ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ


topに戻る

  その10 8月 6日(木)

ようちゃんはを首を長くして待っていた

でっちあげ写真by S

 mです。部活動の合宿のため、しばらく家を空けました。ようちゃんは私に懐いているものの、夫にはあまり懐いていませんでした。夫にようちゃんの「お世話リスト」を渡し、3日間ようちゃんの世話をしてもらいました。夫は張り切って世話をしたようです。上の写真は夫の張り切り振りをよく表す写真です。針葉樹に異様に首のなが〜いようちゃんを止まらせました。「もののけ姫」を米良風に歌いながら、夫は「もののけインコ」写真を嬉しそうに私に見せました。こんな合成写真を作ってしまうほど、夫は舞い上がっていました。ようちゃんが夫にチューしたり、夫相手にお喋りをしたのだそうです。s曰く、「ようちゃんとは男と男の話をした」そうです。事の真偽はともかく、ようちゃんが夫に少しでも懐いてくれたようでよかったです。

 今日はナシが美味しかったので、ようちゃんにも少しあげてみました。でも食べられるものだとようちゃんは気付きません。ようちゃんは食べ物にものすごく保守的です。頑固と言ってもいいでしょう。よその家のヨウムもみんな食べ物には保守的なのでしょうか?

 男前な俺




ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その11 8月 8日(土)

オレってきれい?


 妻がいない間に、世之輔と特殊な関係を結んだダンナのS です。なかなかヨウムは♂♀がハッキリしないとのことですが、この数日の世之輔との交流によってオトコであろうと断定。荒々しさ飽きっぽさいじけかたたそがれかたどれをとってもオトコに違いありません。それも自分を取り巻く連中は、オレにべたボレさ! と信じてやまない自己中心的なラテン系のオ・ト・コ。 今日のお写真は世之輔さんのリクエストにあわせて薔薇を背負っての登場です。

 ここからは妻のmです。最近ようちゃんの変なことをまたひとつ発見しました。別に変でもないかもしれませんが、ようちゃんのよくある一日の写真を見てください。こんな風にケージに顔面をぴったりくっつけ、嘴を突き出している時、軽く上嘴にちゅっとやると、「ぷるるるる」とか「こんこんこん」と嬉しい時に良くやる声を出します。最初は頭を撫でてもらいたいのかなと思ったのですが、意外や抵抗されてしまうのです。ヒマワリの種をあげても捨てられる・・・。それで、嘴をパクパクさせるので、顔を近付けたら更に嘴を寄せてきました。「ぢゅ〜っ」という感じでした。鳥を家族に持つ皆さん、鳥のためにも本当は鳥とキスしたりしては駄目です。あくまでも上嘴に軽く触れるだけにしておきましょう。(それもダメかなぁ・・・)



ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その12 8月 9日(日)

電話にだって出るのさ

新しい遊びなのだ

mです。今日のようちゃんは、いつもにも増してケージ天井にぶら下がり、体を振り子のように揺らしてガンガン嘴でケージ側面を叩いていました。この『出せ出せ、出すんだ攻撃』を今日は30分おきくらいにやっていました。でも、ケージを開けてあげても出てこないことも結構あるので、振り子のように体を揺さぶったり、嘴で思いっきりケージをガンガン叩くという行為自体に喜びを感じているフシもあります。で、この頃すごいポーズを決めるようになりました。天井からぶら下がりブラブラ体を前後に揺らしている時、片足をいきなり離し、その足で顎の下を撫でるような動作をするのです!!勿論体は大きく前後に揺れていますこわいよ〜!!ちょっと前までは体を揺さぶらない時に顎の下を撫でるポーズをとっていました。これを『いやーん攻撃』と呼んでいたのですが、この新開発の遊びはまだ命名されていません▼

▼水泳部の合宿中のSはようちゃんと私の仲が気になっているらしく(へらへら)、2回も合宿所から電話をかけてきました。2回ともようちゃんが居間にいて、「ぷるるる・・・」や、「ばいば〜い」など元気に喋っているので、sはちょっと私に妬いていたようです▼

▼ようちゃんは若いせいもあって、とってもタフです。いつまでも遊んで、喋って、ケージを所狭しと動き回り、なでろ〜と私に迫り・・・と、ちっとも休みません。これではよくないと思い、ようちゃんをケージごと「ようちゃん部屋」に移します。1時間くらいは静かですが、そのうちに「ばいば〜いっ」と大声が聞こえてきます。休んだ後は必ず「ばいばい」です!「ばいばい」は、人間が着替えをしている時に言ってくれる言葉であると同時に、ようちゃんがご機嫌のときのセリフなのです。こうしてアップ作業をしている今も「ばいば〜いっ!!」の連呼が聞こえています。ふぅ〜。やっぱりあの一生懸命な「ばいば〜い」の言い方には負けてしまう。あの生真面目そうな表情にもメロメロ。やっぱりあなたには薔薇の花が似合います(←ウソ)。今日もようちゃんの遊びのお誘いを断わりきれず、ずるずると遊んでしまうmでした▼




ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その13 8月 10日(月)

ようちゃん、いつの間にかの声色で喋る。男と男の話とは?

mです。Sは合宿中で、自宅にはようちゃんと私の2人きりです。先週Sは「ようちゃんと男と男の話をした」などと言っていましたが、その意味がやっと解りました。なんと、ようちゃんは大抵の言葉をSの声色で喋るようになったのです。ようちゃんはひとつの言葉を、いくつかの声色といくつかの言い方、声の大小等を組み合わせて喋ります。バリエーションが豊富です。例えば「おはよう」ひとつとっても、子供の声、おじさん風の声、おばさんっぽい声、私の声、Sの声etcと様々な声色を使います。声色だけでも相当な種類です。これに様々な言い方、声の出し方が組み合わさったら・・・「おはよう」1つだけでも、鳥にあまり馴染みのない人が聞いたら、鳥ってすごいと思うことでしょう。でも、今日のようちゃんはほとんどの言葉をSの声と喋り方をまねして喋っているのです!!一体ようちゃんとSの間に何が!?ようちゃん、come back to me!!

▼先日ヨウムの「ヨウチャン」が家族にいる方からメールをいただきました。お医者さんから梨とスイカは食べさせてはいけないと言われたと教えていただきました。そうか、ようちゃんが梨をいくらあげても「要らないよ」と言ってくるのはそういう訳だったのかと思いました。ようちゃん、ちょっぴり賢いぞ!!でも、せっかくきれいに水洗いしたチンゲンサイやキャベツも「要らないよ」と言うので、ただの偏食だな▼





ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その14 8月 14日(金)

月夜のヨウム




▼夫のです。うちの世之輔は臆病なため、なかなか良いカメラアングルとシャッターチャンスに恵まれません。そこでフォトショップのご登場と相成るわけでして、こんな高価で高機能なソフトが世之輔写真加工専用と化しております。画像のテーマは、月をよすがに故郷のコンゴを懐かしんでいる孤高な男、世之輔の「秋」。シブいねえ〜。この無表情なボ〜状態がそこはかとなく画像とマッチしています。でも本当はフィリピン生まれなんだし、月を見たこともないもんね。

▼昨夜は妻のmと一緒に日本酒を飲みに行きました。飲んだ銘柄は以下のとおりです。1 初亀酒造秘蔵大吟醸「亀」、2 初亀酒造吟醸「初亀」、3 十四代大吟醸「山田錦」、4 十四代大吟醸「播州愛山」、5 黒龍純米大吟醸「八十八号」、6 諏訪泉「鵬」、7 手取り川吟醸、8 十四代純米焼酎、9 十四代純米焼酎「蘭引き」、10 大麦焼酎「百年の孤独」、などです。なんだか漢字ばかりですね(笑)

 

 置き去りにした上に、焼き鳥まで食べて、ヨウちゃんごめんね…




ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その15 8月 16日(日)

グルマンであり、おもちゃ評論家でもある

ちりんちりん

mです。昨日は私も夫sも大満足な一日でした。久し振りの休みだったので、東京へ遊びに行こうということになりました。もちろん目的地は池袋のCAP!と秋葉原です。まず、開店と同時にCAP!へ到着。初めて松本さんにお会いしました。さらに、秘密の小部屋に案内していただいたり、ヨウムの「ようさん」やウロコ模様のある緑色でセキセイインコ程の大きさの可愛いインコちゃんと遊んだり・・・本当に楽しく時間は過ぎて行きました。夫は翌日、つまり今日から仕事なので、秋葉原へは早く行かねばならなくて、CAP!にいられたのも1時間少しくらいでした。でもその時間は充実の一語に尽きました。

▼CAP!で購入した「蕎麦の実」は、偏食のようちゃんにいろいろなものを食べさせたくて購入しました。『これは美味しい食べ物だよ』・・・ようちゃんは私が美味しそうに蕎麦の実を食べるのをじっと見ていました。そして、我慢できずに、止り木を「どどどどっ」と走ってきて1粒手から蕎麦の実を取って食べました。まさかと思ったのですが、蕎麦の実はとても口に合うらしく、美味しそうに食べています。食べた後も何だか口の中に残る後味を楽しんでいるようなのです。「ん〜まいっ!!」と、きっと思っている!蕎麦の実の入った袋を見ただけでこちらへ走り寄ってくる姿は、ちょっと感動的です。

▼最近ようちゃんが気に入っているのは、小動物用の様々なナッツ類が入った「ペット用木の実ミックス」の中の殻付きアーモンドです。これを齧っては御満悦の様子です。でも中身がお目当てではなくて、殻を齧るのが主目的なのです。そして、ようちゃんが見ただけで「ブルブル」と首を振って、自分から見えないところにポイッと投げ捨てた謎のすじすじの入った木の実もこのミックスにはいっています。写真奥がこれです。あまりよく写っていませんが、こんな形と色をしています。これを見せるとようちゃんは走って逃げて行きます(^-^;; すっかり楽しんでてごめんね、ようちゃん)。CAP!には殻付きアーモンドを数珠のように繋ぎ合わせたおもちゃがありましたが、これをようちゃんにあげたら、きっとご飯も食べずにスーファミに向かう子供みたいになりそうなので、買うのを断念しました。

▼そのかわりに、ウッドブロックに強化プラスチックの星などのブロックとベルのついたおもちゃと、強化プラスチックのピンクのチェーンを買ってきました。ようちゃんは特にベルのついたおもちゃがお気に入りのようで、ベルの鳴る音がたえません。さらに、ベルに向かって話し掛ける!!そして、チェーンを握ってた足を高く掲げてその足を振りつづけるという新しい遊びも開拓しました。ベルの中に嘴をすっぽり入れて遊ぶようちゃんの姿も可愛いですよ(親バカで〜す)。いつかはベルを帽子みたいに冠らないかなぁ。

▼さて、夫sも昨日は喜々として家に帰り、Macを開けて「石」をかえ、メモリーものせかえていました。涙も流さんばかりの喜び方でしたよ。とにかく昨日は私もsもようちゃんもうはうはな一日を過ごしました。





ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その16 8月 18日(火)

大興奮。ようちゃん、ひっくり返る


mです。ようちゃんは最近毎日新しいボキャブラリーを増やしています。先日は「ようちゃん、ふぁいとぉ〜」と突然言い出しました。しかも、高校の運動部員が練習中に発するように、「とぉ〜」の部分にアクセントが完璧に落ちます。これは、私mがゴールデンウイークの時に、試合の引率に行かねばならなくて、半ばヤケになって、自分自身に「ふぁいとぉ〜」と言ったものです。その他に「いってらっしゃ〜い」「おかえりなさ〜い」「よくねましたかぁ〜」「気をつけて〜」「よーちゃんはねー」もこの2〜3日で突然言うようになりました。でも相変わらず「うそ日本語」が多く、10秒くらい1つのセンテンスは続きます。そしてその他に、塩辛声で「ばびばび」とよく言っています(「ばうばう」に似てますね)。これは「ば」にアクセントが落ちます。ばびばび・・・勿論私はこんなこと教えてませんよ・・・でも、私が喋っている言葉がようちゃんには「ばびばび」と聞こえるんでしょうか?

▼そして、今日私とsはとっても「うっしっし」な場面に遭遇しました。ようちゃんはCAP!で買ってきてあげたベルのついたおもちゃとチェーンがお気に入りで、いつもベルを鳴らしたり、チェーンを「しゃんしゃん」足で振って遊んでいます。今日はちょっとした出来心で、ようちゃんに人間用の『爪切り』を見せました。光りモノ大好きなようちゃんはそれを見逃すはずはありません。爪切りを動かすと、爪切りのある方にやってきて、奪い取ろうとします。私はそのどさくさに紛れて、嘴の先と爪の先をカットすることに成功しました!嘴をカットした後、舌で上嘴の先を盛んに探っては「あれ〜、尖ってたところが取れちゃった〜。どうして〜?」と首を傾げ続けていました。で、爪切りをケージの下の方に動かしたら、ようちゃんはケージの天井からいつものように「のに〜」っと下がってきました。そして、そのままケージの床に仰向けに寝転がってしまったのです。うわ〜、かわいい〜。でも手許にはデジカメがなくて写真は撮れませんでした(たとえあったとしても、きっと撮れなかったと思いますが)。仰向けポーズは時間にして20秒位でした。嬉しそうに爪切りのヤスリ部を舐めながら・・・。





ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その17 8月 24日(月)


mです。先週、どうもようちゃんのケージに1日に羽根が数枚ずつ落ちている__これはもしかして「毛引き?」と私達は慌てました。迂闊なことに、おもちゃで無心に遊び、お喋りし、撫でろ〜と迫るようちゃんと「毛引き」は無縁のような気になっていたのです。しかし、現実に私達が目を離したすきに、数枚の羽根が必ず落ちていました。そして軸の先は嘴で噛んだ跡がありました。私の頭のなかは、ようちゃんの出身のペットショップにいた毛引きの「ようちゃん」の姿でいっぱいになりました。

▼毛引きの「ようちゃん」は、家のようちゃんよりも半年ほど若い仔で、うちのようちゃんが我が家に来た後で、毛引きのために本店から引き取られてきた仔です。よくお喋りし、人に頭を撫でてもらうのが大好きです。頭以外の羽根は全てむしりとられ、地肌が見えていました。こんなに遊び好きで人も大好きなのに、なぜ毛引きになってしまうんだろう。本当に鳥たちの心は繊細で、私達には目に見え難いことが多くて、奥深いものがあるのでしょう。

▼何人かの方に、きっとようちゃんは「換羽(とや)」で、羽根をおもちゃにしただけではないか・・・と教えていただきました。確かに私達の目の前で羽根を引き抜くようなことはありません。でも、念のため、脂粉を落としてあげるため、園芸用のスプレーで霧吹きしてあげることにしました。5日に1回ほど霧吹きしていたのですが、もう少し回数を増やしてあげることにしました。我が家では霧吹き用スプレー本体及び霧吹きをすることを「しゅっこしゅっこ」と呼んでいます。「しゅっこしゅっこしましょう〜!」とスプレーを見せると、ようちゃんはこっちを向いてにゅーっと体を伸ばします。ようちゃんはスプレー本体の青いプラスチック部にご執心なのです。しゅっこしゅっこした後は、必ず青い所をしゃぶらせてあげます。ようちゃんは嬉しそうにすじすじの入った青いところを舐めます。で、その後はようちゃんの見える所にしゅっこしゅっこを置いておきます。次のしゅっこしゅっこを(しゅっこしゅっこを舐めることを)楽しみにね、ようちゃん。

▼▼昨日の夕方、実家の父と弟がようちゃん見たさに我が家にやってきました。実家にはたろう@ダルマインコ♂23歳ハンサム独身がいます。たろう以外にもたくさん鳥がいましたが、今ではたろうだけになりました。父と弟が言うには、たろうはもうあまりお喋りしなくなったとのこと。また、とても怖がりになって、特に自分の目線より下の物が動くことにとても怯えるそうです。肩の上に止まらせて新聞を読んでいる時に、畳の上の新聞紙をちょっと動かしただけでもパニックになるそうです。たろうはルックスがとてもマッチョでハンサムなだけに、ちょっとした時に現れる『老い』にはそれが確実なものだけに、はっとさせられます。

▼▼私の家族は筋金入りの鳥好きなので、こうして我が家に来るチャンスをうかがっているのです。弟はようちゃんが大好きで、これまでようちゃんを固めつつも、何とかようちゃんに気に入られようとしていました。そしてついに、ようちゃんの嘴をなで、顔をよせると「ぷるるるる」と言ってもらえるようになりました。とうとう、昨日はようちゃんの上嘴にちゅっとやっておりました。うぬーっ。sショック!君の「あっ・・・」をしっかり聞いたぞ。君の立場は一体・・・。






ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その18 8月 25日(火)

破壊王@ようちゃん

齧り屋なのさ


mです。今朝はようちゃんはなかなかワイルドな遊びをしています。

▼ケージ天井にぶら下がった状態から、ケージにつけてあるチェーンを片足で掴みます。そして嘴で、足で握っている部分よりもチェーンの下の部分を噛んだとたん、チェーンを握っている足を下に「ずずずっ」と滑らせて、終いには体ごとケージ床に着地します。しかも頭が下向きの状態で。そしてケージ床にぐに〜っと仰向けに寝そべるのです。荒っぽいよ〜。怖いよ〜。

▼そしてこんなこともやっています。嘴をカチカチ鳴らしたり「カンッ」と喉の奥から大きな音を出しながら、止り木の上で片足で宙高く蹴りをするのです。それも1度に1回や2回ではありません。見えない敵と戦うかのように、結構本人が疲れるまでやってるみたいです。ブルース・リーみたいに悲壮な顔で。

▼そしてそして、今のようちゃんのお気に入りのおもちゃはお盆の時にCAP!で飼ってきたウッドブロック+プラブロック+ベルのおもちゃです。どの部分も『ヨウム心』をそそるらしく、ベルは冠るはプラブロックは噛んで舐めるは、一日中飽きずに遊んでいます。その中でも特にお気に入りはウッドブロックの部分です。齧られてぼろぼろです。ようちゃんは大きなかけらが齧り取れると得意そうに口の中を転がしてからペッと吐き出します。

●こんな風に荒々しい遊びを繰り広げるようちゃんですが、遊んでいる合間に人間と目が合うと・・・「よぉお〜」とすごく小さい声を出します。歌舞伎調です。でも、遊んでいる間は「ばびばび」「ようちゃん、ふぁいとぉ〜」「ばいばーい」など、大声で喋っています。そして、今朝は「ようちゃんだぞぉ〜!」とクレヨンしんちゃんの声色で喋っていました・・・いつ覚えたんだ。

●遊んでいない時は何をしているかというと・・・もちろん羽の手入れをしています。遊んでいるか羽の手入れをしているか喋っているかのどれかです。最近ようちゃんに「お〜〜〜〜い!」と呼ばれることが多々あります。はいはい・・・とようちゃんの方を向いて、羽の手入れをしているようちゃんと目が合うと・・・「撫でてみるか?撫でてみるか?撫でたいんだろ?遠慮はいらないさ、お前が来なきゃ俺から行くさ!」こんな感じでずんずん人間に寄って来て、ケージ側面にべったり体をくっつけてきます__もう、忙しいのに〜!でも可愛いからつい撫でちゃうですよね。「可愛い」っていう最大の武器で人間を思うように操るようちゃんなのです。






ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その19 8月 29日(土)


モデルも大変だよ

 mです。昨日は大雨だったのでお出かけは断念。午前中いっぱいはパソ周りの模様替えをしていました。だからようちゃんは居間には遊びに連れてきてもらえず、朝から「二度寝」を楽しんでいました。午後は近所のDIYの店でようちゃんに犬用の餌入れ(ステンレス製)を買ってきました。怖がりのようちゃんのことだから、もしも「いやだよ〜」と逃げ回るようならsの実家のゴロウ@秋田犬虎毛コワモテにあげればいいねと、気楽に買ってきました。まずはいつものように、新しく買ってきたものを見せながら「これは楽しいものだよ〜。楽しいな〜。うほほ。ほしい?ほしい?」とようちゃんに言いました。そしたら、ようちゃんは「欲しい!!」という顔をしました。どうも初めて見るものではなかったようです。さっそくようちゃんの目の前に出したところ・・・ステンレスに映る自分の姿を眺めている!!餌入れを動かすと、それにあわせて自分も動きます。自分の姿を見ながら首を小刻みに激しく上下させているぞ。これは上機嫌を意味するサイン!!そしてばいば〜いっ!」どうやら、心底気に入ったようです。

よ「じいっ・・・」

よ「よーく見てみよっと」

これはようちゃんの『満足』の時の顔


★今日のようちゃん★ 昼間からよく撫でて〜を連発。喉のあたりを撫でてあげると、ようちゃんはご機嫌になってお喋りを始めます。指に振動が!!!そして調子にのったようちゃんは、指に片足をのせて、首を傾げています。かっ、かわいい!!!!でもそのあとは・・・がぶ〜っ!痛いよ〜〜〜っ!噛まないで〜!

<どれをとってもみんな同じ。ようちゃんポーズ集>

ちがうもん、mの腕が悪いんだもん(←よ)

よ「鎖が好き!」

よ「見ないでよ!」

よ「出てきたぞ」

よ「喉が鳴る〜」
よ「叫びたくなった」
鎖を握って「しゃんしゃん」、かじかじ カメラ小僧(m)に気付いた。

膝の上に乗りたいな
「ぷるるるる」と、電話になります 「ばいば〜い」





ようちゃん日記  ヨウムだってつらいよ

  その20 8月 31日(月)

甘えたい時のようちゃん

寝そべるようちゃんが狙うものは

〜カメラ小僧、激写ならず。「だって恥ずかしいんだもん」(談・よ)」〜


 mです。とうとう『今日』という日がやってきてしまいました。明日から2学期。ふぅ。ブルー入っています。ようちゃんと遊ぶ時間もまた明日からは短くなります。

 さて、ようちゃんは「おもちゃで遊ぶ」のが大好きです。でも他の人が見たら「おもちゃをいじめている」みたいに見えるよ、ようちゃん。お盆にCAP!で買ってあげたウッドブロックのおもちゃは「ようちゃんの日記・その18」の写真よりもさらに齧りとられ、今では糸巻き形だったウッドブロックは、ただの円筒形になってしまいました。

■寝そべるようちゃんが狙うものは その1■

先週、秋葉原・池袋行きたい欲に駆られ、私達は再び東京詣でをしました。本当はiMacが出たら東京に出かけようと思っていたのですが、そこは行きたいとなったら出かけてしまう私達のこと、止めてくれる人がいないので、出かけてきました。まずは、CAP!にて鳥さんたちと遊びました。真っ白で「べろんちょ!」と人の指を舐め回すのが好きな人や藤色のキャップを冠ったボウシインコ、きれいな声の美声インコ。sは飽きずにコンゴウインコを見てうっとり・・・私はヨウムちゃんが好きなので、ずっと頭を撫でていました。sには『ようちゃん以外のヨウムと仲良くしている=浮気』と突っ込まれましたが_好きなものは好きなの。私はヨウムが大好きなの_といつも通り開き直っていました。それでも、一応留守番していたようちゃんに気をつかって、お土産に大きな木でできたおもちゃを買いました。家に帰ってきて、ようちゃんに見せたら・・・全身で「欲しいよ〜」と言っています。首は伸びて途中でなぜか「く」の字になっています。私がおもちゃを持つ手を動かすと、その動きにあわせて首を伸ばしてくる。そうです。『爪切り』で味をしめた私は、下の方におもちゃを持ってきました。私の思うツボ。やっぱり仰向けに寝そべって、おもちゃくれ〜と背中をもじもじさせていました。今、このおもちゃは新しいケージに取り付けてあります。新しいケージに入ってくれたら、このおもちゃで遊んでいいよ。

■寝そべるようちゃんが狙うものは その2■

ようちゃんは、ウッドブロックの先についているベルがお気に入り。ただし、ベルは止り木と同じ位の高さになるので、止り木に止まっていると、どうも遊び難い・・・そこで、ケージ床の上に仰向けに寝そべってベルに顔を突っ込んでいます。背中でもじもじ床を動きながら。

■寝そべるようちゃんが狙うものは その3■

止り木のようちゃんが、しきりに床を気にしています。目線をたどると、そこには私の右足指が。鳥って人間の足が好きですよね。ダルマインコのたろうも大好きです。右足をようちゃんのケージにくっつけたら、止り木に止まったまま、のに〜っと首を伸ばし、指を舐める舐める!そのまま首を伸ばし続け、とうとう床に下りてきて、ケージ側面に背中をべったりくっつけた「横向き寝」になりました。しばらくはその体勢でしたが、しまいには「ことん」と音がして・・・仰向けに寝そべって、嬉しそうに私の足指の爪を甘噛みしている!!

残念なことに、カメラを向けるとようちゃんは、ささっと止り木によじ登り、「寝てなんかいないもんね〜。それより、そのおもちゃ寄こせよ」という顔でこちらを見ています。カメラが嫌いなのではなく、どうも、カメラを齧って遊びたいらしいのです。カメラを渡したら、きっとカメラを両足でしっかり抱いて、仰向けに寝そべることでしょう。

■ようちゃんはこの頃、「ばいばい」+「ようちゃん」の変形でこんなことを大声でいいます。「ばいばいちゃ〜〜〜〜〜ん!」







日付けに関係のないトピック 2

ひよどりの仔

8月31日

 先週の土曜日の朝、ゴミを出そうとベランダを開けたら鳥のフンがベランダにおちていました。そして、ヤツデか何かの黄緑色の木の実が1つ落ちていました。私達の部屋はアパートの3階です。どうも私達の部屋の上、つまり屋上からちいちい声が聞こえてくるようでした_屋上に巣があるか、屋上にいつも来ているのかもしれない_そのうちに声が止んでしまったので、私はsと大量のゴミを出しに出かけました。その帰り道、ちいちいと若鳥が鳴く声が。アパート入り口の道ではひよどりが虫を捕まえて今にも飛び立とうとしているところでした。道の脇にある大きな椎の木に若鳥が2羽くっついて止まっていました。やっと巣から出てきて、飛ぶ練習をしていたのでしょう。あまり鳥には馴染みのなかったsも「可愛いね」と見とれています。でも、親鳥が椎の木まで飛んできてこちらの様子を窺っているので、私達はその場を離れました。

 そして今朝、ようちゃんと遊んでいたら、ベランダからちいちい声がしてきました。(これは例のひよどりかもしれない)_私の予想通り、ベランダの手すりには若鳥が1羽止まっていました。独り立ちにあと少しというくらいの子供です。親鳥らしき声も聞こえていたのですが、兄弟の姿はなく、1羽だけ部屋には背を向け、今にも飛ぼうというような姿勢でした。たまたま手許にカメラがあったので、1枚写真を撮りました。この後、若鳥は電線まで見事な飛翔をみせました。その後は・・・、親の誘導ですぐそばの木まで飛んでいったのでしょう。1分ほど目を離したすきに、もう若鳥の姿はありませんでした。

この後すぐに目の前の電線まで飛んでいった