「煙が目にしみる 」

沼津演劇研究所 第41回公演

作:堤泰之
演出:松田恒昌
2003年2月14日(金)〜2月16日(日)
沼津市民文化センター/小ホール


焼き方はレアで!
火葬場を舞台に繰り広げられる涙と笑いのお葬式ストーリィ。


メッセージ

胸ときめかして
沼津市民劇場 代表・土屋弘光
ご挨拶
沼津演劇研究所 代表・中谷昭司
公演によせて
演出・松田恒昌

ものがたり

 とある地方都市の斎場の待合室。 今まさにここで荼毘に付されようとしている男が2人。 野々村浩介と北見栄治。 野々村家には大勢の参列者が詰めかけて、てんやわんやの大騒ぎになっているのに、 北見家には何故か娘の幸恵の他にはほとんど参列者が無くひっそりとしている。 はてさて、北見家の事情とは…。

 故人がそれぞれ残した想い、そして残された家族や恋人の想いが、 笑いと涙の中で人情味豊かに語られる。そんな、とびっきりのお葬式のお話です。


上演日時

2003年2月:()内はお客様数
開演時刻 14日(金) 15日(土) 16日(日)
14:00   (390) (425)
19:00 (300) (290)  


キャスト

野々村浩介 みの成樹
野々村礼子 臼井美恵子
野々村亮太 野村尚宏
野々村早紀 武市佐知子
野々村桂 鈴木華子
原田泉 中谷淑子
原田正和 小玉勝克
北見栄次 安永弘
乾幸恵 杉田みな子
瀬能あずさ 今井須美子
牧慎一郎 佐藤翼弘
江沢務 真木恵美男

登場人物・役者紹介


スタッフ

舞台美術 三上博(文学座)
照明 片山俊彦(文学座)
音響 中谷昭司
舞台監督 鈴木清
制作 尾川敏也
大道具担当 安永弘
小道具担当 小玉勝克、真木恵美男
衣裳担当 真木美紗子、山田恵子
宣伝美術 松田恒昌、東利一
制作担当 臼井弘行、遠藤百二、岩崎直、岩崎双葉、奥村いくみ、 佐々木直子、久保千草、藤原雅仁、鈴木彦次、 小長谷清乃、古部由美子、臼井優香

協力

  • 梅原建設
  • ヌマヅメモリーホール(沼津葬祭)
  • エスピーエスたくみ
  • 沼津市民劇場

    ギャラリー

    舞台写真、ちらし、舞台装置など

    写真一覧

    その他

    公演までの準備の記録など


    上演記録 に戻る。