富士山麓にヨウム啼く 番外編 アキレス腱断裂記11 再断裂・ギプスで固定(術後50〜56日目) 7 Nov.2001


IEをお使いの方は文字サイズ75%を推奨いたします

2001年10月28日(日)50日目  再断裂8日目


再び白い塊

●雨降りで寒い一日。アキレス腱を再断裂した先週の日曜日も雨で寒い日だったな、とすぐに頭に浮かんだ。
出かけるのはやめにして家で過ごすことにする。お昼ご飯を食べてから、寒いので熱いシャワーを浴びた。
湯舟には入れないが、長い時間背中からお湯を浴びると汗をかくくらい体がポカポカ温まった。
でも、バンダナとタオルとビニール袋2枚で覆ったギプスがなぜか水浸しになっていたのだった。
かなり水に濡れてしまい、拭いても水気がどんどん下の方から出てくる。
そのままにしておくと、ギプスの一番下がいつまでも濡れていて足が冷えるので、ドライヤーをかけたりしてみた。
結局タオルでぐるぐる巻きにして水分を拭き取りながら乾かすようにしてみた。

●テレビで映画を見ていたら、どうしても眠たくてそのまま昼寝をしてしまった。
しばらくしてタオルでぐるぐる巻きにしてある足が猛烈に痒くて目が覚めた。
我慢できなくて棒を入れて掻いてみたら…どこを掻いても真っ白い塊がとれる(^_^;
30分くらい棒でこすり落としてやっと棒の届く範囲は白い塊が出なくなった。
足が見事にタオルと体温で蒸されていたのだ。
こういう時に棒ではなくて、垢すりタオルで擦ったらどんなに凄くて気持ちいいことか! ちょっと勿体ないと思った(笑)
たった1週間足を洗わないだけでこの状態なので、次にギプスを巻き直してもらう時はただ足を拭くだけでなくて、
石鹸とタオルでちゃんと洗ってから巻き直してもらいたいと我がままを言ってみようと強く決心したのだった。


2001年10月29日(月)51日目  再断裂9日目


サポーターを新調した

●またハイハイ生活に戻ってしまったので、膝用サポーターは動き回る時はいつもつけている。
ギプスが外れていた時につけていたサポーターは足先から穿く円筒形のニットサポーターだったのだが、
ギプスをしている方の左足にはギプスが大き過ぎて円筒形サポーターをつけることができなかったのでバンダナを巻いていた。
でも、今回は手術しないで部分断裂を治すためにギプスの期間が長いので、マジックテープで膝を固定するタイプの
サポーターを買ってきてもらった。膝の上下をマジックテープで留め、膝のお皿部分は最後に蓋をするような形のサポーターだ。
ギプスが緩くなっているので、膝下の部分はギプスの中でマジックテープを留めることができる。
参考までに、近所の大きな薬局で買った製品は丸光産業という会社の製品で、値段は2000円弱だった。


かかとの補強

●前日シャワーを浴びたらギプスが水浸しになってしまった理由がわかった。ギプスに開けた「窓」のせいだった。
ギプスカッターでカットされた切り口が鋭いので、ビニール袋に穴をあけてしまったようだ。それで試しにかかとから
足首にかけて「窓」を覆うようにタオルをきちんと巻いてビニール袋をギプス全体にかぶせてガムテープでぴったり脚に留めて
シャワーを浴びてみた。やはり足は濡れなかった。しかし、このギプスの切り口はかかとにも食い込んでとても痛いのだ。
何とかこの切り口を塞ぐようにギプスの内側に詰め物をしてみようと思う。


反省モードになる

●アキレス腱を切ってから、なんだか何ごとにも意欲がなくなってきた気がする。
思い通りに動けないので、家事をしてもらっていることをいいことに、自分で体を動かさないで済ませている。
自分でまずいと思うほど怠け者になっている。せめて日中できる家事は時間がかかってもやっておこうと思うのだった。


2001年10月30日(火)52日目  再断裂10日目


筋肉がつくのも落ちるのもあっと言う間

●ギプスがかなり緩くなり、手を入れて脚を掻くこともラクにできる。
また、アキレス腱に沿って縦に長く大きな「窓」が開いているので、そこからも脚を拭いたりしている。
それにしても少しずつついてきた筋肉がたった10日でまた無くなってしまった。
筋肉は動かしているとその部分にはたった1日でうっすらついてくるものだと分かった。
そして逆もまた真で、動かさなければすぐに無くなってしまうものだった。
ふくらはぎは再び巨大な二の腕かマシュマロのような触り心地に戻ってしまった(涙)


かなり反省

●アキレス腱を切って療養し始めてから、読書もテレビもネットもせずに寝ている時間が長くなった気がする。
すぐに疲れて横になってしまうのだが、もしかしてこれはお年寄りが怪我をきっかけに痴呆が始まったりするのと
似ているのかなと本気で思えてきた。
かなり真剣に自分を反省。できるだけできることは頑張って家事を自分でしてみた。
ただ横になると寝てしまう…よりも気分よく、体調も変わらないので、明日も同じように家事をしてみようと思う。


でっぱり憎し

●腕や腿など、気がつかないうちにどこかにぶつけて青痣になっている。
ハイハイしているとイスやテーブルやドアなど、意外と通り道を阻む物が多いのだ。
でも何より一番困るのは敷居だ。引き戸も開閉式のドアも必ず敷居(または敷居状のもの)が床についている。
我が家は各部屋のドアや引き戸の所は必ず2センチくらいの高さの敷居がある。
狭い家なのもあるが、このでっぱりのせいで車椅子は家の中では使うことができないのだ。でっぱりが忌々しい…


10月31日(水)53日目  再断裂11日目


せっせと家事をしてみる

●ひとりで掃除機をかけて、洗濯物を洗面所に干してみた。
洗面所なら手をつく壁もあり、椅子に座ってハンガーに干すことができるからだ。
スペースが小さいので、干せる分量にも限りがあるが。意外に洗面所に干すと早く乾くような気がする。
シャツにアイロンをかけたり、夕食の支度をしたりして日中を過ごした。よく働いたなぁと満足感。


バンダナで足をカバー

●ギプスの足は、指の部分全部とかかと部分がむき出しで、結構寒い。
でもギプスの上から履ける靴下や靴下カバーがないので、バンダナで足を包んでバンダナの四隅を足の甲のところ1ケ所、
かかとの後ろ1ケ所で交差させて結んでみた。バンダナは薄いが、かかとが冷えなくてとてもラクになる。


2001年11月 1日(木)54日目  再断裂12日目


ギプス水浸し

●とうとう11月に入った。
予定なら来週末くらいには松葉杖も不要になっているはずだったのに…と、思い出しても仕方ないことを思い出して少しクヨクヨする。
でも昨日と同じように掃除機をかけ、洗濯を干し、昼食も夕食も作ったので充実感がある。
また、掃除機をかけた後汗をかいたのでシャワーを浴びてみた。
いつもSにギプスにビニールをかけるのを手伝ってもらっているが、この日初めて自分でタオルやビニールを巻いてみた。
ギプスの丈があり、爪先立ちの形で固定になっているので、手が届かないところがあり苦戦する。
ガムテープでしっかり固定したつもりだったのに、ギプスの上から水浸しになってしまった。大失敗。
ハンドタオルをギプスと脚の隙間に間にはさんで水気をとった。


ネット通販でCDを買ってみた

●自由に買い物に行けないので、夕食材料は2週間前に頼んで毎日配達してもらい、
足りないものはSに仕事帰りに買ってきてもらう。
でも本やCD/DVDなど店頭で見て買いたいものが自由に買えなくて不便。
それでどうしても欲しいCDをインターネット通販で頼んでみた。
代金は振り込みに行けないので代引きにしてもらった。それが届いて午後はずっと聞いている。
こんな時、インターネット通販はとても便利だと実感。


2001年11月 2日(金)55日目  再断裂13日目


筋肉が萎えるとどんな感じか、やっと説明ができるようになる

●仰向けに寝転がって左足を高く上げてみると、ギプスの中のふくらはぎの肉が誰かの手で下に引っ張られているような感じがする。
これは萎えた筋肉が重力に逆らえなくなっているからだろうか?
1ヶ月前の10月6日にギプスが外れた時にふくらはぎの辺りが震えて力が入らなくて、手で足を持ち上げなくてはならなかった時も
そんな感じだった。
こんなことは普段は感じることができないことなので、面白くてずっと足を上げてふくらはぎを触っていたのだった(笑)


2001年11月 3日(土)56日目  再断裂14日目


ガムテープ

●雨降りの寒い1日。あまりにも寒いので、お昼前にギプスの防水をして熱いシャワーを浴びる。
こんな時は湯舟に入りたいが、あと何ヶ月かはシャワーだけの生活になる。
そしてまたもや自分のガムテープの貼り方が甘くて、ギプスの中が水浸しになってしまっていた。
後で脚が冷えて大変だった。



home e-mail


11再断裂・ギプスで固定
1手術 2入院1 3入院2 4退院 5抜糸
6鳥に好かれる 7ギプスが外れる    8足首周りに筋肉出現   9松葉杖で歩行訓練   10再断裂       
11再断裂・ギプスで固定   12ギプス巻き直し 13再断裂3週間経過 14再断裂4週間経過 15再断裂5週間経過
16再断裂後のギプスが外れる 17リハビリ再開 18松葉杖1本で歩行訓練 19自主トレの日々 20歩行訓練
21松葉杖を返却する