学科・専攻紹介

養成部 園芸学科

園芸学科では静岡県の主要な園芸作物について、野菜コースと花きコースに分かれ実践的な知識・技術の習得学習を行います。

1年生は、各コースとも前半は露地栽培を中心に生理生態、栽培技術の基礎知識、栽培管理と出荷調整等について、講義と実習により学びます。また、1年生後半から野菜コースはメロン、トマト、イチゴ、野菜一般の各専攻、花きコースは切花、鉢物の各専攻に分かれて、施設園芸作物の本格的な栽培管理を学習します。

2年生は、コンピュータ制御温室や養液栽培施設などを活用した、園芸作物の高度な栽培技術習得や農林技術研究所における最新の試験研究の学習を進めます。また、自らテーマを選定して栽培技術改善、病害虫防除、栽培品種の比較などの課題の解決を図る卒業論文にも取り組みます。

また、県内の先進的農家で2ヶ月間、実際の農業経営を体験学習する先進経営研修をはじめ、市場・小売店等農産物流通の視察調査や、トラクターの運転技術を習得する大型機械研修など、各種研修を通して幅広く実践的な知識や技術を身に付けます。

園芸1年実習風景1
園芸1年実習風景1
園芸1年実習風景2
園芸1年実習風景2
園芸1年実習風景3
園芸1年実習風景3
園芸1年実習風景4
園芸1年実習風景4

園芸学科 野菜コース メロン専攻

静岡県を代表する温室メロンの栽培と出荷販売について学習します。温室メロン専用のスリークォータ型温室や低コスト耐候性ハウスで高度な技術を駆使した栽培に取り組みます。

メロン専攻
メロン専攻
メロン専攻実習風景
メロン専攻実習風景

主な卒業論文テーマ

年度 テーマ
平成27年度 栄養剤の散布濃度が果実に及ぼす影響
平成28年度 温室環境の季節変化が果実に及ぼす影響
平成29年度 葉面散布液肥の種類が温室メロン果実の肥大や品質に及ぼす影響

園芸学科 野菜コース トマト専攻

トマトについて育苗から出荷までの本格的な栽培技術を実践的に学習します。また、養液栽培による高糖度トマトの生産技術についても実習します。

トマト専攻
トマト専攻
トマト専攻実習風景
トマト専攻実習風景

主な卒業論文テーマ

年度 テーマ
平成27年度 無培地循環養液栽培における中玉トマトの品種比較
平成28年度 高糖度の中玉トマト栽培における最適な栽培方式、培養液EC及び品種の選定
平成29年度 高糖度中玉トマトの栽培における果実肥大促進法の検討

園芸学科 野菜コース イチゴ専攻

イチゴの親株管理から出荷までの本格的な栽培技術を実践的に学習します。また、養液栽培によるイチゴの生産技術についても実習します。

イチゴ専攻
イチゴ専攻
イチゴ専攻実習風景
イチゴ専攻実習風景

主な卒業論文テーマ

年度 テーマ
平成27年度 イチゴ新品種きらぴ香の特性調査
平成28年度 イチゴきらぴ香の促成栽培における天敵利用が葉ダニ防除回数削減に及ぼす影響
平成29年度 イチゴ‘きらぴ香’の定植時期の違いが生育、収量に及ぼす影響

園芸学科 野菜コース 野菜一般専攻

さまざまな種類の野菜の育苗から出荷までの本格的な栽培技術を実践的に学習します。ビニールハウス、ガラス温室、露地畑を利用した実習を行います。

野菜一般専攻
野菜一般専攻
野菜一般専攻実習風景
野菜一般専攻実習風景

主な卒業論文テーマ

年度 テーマ
平成27年度 ナス単為結果性品種を利用した省力化栽培と経営への発展
平成28年度 スリークォーター温室を活用した畑ワサビ栽培の検討
平成29年度 メロン温室を利用したパプリカ栽培

園芸学科 花きコース 切花専攻

バラ、トルコギキョウ、カーネーション等県内の主要な施設切花を扱い、栽培管理から出荷販売まで、より専門的な技術を学びます。

切花専攻
切花専攻
切花専攻実習風景
切花専攻実習風景
切花専攻出荷調整
切花専攻出荷調整

主な卒業論文テーマ

年度 テーマ
平成27年度 トルコギキョウ種子冷蔵栽培とジベレリン処理が生育・開花に及ぼす影響
平成28年度 根域温度の調節がガーベラの生育に及ぼす影響について
平成29年度 グニーユーカリの挿木におけるカルス形成後の発根促進法の検討

園芸学科 花きコース 鉢物専攻

シクラメン、ポインセチア等の鉢花を始め、コチョウラン、観葉植物、花壇苗などの品目を栽培し、栽培管理、給水方式、日長処理、出荷調整等について学びます。

鉢物専攻
鉢物専攻
鉢物専攻実習風景
鉢物専攻 かん水
鉢物専攻校内販売実習
鉢物専攻校内販売実習

主な卒業論文テーマ

年度 テーマ
平成27年度 鉢・プラグトレーの大きさの違いが鉢物用ヒマワリの生育に与える影響
平成28年度 ポインセチアのビーナインによる適切なわい化処理方法の検討
平成29年度 ゼニゴケの効率的防除方法の検討

トップページに戻る