ロゴマーク

 TOP

 ライオンズクラブとは

 特徴ある福祉活動

 クラブの歩み

 組織図

 活動報告

 例会報告

 年間計画表

 ネスクラブの活動

 今後の予定

 リンク集


献眼顕彰碑の清掃活動

日時:7月13日(火)・8月7日(土)・9月2日(木)
場所:富士市斎場

 私たち三献委員会で、2Z合同の活動である献眼顕彰碑の清掃を行いました。
本年度の当クラブの清掃当番月は、7月から9月までとなっております。実際に清掃してみると日の当たらない部分にカビの発生があり、雑巾があっという間に真っ黒になるほど、顕彰碑は見た目と違いかなり汚れていました。
 7月の当日は小雨混じりの曇り空で暑い日でしたが、清掃活動で汗を流した後は、心身ともに清々しい気持ちになりました。
 この顕彰碑は、2001年5月に献眼者の供養塔として富士市斎場に建立されたもので、毎年「献眼者合同慰霊祭・厚生労働大臣感謝状伝達式」
もこの顕彰碑前で実施されました。今年の慰霊祭は11月16日に行われます。
(池田委員長)


秋の交通安全運動街頭広報活動

日時:9月21日 火曜日
場所:市役所周辺交差点にて

 秋の交通安全運動街頭広報活動を早朝より市役所周辺交差点にてのぼり旗を片手に広報活動を行い、市民交通安全を呼びかけました。


地区統一アクティビティー 環境美化活動
米之宮神社周辺清掃

日時:10月2日 土曜日
場所:米の宮公園

地区統一アクティビティーとして環境美化活動・米之宮神社周辺清掃を例会振替でネスクラブと合同で行われました。
 本活動は、毎年の恒例となっており、米之宮神社の宮司様はもとより、多くの市民から高い評価を得ている当ライオンズクラブの重要な社会貢献活動です。 
 本年も環境保全委員長のL.遠藤惠久の指揮のもと、手際の良い作業が行われました。多数のメンバーがクラブジャンパー着用または当クラブの紫のたすきをかけ軍手をつけ、竹ほうき等の掃除道具を片手に、もう片方の手に大きなゴミ入れのビニル袋を持って活動する様は、当クラブの存在意義を社会にPRする絶好の機会になっていると思います。
 また、無心になって生け垣の中の空き缶や紙くずを探す作業は、かけ声だけの社会貢献や、金銭の寄付の社会貢献から、自らの時間を使い、体を動かして社会貢献する大切さを思い出させてくれる体験である事を、改めて感じました。
(長谷川)


第30回市民福祉まつり
5LC合同献眼登録推進運動

日時:10月17日 日曜日
場所:中央公園イベント広場にて

 快晴の秋空のもと、中央公園において第30回市民福祉まつりが開催されました。公益団体、福祉団体、企業等の多くのブースが設けられ、大勢の市民で賑わいました。このまつりは市民のボランティアで運営されているそうです。その奉仕の心に敬服させられました。
その中でライオンズクラブは5LC合同で献眼登録推進運動を行いました。当クラブは10:30から11:30まで担当し、2人の登録を頂きました。
昨今、臓器移植の法律が変わり、臓器移植も少しずつ増えており、移植についての意識も高まっているのではないでしょうか。献眼に関しても、これから抵抗も段々と少なくなっていくのではないかと思います。地味な活動ですが、ライオンズらしい活動であると感じました。



活動報告のトップに戻る


Copyright © 2004 Fuji Gakunan Lions Club All rights reserved.