富士山麓にヨウム啼く 番外編 アキレス腱断裂記15 再断裂後5週間経過(術後78日〜84日) 4 Dec.2001


IEをお使いの方は文字サイズ75%を推奨いたします

2001年11月25日(日)78日目  再断裂36日目


外出してみる

●火傷の手当てを病院でしてもらうまでは何となく心配な右手だったのだが、前日化膿止めの塗り薬をもらって塗っているという
安心感からか、また外出したいという気持ちがむくむく湧くのだった。紅葉がきれいになってきたので山の方にも行ってみたいと
思ったが、このあたりは非常に道路が混む(実際に、こちら富士山麓はこの時期紅葉を見に来た車で渋滞になる)。
そこで映画を見に行くことになった。まだ火傷痕の水ぶくれがひどいので、自分で車椅子を漕ぐことができない。
火傷の箇所に軟膏をたっぷり塗ったガーゼを当て、包帯を巻いてでかけた。
車椅子を押し続けていたSは腰が痛そうで気の毒なことをしてしまった。
この日は小さなバッグに使い捨てのポリエチレン手袋1組、大きなビニール袋、ガムテープを持参してでかけてみた。


便利なものを買う

●前日、近所のドラッグストアで買い物したものでとても便利だったのは使い捨てのポリエチレン手袋
50枚がボックスの中に入っていて、左右の別がないものだ。

●何に使うかというと、3階にある我が家から外に出る時に、どうしても手すりを握ってケンケンしながら階段を下りなければ
ならないのだ。そして外出から帰ってくると、右手は手すりにつかまり、左手は階段の段に直に手をついてハイハイして階段を
のぼっていくのだ。これまで手が滑るのではないかと思って手袋をしていなかったが、ものは試しとポリエチレン手袋をしてみた。
注意していれば手を滑らすこともなさそうだ。
そして階段をのぼるのには右足は普通に足の裏を階段につけてのぼるが、左のギプスの方の足は膝立ちで階段をのぼっていくのだ。
そこで左足は膝上までビニールの大きなゴミ袋で被ってみた。するとギプスも足も汚す心配なくすいすい階段がのぼれるのだった。
そこまでやったらついでに…スカートをはいて出かけて帰ってきた時、スカートの裾を引きずらないように手でおさえたりして
いたのだが、ガムテープでスカートの裾上げをしてみた。
これからは、出かける時のマストアイテムは「使い捨てポリエチレン手袋」「ゴミ袋」「ガムテープ」なのだ。
真面目に書いているけれど、何となく自分でも可笑しくて笑ってしまうのはなぜ?(笑)


私は毎回誰にも出くわさないことを祈りつつ階段を這ってのぼっているが、アパートの他の住人にこの姿で遭遇したら、
きっと何ごとかと驚くだろう。今日も人を驚かせないように、コソコソ静かに階段をのぼってきたのだった。



2001年11月26日(月)79日目  再断裂37日目


水ぶくれ

●火傷した箇所の水ぶくれは、1度病院で中の水を出してもらったが、気がつくと時々また溜まっている。
まだ火傷の周りに触れただけでも痛いが、ティッシュペーパーで押さえて水分をだしてから薬を塗ってガーゼを貼っておく。
まだこの日は傷が乾いていなくて、炊事はゴム手袋をして手を濡らさないように気を遣った。



2001年11月27日(火)80日目  再断裂38日目 


火傷がよくなってくる

●火傷の箇所がすっかり乾く。前日は水ぶくれにすぐに水が溜まり、まだ傷口も生々しかったのが、たった1晩ですっかり
乾いてしまった。掌の皮膚が火傷で硬くなってしまったり、指の皮膚が突っ張っているので指を曲げると少し違和感があるが、
もう右手で普段通りキーボードを打ったり家事をすることができるようになった。



2001年11月28〜30日(水〜金)80〜83日目  再断裂39〜41日目 


ふくらはぎがピクピク

●ギプスしている左のふくらはぎは一層柔らかくなり、寝転がって足を上にあげてみると、ふくらはぎは相変わらずだれかに
強く下に引っ張られているような感覚がする。そして瞼が痙攣してピクピクするような感じの痙攣がしょっちゅう起きている。
一旦始まると、割合に長い時間ふくらはぎのピクピクが続いて、ちょっと気持ち悪い。
これまで経験したことがなかったので、言葉でどう説明したらいいだろうかと思い悩んでいた。
でもうまい例えがみつかった。感じとしては低周波治療器の電極をつけて弱い刺激を与えているのとソックリ
そう考えると、(これはもしかしたら気持ちいいのか?)と思えるから不思議だ。 



2001年12月 1日(土)84日目  再断裂42日目  


何もしない日

●久しぶりに通院も映画も買い物にも行かない土曜日。借りていたビデオを見てみたら、中華料理を作るシーンが最初から最後まで
ずっと続く映画で、その手際の素晴らしさや料理の美しさに見とれてしまった。
何か手の込んだものを自分で作りたくなって、朝からルウも自作して冷蔵庫やストッカーにあった材料でカレーを作る。
香ばしく美味しくできてさらに満足。


かさぶた

●この日は火傷の痕はかさぶたになり、そこが痒くなり、どんどん剥がれてきている。

掻きたいけれど我慢している。
大きいかさぶたが3つ。
のこりは小さなかさぶたが4つ。

左足の方はギプスが緩くなり、ギプスの中で足が少し動くようになってきた。
そこで床に足を投げ出して座り、ギプスがしてあるのでそれほど動かないけれど、足の指を動かしてみる。
すると、足首やふくらはぎが微かながら動くことがわかる。
あと1週間で今しているギプスが外れたら半ギプスなのかそれともギプスなしになるか、まだはっきりしないが、
いずれにしてもふくらはぎまで動くようになったので、回復が順調だということだろう。


home e-mail


15再断裂後5週間経過

1手術 2入院1 3入院2 4退院 5抜糸
6鳥に好かれる 7ギプスが外れる    8足首周りに筋肉出現   9松葉杖で歩行訓練   10再断裂       
11再断裂・ギプスで固定   12ギプス巻き直し 13再断裂3週間経過 14再断裂4週間経過 15再断裂5週間経過
16再断裂後のギプスが外れる 17リハビリ再開 18松葉杖1本で歩行訓練 19自主トレの日々 20歩行訓練
21松葉杖を返却する