ロゴマーク

 TOP

 ライオンズクラブとは

 特徴ある福祉活動

 クラブの歩み

 組織図

 活動報告

 例会報告

 年間計画表

 ネスクラブの活動

 今後の予定

 リンク集


MERLワークショップ

日時:2011年2月17日(木)・3月3日(木)
場所:ホテルグランド富士

 2月第2例会、3月第1例会において、MERL委員会主催のワークショップが行われました。
テーマは会員増強と会員維持の二つを設定し、A〜Gの7つのグループに分かれ、ディスカッションをしました。
 結果は以下の通りです。良い意見がたくさんありますので、再度これを見直し、より良いクラブにするための目標として頂きたいと思います。
このワークショップ、その結果がどうあれ、メンバーがクラブに対して問題意識を持ったことが成果であったと思います。是非またクラブの活性化のためにワークショップを行って頂きたいと思います。

 

■チームA   テーマ:会員増強
[1] 目標
参加しやすい環境づくり
[2] いつ(実施時期または完了時期)
[3] だれが?(行動する人または責任者)
[4] どうやって?(行動手順)
・例会開始時間を少し遅くする
・例会の曜日を考える
・オブザーバー期間を長くする
・会費を下げる
・開かれた例会をする
[5] 準備するもの、こと
[6] 留意点

■チームB  テーマ:会員増強
[1] 目標
入会候補者のリストUPの強化!!
(当クラブの会員としてふさわしい人)
[2] いつ(実施時期または完了時期)
次回の例会より
[3] だれが?(行動する人または責任者)
MERL委員会・特別部会  
*行動する人:メンバー全員
[4] どうやって?(行動手順)
・毎月一回は、特別部会からPRをする
・候補者の友人・知人からの紹介を協力依頼する。
・入会予定者で無くともアクティビティー等に参加・見学してもらう
[5] 準備するもの、こと
会員全員が真剣に、真剣に考える(会員増強について)
[6] 留意点
強制しすぎてはいけない

■チームC  テーマ:会員増強
[1] 目標
JCの卒業生の勧誘
[2] いつ(実施時期または完了時期)
すぐに実行する
[3] だれが?(行動する人または責任者)
特別MERL委員に特に頑張ってもらう
[4] どうやって?(行動手順)
JCの公開例会等に積極的にオブザーバー参加し、関係を深める
[5] 準備するもの、こと
行動資金
[6] 留意点
あらゆる人脈を駆使し、熱心な勧誘

■チームD  テーマ:会員維持
[1] 目標
楽しい例会
[2] いつ(実施時期または完了時期)
次回
[3] だれが?(行動する人または責任者)
会員各位
[4] どうやって?(行動手順)
・メンバーのニーズに応える企画にする
・委員会主催 参加型の例会にする
・たまには自由席にして交流を広げる
・出席率向上のため、相互に声を掛け合う
[5] 準備するもの、こと
会員各位の意識改革(各自の出席しようと努力する等)
[6] 留意点

■チームE  テーマ:会員維持
[1] 目標
会費を安くする
[2] いつ(実施時期または完了時期)
2020年頃までに
[3] だれが?(行動する人または責任者)
時の会長
[4] どうやって?(行動手順)
・上納金を減らす(組織改革)
・年次大会、複合大会等に金をかけない
[5] 準備するもの、こと
支出のチェックできる制度
[6] 留意点
現在の例会場はそのままで維持

■チームF  テーマ:会員維持
[1] 目標
当クラブにふさわしい新会員を入会させる
[2] いつ(実施時期または完了時期)
4月以降
[3] だれが?(行動する人または責任者)
メンバー全員、責任者はMERL委員
[4] どうやって?(行動手順)
・良き友人を見つける
・メンバー間の声かけ
・月2回の例会中でのメンバー間の交流
[5] 準備するもの、こと
[6] 留意点
スポンサーが全責任をとる

■チームG  テーマ:会員維持
[1] 目標
変な人は入れない
[2] いつ(実施時期または完了時期)
入会前
[3] だれが?(行動する人または責任者)
スポンサー(責任ある行動・声かけ)
[4] どうやって?(行動手順)
・会のステータスを上げる
・オブザーバーでの出席は2回以上
・アピールタイムと親睦会への参加(孤立させない)
・クラブ活動 仲間づくり
・会費等の負担軽減
[5] 準備するもの、こと
新会員の正しい情報収集
[6] 留意点
ガツガツ入れない

 





活動報告のトップに戻る


Copyright © 2004 Fuji Gakunan Lions Club All rights reserved.