ようちゃん日記トップに戻る

掛川花鳥園に遊びに行った1

2005年6月下旬、友だちに誘ってもらって、掛川花鳥園に遊びに行ってきました。
私が住む町から掛川花鳥園まで、サービスエリアでの小休憩も含めて東名で2時間足らず。
頑張れば1時間半で自宅から花鳥園に着けそうです。今回は図らずも入園1番乗りでした。
早起き(と言うか、遠足の前の小学生状態だったので私は一睡もせずに出かけたのです)の甲斐あって、
鳥がみんな私たち目がけてやってくる_とにかくわらわら寄ってくるのです。
オニオオハシが肩に乗った時のずっしりした重さが忘れられません。
この時はデジカメを持って出かけたので、いっぱい写真を撮る気でいたのですが、
やはり鳥の頭を撫でたり餌やりなどの楽しいことに夢中になってしまったり、
鳥を撮ったはずが何故か地面が写っていたり(興奮しすぎ?)で、
勿体ないことに、ほとんど写真がありません。
あまりたくさん画像がありませんが、楽しかった花鳥園の1日のフォトアルバムを作ってみました。
掛川花鳥園 http://www.kamoltd.co.jp/kke/


toucan_オニオオハシ
ずしりとした重みが嬉しかったオニオオハシ
開園と同時に中に入りました。いつもは入り口付近のペンギンと水鳥のところにずっといる私たちですが、
この日はどんどん温室の中に進んで行きました。有料の餌が入れてある木製の容れ物のそばに、
オニオオハシやその他のオオハシ類、コガネメキシコなどとにかく沢山の鳥が、人が来るのを
待ち構えていました。人が餌の入った容れ物の扉をあけるのをワクワクしながら待っているのです。
このオニオオハシは私たちが餌を買う前にすでに私たちの肩に乗り、いち早く餌を貰おうとスタンバイ
していました。


conureコガネメキシコインコ
掃除の人しかいない花鳥園にて。コガネメキシコインコが陣取り合戦中。
一列に並びました
目を細めるコニュアたち
目を細めるコニュアたち


うっかりすると、カップを奪われます   手に乗っているコニュアは眠たそう  
       
もっとメロンが食べたい様子。ちょっと気を緩めると、容れ物を奪われてしまいます

一斉にSにかじり付きます。向かって左の手に乗っている子は眠そう。

首輪破壊グループ頑張ってます      
      手や肩の上で話し合い?
首輪破壊グループ、がんばってます。

肩の上では利権争い中か?右の3羽も頭を寄せあって頭を掻きあっています

肩ひもを齧る   衿を齧る  
       
デイパックの肩ひもにガッツリかぶりつくのは、ナナイロメキシコインコ。

アロハの衿もいってます。齧られちゃいましたが、実は私が縫ったアロハです… (泣)

餌のカップを持った画像が1枚ありますが、実は餌を持つ前の画像の方が多いのです。
餌がなくてもわらわらコガネメキシコやナナイロメキシコインコが集まってきます。
Sはデイパックを背負い、肩凝り治療用のチタンの首輪をしていました。私よりも身に付けているものが多かったからか、
インコたちは私よりも、Sの方にすずなりに。

観察してみると、主にインコたちは4つのグループに別れていました。
1_デイパックの肩ひも(ウレタン入りで弾力がある)破壊グループ、2_首輪破壊グループ、
3_アロハシャツの衿破壊グループ、4_手の上で可愛らしくのんびりしているだけのグループの4つ。
「もう、こうなったらいろいろ破壊されてもいいもんね!」_Sは気が大きくなって、いろんなものを齧らせていました。


ブラブラされても大丈夫  
   
地べたに寝転がしても平気
ブラブラされても、地べたに転がされても、
それでも首輪を離さなかったニクいヤツ。可愛いです。


肩凝り治療用の首輪もこの通りオモチャに。
齧られて中身が出てしまいました。
何羽もこの首輪に齧りついていましたが、
結局最後まで離れなかったのがこの1羽です。
首輪を首から外して、ちょっとブラブラ
させてみても全然平気(左)。
地面に寝かせてみても無問題(右)。
無問題どころか、起き上がりもしません。
寝転がったまま、首輪で遊んでいました。
何をされても「気にしな〜い」という実に
堂々としたところがまた堪らなく可愛いかったです。

page 1  page 2  page 3  富士国際花園に遊びに行った ようちゃん日記トップに戻る  富士山麓にヨウム啼く