ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ


topに戻る

  その40 12月 1日(火)

やや、こんなところに地蔵さまが・・・

あたし、これで結構人見知りなの。うふ。



mです。日曜日の夜、突然mの弟hが遊びに来ました。何でも2泊3日の激安ソウルツアーから帰ってきたばかりで、自宅にも戻らず、私の家に成田から直行したとか。おみやげを買ってきたよと言っていましたが、実はようちゃんに会いに来たのはバレバレでした。久しぶりのhの訪問に、ようちゃんはビビっておりました。夏に遊びに来てから、もう2ヶ月ほど経っていたので、ようちゃんはhのことを忘れていたのでしょう。hは家へ来るなり、居間には来ずに「ようちゃんの間」へ行きました。部屋のまん中にようちゃんのケージが鎮座するこの本が山積みの部屋は、別名「納戸」という部屋です(汗)。

hがようちゃんのケージの側に行くと、ようちゃんは、止まり木の上でびっくりしてジャンプしました。そしてようちゃんは体を細くして止まり木の端っこにすすすーっと逃げていきます。全く喋らず、カチカチに固まっています。私が外から頭を撫でてあげるとカチカチポーズのまま全身を傾けて目をつぶって頭を撫でてもらっています。hはその姿が面白いらしく、しばらくようちゃんを見ていました。15分ほどして、大分リラックスしてきたのか、ようちゃんもか細い声で「よったん」とか「お゛〜〜」と言い出しました。でも、hが見ていると緊張してしまうらしく、hの視線から逃れようとするのです・・・この様子をニコニコと嬉しそうに見ている男が・・・そうです、sは心の底から嬉しそうな様子です。sは、「ははは、h君、苦労してるねぇ。僕なんかようちゃんに誘われちゃって困るんだよぉ〜」とちょびっとだけ胸を反り返しておりました・・・(←誘われるのはホントだけど、いつもソデにされるくせに・・・)。その時、自分が石にさせてしまったようちゃんを見て、hが一言・・・「色も灰色だからお地蔵さんみたいだねぇ。それにしてもいつ来ても『ぢぞうさん』になっちゃうんだなぁ」・・・本当にようちゃん、ぢぞうさんみたいなんです。目も三昧だし、何となく袈裟を着ているみたいだし・・・。

■ようちゃんを置いて、3人で外に食事に出かけました。「きっと今頃ようちゃん、リラックスして、寝そべったりしてるよ」などと話しながら蕎麦を食べ、家に戻ってきました。やっぱりようちゃんはお地蔵さんのままでした。「うーん、びっくりさせちゃったみたいだね」とhhが我が家の玄関を出たのが夜9時30分でした。とたんに・・・ようちゃんはお喋りを始めました。さらにシードをモグモグ食べ始め、さらにさらに嘴と方足それぞれでシードをしっかり確保してから仰向けに寝そべって嬉しそうにシードを食べています。勿論「撫でて〜〜〜!!」と甘えてきます。お座りもしました。それまでの数時間、じっとしてたからその分好き放題やっていました。こうして夜10時までの30分間、ようちゃんは仰向けに寝て、おもちゃを齧って、喋って・・・短い遊びタイムを満喫したのでした。ふぅ、まったくようちゃんって内弁慶。これぞ聞きしにまさるヨウムの内弁慶!やはり世人の言う通り、危機が去った後の「弱気」から「強気」へのヨウムの変身は、とても素早かったのでした。

普段のようちゃんでへっ。

★知らない人が来ると「ぢぞうさん」になっちゃう。上の写真は全て「ぢぞう」に変身前のものです★





ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その41 12月 15日(火)

ようちゃん、危機一髪

miyukiぢゃんごめんねでも、怖かったんだじょ〜



ひさしぶりのダンナのSです。先日、ちょっとした事件がありました。夕ごはん後に居間でmとようちゃんでくつろいでいたのですが、mはインターネットを、ダンナはテレビを見ていました。こんな時にはようちゃんは、おしゃべりしたり、ことさら荒っぽい遊びをして気を引くのですが、だんだん度を越してゆき、かご中狭しと大暴れを始めました。まあ、いつものことと、しばらく放っておいたのですが、急にいつもとは違った様子で、パニックに陥っています。これは一大事だと、mと同時に気付きました。

■ようちゃんは、おもちゃを吊るしてあった鎖に首を絞められていました。それを見たmもパニックに陥っています。「大変!」と叫びながら必死になって救出のためカゴを開けています。ダンナは、鎖は首に巻き付いているだけなこと、体重比でトリの首はヒトよりはるかに丈夫なこと、を思い比較的冷静だったのですが、mはようちゃんに手をかけて鎖を解こうとしました。パニック中のようちゃんは、ギュワギュワ叫びながらmの手を攻撃します。

■結局、ようちゃんに絡んでいた鎖はあっさりほどけました。首の周りの羽を白く逆立てながら、まだ怯えていますが、大丈夫なようです。かわいそうなのはmです。親指の第一関節のあたりを、ザックリやられ数カ所から血をだらだら流しています。毒?があるのか、腫れてもいます。相当痛んでいる様子にダンナは心を痛めました。かわいそうに・・・。

■もちろん該当のおもちゃはすぐに撤去しました。鎖が長過ぎたのが原因です。

■ところで、トリ初心者のダンナは始めてヨウムの本気咬みを目の当たりにしました。痛がっているmには悪いのですが、「これくらい」という程度が分かったことは大きな収穫?でした。今まで止まり木をぼろぼろにしたり、クルミを割ったりしているのを見ていると、もしかして本気で咬まれたら「指一本」ではないかとびびっていましたが、まあ皮と肉が裂けて、骨が見える一歩手前であると分かりました。その程度なら、「まあしゃーない」ですむ範囲ですからね。それ以来、ダンナは一層大胆にようちゃんに迫ることができるようになりました。しめしめ。

mです。最近ようちゃんがsに急接近。私がネットで遊んでいると、s猫ナデ声がします・・・何とようちゃんとちゅーしているではないですか!! ようちゃんも首を伸ばして積極的な様子です。どうりで、この頃ようちゃんは、sの猫ナデ声でいろいろ喋っているわけです。ようちゃん、もしかして、sのことが好きになっちゃったの? 私の立場は??

オトコど〜しっオトコど〜しっ






ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その42 12月 30日(水)

ようちゃん、素敵!

あたし、きれい?うちでは美白で有名なの。



mです。少し前までは日焼けサロンに通ってまで肌を灼く「ガングロ」(←顔が黒い。プッ。変な呼び名!)が流行っていたと思っていたら、最近はなにやら「美白」(←「ビハク」って言うのも変な呼び名だなぁ。。。)が流行ってきたらしいですね。最近妙に白く顔を塗りたくっている女子高生が多いと思った。。。

■と言うわけで、ようちゃんも今では流行最先端の「美白」です!! 昨日「元祖美白」と自ら名乗る方がテレビで女子高生に顔を触らせて、「どう、私ってちっとも厚塗りじゃないでしょ?化粧は薄いでしょ?」とおっしゃっていました。さらに、「色の白いは七難隠す!」と力強くおっしゃっていました。ようちゃんなんか、粉がたっぷり手につくほど白粉をはたいているような顔ですけど、この顔の白さが一体どんな「七難」を隠しているのでしょうか?

■実は、この美白と同じくらい、ようちゃんをチャーミングにしているものがあるのです。そ・れ・は・・・ちょっとハスキーな、けれど、それはそれはとっても甘〜〜い「声」なのです。ワーナーの映画でワーナーのアニメ登場人物と人間が共演している映画(タイトルが思い出せまません。Toontownっていう町が出て来たような。。。)で『ベティさん』の声を初めて聞きました。あの声にそっくりなの〜〜!!

■ようちゃんと言えば「ばびぃ!」「ばびばび」「よぉ〜〜っし、いってみよぉ〜〜〜っ!」「オトコど〜〜し!」「ようびょん」等の、sといかりや長介氏の声を足して2で割ったようなとっても塩辛な声も素敵なのですが、最近超スイートボイスで、しかも囁くように『あっしゃ〜(はーとまーく)』『あしゃ、あしゃ、あっしゃ〜〜〜〜(こちらも、はーとまーく)と言うのが定番なのです。これはすべて『あ』にアクセントが落ちる言い方です。少し前に「あっしゃだよぉ〜〜〜」(朝だよ)とは言っていたのですが、ようちゃんの新しいフレーズ『あっしゃ〜』は可愛いの! かの谷岡ヤスジ氏の有名な『アーサーッ!』と似ていますよね! 谷岡氏の鶏は頭に日の丸の旗をたてて、青筋たてて時を告げるのですが、ようちゃんの声はあくまで恥ずかしそうなの〜〜〜♪ でもね。。。ようちゃん、「声」がとっても可愛いのですが、やっていることがコワイの。。。相変わらず仰向けになっておもちゃと遊ぶ寄り目顔の時も、おもちゃを攻撃して怒った顔の時も、人間の指をガツンと攻撃(甘噛みのつもりが、つい本気になっちゃうんだよね。ようちゃん・泣)している時も、声だけは可愛いく、「あっしゃ〜」を連発してくれます。そうそう、信じてもらえないかもしれませんが、こんな顔の時も声は確かに可愛いんですよ。。。

美白なオレ目がナニなオレ

ごめん、こんな写真撮っちゃって。許してね、ようちゃん。でも、声も姿も怪しい行動も素敵!って思ってるの〜♪(親馬鹿です)

■7月7日から始まったこのサイトを訪れてくださって、ありがとうございました。約半年の間、多くの方との出会いや交流があって、とても楽しく過ごさせていただきました。これも皆様のおかげです。今年の更新は多分これが最後だと思いますが、来年もどうぞ、よろしくおつきあいください。(byようちゃん、s、m