ロゴマーク

 TOP

 ライオンズクラブとは

 特徴ある福祉活動

 クラブの歩み

 組織図

 活動報告

 例会報告

 年間計画表

 幹事報告

 ネスクラブの活動

 今後の予定

 リンク集


献眼・献腎・献血・聴力セミナー
                     献眼・献腎・献血推進委員長 L半澤敏夫
 『健康って幸せですよネ・・・』この当たり前のことがあらためて心から強く感じられるそんなセミナーでした。8月19日(火)献眼、献腎、献血、聴力セミナーが静岡で行われました。その中で静岡県聴覚障害者協会事務局長の山本与四郎様より「聞こえないこと。手話について」というテーマで講義があり、まず手話が世界共通でないことを初めて知りました。又、現実の問題点もいろいろとあり、手話の通訳が非常に不足しているとのこと。その通訳が一人前になるには7年〜8年かかってしまうそうです。それから緊急時に情報が伝わってこない、たとえば、地震の時にテレビに字幕が出ない。停電になると、唯一の通信手段であるFAXも使えない・・・。本当に「聞こえないことは不幸でなく不便である。」と話されたことに「なるほどなぁ」とうなずいてしまいました。まずは私たちに出来ることは何か?と考えるとそれはちょっとした勇気かもしれません。町中で困っている老人や障害者がいたらさっと手を差し出す勇気!これを勇気と感じずに当たり前に出来たら、もう少しこの世の中が住み易くなるかもしれません。その後も体験談発表と言うことで、開眼者代表の方と受腎者代表のお話を伺いました。どちらも真に迫るものがあり、思わず聞き入ってしまいました。私はこのセミナーに参加できて本当によかったと思っています。皆様も機会がありましたら是非ご参加下さい。

活動報告のトップに戻る

Copyright © 2004 Fuji Gakunan Lions Club All rights reserved.