ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ


topに戻る

  その29 10月 4日(日)
世之輔、ダンナに心を許す!

     オトコど〜し!頭なら、思う存分撫でてみな

■ダンナのSです。今日は世之輔が我が家に来てちょうど半年になりました。もともとトリには全く縁がなく、嘴や爪、表情のなさが怖かった私でしたが、だんだんステップを駆け上がるように慣れてきました。私の言葉を覚えるし、手にとまる、嘴を撫でる、嘴にチューをする、肩に乗る、と世之輔が心を許してくるに連れて、愛妻家と同時に愛鳥家になりつつある自分を自覚したものでした。ただ、頭や首を、妻には撫でさせるのに、私には撫でさせないのが少々不満でしたが、まあ長い付き合いになるのだからと気長に待っていました。

■今日は、初めて世之輔の頭を撫でました。天井から吊る下がっている彼の頭を指で包み込むようにして、撫でることができたのです。思ったよりも頭は小さく、ごつごつしています。最初は目をカッと見開いていたのですが、だんだんトロンと薄目になってきました。気持ちがいいようです。手を籠から出す時には、ハッとしたように攻撃をしかけてきましたが、時すでに遅し。手は噛み付かれる前にケージから出せました。撫でていたのは1、2分でしたが、記念すべき瞬間です。

■4月4日に我が家に来てよりの半年、長くもあり、短くもありました。まだまだ百分の一しかお互いを理解し合えていませんが、倦(う)まず弛(たゆ)まず、付き合いを深めてゆこうと思います。

■ここからmです。ようちゃんがやっとSに頭を撫でさせてくれました。これまでSの声色をまねして「男同士!」など数々の名文句をモノにしてきたので、こうなるのも時間の問題だと思っていました。私一人にベタ慣れで、他の人に全く寄り付きもしないのではよくないと思っていたので、本当によかった!

■昨日と今日は義姉のお別れパーティに行ったり、義姉とコンピュータを買いに行ったりしたので2日間遅い帰宅となりました。昨日など、ようちゃんはいたくご機嫌斜めで、胡桃を半割りにしてあげたら、それを思いきり強くケージ床に叩き付けるようにして捨てたのです。ごめんね、ようちゃん。明日からはようちゃんとたっぷり遊んであげるからね。

■ようちゃんは、被い布をかけて部屋を暗くされると布の隙間から外を覗き、人間の様子を見ています。この時頭をケージの隙間から撫でてあげるのですが、それはもう言葉に表すことが出来ないくらい、甘えてくるのです。もうこのくらいで寝かそうと部屋を出て行くと・・・「ばびぃ?」と声をかけてくるのです。お得意の「ばびばび」は「ば」にアクセントがおちるのですが、「ばびぃ?」は問い掛け調で、しり上がり。こちらに何か質問しているような言い方なのです。ようちゃんからは私が洗面所で歯を磨いているのがよく見えるらしく、「ばびぃ?」と必ず声をかけてきます。う〜ん、これは私に何を尋ねているのでしょうか?

■でも、babyって、ローマ字読みしたら『ばびぃ』だよな・・・。そうか、私にべぃべぇ!って言っているんだ!!!(←ちがうもん、『ば○ぁ』だもん! ようちゃん談)






ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その30 10月 6日(火)
ようちゃんがわらった

やっと機嫌が直ってきたのさまた大暴れだもんねっ

mです。この2週間はいろいろ忙しかったので、夜遅く帰ってきて、あまりようちゃんと遊んであげなかったら、案の定ようちゃんはすっかりグレていました。目が遠くを見つめつつ、無言で餌箱に佇み、片足でシードを掴んでは投げ捨てます。あれだけ大好物だったリンゴにも腹がたつのか、必ず捨ててしまいます。昨日などリンゴをあげた途端、水入れの中にリンゴをポチャンと投げ捨ててしまうんです。ようちゃん、リンゴは悪くないんだよ。せっかくのリンゴを捨てないでね。こんな時のようちゃんの表情はmの大好きな吉田戦車氏の『火星田まち子』か、『一生懸命機械』に出てくる降雪機のようです。お好きな方は是非コミックスをお読み下さい。とにかく、目を見ていると「ごめんなさぁーいっ。私が悪うございましたぁ、だからニッコリ笑ってくださいましぃ!!」と言ってしまいそうになる目なのです。

■昨日は少しでもの罪滅ぼしと、先月買っておいた新しいおもちゃをケージにつけてあげました。ウッドブロック・チェーン・ベル・革紐の組み合わさったおもちゃで、それはそれは気に入ったようです。特に革紐はくちゃくちゃ噛んでご満悦の様子です。徐々に機嫌は直りつつあります。おもちゃの留め金の「ねじ開け」も何日か振りで今日はやって見せてくれましたし、寝そべりも久々に披露してくれました。「ねじ」は、私に何度も何度も閉められてしまうんですが、懲りずにその都度ねじを開けてくれます。あぁ、やっとあの『しつこい!!』とmに叱られるようちゃんが復活なのねっ。それにしても、なぜねじを開けておかないと気が済まないんだっ!謎だ!

■今Macの隣のケージのようちゃんは、「けっけっけっけ・・・」「くっくっくっく・・・」と笑っています!小さい声ですが、紛れもなくこれはsの笑い声です。目付きは火星田まち子で、ダンナの声で笑いながらおもちゃをガンガン攻撃してます。こわいーっ!本人は気に入って笑い声を真似しているようです。きっと「男ど〜し!」に次ぐようちゃんのマイブームになることでしょう。

★自慢★ ようちゃんの目の前で口を尖らせてみせると、必ず「ちゅっ!」と声をだしてくれます。






ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その31 10月15日(木)

ようちゃん、まっしぐら

■だんなのSです。先週はCAP!にお邪魔して世之輔の蕎麦やチェーンを買いました。その時、大騒ぎしていたボウシインコのヒトたちが梅干しの種状のおこしをもらうや否や、みんな夢中になってついばんでいるのを見て、かさばるのもものともせず購入したのが、ケイティのヘルシービッツなのでした。ラベルにヨウムの絵が描かれているのも気に入りました。

■最初にひと粒あげた時から世之輔は夢中になりました。最初は破壊が目的でしたが、次第にこぼさずに味わいを求めて、陶然としながら、食べるようになりました。

■基本的にはどんなにご機嫌斜めでもケイティの魅力にはあらがえないようです。味、香、色あい、そして食感と、すべてにおいてヨウム心をそそっているようです。

そして見よ、食後のこの満足な表情を! うーん、りりしい。

■ところで、半年前に我が家に来た時には、風切り羽を切ってあった世之輔ですが、だんだん伸びて来まして、現在はご覧のようにX状です。これがまたかっこいいんだな。一時は毎日一枚ずつ羽が抜けていたために、毛引きではないのかと危ぶんだのですが、最近はぱったり抜け羽はなくなりました。写真では赤が弱いのですが、すっかり大人の赤羽に生え換わりました(先っぽの黒い尾羽があと2〜3枚 m)。お腹の切れ目もしっかりあります。今度はお腹の切れ目の激写をめざします。





ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その32 10月17日(土)

うぃーっす。チョーさん、登場

のに〜のに〜

mです。今日は台風のため、時折強く雨が降っています。こんな土曜日は職場に遅くまで残らずに、家に仕事を持ち帰り、ようちゃんと遊びながら仕事をします。ようちゃんが遊んでいる様子を見ながら仕事をしていると・・・当然、仕事に身が入りません!! 仕事していると、すぐ隣から熱視線が!!くちばしをケージから突き出すようにして、顔面をケージ側面にぴったり押し付けている!!ああ、これはようちゃんの「甘えんぼ攻撃」。見ないふりしても、次に目が合うと私に向かって深々と頭を下げているのです。なんてウイやつ。手を出すと、「ここも撫でれ、さあさあこっちも触ってみろ」と甘えの限りを尽くします。さらにのど元に指が触れると、ようちゃんの大サービスが始まります。そうです、お喋りしはじめるんです。指に心地よい振動がっっっ。その後は甘噛みしたり足で私の指を軽く掴んで上下させようとしたり、とにかく私は極楽気分。ああ、こうしてMacに向かって仕事をしているはずが、HPの更新作業をいつの間にかやってしまうのです。ようちゃんの妖力畏るべし!!

■昨日、ようちゃんが突然言い出したのが「よ〜たろっ、よ〜〜しっ!!」。「よ〜〜しっ!!」の部分は子供の頃よく見た『8時ダヨ!全員集合!』のチョーさんと同じ言い方なのです。「よ〜〜しっ!次いってみよ〜っ!」と、その昔リーダーのいかりや長介さんは力強く言ったものでした。特に『よ〜』の部分が力強い、あの言い方。まさしくその「よ〜〜しっ!!」なのです。「よ〜〜たろっ」も「よ〜〜しっ!!」も教えてないのに!!いったい誰から教わったんだ?

■そして今日も新たなボキャブラリーを披露してくれました。これはようちゃんを置いてちょっと買い物に行ったりする時に必ず言う私のセリフです。「すぐ帰ってくるからね〜、ばいば〜い!」

■今ようちゃんの羽根はとてもきれいになりました。風切り羽根はするりと伸びて黒々とし、赤い尾羽根とグレーの羽毛の色合いもシックで素敵。最近よく目にするのは、おもちゃや止り木の上に仰向けに寝るような格好をして頭の痒いところを擦り付けている場面です。擦り付けている時の嬉しそうな半開きの目や口は、お風呂でくつろぐ人間のようです。「極楽、極楽」という声が聞こえてきそうなようちゃんなのです。





ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その33 10月25日(日)

ようちゃん、へそを曲げる

     べへへへへようちゃんだじょ!

mです。ようちゃんは、布団が怖くて大嫌いです。私はこの数日間体調が悪く、1日中布団を敷いていたので、人間の部屋にはやって来れませんでした。人間の部屋に来ないと、ようちゃんも元気がありません。

■布団を見せないように、慎重にようちゃんのケージを居間に持って来ました。布団を見るとパニックに陥ってしまうので、いつもは通らないキッチンを通るというルートで居間に連れてこられました(3DKの狭いアパートで、「ルート」も何もないのですが・・・)。

■実家のたろう@ダルマや、昔家にいたはなこ@ダルマは布団が大好きで、寝ている人の枕元に連れて行くと、自ら布団に潜り込み、寝ている人を起してしまうというワザを持っています。布団の中で「はなこぉ〜!」「た〜ろちゃんっ!」と騒いだり、人の顔に嘴を圧し当てて、弾力を楽しんだり。でも、楽しんでいるのは『だるまーず』だけ。寝ている人間は、寝ていて自分の鼻の辺りになま暖かくて荒い空気が
ぷはぷはかかってくるので、身体が硬直します。(もしや・・・)そっと目を開けると・・・やっぱり『だるま〜ず』が人間の鼻の下に嘴をぴったりくっつけて眠っているんです。しかも鼻息が熱くて荒いんです。熱い鼻息から逃れたい、でも動くとダルマな人々が起きちゃう・・・人に起されるとだるま〜ずは噛み付くんです。

たろぴょん鼻息荒いぞ

■ようちゃんは、居間でご機嫌でした。写真を撮ろうということになって、ケージから出して上の写真等など撮影しました。おもちゃもケージから出してあげよう・・・私としては、親切心でそうしたつもりですが、ようちゃんはいたく御立腹。噛む・無視する・攻撃すると、今までのラブラブムードは儚くも消えてしまったのです。たとえ新聞紙の切れ端のような物でも、ようちゃんのケージの中の物は、全部ようちゃんの所有物だということをようちゃんに教えてもらいました。ごめんね、ようちゃん。

■ようちゃんになかなか許してもらえず、仲直りに丸1日かかりました。ようちゃんのヘソはかなり曲がったようでしが、曲がりっぱなしではありませんでした。もうようちゃんの許可なしにようちゃんの物には触りません。

■ところで、「よ〜〜しっ!」というようになったようちゃん、面白いので「行ってみよう!」も教えたら、「ようちゃん、よぉ〜〜しっ!行ってみよ〜っ!」と言うようになりました。声も言い方も完璧に長さんでーす。

■ようちゃんの写真でGIFを作って遊びました。切り抜きがヘタです(大汗)。カクカクしたヨウムの一丁あがり。





ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その34 10月29日(木)

やっと機嫌が直ってきたぞ

う〜ん、はんさむぅ!ジャミラに似てるって?

mです。ようちゃんとは関係ない話で今日は始めます。今週は思わぬトラブル発生。26日(月)にsは猛スピードで職場から帰宅しました。先週どうしても手に入らなかったMacOS8.5を手に入れたのです。先週、いろいろな店で「予約しないと買えない」と言われたsの落胆ぶりは相当のもので、かなりいじけていたんです。それが、自分の勤務地の近くのショップで平積みされているという情報があったのだそうです。当然買って帰ってきました。帰宅時には、うはうはも最高潮、即刻インストールを始めました。18分近くもインストールにかかりました。そして・・・見事にネットにアクセスできなくなりました。月曜に夜中の12時過ぎまで延々とインストールをやり直したりネットの設定をしてみたりしてもダメ。翌火曜日もダメ。 「ダメなものはダメ」と宣ったのはかの土井女史でしたね。私も「8.0に戻せ」という意見をさんざんしました。8.5でダメなものはダメなのです。私の職場の方でMac使いの人も私と同意見でした。夫は昨日、やっとOSを元に戻しました。

■そして、今またこうしてネットに繋がったのです。でも、大事なメールやメールアドレス、ブックマークをつけた数多くのURLも全て失ってしまったのです。前回7.6から8.0に乗り換えた時も同じでした。

■慎んでsに「ことえりちゃん」という名を贈呈しよう。「ことえり」とは、Macにデフォルトで入っているインプットメソッドです。同じ言葉を何回も使っているのに、全然覚えてくれません。例えば、「じどうはんばいき」は「自動飯場行き」と変換してくれるんです。

■ようちゃんは何とか機嫌を直してくれつつあります。その証拠に、ようちゃんの部屋を私たちが出ていく時は、必ず(!!)「ばいば〜〜い!!」と言ってくれるようになりました。そして、仰向けに寝転がるのも頻繁になりました。人間に構ってもらい易い「スキ」だらけのようちゃんに戻りました。また、最近2本のプラスチックチェーンを両足で掴み、「吊り輪」みたいな遊びをはじめました。この時も「スキ」だらけ。頭だろうが背中だろうが触りたい放題。『◯◯食べ放題』って、魅力的ですよね。でも『ようちゃん触りたい放題』っていうのもお得ですよ〜。

つくづくハンサムインテリだもんね

■日曜日に2センチ厚位にスライスして色がつけてある天然木のウッドブロック(CAP!で購入)をあげたら、毎日コツコツ齧って、もう2センチ四方位の大きさしかありません。とにかくしょっちゅう齧っていますが、職人さんみたいなんです。工芸品の職人さんは、様々な工程を経て工芸品を完成させますが、ようちゃんも同じ。ブロックを水に浸けてふやかし、柔らかくなった部分を齧り、さらにまた水に浸け・・・。時々まるで乾かしているかのように、ブロックを放っておくんです。ブロックを寝かせて、職人さんみたいな気の長い仕事をしてるんですよ。