨の日に部屋の中に干すとタタミがカビるから、今日は洗濯お休みした」
などと言おうものなら
「あんたの干し方が悪いんじゃないの?おれカビたことないぞ。」
などとふかすのだが、あんたは晴れた日にたまにしかやらんでしょうに。雨続きの日に室内に干しておくと、湿気で床のタタミがカビるんだよっ!経験者なんだよ!誰がアルコールティッシュでカビを除去したと思ってんだよ。多少洗濯物がたまったって雨の日にちびちび干すより、晴れた日にドカっと洗った方がよく乾くし部屋も湿気ないのっ!!!!!文句があったら、乾燥機能付き洗濯機、買ってよ!
p.s.ぷりぷりして洗濯していたら、シャツのポッケに入っていたらしいJIMMY君のボールペン洗ってしまった。どう見ても100円じゃない、金属の軸のやつ。しかも芯がでたままで。やばいやばい。他の洗濯物に被害はないか、今から点検しなくては…。 

10月19日
「ふりふりとふてふて」

電車に乗ると、ヤバい人(臭い、におう/叫ぶポエムの会の人/独り言全開マン)が高確率で隣にくるのはなぜなんだろう…偶然のなせるわざなのか、それともJIMMY君が言うように私がなめられているからなのか…。
 さて、泊まりから帰って来たら、いつもクールな犬のナナさんが大興奮!車から降りてくるJIMMY君を待ち受けてしっぽぶんぶん、私にもおすそわけでふりふりしてくれました。
 気を良くして次の日「な〜な〜ちゃん♪」となでようとしたら、もうクールナナさんに戻っていたという(涙)100歳近いバアさまになっても、やっぱ男の子が好きなの?ナナさん!JIMMY君にばっか愛想振りまいて〜ずるいわ悔しいわ!!
JIMMYに愛想を
振りまくななさん
私には見向きも
しないななさん

10月18日
「伝説ビデオ」

 ライヴがあまりに楽しかったので、主催の苦労もかえりみずまた2回目を見たくなってしまった。JIMMY君、考えてみてねー。
 夕食後にライヴの録画画像を見たのだが、JIMMY君は
「オレよく動いてんなぁ」
と自分に感心してました。甲本ヒロトさまほどではないけれど、文系人間にしてはよく動いてたよねーJIMMY君。あとギターIくんを見て、
「かわいいわー。こりゃあモテモテだわ」
と言ってました。そうねえJIMMY君と二人だと美男と野獣って感じだわよねえ(from野獣の妻)。打ち上げではこのIくんにたいへんたいへんお世話になり…酔っぱらったわたくしのアホトークにもIくんのおつれ様がつきあってくださり…頭があがらないくらいお世話になったんでした。
 さて、来月21日にせまった同人原稿を仕上げなければならない。28pか20pになる予定だが、なぜか表紙とあとがきしか出来ていないといったていたらく。さてさてなんとかしなくては…。

10月17日
「伝説の後で」

 Tくんとともに静岡に帰宅。JIMMY君は、自サイトBBSにひとことお礼を書き込んだ途端、
「おれは〜もうだめだ〜」
とお布団にバッタリ。まるで野比のび太のごとく、3秒後にはグーッ、グーッといびきをかいて眠りこけたので、ああ疲れているのだなぁと思いました。
 なんでそんあにグッタリしているかというと、昨日はライヴ打ち上げで2時まで飲んでいたからであります。そしてJIMMY君は、私をいったん宿へ送ってからさらに、4時までいたというから驚き。4時って。丑三つ時すら過ぎ去っているじゃないですか。なんてツワモノなんだ。だから、この人にはかないませんよ!!
 ドラムOくんとベースKくんが超人的にうまいのはIくんの前バンド「鈴木魔導豆腐店」のライヴ見て知っていたのだけど、Iくんのギタープレイも素晴らしく、そしてコーラスも最高でした!いやぁすごいねえ。そしてあらためてJIMMY君にほれぼれしてしまう私はアホですね。まさしく自画自賛っていうやつでしょうか。
 主催者としての苦労もあったのは重々承知だけど、一観客として最高に楽しいライヴでした。また見たいです!!

10月16日「伝説のライヴ!」

 さあ、ライヴ当日ですよー。道に疎い私は、おともだちのラーメン大好きKさんに、静岡駅からの同行をお願いしました。2時半ころに遅いお昼を食べようと思ったら、新幹線構内の弁当屋に何にもないんですよ。「幕の内」か「ます寿司」しかないと。仕方ないので幕の内にしたけれど、これがカマボコや山菜、着色料使用の煮豆など私の苦手なものばかり。梅干しすら赤色102号って感じだし。残念ながらたいがいを残すはめになりました。コンビニ弁当より高いクセに、マズイとはゆるせない〜!弁当がハズレだったことに嘆く私とトークしてくださったKさん、ありがとうございます。
 会場に着くと、まだリハーサル中とかで開いていなかった…。Iさんにごあいさつしたり、Nさんと映画デビルマン話をしていただいたり、Sさん、Kさん、Mちゃんとお会いしたり。JIMMY君はもうステージ衣装で飛び回っていて(出演者かつ主催者なので、いろいろ用事があったもよう)、わぁなんだか忙しそうだなぁ〜とぼんやり眺めてました。
 そして開場。エレベーターで2階へ上がり、TAGRO先生による絶妙な神業DJを聴きながらジンジャー・エールをのんでました。そしたらTさんとおつれさまがいらしてくださったのです!感激。楽しんでくださいますように、とお祈りしていると、ついに開演。
 「BUZZ−R」はドラムOさん、Kさんが面識があって、あとは初めてお会いする方ばかり。ものすごく技術力があって、ヴォーカルなしでも演奏に聴き惚れてしまうほど。ラスト、ヴォーカルの方が参加し「BUZZ」としてオリジナル曲をやったのですが、完成度が高くてやるなぁと思いました。
 「タキオン」は私が長年ファンである巨匠I川大先生と、Yーごさん、Sゲさんのバンド。大先生はベースを弾かれるので、私はさかんにMちゃんに「ベースの人かっこいいよねぇ」と話しかけて迷惑をかけちゃいました。JIMMY君が「キャラかぶるかも…」と言っていたヴォーカル・Yーごさんはアフロで登場!JIMMY君がアフロづらを用意していたことを知っていた私は、ああ、やはりバッチかぶってるなぁと感動すらおぼえたのでした。
 JIMMY君の参加する「サイクロンうなぎトロピカル」は今日が初ライヴ。ださいジャージの上下に、もさい赤白帽という珍妙ないでたちのJIMMY君と、TシャツにジーンズのギターIくん、キーボードTくんに、今回他バンドと掛け持ちで演奏してくれたドラムOくん&ベースKくん登場。
 Iくんのギターはこだわり極めた演奏だし、OくんとKくんは素晴らしい腕の持ち主なので、それは豪華なバンドサウンドだったのでありました。
 練習のデモテープとか聞かしてもらっていたけど、やっぱライヴはナマの迫力というものがあるよなー、と感心。JIMMY君の、カンニング:竹山ちっくなキレ芸のMCに場内ちょっとひいていたようだけれど、ノリノリなカヴァー曲でムードをすかさず中和。オリジナルも5曲炸裂して、無事終了したのでした。
 うれしいことに、お仕事で間に合わないかもとのお知らせをいただいていたTさんがいらしてくださったのです!少ししかお話出来ませんでしたけれど、JIMMY君の晴れ姿をお友達に見ていただくのは喜びでした。
 そしてトリはマンコス。「マンコスのテーマ」から始まり、場内騒然!「衝撃だ!」の声走る中、「アウトサイダー」や「りえ坊のテーマ」ののち、レンタル会場時間切れにて惜しまれつつも終了したのでした。
 来てくださった皆様、主催者と私は心より感謝しております!本当にありがとうございました!!!

10月15日
「そして伝説へ…」

 とうとうJIMMY君たちのライヴは明日にせまりました。私は一観客として楽しみ。JIMMY君とI君は、今日も打ち合わせをするもよう。というわけで、明日は留守にします。

10月14日
「いよいよ明後日」

 ついにJIMMY君たち主催のライヴ『電波交信ムーブメント』まで、残り2日となりました。いよいよか。すげー。デモテープ聞かせてもらったのだけど、けっして手前ミソでなく面白いものになっていると思う。見れば絶対面白いことがある、それが「サイクロンうなぎトロピカル」。皆様、ぜひお誘い合わせの上おこしください。私も精一杯おしゃれして行きますわん。
p.s.JIMMY君は今日免許更新だったので、『免許更新ムーブメント!』とかのたまわっていた。アホや。

10月13日「風邪かも、イヤーン」

 う〜ん、あたま痛い。最近私は心身不調なことが多かったんですが、JIMMY君は仕事よりなにより私がプリプリするのがいちばんきついのだそうです。彼の負担にならないようにしないととは思うのだけど…JIMMY君は「ひとこと多い大王」「いらんこと言いキング」なのでなかなか難しいのですわ。ふぅ。
 JIMMY君も私もなんだか疲れてくったり。寒いのか暑いのかわからない、気温の日交差が高い環境が体調を崩す原因なのかも。

10月12日「聞こえません」

 季節の変わり目のせいか、ぐったりな日々である。涼しくて過ごしやすいはずなのになぁ。
 最近とみに耳が遠くなり、真面目に困ってます。小さい頃に中耳炎をくり返したし、医者になるときの健康診断でも「聴力・要再検」になったのでしょーがないのでしょうが。日常がいきなりシュールになって、脳がついていけません。
 JIMMY君が
「カビの窓口探したから」
などと言うので、なにぃ!気でも狂ったか?と問いただしてみれば「旅の窓口」。惜しい。1文字違いだ。
 また、JIMMY君にチョコを与えれば
「このミドリ色のやつ、バッタの味がする」
などと言うので
うひゃあ〜この焼津の野生児はバッタなんて喰ったことあんのか〜そのクチで私にキスしないでくださいよえんがちょっなどと思ったら
「バカか!“抹茶”の味だ!このトンチキが!!」
などと罵倒されてしまった。だってちょうど低音域が聞こえにくいから、JIMMY君の低い声がバッチリ聞こえないわけなんだよね。とほほ…。

10月11日「サタンに付いてない!」

 昨日見た映画「デビルマン」について。TVCMなど見て、あらあらこんなにCG使ってゲームちっくなんですかー、なんだかなぁと思っていたので、それほど期待したわけではなかった。ダンナJ君との待ち合わせまで、時間があるので見に行ってみたのだ。「ヴァン・ヘルシング」でも良かったのだが、封切られたばかりだから…という気持ちが勝ったのだ。
 永井豪「デビルマン」を読んだのは、私が小学生のころだった。しかも低学年(2年生くらい)であったので、牧村家の悲劇は心に痛すぎた。トラウマになったと言ってもいい。人間の狂気を手加減なく描ききった、人類史上に残る世紀の傑作であると言えよう。
 そんな傑作漫画であるからして、映画化というのはどだいムリがある。作者を離れて、映画監督がマンガ媒体から感じとり再現したいと思った「デビルマン」にしかならないのだろうな、とは予想していた。元々期待してはいないのだから、失望することもないのだと思った。まあ遊園地で、ショボいと知りつつ「どんなもんかな〜」とオバケ屋敷を見に行くような気持ちだったのである。
 見て思ったこと。本作からは“人間”が見えてこない。
ヒロインはなぜ明が好きなのか。
シレーヌは何がしたかったのか。
ミーコは何を考えているのか。
サタンのまわりくどさは何。
主人公・明が、なぜ人を守りたいと思うのか、そこら辺の描写が足りないように感じる。2時間の枠では仕方ないかもしれないが、いきなりTVのヒーロー物のように迷いもなく正義の味方になられてしまうと、苦笑するより他ないのであった。 
 常温核融合とかはどうでもいいから、人の心をもっと描いて欲しかったんだよな。
 CGを駆使した特撮も、早すぎて見所を逸してしまうといった感じ。もっと動体視力を鍛えないとダメか<私
 未見のJIMMY君に粗筋を語っていて思ったことは、
(こっからネタバレてます)
映画版エヴァが漫画・デビルマンをパクったのに、映画版デビルマンがエヴァをパクり返してどーするよ、ということですね。

10月10日「ギャーンツアー」

 関東地方に行き、ラーメン食べて台風をやりすごして妖怪展見て映画観てDJイベントに遅刻したりしてきました。慌ただしくはありましたが、会ってくださった方々に感謝です。さて、同人誌の原稿が滞っているのだが、果たして11月コミティアまでに出来るのだろうか…?

10月9日「ホテルの部屋もとんこつ臭」

 JIMMY君が来たる10月16日にライヴをするので、そのためバンドの練習をするとかで新横浜へ行った。マイカー出したJIMMY君、バンドメンバーと合流したが機材積みまくりのため座るところがない。結局I君、T君が窮屈に座ることに。今回の旅は直前まで私が付いていくかどうか悩みまくったので、こういう事態になって、ああ私さえいなければ…みなゆうゆう座れたのに…関係ない私が付いてきたせいで…と精神がダーク太宰モードになる。
 気を取り直して、昼飯のため「ラーメン博物館」へ。入館料をひとり300円もとるというシステム。I君はラー博に詳しいので店を案内してくださる。ありがたし。でもI君オススメの店はなんと75分待ちだというので、あきらめて他へまわる。美味い店というのは知られているのだな、お客って正直だなーと思う。そこで和歌山とんこつしょうゆラーメンを食す。こういう観光の地にはうまいものないだろー、と思っていたのだがこれがなかなかどうして美味かった。私がチャーシュー麺、他の三人がふつうのラーメンだったのだが、間違ってチャーシューが2つ来てしまう。でも、お店のアンちゃんの粋なはからいでゴチになった。ラッキィ。
 ラー博はお店がいっぱいあったが土曜の昼ということもあり、混み混みで一軒しか行くことが出来なかった。残念! 次回はI君オススメの背脂の浮いたラーメン食べてみたいな〜(←ダイエットはどうした!!)。
 懐かしの町並みを再現した内部構造で、まあベニヤなどの書き割りだからチャチなのだが、もともとレトロっぽく薄汚れていると神経質に掃除しなくともそれなりに見えるから、考えたなぁと思った。あぁ、今気付いたが携帯で写真撮れば良かった。食欲魔人と化していたので忘れてた。
 とくに面白かったのが、おみやげコーナー。ナルトのぬいぐるみ(ジャンプ連載のNARUTOではありませぬ)や、名店の味を再現したベビースタースナック(お湯はNG!)など愉快かつここにしかないという「いやげ物」がたくさんで、また時間のある時にゆっくり見たいなぁと思った。
 食後は私宿で留守番、JIMMY君たちはO君、K君たちとさらに合流して練習。宿で読書するつもりであったのだが、爆睡してしまい何も読めなかった。本5冊も持っていたのだがムダに…。そして宿が、臭かったのである。部屋に甘ったるい腐臭が漂い、トイレはうんこ臭い。地獄で最もつらく厳しい最下層が阿鼻地獄だというのに!最悪である。おかげで、妖怪の病人にひたすらまとわりつかれる怖い夢を見た。
 夕方7時頃JIMMY君が戻って来たのだが、その間関東地方には大型台風が吹き荒れていたらしく、道路がヴェネツィアのようになっていたので目をみはった。T君と三人で韓国料理を食べ、T君を宿へ送り届けて9日の夜が更けていくのであった。

10月8日「ズギャバーンと素晴らしいLIVE」

 ハイロウズ・静岡ライヴ観てきましたー。ツアーグッズのTシャツ、ピンクとブラック両方購入。1枚2000円というのは、グッズでは安い方なのではないかしらん。
 それにしても、いいねえ甲本ヒロトさま。声が素晴らしい。雄々しく荒々しい歌声とは対照的な、静かに聴衆に語りかけるようなMCも良かった♪どのくらい今日のライヴが良かったかというと、始まる前はJIMMY君とぶちぶたれのケンカをし、「きーっ,私もう明日とまり一緒に行かないっ!」「いいよオレが一人でダブルに泊まるから。ちょっと広いけど!」などと言い合いしてたのが、変えるころにはすっかり仲良しこよしになってしまうという魔法ぶりでありました。すごい。
 そしてもちろん…チラ魅せもアリv「乳首を見せているのに、もっと求めるのか」と語りつつチラ!がたまりませんでした。ふりふりでした。我々は二階席からなのでほとんど見えないわけですけれど、最前列の方は衝撃だったのでは…。とにかくアルバム以外のヒット曲なども大盤振る舞い、アップテンポでステキすぎて、のりのりだったのでした。次回もぜひ行きたいなぁー。

10月7日「リセットできません」

 図書館は、家なき爺さんたちの憩いの場である。おうちのある爺様方ですら、
「パチンコはいかん。ゼニがかかるからな。図書館で雑誌や新聞読むのはタダだからいい!」
とかと声高に話しつつ、開館前から列をなして並ぶ。もちろんそういう方々ばかりだから、ものすごく
鼻に激烈アタックな空気が醸し出される。その中に私も並ぶのである。なぜかと言えば…。
 新刊書籍が到着するから!それらをいちはやく手に入れんとして、ホームレスピープルに混じって並ぶのだ。そこまでして本を読みたいのか私は。
 それに対して、爺様方は数限りあるソファーの位置取りをしたいだけであるから、開館すると真っ先に新聞・雑誌コーナーへ一目散に駆けていくのが常であった。
 これもそんな、ある日のヒトコマである。珍しく、開館前にベビーカーを押した若いおかあさんが
並んでいた。私は最前列にいたのだが、ガラス戸に後ろの様子が移るので、それと知れたのである。
 するといつも同じ顔ぶれの家無き爺様のひとりが
「うへへぇ。可愛いなぁ。ボウズか?」
などと破顔してヤングおかあさんに声をかけるのであった。
「ええ、男の子です。」
と答えるおかあさん。すげぇ。人間出来てる。私だったらきっと、固まっちゃって声も出せないであろう。そして垢じみた顔を光らせる爺様たちは、赤ん坊を取り囲みながら口々に
「いいなぁ。このぐらいの時が人間いちばんええよ」
「おれも…おれもこれぐらいからもう一度やり直せたらきっと…」
などと昔を懐かしみ出すのであった。
たまらん。
図書館よ、早く開いてくれ。
直後、時間が来て図書館は開き、爺様方はソファーへ殺到し、ベビーカーのおかあさんはカウンタへ向かい、 私は新入荷本一覧コーナーへ急ぐのであった。ああ、しょっぱいものを見てしまった…。
 JIMMY君にこの一件をあとで話したら、
「いい話じゃないか♪」
なんて言っていたけど、回想にニオイは付いてませんからね。実際あの場にいたら、たまらんですよ?

10月6日
「無断で仕様変更かよ」

 昨日はケンカで弱っていたこともあり、朝ネット開けないでいたら…ジオシティーズがヤフーと統合した余波で参りました。ジオのサイト2つもっているので、引っ越しせねばならない。今までのURLも使える、というので安心していたらどうもこれが曲者、旧URLでリンク切れにはならないがカウンタには反映しないという。それじゃダメジャン、意味ないじゃん。
 だいたいニックネームを旧URLと同じにして調整しようにも
(旧)geocities.co.jp→(新)geocities.jp
だから同じにならない罠。しかも5日になってカウンタが勝手にリセットされ、正確な数字をメモってなかったからアウト。「カウンタの数値も引き継ぎできます」っていうから安心してたら、どうも好きな数値に設定出来るというだけであって自動的に同じカウンタを使えるわけではないようだ。不便!調べたらデータは管理画面に残っているが、それに気付くまで肝を冷やした。
 容量拡大やら「バナー禁止」の廃止やら(画像はよそのサーバーから呼び出せるのだろうか??)アクセス解析やらいいこともあるが、有料版ジオプラスでしか、旧URLを変えずに引き継ぎすることは出来ないという。うーわー。無料だからガマンしろってこと??しかも新機能「あなたのアバターがつかえます」!?いらねー。アバターいらねー。小中学生じゃないんだから。とにかく…リンク変更のお願いを何十通打たねばならぬのだろうか…。

10月5日「相性占いいつも結果悪し」

 JIMMY君と意見や趣味が違うのでぐったり。兄弟姉妹じゃないんだから、好みの環境が違って当然なのだけど…私は「夏休みのとも」を7月下旬で終えるタイプ、彼は9月に入ってから突貫工事でデッチあげるタイプであるから、気の合うはずがないのである。なかなか難しいものだ。

10月4日「おっさんが作っているに違いない」

 娘。を卒業した加護ちゃん辻ちゃんのユニット「W」。その「W」が表紙&特集22ページというので用事もないのにおこさま雑誌「キッズウォーカー」を購入。
 なんと心理テストもついていて、「おともだちに“あなたは傘を持っています。傘の色は何色でしょう?”ってきいてみよう。答えた傘の色が、そのコのはいてるパンツの色なんだって!」などというセクシーおやぢテストも載っていたりする。謎…。

10月3日
「小イタリアン展」

 JIMMY君、おでかけ。ライブのため、バンドの練習や打ち合わせがあるらしい。
 私は仕方ないのでお留守番。お昼食べに、Iデパートの大イタリア展へ。「大」ってわざわざつける意味がわからないが、ワインや食材や家具や仮面など、イタリア的なものを展示即売するということらしい。
 イタリアンなものが大好きな私が見逃せるはずはない、と一人でお出かけしてみたら、露店?はキャッチされそうで近寄れず(断るのヘタなんだもん)、仮面は高価だったりで買えるモノが少ないので、ジェラートを食べてみた。300円。ふだん70円アイス(100円定価のものが、スーパーのアイスセールでこのくらいの値段になるのである)食べている身にはやや高めだが、お値段が気にならぬくらい、なめらかで美味い。お味はティラミス味で、ケーキピースも入っていてなかなか本格的に出来ていた。他にも岩塩+ダマスクスローズとか、トマトとかピスタチオなど珍妙なお味があったけれど、ヘタレなのでチャレンジ出来ず。まあ、またの機会にね…(って本店東京かいっ。行けないよー)。
 お昼に食べた某有名店のボロネーズは、まあまあだった(といってもそんじょそこらの店よりは美味しかったですよ)。我々の家の近所に、すごく美味しいと思っているイタリアンの店があるので、もしもそこより美味しかったらどうしよう…とドキドキしたのだが、まあ素材はよいのだろうけど、普通な感じでほっとしたりして。これなら近所のお店で良いな。

10月2日「スポーツ中継にもの申す」

 応援していたJリーグのチーム惨敗…しかも再起が危ぶまれるケガ人まで…超ブルーな気分…。今年はガマンの年だなー。昨日は昨日で、楽しみにしてた番組がいきなりお流れになるし↓
“「内村プロデュースvs世界の成功者たち お笑い収穫祭スペシャル!!」は野球編成のため、放送日が変更になりました。10月20日夜7時より放送を予定しています。 ”
ですってよぉぉぉ。なんだとぉ??野球、野球、野球だよ。なんだよ歴史を変える二元中継って。
プツ。TV消すっ。見ない!
 最近の私はなんだかついていないのよー。ランチを喰えばあとから来た人のところへ先に食い物が
届き、ウェイトレスにクレームつけるまで忘れ去られるし〜電車で座ると必ず横にサイコな人かアレな人ばかり座るんだぁ。こんな憂鬱なわたくしの救世主はお笑い番組…芸人魂燃える番組でぱぁーっと現実逃避しようと、ずっと楽しみにしてきたのに…いきなり野球中継のため、3週間近くも先に変更ですよ。痛い、痛いよ。心が。
 数年前、「ダウンタウンのごっつええ感じ」が野球放映との無断差し替えトラブルを機に打ち切りとなってから、野球はわたくしに敵認定されたのです。
 別に野球自体や野球ファンを否定しようとは思わない。野球ファンの方は、楽しんでください。野球選手はがんばっていてすがすがしいよね、と思う。でも、TV界における野球中継の、のさばりぶりは嫌い。私自身は野球含むスポーツに全く興味が無くて、(例外:サッカーだけ)とくに見る気がしないので、映画やらバラエティやらが野球で放映時間グダグダにずれるのが納得いかない。そんなに世界は野球中心にまわってるんですかしら。野球は野球チャンネル作って、そこで24時間やってりゃいいじゃないですか〜とも思ってしまう。ああ、カンニングと内Pのカラミが楽しみだったのに…ぐすんぐすん。

10月1日「たぼーん」

 JIMMY君、超多忙。今日はもち仕事&夜まで会議、明日は自主的出勤で夕方まで仕事、日曜はバンド練習で関東方面へ、帰りは夜中だとか。休みないじゃん。だいじょうぶなのか。
 私はひとりさびしくメシを喰うのである…。夜はひどい鳥目のため(ヴィタミンAやカロチンとってるつもりなのに…)ロクに目が見えなくて一人では外出出来ないから、昼間に夕飯のものを買っておかないとなー。
 そんなJIMMY君、ちょっぴしやさぐれ気味なのである。( )内は私の叫び。
「誕生日なんてなにがめでたいんだよ」
(JIMMY君が生まれてくれてありがとうって日じゃん。33歳元気に迎えてめでたいじゃん!)
「どうせあんたしか祝う人いないよ」
(たぶんそんなことないよ!!)
「ケーキもないしね」
(タルト買ってあるっつぅーーの!!!)
彼の心が晴れ晴れするとよいのだが…と思う。


トップ アイコン
日記もくじ



直線上に配置